WEBデザイン

【WEB系スキル】Webデザインって何?副業候補を模索しているアナタへ概要を紹介

WEBデザイン 副業
「WEBデザインって、具体的にどのような仕事を行うのか良く分からない」

こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

プログラマーや動画編集など、人気のWEB系スキルの中でも業務内容が分かりにくいのでイメージが沸かない人も多いのではないでしょうか

そこでWEBデザインを学べるオンライン教材「DesignHacks」を受講した私が、WEBデザインの仕事内容について詳細を解説。
解説ポイント
  • そもそもデザインとは?
  • WEBデザインに必要なもの
  • こんな人にWEBデザインはおすすめ

以上の項目について解説しているので、WEBデザインの副業に興味がある方にピッタリな内容です。

詳細について深堀りしている内容なので読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもデザインとは?

そもそもWEBデザインがよくわからない方に向けて、以下の3項目について概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • そもそもデザインとは?
  • WEBデザインとは?
  • WEB製作におけるデザイナーとは?

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

そもそもデザインとは?

デザインってお洒落なセンスを持っている人や、本当に好きな人が突き詰める仕事じゃないの?

このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

勿論イケてる雰囲気を追求するのもデザイン業務の一種ですが、デザインの本当の目的は「商品を売ること」です

つまり結論を述べると、デザインとは「情報を整理してわかりやすくする仕事」となります。

実例を上げると情報詐欺のサイトはどこも怪しい雰囲気で、正直な所ダサい場合が殆ど

これは報商材詐欺師が好きでやっているわけではなく、あのダサいデザインが一番売れるのが一番の理由です。

楽天のサイトもAmazonと比較すると、正直デザインがダサいと感じるかもしれません。

ですが楽天が好きで作っている訳ではなく、あの形が一番売上が上がるのも有名な話です。

そのため「売れるデザイン≠お洒落なデザイン」であり、売れるデザインは合理的に作成することが可能。

お洒落なセンスを持っていなと自身がない方でも、正しい知識を得ることで売れるデザインは作ることができます

「情報を整理してわかりやすくする仕事」という概要を突き詰めることで、誰でもWEBデザイナーになることが可能でしょう。

WEBデザインとは?

WEBデザインとは、WEB上で公開されているデザイン業務を代行する仕事全般を含めた業種です。

請け負う仕事内容の一例として取り上げてみると、以下のような業務が列挙されます。

  • バナー、アイキャッチ、ヘッダー製作
  • WEB素材構成
  • WEBチラシ作成
  • 名刺作成
  • WEB(HP、LP等)製作のワイヤーフレーム(ラフ)作成
  • クライアントとの打ち合わせ等
  • コーディングも少々(html,css)
  • アプリデザイン業務

WEB上での絵を書く「イラストレーター(絵描き)」も、広く捉えるとWEBデザイナーの一種となります。

一言でWEBデザイナーといっても業務内容は幅広く、世の中に存在する殆どの商品に必要になる仕事です。

その数だけ仕事があるので、幅広い分野の仕事を担うことができるのもWEBデザイナーが注目されている理由でしょう。

WEB製作におけるWEBデザイナーとは?

WEBデザイナーが手掛ける専門分野の一つとして、「WEB製作」が挙げられます。

WEB製作とは名前の通りサイトで公開するページやHPなどの総称で、デザイナーは公開デザインを担当。

WEB製作は複数人のグループで進行し、ディレクターがクライアントとすり合わせたイメージを元にデザイナーやプログラマーに指示して設計していきます。

高度な技術が求められる反面、報酬高は高額な傾向が強いため最終的にWEB製作のディレクションを目指すのが最終目標となるでしょう。

またWEB製作に関しては未経験では難易度の高い分野なので、実際に制作会社に潜り込んでスキルをゲットするのが推奨されています

一定の実績を積み上げたら正社員として働くのも、働きながら高度のスキルを体得できる最速ルートです。

就職を前提としてWEBデザインを学習するのであれば、就職サポート付きのオンラインスクールも検討の視野に入れてみても良いかもしれませんね。

※転職サポート付きでWEBデザインを学べる有名所はテックアカデミーなので、無料体験を一回受けてみるのも一つの手でしょう。

WEBデザインに必要なもの

WEBデザインの概要を大雑把に解説したところで気になるのが、WEBデザインを行う上で必要なものではないでしょうか

そこでWEBデザインを行う上で必要になる、ツールや機材等を簡単に紹介していきます。

深堀りポイント
  • 必要な機材
  • 必要なツール
  • オンライン教材(未経験でスキルを体得する場合)

