didi

UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「UberEats・DiDiFood・出前館それぞれの保険や補償制度の違いが知りたい」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討している方にとって気になるのが補償制度。

そこで当記事ではUberEats・DiDiFood・出前館それぞれの保険や補償制度の違いについて詳細を解説。
解説ポイント
  • UberEatsの補償制度・保険・他社サービスとの比較
  • DiDiFoodの補償制度・保険・他社サービスとの比較
  • 出前館の補償制度・保険・他社サービスとの比較
  • UberEats・DiDiFood・出前館でそれぞれ向いている方の特徴

以上の項目について解説しているので、それぞれの登録を検討している方にピッタリな内容です。

それぞれのサービスの保証内容を深堀りした内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

UberEatsの補償制度・保険・他社サービスとの比較

日本のフードデリバリー業界での先駆者であり、圧倒的な知名度を誇るUberEats

そんな元祖とも言えるUberEatsの保険制度について、以下の概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • UberEatsの補償制度・保険の概要
  • UberEatsの補償制度・保険が残念なポイント
  • UberEatsの補償制度・保険が優れている点

以上の内容について、それぞれ順を追って解説していきましょう。

UberEatsの補償制度・保険の概要

UberEatsで導入されている補償制度を簡単にまとめると、以下の通りとなっています。

対人・対物賠償責任 上限1億円
医療見舞金 50万円
死亡見舞金・葬式費用 1,000万円(葬式費用上限100万)
後遺障害見舞金 1,000万円
入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金 60日を上限とし、1日7,500円
配偶者・被扶養者への見舞金 15万円(1人あたり)
後遺障害等級の確定に要する費用 実際に要した費用
入院一時金 2万円(ヘルメット未装着は5,000円)
手術一時金 75,000円(外来手術の場合3万円)

2021年8月現在の内容のため最新となるUberEatの保険制度の概要は、以下の公式HPで確認可能。

不明な点や詳しい概要については、公式HPで確認・問い合わせを行いましょう。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

保証される内容の具体的な例としては、以下のようなケースが挙げられます。

 

  • 配送中に歩行者との接触事故により大怪我を負わせた場合
  • 配送中に車との接触事故で、車両に傷を負わせた場合
  • 注文者に火傷などの怪我を負わせた場合

 

また傷害保障に関しては、配達者自身が傷害を追った場合に利用できる制度となっています。

続いてUberEatsの補償制度が残念な点や、優れたポイントの数々について順を追って深堀りしていきましょう。

UberEatsの補償制度・保険が残念なポイント

UberEatsの補償制度・保険を確認した上で、残念だと感じるポイントに関しては以下の通り。

 

  • 一度事故を起こすとUberEatsはアカウント停止の処置が取られる
  • 配送中のみ(ピックアップ店舗までの移動〜注文者までの配達まで)の適応
  • 保証内容は保険としては最低限の内容

 

基本的にUberEatsは、一度事故が発生するとアカウントが停止になり過失に寄っては登録が解除されてしまいます。

中には貰い事故にも関わらず、アカウント停止の処置を受ける事例も存在しているようです。

加えて保証対象は実際に注文依頼を受けて、配達が完了するまでの間が対象のため待機時間や帰宅時間は保証の適応外となります。

加えて慰謝料などで裁判沙汰となった場合には、弁護士費用などは残念ながら保証されることはありません

そのため弁護士特約といった保証内容が完備された任意保険が必要な場合、自身での加入が推奨されます。

UberEatsの補償制度・保険が優れている点

UberEatsの補償制度について残念な点を解説していきましたが、次に補償制度や保険が優れているポイントは以下の通り。

 

  • 車両を問わず全ての配送方法に適応
  • 賠償責任・傷害星生だけではなく料理の破損も対応
  • サポートセンターが他社サービスに比べると繋がりやすい

 

