chompy

「chompy」とは?登録方法や他社フードデリバリーサービスとの違い

chompy 稼げる 副業 複数登録
現役配達パートナー
現役配達パートナー
複数フードデリバリーサービスの登録を検討してるけど、「chompy」って何?

こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。

Uber Eatsやmenuの概要は知っていても、東京の一部地域でサービスを取り扱う「chompy」は知らない方も多い筈。

そこで当記事では「chompy」の概要を知りたい方に向けて、配達員事情の詳細について詳細を解説。
解説ポイント
  • chompyの概要
  • chompyが優れている点
  • chompyが登録できない方におすすめのデリバリーサービス

以上の項目について解説しているので、chompyの登録を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

chompyの概要

chompyの概要について以下の3ポイントを解説していきます。

深堀りポイント
  • そもそもchompyとは?
  • chompyの登録方法
  • 今後サービスエリア拡大の兆し

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

そもそもchompyとは?

結論から言うとchompyとは、DeNAが発端とした国内発端のフードデリバリーサービス

都市特化型のフードデリバリーサービスとして、東京を中心に2020年にローンチが行われた事業となっています。

Uber Eatsと異なりピックアップされた店舗に向かう距離も報酬に加算されるシステムを採用した、配達員に嬉しい内容が魅力。

度々新規の配達員登録を停止していることもあり、募集を行っている際にはいち早く登録を済ませておきたいサービスでしょう。

chompyの登録方法

chompyの登録は、事前に専用アプリをインストールし必要事項に記載を行った上でzoom事前説明会に出席する必要があります

そのため事前登録と説明会の出席無しで、chompyに登録することができない点に注意が必要です。

またchompyでは過去に登録者の制限を度々設けており、いつでも登録できるわけではない点に十分注意が必要でしょう

今後サービスエリア拡大の兆し

2020年にローンチされたばかりの、新しいフードデリバリーサービスである「chomyp」。

「chomyp」は渋谷を中心にエリアを広げつつあるサービスであり、2021年3月には僅かだった対象エリアが広がりました。

今後は地方都市や郊外にもエリア進出を行う高い可能性を秘めたサービスなので、今後の展開が注目されるフードデリバリーの一つでしょう。

chompyが優れている点

chompyの概要を紹介したところで気になるのが、他社フードデリバリーサービスとの違いではないでしょうか。

そこでchompyが他社サービスと異なる点について、以下の概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • チャレンジ制度システムを採用
  • 特殊な料金体制を採用
  • 稼働中の事故は手厚い保険適応

