didi

Uber Eats(ウーバー)・food panda・DiDi Food・出前館フードデリバリーにおすすめのロード・クロスバイク・電動自転車

Uber Eats 出前館 menu DiDi おすすめ 自転車
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
フードデリバリーで稼ごうか検討しているものの、ママチャリは明らかに効率が悪そうなので最適な自転車を探している

このような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

自転車でも気軽に始めることができ、運動不足解消をしながら副業を行うことができる画期的なフードデリバリーサービス。

どうせ始めるなら、短時間でしっかり稼げるような効率を高めてくれる自転車を探している方も多いはず。

ですが自転車に詳しくない方は、ロードバイクやクロスバイクの違いなど分からない事が多く戸惑う方も多いのではないでしょうか

そこで当記事ではフードデリバリーで利用するのに最適な自転車の種類や性能・おすすめ製品などの概要について詳細を解説。
解説ポイント
  • フードデリバリーで候補となる自転車の特徴
  • 具体的におすすめの自転車の製品例・揃えたいアイテム
  • 自転車登録で稼ぐのにおすすめのデリバリーサービス

以上の項目について解説しているので、効率よく配達できる自転車を探している方にピッタリな内容です。

自転車で稼ぎたい方に最適な内容になっていますので、ぜひ参考最後まで目を通してみてください。

フードデリバリーで候補となる自転車の特徴

フードデリバリーで自転車を利用して稼ぐために、候補となるジャンルは主に以下の三種類となります。

深堀りポイント
  • クロスバイク
  • ロードバイク
  • 電動自転車

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

クロスバイク

結論から言うとフードデリバリーサービスで、自転車を利用するのに最もおすすめの自転車が「クロスバイク」と呼ばれる自転車です。

理由としてはスポーツに特化したロードバイクと異なり、配達に不向きな前傾姿勢でないので無理のない体制で配送できるため。

また電動自転車は充電切れというデメリットを抱えており、充電などの手間が不要で楽々配送できるのもクロスバイクのメリットです。

更に購入価格も比較的リーズナブルなので、盗難などのリスクを考えても超高価格の自転車と比較しても利用しやすいのも嬉しいポイント

フードデリバリーの配送だけではなく、趣味・通勤・買い物といった幅広い用途で大活躍する1台なので都心で稼働する場合は是非検討を行いたい自転車でしょう。

ロードバイク


走る速さに関しては、全ての自転車の中でも突出したスピードを実現することが可能な自転車が「ロードバイク」

ロードバイク最大の特徴は、車体の軽さと最高速度で原付き並みのスピードで移動できる点が最大のメリットとなります。

またハンドル部分も、より効率よく力を伝達できるドロップハンドルを採用しているので立ち漕ぎでクロスバイクには実現できないの最高速度を実現することが可能です。

ただし購入価格が非常に高額という点と、盗難のリスクに常に晒されるというデメリット。

また軽量化に特化している分、パーツもフードデリバリーの長時間稼働に耐えれず壊れるといった面も抱えています。

どちらかといえば趣味性が強く、本当に自転車が好きな人がオマケでフードデリバリーに使用するような車体と考えると良いでしょう。

電動自転車

東京で言えば練馬区などの西エリアや赤羽など、非常に坂の多い地域がメインで稼働するエリアの方が検討したいのが電動自転車

電動自転車はアシスト機能により、体力を削ぎ落とす坂道でも楽々走行できる点が最大のメリットとなります。

ただし一日中稼働するためには必ず充電が必要になる上に、充電が切れると普通のママチャリより重たい車両へと変貌。

更に購入価格が非常に高額といったデメリットも見逃せないポイントで、ロードバイク並の資金が必要な点も大きなデメリットとなります。

坂道の多いエリアで、短時間だけ稼働したいユーザーに利用を推奨したい車両ではないでしょうか。

具体的におすすめの自転車の製品例・揃えたいアイテム

それぞれの自転車の特性を解説したところで気になるのが、具体的におすすめな自転車の製品例ではないでしょうか

そこで具体的におすすめな製品例や揃えておきたいアイテム、自転車配送を利用する魅力など以下の項目を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • おすすめのクロスバイク・電動自転車の製品例
  • 自転車配送を行う上で揃えたいもの
  • フードデリバリーに自転車を利用する魅力

以上についても、順を追って詳細を解説していきましょう。

おすすめのクロスバイク・電動自転車の製品例

結論として最もおすすめなのは、3〜5万円程度のクロスバイクの導入です。

選ぶポイントとして、必要最低限押さえておきたい項目は以下の通り。

  • 細いタイヤは抵抗が少なくなり早い代わりに、雨天に滑りやすくなる
  • 1〜2万円代の自転車はパーツがイマイチで、結果として買い替えで高く付く
  • 盗難に関するリスクを考えて初期投資を行う
  • 必ず任意の自転車保険に加入する

特に首都圏など盗難が多い区間では、盗難のリスクが高く防犯用のロックを変え揃えるなどの必要があります

それぞれの項目を踏まえた上で、フードデリバリー用のクロスバイクとしておすすめの製品例をそれぞれピックアップしていきましょう。

3万円台CHEVROLET(シボレー)


