デリバリーサービス

Uber Eatsで通話料金が気になるアナタへデュアルSIMという選択肢

デュアルSIM フードデリバリー Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
格安SIMを利用しながらフードデリバリーで副業を行っているものの、通話代が高くて悩んでいる

こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

月々の通信利用料を低価格に押さえることが可能な格安SIMですが、通話代が高い傾向が強いのがデメリット。

そのため頻繁に注文者と通話する機会の発生するフードデリバリーと相性が悪く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか

そんな時に活躍するのがデュアルSIMと呼ばれる手法で、2社の通信事業者の良い所取りを行うことで月々の使用料金を節約することができます

そこで当記事ではフードデリバリーで通話料に悩むユーザーに向けて、デュアルSIMの魅力や手法について詳細を解説。

解説ポイント
  • デュアルSIMとは?
  • ディアルSIMを採用する際に押さえておきたいポイント
  • デュアルSIM契約におすすめの格安SIM

以上の項目について解説しているので、フードデリバリーで通話料に悩んでいる方へうってつけな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

デュアルSIMとは?

デュアルSIMの概要をご存知でない方に向けて、以下の3ポイントを深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 1台の端末で2つのネットワークを切り替えれる
  • 通信事業者の良いとこ取りを行うことができる
  • 油断すると通話料金が高額になるUber Eatsと相性良好

