didi

Uber Eats・food panda・DiDi Food・出前館フードデリバリーにおすすめ・最適・便利なバイク選び方を排気量別に紹介50cc・90cc・125cc

おすすめ バイク 50 90 125 Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「デリバリーサービスを始めたものの自転車では体力が持たないから、バイクを購入して稼ごうか検討している」
「でもバイクって、どのようなものを選べばよいのだろう」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

UberEatsを始めとしたデリバリーサービスで効率よく稼ぐために選択肢となるのが、バイクを利用する方法。

ですがバイク知識がない場合、どのようなバイクを選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか

そこで実際に50ccと125ccのバイクを利用して稼働していた私が、フードデリバリーにおすすめのバイクについて詳細を解説。
解説ポイント
  • 排気量別のおすすめバイク選び(50cc〜125cc)
  • バイクの配送で注意したいポイント
  • バイク配達で稼ぐのにおすすめのデリバリーサービス

以上の項目について解説しているので、バイクを利用して稼ごうか検討している方にピッタリな内容です。

バイクに関する詳細を深堀りしている内容になっていますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

排気量別のおすすめバイク選び(50cc〜125cc)

フードデリバリーサービスで利用する候補として、最も多いと予想されるおすすめの50cc〜125ccのバイクを解説。

深堀りポイント
  • 排気量50ccのバイク
  • 排気量90ccのバイク
  • 排気量125ccのバイク

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

排気量50ccのバイク

普通自動車免許でも運転できる対象者も多く、気軽な利用感から最も検討している方が多いであろう排気量が50ccの通称原付きと呼ばれる車両。

そんな原付でフードデリバリーの副業にも最適な、おすすめのバイク例を紹介していきましょう。

HONDA スーパーカブ

世界で最も売れているバイクとしても知られる、燃費の良さと多少乱暴に扱っても壊れない頑丈さから業務用としても定番の原付バイク「スーパーカブ」

もちろんメンテナンス性の良さや維持費の安さからフードデリバリーとの相性も抜群で、業務に支障をきたさない安心感が魅力のバイクです。

HONDA ジャイロキャノピー

通称ピザ屋さんが乗ってるアレ。

稼ぎ時の雨天でも快適に配送できる安心感が最大の魅力で、配送荷物の収納性も抜群です。

また滑りやすい雨天でも立ちごけしないため、危険の多いフードデリバリーで安全面でもカバー可能。

デメリットとしては駐車場所に幅をとるため、都心の駐輪場で保管しにくい点に注意しましょう。

YAMAHA ギア

魚市場で発泡スチロールを積んでるアレ。

業務用の車両として申し分ない積載力が特徴で、UberEatsのバッグを固定すると専用車両のような使い心地を実現できます。

購入価格も安価で踏むだけでセンタースタンドを立たせることができるため、頻繁に駐車と発信を繰り返すデリバリーに最適な車両です。

因みに実際にレンタルして数カ月間使用しましたが、業務用としては申し分ない代わりにプライベートで使用しにくい点だけがデメリットとなるバイクでした(笑)