以上についても、詳細を解説していきましょう。

必要な機材

WEBデザインを始めるためには、Adobeのツールを問題なく操作できる機材が必要になります

求められる性能として、以下が目安となります。

  • CPU:COREI5
  • メモリ:4G以上

またデザインは一定以上の作業画面の大きさがなければ効率が悪くなるので、画面は15インチ以上が推奨されます

画面の大きいパソコンは高いと悩む方は、持ち運び可能なモバイルディスプレイという選択肢もあるので以下の記事を参考にしてみてください。

モバイルディスプレイ モバイルモニタ MacBook Air レビュー インプレッション
【レビュー】Geoyeao EVP-301 モバイルディスプレイ(モニタ)15,6インチでデュアルスクリーン化 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 本業や副業で効率化を求めている方で、デュアルディスプレイを検討している方...
私もMacBook Air2016年モデルを使用しておりますが、時々若干重たくなる程度で問題なく使用できています。

中古でも良ければメルカリで5万円未満で取り扱っているので、覗いてみるのも一つの手段でしょう。

必要なツール

WEBデザインを行うために必要なツールは、主に以下の3つとなります。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • AdobeXD

この中でも絶対に揃えておく必要があるのが、画像の加工や編集を行う「Photoshop」

理由としては製作者の殆どがPhotoshopを使用しているので、使用していること前提として仕事を行うことが多いため。

この中でも特にPhotoshopは絶対に必要になるツールとなるので、最低限問題なく動かせる環境が必要です。

IllustratorやAdobeXDは補助的な役割を担う編集ツールなので、必要に応じて勤勉・及び揃える必要があるでしょう。

オンライン教材(未経験でスキルを体得する場合)

Photoshopを始めとしたAdobeのデザインツールは、Googleで調べながらなんとか使用できる人材ではなく完璧に使いこなす人間が求められます

またGoogleは誤情報が多く、勉強で行き詰まった場面で相談できる相手がいなければ挫折してしまう可能性が高いでしょう。

そこでスキル体得を行う上で検討したいのが、オンライン教材といったカリキュラムを備えた勉学への投資。

オンライン教材であれば質問が行えるなどのサポート体制を徹底している都合上、挫折する可能性を最低限に抑えることが可能です。

ただし問題点となるのが、教材や学校へ通う費用の高さ。

※デジタルハリウッドの場合、6ヶ月コースで486,000円

※テックアカデミーの場合、1ヶ月14万円〜となっています。

その中で比較しても、軍を抜いて低価格帯でWEBデザインを学ぶことができるのがスキルハック系の教材の「Design Hacks」

「Design Hacks」はWEBデザインの基本スキル「Photoshop」や「Illustrator」を学ぶことが出来るオンライン教材。

直近では「WordPress」を使用したWEB製作講座が追加され、「XD」の使い方を学べる講座も拡大予定でありお得度満載です。

デザインは全ての商品に必要になるスキルのため需要が安定しており、フードデリバリーのように稼げなくなる確率が低いスキル。

そのためデザインスキル単体で稼げるだけではなく、他スキルと組み合わせることで高い効力を発揮できる可能性を秘めたWEBスキルです。

そんな「Design Hacks」は私も受講しており、ポートフォリオを作成して発案権受注に向けて準備を整えている真っ最中です。

WordPressサイト作成やXD講座といった教材更新も進んでおり、今後値上がりする可能性が高いので早めの受講がおすすめでしょう。

DesignHacks 稼げる 感想
DesignHacksを1ヶ月受講した感想「WEBデザインをコスパよく学べるオンライン教材」 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 スキルハック系のオンライン教材シリーズで、WEBデザインスキルに特化した講座で...

