DiDi food

「DiDi food」って何?稼げるの?複数登録は可能?メリット・デメリットを紹介

DiDi food 稼げる 副業 複数登録
フードデリバリーの複数登録を検討しているけど、「didi food」って何?

こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。

2021年現在では多数のフードデリバリーサービスが登場しており、複数登録での稼働が一般的になりました。

そこで気になるのが近年日本に上陸を果たした「didi food」の詳細や、概要ではないでしょうか

そこで「didi food」の概要が気になっている方に向けて、当記事では詳細や概要を解説していきます。

今回はこの悩みに答えていきます。

解説ポイント
  • 「DiDi food」とは?
  • 「DiDi food」で稼働する上でのデメリット
  • 「DiDi food」の優れたメリット

以上の項目について解説しているので、「didi food」の詳細が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「DiDi food」とは?

Uber Eats

「DiDi food」の登録を検討している方で気になるのが、会社事情や 配達員の事情ではないでしょうか。

そんな疑問にお答えすべく、以下の3項目について詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • 「DiDi food」の会社事情
  • 「DiDi food」の配達員事情
  • 「DiDi food」は早めの登録がおすすめ

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

「DiDi food」の会社事情

「DiDi food」とは、 中国の北京に本社を置く配車+フードデリバリーサービス

一言で簡単に説明すると「Uber」の中国版と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

中国本土ではUber Eatsを上回る高いシェア率を誇っており、 日本国内では大阪エリアを拠点に上陸致しました

日本では「Uber」と同様に法律の都合上配車サービスを利用することができませんが、料理や宅配サービスを利用する事が可能。

2021年6月現在では大阪や福岡などの一部でサービスが展開されていますが、今後の加盟エリアの拡大が期待されるサービスの1つでしょう。

「DiDi food」の配達員事情

「DiDi food」では、Uber Eatsと ほぼ同じシステムを採用しており、同じような利用感で配達員も稼働することができます

配達方法は自転車や125cc以下のバイク稼働することが可能で、服装自由に加え特別なシフト申請は不要で働くことが可能です。

ピークタイム料金や時間・副数日クエストといったインセンティブが発生し、達成するたびに報酬額が加算。

Uber Eatsで稼働経験のあるユーザーであれば、殆ど変わらない利用感で使用できるのが最大の特徴です。

他社フードデリバリーサービスは、微妙に異なる仕様が採用されていることも多く稼働前に事前に要確認が必要になります

ですがUber Eatsで働いた経験がある場合には、同時に利用することで効率良く働くことができるのも「DiDi food」の優れた点でしょう。

「DiDi food」は早めの登録がおすすめ

2021年6月現在では「DiDi food」は 大阪や広島、福岡などの一部地域が対象範囲で、東京は加盟エリアとして含まれていません

ですが登録自体は行うことが可能で、近日加盟エリアとして拡大する可能性が非常に高いフードデリバリーサービスです。

また2020年の新型コロナウィルスの影響により爆発的に増加したフードデリバリーの配達員がなだれ込んでくる可能性があるため、今後スムーズに登録できない可能性を秘めています

そのため事前に登録を済ませてスタートダッシュを切れるように、早めに何時でも稼働できる状態にしておくのがおすすめですよ。

「DiDi food」で稼働する上でのデメリット

「DiDi food」を利用する前に抑えておきたいのが、稼働する上でのデメリットの数々ではないでしょうか。

そこで以下の3項目について、「DiDi food」の概要を深掘りしていきます。

深堀りポイント
  • 注文数が少ない
  • 加盟エリア拡大に時間がかかる
  • 今後に期待のフードデリバリーサービス

以上についても、詳細を解説していきましょう。

注文数が少ない

「DiDi food」で稼働する点の注意点として「注文数が少ない」というデメリットが挙げられます

どうしても国内でもシェア率の高いUber Eatsや出前館と比較すると、「DiDi food」の知名度は今ひとつ。

また日本国内の東京などの進出が遅れているなど、他社フードデリバリーと比較してもエリア拡大スピードが遅いのも難点です。

ですが中国の巨大な資本を抱えた企業という安心から、完全撤退は考えづらいので今後サービスが拡大と共に改善する可能性が非常に高いサービスでしょう。

加盟エリア拡大に時間がかかる

2021年6月現在「DiDi food」では、加盟エリアが大阪、福岡、兵庫、京都の一部エリアでのみサービス提供を行っています

今後東京へ2021年以内の進出が決定しているものの、関東郊外エリアまでの普及は時間が掛かりそうというのが現状です。

ですが関東全域への加盟は時間の問題に加え、エリア加盟と同時に多数の配達員登録者が殺到することが予想されます

そのため関東郊外までの加盟エリア拡大に時間がかかるもの、 スムーズに「DiDi food」で稼働を行うには早めの登録がおすすめでしょう。

フードデリバリーはDiDi Food 【配達パートナー急募!】

今後に期待のフードデリバリーサービス

「DiDi food」は日本国内のチェーン店が数多く加盟される予定で、今後はUber Eatsと同様に安定した注文数の発生が期待されるフードデリバリーサービスです。

