Uber Eats

今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「何かバイトを始めようか考えている上で、Uber Eatsが気になっている」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが、気になるのが配達パートナー事情。

ですが噂で聞く程度の内容で、どうやって登録するか意外と分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで実際に自転車や50cc、125ccバイクなど様々な配送方法を利用して配達パートナーとして登録していた私がUberEatsの概要について詳細を解説

深堀りポイント
  • Uber Eatsの概要
  • Uber Eats配達パートナーの始め方
  • Uber Eatsで稼ぐ上での注意点
  • 近年は他社サービスとの同時登録を推奨

以上の項目について解説しているので、UberEatsで稼ごうか目論んでいるにピッタリな内容です。

10分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eatsの概要

UberEatsの概要として、以下の3ポイントを深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • そもそもUber Eatsとは?
  • Uber Eatsの画期的な働き方の仕組み
  • 様々な配達方法が選べる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

そもそもUber Eatsとは?

結論から言うとUber Eatsとは、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く外資系企業です。

元々は配車サービス「Uber」が別事業として立ち上げ、2016年に日本でもサービスを開始。

IT×デリバリーサービスを組み合わせることにより、好きな時間に働ける画期的なイノベーションを生み出した世界的企業となっています。

2021年8月現在では日本でもトップレベルのシェア率を獲得しており、対応エリアの広さも特徴的。

注文者側も気軽に豊富なメニューからデリバリーを注文できることから、高い人気を獲得したIT系デリバリーの先駆者となっています。

Uber Eatsの画期的な働き方の仕組み

Uber Eatsの画期的な働き方である最大の特徴が、好きな時間に働けるという点</strong>でしょう。

Uber Eatsで活動を行う場合、事前にアプリ上で登録を済ませるとボタン一つで活動することが可能。

結果として通勤が不要で、対象エリア内であれば好きな時間・好きなタイミングで活動したり辞めたりすることができます

もちろんシフトのように事前の申告は一切必要ないので、急な予定が入って辞めるのもOK。

逆に予定が急に無くなったり、急遽金銭が厳しいので働きたくなったりした時にはボタン一つで稼ぐことができるのも魅力です。

そのため従来のアルバイトと異なり、上司が存在しないため自身の裁量で働く時間や休憩を決めることが可能。

因みにUber Eatsの配達パートナーはアルバイトのような給料所得と異なり、個人事業主となるため事業所得となります

年で20万円以上を超えるなど、条件を満たすと確定申告の義務が発生する点に注意しましょう。

「Uber Eats・出前館・menu・DiDiFood・foodpanda」で使える経費や、税金の基礎知識について紹介 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 一般的なアルバイトや会社員であれば税金の処理はすべて会社が行ってくれる為、...

また報酬は週払いを採用しており、通常のアルバイトと異なり現金を手にするまでの速度が早いのも魅力的

今月がピンチで何とか現金を稼がないと…!という緊急時に対応できるのもポイントです。

またクエストやインセンティブといったボーナスが用意されており、ゲーム感覚で稼ぐことができるのも大きな特徴の一つ

Uber Eatsのクエストなどのインセンティブに関する詳細は、以下の記事で深堀りしていますので興味がある方は参考にしてみて下さい。
ヒートマップエリア(染み)エリアって何? 現役Uber Eats 配達パートナーがクエストやボーナスなどインセンティブ制度について解説 そんな疑問はありませんか、サービスが提供され間もない企業なので頻繁にアップデートが繰り返されるUbe...