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

1台の端末で2つのネットワークを切り替えれる

結論から言うとデュアルSIMとは、1台の端末で2社のネットワークを切り替えることができる機能の総称です。

通常であれば1台に1枚しか挿入できないSIMカードを2枚差し込むことが可能で、iPhoneであればXRやXs以降のモデルには全て対応。

2社の通信事業者を切り替えることで、それぞれのプランを利用したり電話番号の切り替えたりできるのが魅力となっています。

スマホの二台持ちやモバイルルーターの持ち運び等、従来では手間だった行為が1台の端末で利用することができるのもデュアルSIMの特徴です。

通信事業者の良いとこ取りを行うことができる

デュアルSIMを利用する最大のメリットは、2社の通信事業者のプランそれぞれの良いところ取りを行える点でしょう。

特に近年料金プランが改定され、指定アプリを使用した通話料が無料にも関わらず月々1GB以下の利用料であれば無料の楽天モバイルとの相性は抜群。

勿論フードデリバリーサービスでの通話にも対応することが可能なので、無料の楽天モバイルで通話を利用しながら他社サービスで通信利用を行うなどの使い分けが可能です。

そのため通話料が割高になりやすい格安SIMのデメリットを解決するのに、デュアルSIMは正しく利用することで解決することができます。

油断すると通話料金が高額になるUber Eatsと相性良好

レストランや注文者の自宅が分かりにくい場合など、意外と通話を利用する機会の多いUber Eatsといったフードデリバリーサービス。

場合によっては長電話になることがあるため、10分間通話放題といったプランでも制限を越えた通話になってしまうことも。

そんなトラブルも、デュアルSIMで通話料無料の通信事業者を利用することで解決することが可能になります。

そのため格安SIMを利用してフードデリバリーサービスの活動を行っている方は、十分選択肢となる機能ではないでしょうか。

ディアルSIMを採用する際に押さえておきたいポイント

デュアルSIMの概要を紹介した所で、次に利用する際に押さえておきたいポイントも解説していきます。

深堀りポイント
  • 通信事業者ごとの特性を理解する
  • SIMフリー端末が不可欠
  • 電話番号を継続して利用するにはMNP転出の手続きが必要

以上についても、詳細を解説していきましょう。

通信事業者ごとの特性を理解する

デュアルSIMを利用する場合に押さえておきたいポイントとしては、通信事業者ごとの特性を理解する必要があります

特に格安SIMは業者ごとでプラン内容が大きく異なるため、正確に理解しておかなければ逆に利用料が高くなってしまうことも。

そのためデュアルSIMを検討しているのであれば、利用する通信事業者のプラン内容を正確に把握して計画的に利用する必要がある点に注意しましょう

SIMフリー端末が不可欠

格安SIMを利用してデュアルSIM機能を使う場合には、SIMフリー端末であるか確認が必要です。

SIMフリー端末とは、通信事業者をユーザーが自由に選ぶことができる端末の総称。

大手キャリアが販売するスマホにはSIMロックと呼ばれる制限が掛けられており、他社回線を利用できない制限が伴います。

SIMロックを解除するためには大手キャリアの場合は申込みを行うか、SIMフリー端末の買い替えが必要なります

因みにiPhoneの場合はApple Storeで購入した場合、SIMフリー端末を選択可能なので端末購入の際には注意が必要です。

電話番号を継続して利用するにはMNP転出の手続きが必要

格安SIMに乗り換えた際に、従来の電話番号を利用し続ける場合にはMNP転出届けと呼ばれる作業が必要になります

MNPとは電話番号を変更せずに他社通信業者に乗り換える行為そのものの名称で、利用するには事前に申し込みが必要です。

そのため正しい手続きを踏まえてMNP転出を行わなければ、最悪電話番号が消滅してしまう恐れがあります

電話番号を利用できない場合、従来使用していたLINEが利用できないなど日常生活に支障を及ぼしてしまいます。

MNPの転出・転入に関する詳細は、各利用業者によって異なるため念入りに確認を行った上で転出を行いましょう。

デュアルSIM契約におすすめの格安SIM

デュアルSIMを利用する前に抑えておきたい概要を紹介した所で、契約におすすめの格安SIM例を紹介していきます。

深堀りポイント
  • 楽天モバイル
  • mineo
  • LinksMate

それぞれの項目について、順を追って概要を紹介していきましょう。

楽天モバイル

無料で音声通話を利用するのに、最も有力な候補となる格安SIMが「楽天モバイル」。

楽天モバイルでは2021年4月に発表された「Rakuten UN-LIMIT VI」により、通信量1GB以下の利用は無料になりました。

加えて音声通話は専用アプリを利用することで完全に無料で利用することが可能なため、実質通話だけ行う通信事業者としても利用することが可能

またデーター通信は段階制で料金が変動する段階制を採用しており、料金制度は以下の段階で変動していきます。

  • 0〜1GB:0円
  • 1〜3GB:980円
  • 3〜20GB:1,980円
  • 20GB〜:2,980円

20GBを超過した場合する大通信を行った場合でも、無制限で2,980円で利用することができます。

そのためどうしても通信量を多めに利用する月が発生した場合に、個別で契約している格安SIMの容量で対応できない場合にもサポートすることが可能

ただしデーター通信量を一切使用していない期間が半年間続くと、自動的に契約が解除される点だけ注意が必要でしょう。

音声通話をメインに利用する格安SIMの有料候補としてだけではなく、通信容量が足りない場合のサポートとしても優秀な通信事業者ではないでしょうか。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

更に楽天モバイルの詳細を解説した内容は、以下の記事で解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

楽天モバイルアンリミテッドの今後は、真剣に乗り換えを検討したほうが良いと思う話 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 2021年4月には1年間利用が無料のキャンペーンが開催され、自社基地局を...

mineo

関西電力グループが提供する、大手3キャリア回線にも対応した格安SIMサービスが「mineo」です。

mineoが提供している「音声通話+データー通信プラン(au回線)」のサービス利用料は、主に以下の通りとなっています。

  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

以上の通りmineoは月々データー通信量「5GB:1,518円」が選べる、丁度よい価格帯と通信量が利用できる数少ない格安SIM

この丁度良さから、私も実際に愛用している格安SIM業者となっています。

また追加プランで、それぞれ以下のオプションを利用することが可能。

  • 5G対応
  • パケット放題プラン
  • 10分間音声通話無料

また契約期間内に解約すると違約金が発生する他社業者と異なり、煩わしい縛りがないのも嬉しいポイントです。

更に余ったデーターは翌月に繰り越すことも可能なので、利用通信量が安定しない方でもお得に利用することが可能。

3キャリア回線にも対応しているため、SIMロック解除ができなかった端末でも利用することが可能な点も嬉しいポイントとなっています。

ただし利用する回線業者によっては料金プランが変動するため、au以外の利用会社は注意が必要です。

そんなmineoを実際に利用した感想は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

mineo 利用 感想
格安SIMmineoをiPad、iPhoneに差し込み2年間使用してみた感想 こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 月々の携帯料金をぐっと抑える事ができる格安SIM会社ですが、正直数が多すぎ...

LinksMate

ゲーム事業を中心に手掛けるLogicLinks社が運営する格安SIM業者が「LinksMate」。

LinksMateではDocomo回線を使用しており、安定した通信品質に加え細分化されたデーター容量からプランを選択することができます。

「音声通話+SMS+データー通信」のプランで細分化された内容の一例としては、以下の通り。

  • 200MB:627円
  • 400MB:682円
  • 1GB:737円
  • 2GB:770円
  • 4GB:1,078円
  • 6GB:1,342円
  • 8GB:1,606円
  • 10GB:1,870円

また格安SIM業者では数少ない次世代通信システム5Gにも対応しており、イノベーションが発生する今後も使い続けることが可能です。

細かいデーター通信量の指定を行い、計画的に格安SIMを利用したい方には最適な通信業者となっているため計画的に利用したい方は是非利用を検討してみては如何でしょうか。

フードデリバリーで通話料に悩むユーザーのデュアルSIMの魅力や手法まとめ

最後にフードデリバリーで通話料に悩むユーザーのデュアルSIMの魅力や手法について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • デュアルSIMとは、1台の端末で2社のネットワークを切り替えることができる機能の総称
  • デュアルSIMを利用する最大のメリットは、2社の通信事業者のプランそれぞれの良いところ取りを行える点
  • フードデリバリーの通話量問題も、デュアルSIMで通話料無料の通信事業者を利用することで解決
  • デュアルSIMを利用する場合、通信事業者ごとの特性理解が必要
  • 格安SIMを利用してデュアルSIM機能を使う場合には、SIMフリー端末であるか確認が必要
  • 従来の電話番号を利用し続ける場合にはMNP転出届けと呼ばれる作業が必要

フードデリバリーで通話料に悩むユーザーのデュアルSIMの魅力や手法を知りたい方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

格安SIMを利用している方は油断すると出費がかさみがちな通話料金ですが、楽天モバイルとデュアルSIMを利用することで対策が可能です。

音声通話を無料にすることができるので、毎月発生する費用を軽減することで年間の負担額をグッと押さえることが可能です。

そんな楽天モバイルSIMを導入して音声通話料金に悩まされている方は、デュアルSIMの利用を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集