特に本社を構える中国本土ではUberの中国事業を350億円で買収するなど、巨大な資本力を持つ企業となっています。

また事故保障制度の手厚さが最大3億円と、業界でもトップレベルの高さを誇るのも巨大企業ならではのメリット

数ある近年拡大中の宅配サービスの中でも、今後の巨大展開の可能性を秘めているフードデリバリーサービスです。

「DiDi food」の優れたメリット

「DiDi food」で稼働前に抑えておきたいデメリットを解説していきましたが、気になるのが稼働するメリットではないでしょうか

そこで「DiDi food」で稼働するメリットについて、以下の3項目を踏まえて詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • ライバルが少ない
  • ピックアップ先までの移動も報酬加算
  • Uber Eatsとの複数登録がおすすめ

それぞれ順を追って概要を解説していきましょう。

ライバルが少ない

「DiDi food」が他社フードデリバリーサービスと比較して優れている、最大のメリットが「ライバルが少ない」という点でしょう。

Uber Eatsなどの高いシェア率を誇るフードデリバリーサービスは、定番さ故に配達パートナーの数が過剰に発生している場合には仕事の取り合いが発生

結果として「仕事依頼が鳴らない」という状況に陥ってしまうため、配達員が過剰に増える環境下では稼げないというデメリットを抱えています。
</p

ですが「DiDi food」は知名度の少なさと、今後配達パートナーの数を拡大していく方針から過剰になる確率が低いサービスです。

また他社と掛け持ちすることで配達依頼待ちの時間で、仕事依頼が来る確率を上げることができるのも大きなメリット。

そのため単体での配達パートナー登録しか行っていないライバルより、仕事を獲得できる確率を上げることができるのも「DiDi food」のメリットでしょう。

ピックアップ先までの移動も報酬加算

Uber Eatsと利用感が殆ど変わらない「DiDi food」ですが、唯一異なる点としてピックアップ店舗までの配達距離も報酬に加算される点が挙げられます。

残念ながらUber Eatsはピックアップ店舗までの移動距離は報酬額として加算されないため、遠い店舗へ行くほど効率が悪くなる点が難題でした。

ですが「DiDi food」であればピックアップ店舗までの移動距離も報酬として発生するので、効率よく稼働することが可能。

またピックアップ店舗が伏せられているUber Eatsと違い、「DiDi food」では店舗確認を行うことができます

そのため自身が行きたくない店舗の依頼を間違って受ける確率が低いのも、「DiDi food」で稼働するメリットの一つでしょう。

Uber Eatsとの複数登録がおすすめ

結論として今後フードデリバリーサービスで稼働を行う場合には、間違えなく複数のフードデリバリーサービスの登録が必須です。

理由としては鳴らない時間へのリスクヘッジを行うことが可能で、複数デリバリーサービスをオンラインにすることで仕事依頼が来る確率を上げることができます。

特に2021年の新型コロナウィルスの影響や不景気といった、配達パートナーの数が激増する場面では仕事の取り合いから鳴らない時間が多数発生することも。

そのため複数デリバリーサービスの登録を行い、仕事依頼が来る選択肢を増やすのは今後配達パートナーとして活動していく上では必須とも言えるでしょう

また複数デリバリーサービスの登録の際には、高いシェア率から安定した注文数を誇るUber Eatsは必ず登録すべきサービスです。

現在登録を行っていない場合には、この機会に「DiDi food」との同時登録を検討してみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/

「DiDi food」の詳細や、稼働する上でのメリット・デメリットまとめ

最後に「DiDi food」の詳細について、概要をまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 「DiDi food」とは、 中国の北京に本社を置く配車&フードデリバリーサービス
  • 自転車や125cc以下のバイク稼働することが可能
  • 服装自由に加え特別なシフト申請は不要で働くことができる
  • 本社を構える中国本土ではUberの中国事業を350億円で買収するなど、巨大な資本力を持つ企業
  • 「DiDi food」は、ピックアップ店舗までの配達距離も報酬に加算される
  • 鳴らない時間へのリスクヘッジを行うため、複数のデリバリーサービスの登録は必須

「DiDi food」の稼働を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

今後加盟エリア拡大が発表されている「DiDi food」は、関東圏の各エリアのサービス拡大は時間の問題です。

ですがサービス拡大発表と同時に、多数の配達パートナー登録者が流れ込んでくるので登録に時間がかかってしまうことが予想されます

エリア拡大と同時に幸先の良いスタートダッシュを切るためにも、事前に登録を済ませてスムーズな稼働が行える対策を済ませてみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/

 

 

【追記】

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとうしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介してますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
【フードデリバリー卒業を目論む方へ】2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集