補償制度の内容が自転車だけに限られるサービスも存在する中で、UberEatsは全車両に対応が行われています。

加えて料理をこぼすなど破損した場合は配達パートナーが賠償するのではなく、UberEats側が負担する手厚さも魅力。

また繋がりにくいと言われているサーポートセンターも、日本最大規模を誇る企業がサポートを行うため他社サービスより手厚いのも嬉しい点でしょう。

補償制度に関しては最低限ですが、一切保証を行わないサービスも存在するのでフードデリバリー初心者には安心して働ける環境が整っているサービスです。

初めて副業でフードデリバリーで稼ごうと検討している方は、まずはUberEatsから試してみるのがおすすめですよ。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

DiDiFoodの補償制度・保険・他社サービスとの比較

2020年より地方都市から進出が始まった、中国の北京に本社を構える巨大企業「DiDiFood」

そんなDiDiFoodの登録を検討している方で気になる補償制度についても、詳細を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • DiDiFoodの補償制度・保険の概要
  • DiDiFoodの補償制度・保険の残念なポイント
  • DiDiFoodの補償制度・保険が優れているポイント

以上についても、詳細を解説していきましょう。

また_DiDiFoodの概要がイマイチ不明な方は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみていください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Foodって何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

DiDiFoodの補償制度・保険の概要

DiDiFoodで導入されている補償制度を簡単にまとめると、以下の通りとなっています。

対人・対物賠償責任 上限3億円
医療見舞金 54万円
死亡見舞金・葬式費用 1,200万円(葬式費用上限1,000万)
後遺障害見舞金 1,200万円
入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金 180日を上限とし、1日9,000円
配偶者・被扶養者への見舞金 45万円
後遺障害等級の確定に要する費用 1,200万円

2021年8月現在の内容のため最新となるDiDiFoodの保険制度の概要は、以下の公式HPで確認可能。

不明な点や詳しい概要については、公式HPで確認・問い合わせを行いましょう。

\DiDi Foodの公式HPはこちらから/

 

保証されるケースについては、基本的にUber Eatsと同様の守備範囲となっています。

そんなDiDiFoodの保険制度に関する詳細について、それぞれ順を追って概要を確認していきましょう。

DiDiFoodの補償制度・保険の残念なポイント

結論から言うとDiDiFoodの補償制度の残念なポイントは、UberEatsと基本的には同じです

そのため保証の対象となるのは、ピックアップ店舗〜配達完了までの間のみ保険の対応となります。

待機時間・帰宅時間は残念ながら、保証の対象外と鳴る点に注意が必要しましょう。

またDiDiFoodもUberEatsと同様に、弁護士特約といった内容は保険内容に含まれていません

そのため配達時間以外の事故に適応したり、弁護士特約などの特典を完備したい場合には任意保険への加入が推奨されます。

DiDiFoodの補償制度・保険が優れているポイント

DiDiFoodの補償制度・保険内容が優れているポイントとして、全てのフードデリバリーサービスの中でもトップクラスの見舞金の手厚さを誇る点でしょう。

特に対物に関しては3億円と、数あるデリバリーサービスの中でも最高数値の保証となるのもDiDiFoodならではの嬉しいポイント。

また全ての保証内容もフードデリバリーの中では比較的手厚い補償制度を採用しているUberEatsと比較しても、見舞金を高額に知っていしています

バックに中国最大の大企業が運営している点も、DiDiFoodが全デリバリーサービスの中でも手厚い補償制度を採用できる力でしょう。

加えて今後は全国にエリア展開を行っているので、自身の活動エリアが加盟していないか常に最新チェックを行いたいサービスとなっています。

複数登録にも対応しているので、UberEatsと併用して仕事受注率を高めたい方は同時に登録を検討してみては如何でしょうか。

menuの補償制度・保険・他社サービスとの比較

国内発端のサービスで、2020年より加盟エリアを一斉に拡大したデリバリーサービス「menu」。

そんなmenuの気になる補償制度についても、概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • menuの補償制度・保険の概要
  • menuの補償制度・保険で残念な点
  • menuの補償制度・保険で優れているポイント

それぞれの項目についても、概要を解説していきましょう。

またmenuの詳細を知らない方は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

menu 稼げる
「menu」デリバリー(配達)のアルバイトって稼げるの?詳細や登録方を紹介 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 大人気デリバリーサービス「Uber Eats」の、後を追うように登場した「...