様々な配達方法が選べる

Uber Eatsでは配達方法として、様々な車種を利用して稼ぐことができます

利用できる配達方法として、一例としては以下の通り。

  • 自転車
  • 小型二輪50cc〜125cc
  • 125cc以上の二輪
  • 普通自動車
  • 徒歩

自転車はロードバイクやクロスバイクではなく、もちろんママチャリを利用することもできます。

また2021年6月より、一部地域から試験的に徒歩での配送も開始されている唯一のサービスです。

そのため自身に最も適した配送方法を用いて稼ぐことができるのも、Uber Eats配達パートナーの魅力となっています

Uber Eats配達パートナーの始め方

Uber Eatsの働き方や仕組みを紹介したところで、配達パートナーのはじめ方についても概要を紹介。

深堀りポイント
  • 専用バッグを準備
  • スマホホルダー・モバイルバッテリーを準備
  • 公式サイトで簡単登録

以上についても、詳細を解説していきましょう。

専用バッグを準備

Uber Eatsの配達パートナーになるため、まず必要となるのが配送バッグの準備

配送バッグはデポジットでUber Eats社から受け取るか、自身でAmazonなどを利用して購入する必要があります

登録後にすぐ稼ぎたい場合には、事前に配送バッグは通販で準備しておくのがおすすめですよ。



また余談ですがUber Eatsでは専用バッグに指定がないため、他社サービスのバッグを用いて働くことが可能です

そこでおすすめなのが他社フードデリバリーサービスの同時登録を行うことで、Uber Eats以外のバッグをゲットする方法。

例えば中国版のUberEatsとも呼べるDiDiFood(滴滴出行)は、専用バッグ以外での配送は食中毒などが発生した場合補償の対象外に。

今後Uber Eats以外のフードデリバリーサービスを利用するのであれば、DiDiFood専用バッグの利用がおすすめですよ。

\登録はこちらから/

スマホホルダー・モバイルバッテリーを準備



Uber Eatsで活動するために必ず必要になるものが「スマホホルダー」と「モバイルバッテリー」

徒歩の場合スマホホルダーは無くてもどうにかなりますが、モバイルバッテリーは必需品友言えます。

特に自転車配送でホルダーを使わない危険運転は重大事故に繋がるため、必ずホルダーを利用しての活動を行いましょう。

余談ですがApple Watchを使用することで、Uber Eatsを始めとしたフードデリバリーサービスは快適度がグッと向上します。

公式サイトで簡単登録

Uber Eatsの配達パートナーで登録を行うためには、以下の書類が必要になります。

  • 身分証明書
  • プロフィール写真
  • 運転免許証(車両を使用する場合)
  • 自賠責保険賞(車両を使用する場合)
  • ナンバープレート写真(車両を使用する場合)
  • 車検証・軽自動車届出書(250cc以上の二輪・普通自動車)
  • 任意保険賞(250cc以上の二輪・普通自動車)

必要書類を揃えてしまえば、公式HPから登録申し込みを行い指示通り進めると簡単に登録が完了します。

Uber Eatsは注文アプリと配達パートナー専用アプリは別になる点だけ注意し、登録を行いましょう。
\Uber Eats公式HPはこちらから/

Uber Eatsで稼ぐ上での注意点

Uber Eatsの始め方を紹介したところで、Uber Eatsで稼ぐために押さえておきたいポイントを紹介。

深堀りポイント
  • 必須の仕事道具を揃えることを推奨
  • 徒歩配達以外は任意保険の加入を推奨
  • 原付を利用する場合は交通違反に十分注意を!

以上の3項目についても、詳細を深堀りしていきましょう。

仕事道具を揃えることを推奨

結論として、Uber Eatsで必要になる仕事道具を一式揃えておくことをおすすめします

理由としては一度注文を承ってしまうと、配達を完了するまで行動が制限されてしまうため。

たとえば悪天候対策にカッパの準備や、防寒具などを揃えておかなければ快適に活動することができません

そんなUber Eatsで配達パートナーを行う上で必要になる仕事道具に関しては、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats・menu配達パートナーを始める方へ配達前に揃えておきたい便利なアイテム そんな悩みは、お持ちではないでしょうか。 Uber Eats配達パート...
冬のUber Eats・menuなどバイク配達にバイク乗りガチ勢が紹介する防寒アイテム10選 都心では紅葉も本格的に始まり空気も乾燥してきて肌寒い季節が到来。 Uber Eats配達パートナーも、自転車勢の方々は...

徒歩配達以外は任意保険の加入を推奨

Uber Eatsでクロスバイク自転車や原付き、125ccバイクを利用して稼ぐ場合には、任意保険の加入を強くおすすめします。

理由としてはUber Eatsで採用されている補償制度は、注文依頼を受け付けてから注文者に届けるまでの間のみ適応となるため。

そのためUber Eatsで待機時間中や届けた後の移動時間は、事故が発生しても補償の対象外となります。

車両だけではなく自転車も人とぶつかると大問題に発展する可能性を秘めているので、任意の保険への登録がおすすめです。

その他で他社サービスとの保険の違いについては、以下の記事で具体的な内容を紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...

原付を利用する場合は交通違反に十分注意を!

Uber Eatsで原付きを利用する場合、特に注意したいのが交通違反による警察の減点。

原付きは通常の車両より道路交通法の制限が多いため、頻繁に捕まってしまうことも。

一度警察に捕まってしまうと点数が減点になるだけではなく、罰金により一日の稼ぎが無くなってしまいます

原付で始めると高回数で捕まる方が続出しているため、十分道路交通法に注意して配送を行うようにしましょう

注意したい道路交通法の概要については、以下の記事で解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

原付配達パートナー必見配達前に抑えておきたい道路交通情報 そんな疑問をお持ちの方は、少々お待ちください。 50ccの原付は、通常の交通ルールとは違い縛りが多い乗り物で...

また実際に働いてみた感想については、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください

Uber Eats 配達パートナーとして稼働する魅力やデメリットを、現役配達パートナーが徹底暴露 そんな疑問はありませんか、周囲に利用者がいなければ実態がわからないUber Eats配達パートナー。...