3万円台CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-024 (HEBE) ディープリム クロモリフレーム フロントLEDライト付 ブラック


3万円台MASERATI(マセラティ)


4万円台ブリヂストン クロスバイク ES1 ESP761 E.Xブラック


電動自転車TB7B41 TB1e ティービーワンe ブリヂストン TXネオンライム 2021モデル 14.3Ah相当 3年盗難補償付 通学 通勤 電動クロスバイク


選ぶ上で押さえたい点は、主に名の知れたブランド物で最も気に入ったデザインを選択するのがポイントでしょう。

今後フードデリバリーで共に活動する相棒として愛着を持てるかどうかは、仕事のモチベーションとしても意外と無視できません。

そのため思わず走り出したくなるような気に入った自転車を妥協せずに購入してしまうほうが、後に帰ってくるリターンも多く受け取ることができるでしょう。

自転車配送を行う上で揃えたいもの

クロスバイクなどを導入する場合、必要なものがどうしても車体だけではなく揃えておくべきアイテムが数多く存在します。

フードデリバリーで揃えておくべき必需品の数々についても、簡単に解説していきます。

必需品モバイルバッテリー


フードデリバリーで最も避けなければ行けない自体が、注文を受け取った後に発生する充電切れ。

「充電が切れる=業務が行いない」ということになるので、純粋に稼げたはずの時間を棒に振ってしまうことも。

またフードデリバリーで稼働する際にはスマホをフルに利用する関係から、充電の消耗が著しくなります。

そのためモバイルバッテリーの導入は、自転車に限らず全ての車両を利用する上で必要なアイテムと言えるでしょう。

必需品スマホホルダー


バイクに限らず自転車でも、ポケットから出し入れしながらマップを確認する危険運転は絶対に行ってはいけません

そこで必要になるのが配送先やピックアップ店舗をマップで確認しながら移動するために、スマホを固定するホルダーの存在。

雨の日も稼働するのであれば、全体を包み込め小さなモバイルバッテリーも同封できるようなタイプを購入するのがおすすめです。

必需品ヘルメット


ある程度のスピードが乗るクロスバイクなどを利用して配送を行う場合に、転倒事故から頭を守るために装着が必須なアイテムが「ヘルメット」。

またUberEatsなど一部のフードデリバリーでは、ヘルメットを装着しなかった場合保険が一部対象外になります。

そのため配送を行い際には必ずヘルメットをかぶり、安全面を考慮して稼ぐのがおすすめです。

必需品LEDライト


夜間など涼しい時間と相性の良い自転車配送ですが、導入を忘れると警察に捕まる忘れがちな車両装備がLEDライト

夜の配送で点灯しなければ危険なだけではなく、罰金によりせっかく稼いだ資金を失うリスクが伴うためクロスバイクなどを導入した場合は必ず購入すべきアイテムでしょう。

番外編:できればあったほうが良いものリア


自転車で一定時間以上は必ず稼働する場合、負担となるのが大きなカバンを背負うことで消耗する体力です。

また体力が消耗するだけではなく、カバンが傾くなど中の料理の破損にも繋がるため場合によっては賠償問題に繋がることも

そんなカバンの負担を軽減して思う存分配送を行えるアイテムが、自転車に荷台を設置する「リア」。

設置するだけで配送に伴う快適度が抜群に上昇するので、本格的に自転車で稼ぐのであれば設置を検討したいアイテムでしょう。

番外編:できればあったほうが良いものApple Watch


iPhoneユーザーであればスマホを落下させたり、通知の受け取り損ないなど地味なストレスから開放される便利アイテムが「Apple Watch」

Apple Watchは通知を受け取り一定の操作ができるだけではなく、マップの確認などを時計上で行える快適度をぐっと上昇させてくれるアイテムです。

フードデリバリーで数日本格的に稼働すると簡単に元を取れるだけではなく、スマホなどの貴重品の破損を防止することが可能。

加えてフードデリバリーだけではなく、Suikaの決済機能から時計機能まで幅広く万能に活躍してくれるため是非おすすめしたいデバイスです。

フードデリバリーに自転車を利用する魅力

やはりフードデリバリーを自転車で稼働する最大の魅力は、運動不足の解消と免許が不要という点が挙げられます。

特にバイク配達は疲れにくい分、ずっと座りっぱなしで腰を痛めるなど体に負担がかかる点が実情です。

ですが自転車配送であればダイエット効果だけではなく、足の筋力増加による体の不調の改善を期待することができます

またバイク配送で陥りがちな交通違反による罰金や点数減少による免停に伴う費用など、盲点となりがちな出費が伴うことも珍しくありません。

稼げるお金以上の特典を受けることが可能なのも、自転車を利用して配送を行う魅力。

そのため50ccバイクかロードバイクで迷っているのであれば、自転車を利用して稼ぐことをおすすめします。

また小型自動二輪免許などを持っている方は話は別になるので、おすすめのバイク選びは以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてください。

おすすめ バイク 50 90 125 Uber Eats
Uber Eats・food panda・DiDi Food・出前館フードデリバリーにおすすめ・最適・便利なバイク選び方を排気量別に紹介50cc・90cc・125cc こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 UberEatsを始めとしたデリバリーサービスで効率よく稼ぐため...