menuの補償制度・保険の概要

menhu導入されている補償制度を簡単にまとめると、以下の通りとなっています。

対人・対物賠償責任

非公開

医療見舞金

40万円

死亡見舞金・葬式費用

1,000万円(葬式費用上限100)

後遺障害見舞金

無し

入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金

22.5万円を上限とし、17,500

配偶者・被扶養者への見舞金

無し

後遺障害等級の確定に要する費用

無し

2021年8月現在の内容のため最新となるmenuの保険制度の概要は、以下の公式HPで確認可能。

不明な点や詳しい概要については、公式HPで確認・問い合わせを行いましょう。

また保証内容と鳴る事故の事例などは、基本的にUberEatsと同様ですがmenuでは自転車のみの適応となります。

そのため原付や125ccバイクは、残念ながら補償制度の対象外となる点に注意が必要です。

menuの補償制度・保険で残念な点

menuの補償制度で残念な点として挙げられる一例を列挙すると、以下の通り。

  • 対人・対物に関する保証の上限は非公開
  • 全体的に保証の充実度はおまけ程度
  • 保証が適応されるのは自転車の配達クルーのみ

他社デリバリーサービスと比較するとmenuは、お世辞にも保証内容は充実しているとは言いにくい内容になっています。

特に注意しておきたいポイントは、保証内容は全て自転車配達クルーのみでバイクの保証は一切採用されていない点。

そのためバイクを利用して稼ぎたい方は、任意保険の加入は必須となります

ただし任意保険への加入が推奨されているのは、どのデリバリーサービスでも共通事項。

複数デリバリーサービスを利用して稼ぐ場合など、柔軟な働き方を希望しているのであれば各デリバリーサービスの保険は当てにしないのが懸命かもしれません。

menuの補償制度・保険で優れているポイント

残念ながらmenuの補償制度は、全てのフードデリバリーサービスの中でも最低限と言わざるを得ない内容です。

そのため自身の身を守るためにもmenuで稼ぐことを検討している場合には、任意保険への加入が必須とも言えるでしょう

特にバイク配達勢に関する補償制度は、成長中のサービスということもあり今後の充実が期待される項目です。

ただし元々ゲームアプリの開発を行う企業が運営するサービスという都合上、ランクアップシステムなどゲーム性が高い仕様をmenuは採用しています。

配送を行うほどアカウントが育っていく楽しみは、menuでしか味わえない仕様なので興味がある方は利用を検討してみては如何でしょうか。

menu ランクボーナス
menuのランクボーナスとは?UberEats(ウーバーイーツ)と異なるインセンティブ・ボーナスの概要を紹介 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 2020年よりUber Eatsと並んでサービスを展開している新規のフー...

出前館は残念ながら補償制度が無い

元々国内で最も高いシェア率を獲得している出前館も、業務委託での配達員を募集しています。

ですが出前館では自転車・バイク配送に限らず残念ながら補償制度などは一切採用されていません。

加えて登録には任意保険書の提出が義務付けられているので、数あるフードデリバリーサービスの中でも最も座敷が高いのが現状となっています。

ただし報酬制度は最低650円以上を保証されており、1時間以内に2回以上配達するだけで最低時給近くの報酬を叩き出せる高額報酬が魅力

配達エリアも限られており、無駄に遠くに運ぶことにより効率が下がる他社サービスより効率的に稼ぐことができます。

そのためリスクを取ってでも高い時給でゴリゴリ稼ぎたい方には、出前館は最適なデリバリーサービスです。

もちろん複数登録で稼ぐこともできるので近年報酬が下落傾向で悩んでいる方は、一度登録の検討を行ってみては如何でしょうか。
\公式HPはこちら/

 

 

また出前館の登録に関する概要については、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

出前館 業務委託 登録 募集 稼げる
出前館の業務委託パートナー・配達員の登録手順・始め方・方法・注意点を紹介 こんな疑問や悩みを、お持ちではないでしょうか。 2020年より業務委託パートナーの募集が始まり、複数のフードサービスと...