以上についても、詳細を解説していきましょう。

チャレンジ制度システムを採用

chompyではチャレンジ制度と呼ばれる、シフト制のインセンティブが用意されています

チャレンジ制度とは事前にシフトを早いものがちで登録を行い、指定条件を満たすと最低時給保証が発生するシステム。

そのためチャレンジ制度のシフトを取り、指定された時間に条件を満たすことで対象エリアであれば配達をしていなくても報酬を獲得することが可能です。

また対象エリア外であれば特別ブーストが発生するなどの制度が設けられるため、通常の稼働よりオトクに稼ぐことができます

ですが時給補償制度はUber Eatsなどの他社企業も事前に採用していたシステムで、サービスが普及するにつれ無くなる可能性の高い制度です。

そのため時給補償制度の恩恵を体感したい場合には、いち早い事前登録が求められるため早めのアプリインストールがおすすめでしょう。

特殊な料金体制を採用

chompyではUber Eatsでは料金が発生せずにタダ働きとなる、ピックアップ店舗までの移動時間や料理作成待機時間も報酬として発生

そのため無給で時間が消滅するだけの勿体ない時間も報酬として料金が発生するので、効率よく稼ぐことが可能です。

特に主要のフードデリバリーサービスと比較して鳴り具合の弱いスタートアップのサービスでは、遠方からの呼び出しが珍しくありません

そんな中でも待機時間やピックアップ店舗までの移動時間を時給として報酬が発生するので、無駄なく働くことができるのもchompyのメリットでしょう。

稼働中の事故は手厚い保険適応

chompyはローンチされたばかりのフードデリバリーサービスにも関わらず、手厚い保険制度が適応されています

他社フードデリバリーサービスの一例を上げると、出前館では保険は一切用意されておらずmenuでは自転車のみ対応。

一方chompyはバイクと自転車共にアプリ起動中であれば保証の対象となるのも、安心して働けるポイントではないでしょうか。

ただしUber Eatsと同様にアプリを起動して注文を承って届けるまでの間が保険の対象となるので、待機時間や通勤は保証対象外となる点に注意が必要です。

chompyが登録できない方におすすめのデリバリーサービス

chompyが優れている点を解説したところで気になるのが、複数登録として利用できるフードデリバリーサービスではないでしょうか。

そこでchompyと複数登録におすすめなフードデリバリーの概要として、以下の3社を代表として紹介していきます

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • menu
  • 出前館

それぞれ順を追って紹介していきましょう。

Uber Eats

国内のフードデリバリーサービスの代表格とも言える知名度を誇り、安定した注文数から高い稼ぎを期待できる「Uber Eats」。

Uber Eatsでは圧倒的な知名度により安定した注文数から、数あるフードデリバリーサービスの中でも稼ぎやすいデリバリーサービスとなっています。

加えて補償制度や商品破損時の保証、トラブル時の対応といったサービスもトップレベルの充実度を誇っており初心者でも安心して配達クルーになることが可能

特別な事情がない限りはフードデリバリーサービスを行うには必須とも言えるサービスなので、稼働予定で未登録の方はこの機会に是非登録を済ませておきましょう。

\Uber Eatsの登録はこちらから/

Uber Eats

menu

chompyと同様に国内発端のフードデリバリーサービスであり、2021年に爆発的にエリア拡大を行った「menu」

menuでは配達を行うほどアカウントレベルが育ち稼ぎやすくなる「ランクアップシステム」を採用しているのが最大の特徴です。

そのためアカウントレベルを育てる楽しみと、稼働するほど稼ぎやすくなるシステムが魅力のデリバリーサービスとなっています

その他menuに関する詳細については、以下の記事で具体的な内容を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

menu ランクボーナス
menuのランクボーナスとは?ウーバーイーツと異なるインセンティブ・ボーナスの概要を紹介 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 2020年よりUber Eatsと並んでサービスを展開している新規のフー...

出前館

国内のデリバリー事業を長年運営してきた上場企業であり、国内シェア1位を獲得しているデリバリーサービスが「出前館」

出前館は従来正社員やアルバイトなどの社員が配達を行っていましたが、Uber Eatsなどの企業の進出により業務委託の配達員も募集を行っています。

出前館最大の魅力は基本報酬が高額に設定されている点で、インセンティブによって報酬額が左右される他社デリバリーと異なり安定して稼ぐことが可能です。

その他出前館の業務委託については、以下の記事で詳しい概要を解説していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

出前館 業務委託 登録 募集 稼げる
出前館の業務委託パートナー・配達員の登録手順・方法・注意点を紹介 こんな疑問や悩みを、お持ちではないでしょうか。 2020年より業務委託パートナーの募集が始まり、複数のフードサービスと...

chompyの概要まとめ

最後にchompyの概要について、詳細をまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • chompyはDeNAが発端とした、国内発端のフードデリバリーサービス
  • chompyの登録は専用アプリをインストールし必要事項に記載を行った上で、zoom事前説明会に出席が必要
  • chompyでは、ピックアップ店舗までの移動時間や料理作成待機時間も報酬として発生
  • chompyではチャレンジ制度と呼ばれる、シフト制のインセンティブを採用
  • ローンチされたばかりのフードデリバリーサービスにも関わらず、手厚い保険制度が適応

chompyの概要が気になる方や、稼働を検討している方は参考としてお役立て頂けたでしょか。

首都圏に特化した、少数精鋭のフードデリバリーサービスである「chompy」。

「chompy」で採用されているチャレンジ制度の最低時給制度は、始まったばかりの今でしか獲得することができないオトクな報酬制度となっています。

あとから参入して時給補償制度が丁度終了するなど悲しい自体を避けるためにも、早めの登録を行い新規エリア拡大に向けて事前準備を行ってみては如何でしょうか。

\chompy登録はこちらから/

chompy

 

 

【追記】

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとうしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介してますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
【フードデリバリー卒業を目論む方へ】2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集