こんな人にWEBデザインはおすすめ

最後に副業でWEBデザインに挑戦しようと検討している方で、気になるのがWEBデザイナーはどのような人におすすめかではないでしょうか

そんな人に向けて以下の3ポイントを踏まえながら、詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • どんな副業をしようか考えている方
  • WEB系スキルの体得を検討している方
  • 今後廃れない成長分野のスキルを体得したい方

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

どんな副業をしようか考えている方

結論から言うとWEBデザインは、数ある副業の中から何に挑戦しようか迷っている方に最適です。

理由としてはPhotoshopといった高額ツールを使用する関係上、参入障壁としてライバルを減らしてくれるため。

また超高度なパソコンのスペックが求められる動画編集などに比べると、初期投資費用が比較的割安なのも嬉しいポイントです。

一定の金額を稼ぐには最初の初期投資をケチるほど、ライバルの多さから低単価で消耗し手痛い思いをすることになります

そのため投資額とのバランスが丁度よいWEB系スキルを探しているのであれば、WEBデザインはオススメの副業でしょう。

WEB系スキルの体得を検討している方

WEB系スキルの中で何から体得したらよいかわからない方にも、WEBデザインはおすすめの業種です。

理由としては数あるWEB系スキルの中でも、WEBデザインは組み込むことができる業種が幅広く存在するため。

ライターや動画編集は勿論、コーディングスキルを兼ね備えればプログラミングですら応用することが可能です。

加えてデザインスキルはブログのアイキャッチや動画のスライドの作成など、全ての副業でも応用が可能な汎用スキル。

今後WEBデザインから他のWEB系スキルへ切り込むのにも、一生使えるサブスキルとして重宝するのもWEBデザインの魅力です。

将来性の高いスキルを体得したい方

WEBデザインは今後の成長分野であるIT系のスキルのため、末永く使える分野のスキルを獲得したい方にもおすすめです。

理由としてはスマホが世界中に普及した影響で、純粋にWEB領域は広告費といった巨大なマーケット資金が流れている市場のため。

WEB業界の一端を担うデザインも勿論例外ではないので、副業で稼いでいる人も珍しくない点も魅力の一つ。

また製作を各業務に振り分けることができるディレクションを行えるようになると、年収が跳ね上がる将来性の高さもポイントです。

スキルを身に着けておくと副業だけではなくアルバイトや正社員になる選択肢も存在し、食いっぱぐれない能力をつけたい方にも最適でしょう。

WEBデザイナーの概要まとめ

最後にWEBデザインの詳細について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • デザインとは「情報を整理してわかりやすくする仕事」
  • WEBデザインとは、WEB上で公開されているデザイン業務を代行する仕事全般を含めた業種
  • WEBデザインを始めるためには、Adobeのツールを問題なく操作できる機材が必要
  • 使用ツールはAdobe系列、特にPhotoshopは最重要スキル
  • 投資額とのバランスが丁度よいWEB系スキルを探しているのであれば、WEBデザインはオススメの副業
  • 一生使えるサブスキルとして重宝する

副業でWEBデザインを始めるか検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

Photoshopを始めとしたAdobeの画像編集スキルは、WEBデザインスキルが身につくだけではなく幅広い分野で活躍するスキルです。

ですがネックとなるのが月額利用料金なので、利用の元を取るためには取り扱いを最速で覚える必要があります

そんな時に活躍するのが、初心者向けにカリキュラムが設定され場所に囚われずに取り扱いを覚えることができるオンライン教材。

その中でも最安値の価格帯に加え、卒業生限定の仕事案内コミニティの参加資格といった特典を獲得可能なスキルハック系教材「Design Hacks」です。

数十万円以上の出費が珍しくない教材の中でも、59,800円と良心的価格帯で受講することが可能なオンライン教材。

プログラミングと異なり信頼できる教材が数少ないWEBデザインを、高コスパで学ぶことができる貴重な教材となっています

私が実際に「Design Hacks」を受講した感想は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

DesignHacks 稼げる 感想
DesignHacksを1ヶ月受講した感想「WEBデザインをコスパよく学べるオンライン教材」 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 スキルハック系のオンライン教材シリーズで、WEBデザインスキルに特化した講座で...
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集