自転車配達で稼ぐのにおすすめのデリバリーサービス

おすすめの自転車に関する概要を紹介したところで、気になるのが利用するデリバリーサービスの詳細ではないでしょうか。

そこで定番のサービスから近年続々と登場する新たなフードデリバリーサービスまで、概要を簡単に解説していきます。

深堀りポイント
  • UberEats
  • 出前館
  • DiDiFood
  • food panda

以上の項目についても順を追って内容を解説していきましょう。

UberEats

外資系フードデリバリーで最大のシェア率と高い知名度を誇る、アメリカ発端の定番サービスがUberEatsです。

UberEatsは高いシェア率から安定した受注率を獲得できることや、対応エリアの広さが魅力。

初めての初心者からゴリゴリ稼ぎたいベテランまで、登録は必須とも言えるサービスです。

他社サービスと異なり利用者も多いことから、トラブルと言ったサポートも比較的柔軟に対応してくれる点もUberEatsがおすすめなポイントとなっています。

まだフードデリバリーを利用して稼いだことがない方は、この機会にまずはUber Eatsから利用感を確かめてみては如何でしょうか。
\登録はこちらから/

 

また2021年6月より徒歩で配達できる機能が搭載され、より柔軟な働き方へ挑戦を行っています。

興味がある方は以下のリンクで詳細を解説していますので、是非参考にしてみてください。
Uber Eats対応エリア
歩いて配達UberEats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUberEatsの新システム「徒歩機...

出前館

国内発端の上場企業であるフードデリバリーサービスで、近年業務委託の募集も開始した「出前館」。

専用の帽子を被る必要があり業務自体も他社サービスより決まり事が多いですが、一回の最低配達料金が高額です。

1時間以内に3件以上配達を行うと、大きくアルバイトの最低時給を上回る効率の良さが最大の魅力。

そのため配達回数と比例して時給が高額になるので、ゴリゴリ稼ぎたい方には最適なサービスとなっています。

より効率的に淡々と稼ぎたい方に、複数登録の候補として登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

DiDiFood

2020年より日本に上陸した、中国の北京に拠点を構えるフードデリバリーサービスが「DiDiFood」。

他社サービスと異なり、報酬の対象とならないピックアップ店舗までの移動距離も報酬として加算されるなどの制度が魅力です。

加えて補償制度は全てのフードデリバリーサービスの中でもトップレベルの手厚さを誇っており、安心して働ける体制を整えているのもGOOD。

日本に上陸後は年々サービス対象エリアを拡大しており、今後対象エリアが拡大されることが期待されています。

登録がまだ済んでいない方は、この機会に公式HPで自身の稼働エリアが対象か確認を行い登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちらから/

food panda

東南アジアで高いシェアを誇り、2020年より日本に進出した外資系企業のフードデリバリーサービスが「food panda」。

food pandaは通常のフードデリバリーサービスと異なり、事前に働く時間を申請するシフト制を採用しています。

そのため事前にライバルが多くなると予想される時間は、制限が設けられたfood pandaで稼働するなど他社サービスと併用することで効率的に働くことが可能。

他社サービスと併用することで配達効率を上げることができるサービスなので、詳細を知らない方は以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

food pandaとは
food pandaとは?稼げるの?他社サービスとの違いやおすすめの人物像はコレ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年急増しているフードデリバリーサービスでも、頻繁に広告で見かける機会が...

フードデリバリーで利用するのに最適な自転車の種類や性能・おすすめ製品などの概要まとめ

最後にフードデリバリーにおすすめの自転車についてについて、簡単にまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • フードデリバリーサービスで、自転車を利用するのに最もおすすめの自転車は「クロスバイク」
  • ロードバイクは趣味性が強く、本当に自転車が好きな人がオマケでフードデリバリーに使用することが多い車体
  • 電動自転車はアシスト機能により、体力を削ぎ落とす坂道でも楽々走行できる点が最大のメリット

バイクを利用してフードデリバリーサービスで稼ごうか検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年複数社でサービスが拡大しているフードデリバリーサービスですが、効率的に稼ぐためには一社に絞らず複数社での登録が推奨されています

理由としては稼げない原因の最大の原因が「鳴らない時間」で、複数社のサービスでオンライン待機することで仕事受注の確率を上げることができるため。

特に一社だけに絞ると配達パートナーの過剰さや、注文数の少なさにより鳴らない時間が発生するリスクを最大限に抑えることが可能です。

現在一社だけで業務委託登録を行っている方は、この機会に複数社の登録を検討して更に高時給で稼働できる環境を実現してみては如何でしょうか。
\登録はこちらから/

 

 

 

 

 

2021年5月追記

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとうしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集