近年は他社サービスとの同時登録を推奨

Uber Eatsの配達パートナーを始める前に押さえておきたい注意点を紹介したところで、以下の項目についても解説。

深堀りポイント
  • 他社サービスと複数登録を推奨する理由
  • 出前館
  • DiDiFood
  • menu
  • food panda

それぞれの内容についても、順を追って解説していきましょう。

他社サービスと複数登録を推奨する理由

Uber Eatsで配達パートナーとして働くのにおすすめなのが、複数のフードデリバリーサービスの登録です。

理由としては新型コロナウィルスの影響により、大量に出現した配達パートナーにより仕事が回りにくくなっているため。

Uber Eatsで最も時給を下げてしまう原因が、仕事依頼がこない待機時間が長引いてしまうことです。

そこで検討したいのが複数のフードデリバリーサービスに登録し、同時にオンラインにして仕事受注確率を高める方法。

複数のサービスに登録することで、待機となる時間を極力減らすことができるなど柔軟な使い分けを行うことができます

加えて各サービスごとの良い点を把握して使い分けることによって、戦略的に活動できるのも複数デリバリーサービス登録の優れているポイントでしょう。

そんな複数デリバリーサービスで登録を推奨されるサービスの一例についても、順を追って紹介していきましょう。

出前館

Uber Eatsに続いて日本でも高い認知度を誇る、国内発端のデリバリーサービスが「出前館」。

出前館では従来ではアルバイトや正社員のみの募集しか行っていませんでしたが、一部地域で業務委託の募集が始まりました

業務委託ではUber Eatsと同様に、好きな時間に働くことが可能でインセンティブなどの制度がない代わりに高額な基本配達料金が魅力。

加えて稼働エリアが限られているので、Uber Eatsのように遠方に飛ばされる心配なく働くことができます

Uber Eatsに慣れてきて、更にガッツリ稼ぎたいと目論む方にピッタリのサービスなので今後の利用も検討してみては如何でしょう。

\公式HPはこちら/

 

DiDiFood

中国版Uberとも呼ぶべき、中国発端の外資企業配車サービスが運営するフードデリバリーサービスが「DiDiFood」。

DiDiFoodでは全てのフードデリバリー中でトップレベルの補償の手厚さを誇る安心感が魅力のサービスとなっています。

更にUber Eatsと異なりクエストなどのインセンティブは常時開催されている安定感も嬉しいポイントです。

加えてピックアップ店舗まで料理を受け取りに行く距離も報酬として加算される点も魅力の一つ。

2021年よりエリアが拡大している、勢いの良さを見せるフードデリバリーサービスとなっています。

因みに専用配達バッグを利用しなければ手厚い補償制度を利用することができないので、バッグの確保先として登録するのにもおすすめのサービスですよ。

\登録はこちらから/

 

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...

menu

ゲームアプリの開発事業を手掛ける国内発端のフードデリバリーサービスが「menu」。

menuではランクアップシステムと呼ばれる特有の制度を採用しており、配達するほどゲームのようにアカウントのレベルが上昇していきます

アカウントレベルが上昇すると、レベルアップ報酬が受け取れるなど数々の特典を得ることが可能です。

そのため配達を行えば行うほど高報酬が期待できる、ゲームのような利用感が魅力のサービスとなっています

その他menuに関する詳細は、以下の記事で具体的な内容を解説していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

menuとは 配達員 アルバイト
フードデリバリーサービス「menu」とは?配達クルー(配達員)の登録方法や手順を解説 こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsを広く認知されているものの、新しいフードデリバリーサービ...

 

food panda

東南アジアで勢いよく伸びる、ドイツに本社を構える世界的フードデリバリーサービスが「food panda」。

food pandaでは他社サービスと異なり、事前に働く時間を申請するシフト制を採用しているサービスとなっています。

柔軟に働くことができないものの、その分ライバルとなる配達パートナー数に限りがあるため配達依頼が着やすい環境が整っている点が魅力。

そのため他社サービスで注文依頼数が落ち込む、ライバルが大量発生する心地の良い晴天だと予想される日にシフトを入れるなどの使い方が可能です。

そんなfood pandaの詳細は、以下の記事で具体的な内容を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

food pandaとは
food pandaとは?稼げるの?他社サービスとの違いやおすすめの人物像はコレ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年急増しているフードデリバリーサービスでも、頻繁に広告で見かける機会が...

UberEatsの概要まとめ

最後にUberEatsの概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Uber Eatsとは、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く外資系企業
  • Uber Eats最大の特徴が、好きな時間に働ける
  • 上司が存在しないため自身の裁量で働く時間や休憩を決めることが可能
  • 報酬は週払いを採用しており、現金を手にするまでの速度が早いのも魅力
  • 「スマホホルダー」と「モバイルバッテリー」、「専用バッグ」が必要

UberEatsの登録を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

好きな時間に、好きなタイミングで働くことが可能な画期的なサービスを生み出したUberEats。

高い認知度による安定した仕事の受注数が魅力で、フードデリバリーで稼ぐには登録は必須とも言えるサービスです。

フードデリバリーサービスを利用して稼ごうと目論んでいる方は、まずはUberEatsの登録を済ませて利用感を確かめて他社サービスの利用を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集