YAMAHA ビーノ

現役配達パートナー
現役配達パートナー
フードデリバリー以外にも使うので、業務感が強すぎる車両はちょっと…

というユーザーに最適な性能も良好で見た目も可愛らしい原付が、YAMAHAから販売される大人気車両「ビーノ」

車幅も丁度良く街乗りの利便性も良好で、通勤・通学・フードデリバリーと多種多様な用途で使用したい方や女性ユーザーにも最適なバイクです。


某アニメの影響もあり、新しい車両は値段が高騰気味な傾向が強いのが唯一のデメリットでしょう。

こちらも年式の古い混合ガスで走る2stモデルを使用していたことがありましたが、デザイン性も素晴らしく愛着が持てる車両でした。

排気量90ccのバイク

50cc以上なので原付特有の二段階右折・30km制限といった制限を開放できる黄色ナンバーのバイクが排気量90ccの車両。

ただし小型自動二輪以上の免許が必要な上に、中途半端な性能から中古車両しか出回っていない排気量となっています。

そのため希少価値の高い車両とも言える車両ですが、その中でもフードデリバリーなどにおすすめのバイクについても概要を解説していきましょう。

HONDA スーパーカブ90

中途半端な90ccバイクでも、最もフードデリバリーに最適な車両がコレ

スーパーカブ安定の燃費と丈夫さから、安心してガンガン利用できる性能が魅力の車両となっています。

HONDA ジョーカー90

数ヶ月に数回程度デリバリーサービスを利用するだけなので、絶対に見た目だけは捨てることができないユーザーに最適な車両が「HONDA ジョーカー90」

スクーターらしからぬ高級感ある車体が魅力で、二人乗りできるシートの広さや車体のちょうど良さが最大の魅力です。

ただし非常に球数が少ないことや、見た目を重視する車両なのでヘビーにフードデリバリーで稼ぎたい方には向いていない点に注意しましょう。

排気量125ccのバイク

原付と同じ自賠責の値段で、コスパの良さから人気急上昇中の車両が排気量125ccのバイクです。

125cc以上の排気量を誇るバイクでは加入できない格安保険「ファミリーバイク特約」が利用できる等、最低限の維持費にも掛からず利便性の高い点が魅力

90ccの車両と同様に小型自動二輪以上の免許が必要な点がデメリットですが、わずらわしい原付の制限が撤廃されます。

また二人乗り可能ができる点や、普通車両の流れに乗るために申し分ない馬力を誇る利用感も魅力の車両です。

HONDA PCX

125cc車両のスクーターでもデザイン性の高さや燃費、丁度良いサイズ感から抜群の人気を誇る車両が「HONDA PCX」

フードデリバリーだけではなく通勤・通学など街乗りとの相性も抜群で、趣味としてちょっとした遠出まで対応できるオールマイティな利用感が魅力です。

HONDA スーパーカブc125

世界で最も売れているスーパーカブの最新モデルであり、日本の法律に最適化された125ccモデルのスーパーカブ

コスパ最強でフードデリバリーだけに限らず、一生使っていきたい125ccバイクをお求めの方におすすめしたい車両でしょう。

HONDA ハンターカブ

スーパーカブの性能を引き継いだまま、デザイン性と趣味性へ特化したモデルが「ハンターカブ」

フードデリバリーだけではなく、ツーリングなど趣味にもゴリゴリ使用したいユーザーに最もおすすめしたい車両です。

YAMAHA アドレスV125

125ccバイクの中でも球数豊富で、座敷が低い価格帯で入手できる車両が「YAMAHA アドレスV125」

私も使用している車両で、125ccスクーターとしてフードデリバリー以外にも万能な活躍をしている車両となっています。

フードデリバリー以外にもオールマイティに活躍するバイクとして、1台家に揃えておいて損のない車両でしょう。

バイクの配送で注意したいポイント

バイクを利用してフードデリバリーで稼ごうか検討している方で気になるのが、注意したいポイントの数々ではないでしょうか。

そこでバイク配送を行う上で意識しておきたいポイントとして、以下の内容を解説していきます。

深堀りポイント
  • 50ccはハッキリ言って推奨できない
  • 50ccを選ぶくらいならロードバイクの選択がおすすめ
  • 本気で稼ぎたいなら50ccバイクは売却して125ccバイクの導入が最適

以上についても、それぞれ詳細を解説していきましょう。

50ccはハッキリ言って推奨できない

結論から言うとフードデリバリーで稼ぎたい方々に、通称原付と呼ばれる50ccバイクはあまりおすすめできません

理由としては警察に捕まるリスクがあまりにも多く、せっかく稼いだ資金が違反金の支払いへと消えてしまう恐れを抱えているため。

フードデリバリーの稼働中は、ただでさえ警察につかまるリスクが高い上に二段階右折やスピード制限を伴う50ccバイクは格好の的となります。

本格的に稼ぐ場合は累計違反金や稼いだ金銭、車体の買い替えでで簡単に元を取れることを考えれば、小型自動二輪などの免許を予め取得するのがおすすめです。


因みに見た目にこだわりすぎると、故障パーツで高額な請求が来るなど業務で利用するには後で後悔するため注意しましょう。

50ccを選ぶくらいならクロスバイクの選択がおすすめ

50ccバイクを導入して稼働を検討している方であれば、推奨されるのはクロスバイクの導入です。

理由としては交通違反による罰金のリスクで、自転車であれば駐車禁止さえ気をつければ罰金になることはありません。

加えて自賠責もない上に自転車の保険料もそこまで高くなく、メンテナンスもバイクに比べると安く済むのもポイント。

また使用しなくなった場合、車体を高く売ることができるのもクロスバイクの魅力でしょう。

そのためフードデリバリーで本格的に稼ぐ場合は、基本的には125ccかクロスバイクのどちらかを選択するのがおすすめですよ。

フードデリバリーで稼ぐのに適した自転車選びに関しては、以下の記事で概要をまとめていますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats 出前館 menu DiDi おすすめ 自転車
Uber Eats(ウーバー)・food panda・DiDi Food・出前館フードデリバリーにおすすめのロード・クロスバイク・電動自転車 このような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 自転車でも気軽に始めることができ、運動不足解消をしながら副業を行うこ...

