副業知識

【最大出力の底上げに】ポモドーロ・テクニックの詳細を解説

配達クルー募集[menu]
「ポモドーロ・テクニックって何?」
「作業効率の促進に効果的と聞くけど、具体的な方法を知らない」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

私も実際に試すまでは、2時間程度の作業で疲れ切ってしまい娯楽に逃げてしまう現象に悩んでいました。

ですがポモドーロ・テクニックなどの集中力を上げるテクニックを導入した事により、作業へコミットする時間を劇的に改善する事に成功しました

そこで一日中作業を行えるようになった私が、ポモドーロ・テクニックの有効性について詳細を解説。

解説ポイント
  • ポモドーロ・テクニックとは?
  • ポモドーロ・テクニックの効果
  • ポモドーロ・テクニックを実際に試した感想

以上の項目について解説しているので、副業などで長時間作業が行えない方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポモドーロ・テクニックとは?

そもそもポモドーロテクニックって何?

そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずはポモドーロテクニックの詳細について解説してきます。

ポモドーロ・テクニックとは?
  • 25分作業後に5分休憩を繰り返す時間管理術
  • 人間の生産性を効率的に上昇
  • 瞑想やホワイトノイズを組み合わせ可能

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

25分作業後に5分休憩を繰り返す時間管理術

結論から言うとポモドーロ・テクニックは、25分作業を行い5分休憩を1セットとして繰り返して作業する時間管理術です。

「もう少し作業できたんだけどなぁ」

という感情を25分に一回休憩を挟むことにより持続させ、長時間に及ぶ作業での疲労を和らげる事が可能。

そのため結果として、ダラダラと作業を続け仕事が進まない現象から脱却することができます

また間の5分間で液晶画面から離れることにより、長時間動かないと発生しがちな肩こりや目の疲労の蓄積を軽減できるのも大きなメリットです。

生産性を効率的に上昇

ポモドーロ・テクニックにより、長時間の作業で発生した疲労を軽減することにより作業時間を伸ばす事ができます

そのため結果的に、効率よく作業が行えるので生産性も効率的に上昇させる事が可能です。

特に1人で作業を行う場合には、周囲に監視される環境ではないのでダラダラと無駄な時間を過ごしがち

そんな環境下で作業を行う場合にも、ポモドーロ・テクニックを導入することにより客観的に自分の作業時間を管理する事ができます

また25分という制限時間を挟むため、作業時間に対して自分がどれくらいの生産を生む事ができるか知る事ができるのも大きなメリット。

以上の効果からポモドーロ・テクニックを導入すると自分の生産性を効率的に上昇する事が可能になります。

瞑想やホワイトノイズを組み合わせ可能

ポモドーロ・テクニックは、瞑想やホワイトノイズを組み合わせることにより効果を更に高める事ができます

理由としては間の5分休憩で瞑想を導入することにより、休憩時間で更に効率的に脳を休める事が可能なため。

更に集中力の底上げに活躍するホワイトノイズを聞きながら作業に打ち込む事により、更なる効果の向上を図る事ができます。

実際に試してみた所、通常のポモドーロ・テクニックのみの利用に比べると飛躍的に集中力の持続時間が向上

その他私が実際に試して効果のあった集中力を底上げする豆知識は、以下の記事で紹介していますので興味がある方はご参考ください。

副業 頑張る 集中力
【副業を頑張る方へ】WEBライターの私が実際に試して効果があった、一日中作業を行える6つの方法 このように前日には気合を入れたにも関わらず、結果的に。 このような経験や、悩みをお持ちではないでしょうか。 ...