UberEats・DiDiFood・menu・出前館で、それぞれ向いている方の特徴

ここまで補償制度の概要を解説したところで気になるのが、フードデリバリーサービスそれぞれの登録でおすすめの人物像ではないでしょうか。

そこで以下の3ポイントについても、詳細を深堀りしながら概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • UberEatsの利用が向いている方の特徴
  • DiDiFoodの利用が向いている方の特徴
  • menuの利用が向いている方の特徴
  • 出前館の利用が向いている方の特徴

それぞれ順を追って概要を深堀りしていきましょう。

UberEatsの利用が向いている方の特徴

近年では報酬が下落傾向なUberEatsですが、日本でもトップクラスの知名度と対応地域の豊富さから必ず登録すべきサービスの一つでしょう。

理由としては成長途中の他社サービスと比べると、加盟店舗数も豊富で注文数も安定しており比較的初心者でも稼ぎやすいため。

また保証やサポートも他社サービスと比較すると手厚い部類に入るため、初心者が初めて稼働するのにも安心して働ける面でも最適です。

服装も自由で配達バッグの制限もないため、他社サービスと並行して利用することが可能。

フードデリバリーの副業を検討している方でUberEatsの登録を行ってない方は、先ずは一度利用感を確かめるためにも最初に登録してみるのがおすすめでしょう。

\登録はこちらから/

 

DiDi Foodの利用が向いている方の特徴

補償制度ではトップレベルの手厚さを誇るDiDi Foodは、今後の加盟エリアの拡大を期待できるデリバリーサービスとなっています。

DiDi FoodはUberEatsやmenuと異なり、ピックアップ店舗までの移動距離も報酬として加算されるのも嬉しいポイント。

そのため長距離配達の依頼が回って来やすいバイク勢には、同時登録するには是非推奨したいサービスとなっています。

2021年では爆発的に加盟エリアを広げているので、公式HPにて最新の情報を確認して登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

menuの利用が向いている方の特徴

menuの特徴は、配達を行うほどアカウントがレベルアップして稼ぎやすくなる点や加盟エリアの広さが挙げられます

また服装やバッグの制限も特に設けられていないので気軽に始めれるため、複数登録の選択肢としても最適なデリバリーサービスです。

元々ゲーム開発を手掛けている企業が運営していることもあり、ゲーム性の高さが最大の魅力となっています。

フードデリバリーでは配達依頼を待つ待機時間が長いほど時給が下がるので、効率的に稼ぐためには複数登録で仕事受注率を上げるのが基本です。

任意保険に加入しており、今後も末永くゲーム感覚でアカウントを育てながら配送したい方にもmenuはピッタリのサービスではないでしょうか。

 

\公式HPはこちら/

 

出前館の利用が向いている方の特徴

出前館は保険が非対応の他、専用の帽子を被るなどの若干規則が厳しい点がデメリットとなるデリバリーサービスです。

ですがデメリットを上回るほどの高時給を叩き出せる報酬の高さが魅力で、より効率よく高時給で稼ぎたい方にピッタリ。

もちろん他社デリバリーサービスとの併用も可能なので、鳴りにくい季節や時間のリスク軽減として複数登録の選択肢としても最適です。

とにかく少ない時間で稼ぎたいと目論む方には登録すべきデリバリーサービスなので、先ずは公式HPで配達員登録の詳細を確認してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

UberEats・DiDiFood・出前館それぞれの保険や補償制度の違いや概要まとめ

UberEats・DiDiFood・出前館それぞれの保険や補償制度の違いについて、それぞれ参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年複数社でサービスが拡大しているフードデリバリーサービスですが、効率的に稼ぐためには一社に絞らず複数社での登録が推奨されています

理由としては稼げない原因の最大の原因が「鳴らない時間」で、複数社のサービスでオンライン待機することで仕事受注の確率を上げることができるため。

特に一社だけに絞ると配達パートナーの過剰さや、注文数の少なさにより鳴らない時間が発生するリスクを最大限に抑えることが可能です。

現在一社だけで業務委託登録を行っている方は、この機会に複数社の登録を検討して更に高時給で稼働できる環境を実現してみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/

 

 

 

 

2021年5月

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとおしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集