本気で稼ぎたいなら50ccバイクは、売却して125ccバイクの導入が最適

フードデリバリーで本気で稼ぐのであれば、基本的に50ccバイクは交通違反による罰金・免停のリスクを抱えているのであまりおすすめできません

そこでおすすめなのが現在所有しているバイクを売却して、小型自動二輪などの免許を取得して125ccバイクを導入する方法。

免許やバイクの購入費用は後ほど効率的に稼働することで簡単に回収できる上、免許は一度取ってしまえば日本に住む限り一生利用できる資産になります

普通自動車免許を持っている場合は小型自動二輪であれば6〜10万円程度、中型免許であれば10〜20万円ほどの費用で取得することが可能。

バイクで本気で稼ぐのであれば50ccの制限はあまりにも大きいデメリットなので、売却費用で免許取得かロードバイク購入を検討するのがおすすめです。

バイク買取専門店バイク王

バイク配達で稼ぐのにおすすめのデリバリーサービス

おすすめのバイクに関する概要を紹介したところで、気になるのが利用するデリバリーサービスの詳細ではないでしょうか。

そこで定番のサービスから近年続々と登場する新たなフードデリバリーサービスまで、概要を簡単に解説していきます。

深堀りポイント
  • UberEats
  • 出前館
  • DiDiFood
  • food panda

以上の項目についても順を追って内容を解説していきましょう。

UberEats

外資系フードデリバリーで最大のシェア率と高い知名度を誇る、アメリカ発端の定番サービスがUberEatsです。

UberEatsは高いシェア率から安定した受注率を獲得できることや、対応エリアの広さが魅力。

初めての初心者からゴリゴリ稼ぎたいベテランまで、登録は必須とも言えるサービスです。

他社サービスと異なり利用者も多いことから、トラブルと言ったサポートも比較的柔軟に対応してくれる点もUberEatsがおすすめなポイントとなっています。

まだ フードデリバリーを利用して稼いだことがない方は、この機会にまずはUber Eatsから利用感を確かめてみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/

 

また2021年6月より徒歩で配達できる機能が搭載され、より柔軟な働き方へ挑戦を行っています。

興味がある方は以下のリンクで詳細を解説していますので、是非参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達UberEats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUberEatsの新システム「徒歩機...

出前館

国内発端の上場企業であるフードデリバリーサービスで、近年業務委託の募集も開始した「出前館」。

専用の帽子を被る必要があり業務自体も他社サービスより決まり事が多いですが、一回の最低配達料金が高額です。

1時間以内に3件以上配達を行うと、大きくアルバイトの最低時給を上回る効率の良さが最大の魅力。

そのため配達回数と比例して時給が高額になるので、ゴリゴリ稼ぎたい方には最適なサービスとなっています。

より効率的に淡々と稼ぎたい方に、複数登録の候補として登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

DiDiFood

2020年より日本に上陸した、中国の北京に拠点を構えるフードデリバリーサービスが「DiDiFood」。

他社サービスと異なり、報酬の対象とならないピックアップ店舗までの移動距離も報酬として加算されるなどの制度が魅力です。

加えて補償制度は全てのフードデリバリーサービスの中でもトップレベルの手厚さを誇っており、安心して働ける体制を整えているのもGOOD。

日本に上陸後は年々サービス対象エリアを拡大しており、今後対象エリアが拡大されることが期待されています。

登録がまだ済んでいない方は、この機会に公式HPで自身の稼働エリアが対象か確認を行い登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちらから/

food panda

東南アジアで高いシェアを誇り、2020年より日本に進出した外資系企業のフードデリバリーサービスが「food panda」。

food pandaは通常のフードデリバリーサービスと異なり、事前に働く時間を申請するシフト制を採用しています。

そのため事前にライバルが多くなると予想される時間は、制限が設けられたfood pandaで稼働するなど他社サービスと併用することで効率的に働くことが可能。

他社サービスと併用することで配達効率を上げることができるサービスなので、詳細を知らない方は以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

food pandaとは
food pandaとは?稼げるの?他社サービスとの違いやおすすめの人物像はコレ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年急増しているフードデリバリーサービスでも、頻繁に広告で見かける機会が...

フードデリバリーのおすすめのバイクに関する概要まとめ

最後にフードデリバリーにおすすめのバイクについてについて、簡単にまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 50ccのバイク:スーパーカブ・ジャイロキャノピー・ギア・ビーノ
  • 125ccのバイク:PCX・スーパーカブc125・ハンターカブ125・アドレス
  • 警察に捕まるリスクがあまりにも多く、違反金がかかりやすいので50ccバイクは推奨しない
  • 本格的に稼ぐのであれば現在所有しているバイクを売却して125ccバイクを導入するのがおすすめ

バイクを利用してフードデリバリーサービスで稼ごうか検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年複数社でサービスが拡大しているフードデリバリーサービスですが、効率的に稼ぐためには一社に絞らず複数社での登録が推奨されています

理由としては稼げない原因の最大の原因が「鳴らない時間」で、複数社のサービスでオンライン待機することで仕事受注の確率を上げることができるため。

特に一社だけに絞ると配達パートナーの過剰さや、注文数の少なさにより鳴らない時間が発生するリスクを最大限に抑えることが可能です。

現在一社だけで業務委託登録を行っている方は、この機会に複数社の登録を検討して更に高時給で稼働できる環境を実現してみては如何でしょうか。
\登録はこちらから/

 

 

 

 

 

2021年5月追記

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとうしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集