ポモドーロ・テクニックの効果

ポモドーロテクニックの詳細を解説したところで、次に得られる効果についても紹介。

ポモドーロ・テクニックの効果
  • 集中力の向上
  • 作業時間の見積もりが可能
  • 無駄にTwitterやYouTube等を開く事がなくなる

以上についても、詳細を解説していきましょう。

集中力の向上

結論から言うとポモドーロ・テクニックで得られる最大の効果は作業へコミットできる集中力の向上

向上する理由は25分間の制限と作業目標をつける事により、作業へコミットし続ける環境が必然的に生まれるため。

特に25分という無理のない時間から

「この時間の間だけは手を動かそう」

という意識も芽生えます。

これが「一つの作業を一日中で行けるところまで」という曖昧な目標だと、途中で疲れ切ってしまい中々作業が続けられないもの

そのためポモドーロ・テクニックを導入すると、飛躍的に作業効率を高める事が可能です。

作業時間の見積もりが可能

ポモドーロ・テクニックは、25分に1回休憩するという分かりやすい区切りが生まれます

そのため慣れてくると25分で自分はどれくらいの作業ができるか分かるようになるので、作業時間の見積もりを立てる事が可能。

私の場合には起床時の空腹状態で6セットほどポモドーロテクニックを回すと、約3000文字程度の生産が可能だという事が分かっています。

このように自分の作業時間に対しての生産量が分かると、今後の作業計画を無理なく立てる事ができます。

そのため25分に1回休憩するポモドーロ・テクニックを使用して作業を続けると、作業時間の見積もりを立てる事が可能です。

無駄にTwitterやYouTube等を開く事がなくなる

ポモドーロ・テクニック中の25分間は作業時間、5分間は休憩というメリハリをつける事ができます。

作業以外の物事は、5分間の休憩時間に行う事が必然的に義務付けられます。

そのため無駄にTwitterをスクロールする時間や、YouTubeをダラダラと試聴するという時間の消費を抑える事が可能

SNSや無料動画サービスなどは、世界中の天才達が脳を中毒にさせ時間をもっていくために研究を重ね続けて生まれた麻薬のような産物です。

ポモドーロ・テクニックを実際に試した感想

次にポモドーロ・テクニックを実際に試してみた感想についてまとめていきます。

導入感想
  • 長時間作業による疲労感が軽減
  • 作業会で導入することにより効果が更に向上
  • to doリストと並行すると効果的

以上についても深掘りしていきましょう。

長時間作業による疲労感が軽減

長時間の作業により身体に現れる独特のモヤモヤとした疲労感は、一気に作業効率を失います。

そのため誘惑に囲まれる自宅などの作業では、つい作業以外のことに手をつけがち。

そんな時にこそ活躍するのが「ポモドーロ・テクニック」。

実際に試してみたところ、頭にモヤが掛かるような独特の疲労感が飛躍的に軽減されます。

また他の事に手を付ける休憩時間を設ける事により、残り25分は作業の事以外に費やす時間を省く事が可能です。

結果として通常通り作業するよりも、長時間作業へと費やし取り組むべきタスクがモリモリ消化。

そのため長時間作業では、ポモドーロ・テクニックを利用すると疲労感を軽減できるのでオススメの時間管理術でしょう。

作業会で導入することにより効果が更に向上

ポモドーロ・テクニックは自分以外の人間を巻き込む作業会に導入する事により、効果が更に向上します

理由としては、お互い作業の事以外へ取り組まないように監視し合う事により作業以外の事がし辛くなるため。

実際に私もビデオ付きのオンライン通話で作業会を行ってみたところ、数時間分の作業量を消化する事に成功

お互い相乗効果が生まれるので、ストイックな人同士が作業へ取り組むには非常オススメの時間管理術ですよ。

to doリストと並行すると効果的

一日作業へ取り組む優先度を付ける「to doリスト」を作成することをオススメします。

理由としては作業へ取り組む順番に悩む「迷い」を捨て去る事ができるため。

実は人間が判断できる回数は1日で限られており、起床時にフルパワーとなり夕方には使い切ってしまいます

朝は効率よく作業が可能なのに夜の作業が中々捗らないのも、判断できる回数を使い切っているため。

そんな貴重な判断回数を「to doリスト」を作成する事により、考える事なく進行が可能。

また取り組むべき作業を忘れずに済むので、「to doリスト」と「ポモドーロ・テクニック」の同時利用は非常にオススメですよ。

ポモドーロテクニック・詳細まとめ

最後にポモドーロ・テクニックの詳細について、まとめていきましょう。

ポモドーロ・テクニック詳細まとめ
  • 25分に1回5分の休憩を挟む事により、長時間作業が無理なく可能に
  • 無理なく長時間作業が可能になり、生産性が抜群に向上
  • 瞑想やホワイトノイズと組み合わせる事により効力が倍増
  • 時間管理が出来るため、作業時間の見積もりが可能になる
  • 5分の休憩を挟む事により、SNSやYouTubeを無駄に視聴する時間をカット
  • お互いを監視し合う作業会で導入する事により、効果が倍増
  • 作業に優先度をつけるto doリストを作成すると効果的

実際に導入する前に比べると、明らかな変化が起きて私自身も驚いているポモドーロ・テクニック。

是非誘惑の多い家での作業がなかなか捗らない方は、一度取り入れてみて作業効率を促進してみては如何でしょうか。

その他で私が実際に試して効果のあった副業にも役立つ、集中力を底上げするテクニックの数々は以下の記事でも紹介していますので興味がある方はご参考ください。

副業 頑張る 集中力
【副業を頑張る方へ】WEBライターの私が実際に試して効果があった、一日中作業を行える6つの方法 このように前日には気合を入れたにも関わらず、結果的に。 このような経験や、悩みをお持ちではないでしょうか。 ...

最後までご視聴ありがとうございました。

配達クルー募集[menu]