Uber Eats

Uber Eatsはダイエット・健康維持に最適!徒歩配達or自転車で運動しながらお金を稼ごう

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「ダイエットや運動不足解消に、Uber Eatsを利用しようか検討しているけど、実際どうなの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

国内でトップクラスの知名度を誇るフードデリバリーサービス「Uber Eats」。

好きな時間に好きな服装で働ける上に、単価が高いことで人気を誇るサービスとなっております。

そんなUber Eatsをダイエットや健康維持として利用しようか検討している方で気になるのが、「本当に効果があるのか」ではないでしょうか。

そこで実際にフードデリバリーサービスで働いていた私が、Uber Eatsのダイエット・運動事情について詳細を解説。

解説ポイント
  • 押さえておきたい自転車と運動の基礎知識
  • Uber Eatsは徒歩配達も可能
  • 自転車登録が可能なフードデリバリーサービス

以上の項目について解説しているので、運動ついでにUber Eatsの利用を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

押さえておきたい自転車と運動の基礎知識

運動がてらUber Eatsの利用を検討している方で気になるのが、自転車の消費カロリー事情ではないでしょうか。

そこでUber Eatsを運動として取り入れるのであれば選択肢となる、自転車の運動事情について解説していきます

深堀りポイント
  • 自転車の消費カロリー事情
  • 好きなタイミングで働けるUber Eatsと相性抜群
  • 筋肉を大きくしたくない方が押さえておきたい基礎知識

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

自転車の消費カロリー事情

結論から言うと自転車の消費カロリーは、数ある運動の中でも、消費するカロリーの高い運動です

目安として体重60キロの方が1時間ほど運動を行った場合、430キロ近いカロリーを消費すると言われております。

また自転車のように酸素を必要とし脂肪を燃焼する運動は「有酸素運動」と呼ばれ、ダイエットとの相性は抜群

そのためダイエットや運動目的でUber Eatsを検討している方は、最適案とも言える運動候補の一つでしょう。

好きなタイミングで働けるUber Eatsと相性抜群

健康やダイエット目的で運動を始めた場合は成果が中々目に見えて現れず、ただ運動を行っているだけでは中々続かな人も多いのではないでしょうか

そこで活用したいのが運動を行う労力で身体を動かしつつ、お金も貰える画期的なサービスがUber Eatsという選択肢。

Uber Eatsでは金銭という成果が運動のインセンティブとして加わるので、運動だけではなく金銭面にも還元されるのが嬉しいサービスです。

また他社サービスと異なり服装自由・出勤するタイミングも自由と制約が少ないため是非初心者が取り入れたいサービスの1つではないでしょうか。

筋肉を大きくしたくない方が押さえておきたい基礎知識

脚の筋肉が大きくなってほしくない方が知っておきたい基礎知識として、軽いギアで漕ぎ続ける必要がある点でしょう。

重たいギアで力を込めて自転車を漕ぐと、無酸素運動と呼ばれる筋肉を大きくする運動になってしまいます。

そのためダイエットを目的としている場合で筋肉を大きくしたくない場合には、軽いギアで回すことができる自転車の利用がおすすめです。

特に運動不足解消目的で自転車配達を検討しているのであれば、軽い力で前に進む構造が採用された「クロスバイク」の導入が推奨されます

Uber Eatsにおすすめな自転車選びに関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

Uber Eats 出前館 menu DiDi おすすめ 自転車
Uber Eats(ウーバー)・food panda・DiDi Food・出前館フードデリバリーにおすすめのロード・クロスバイク・電動自転車 このような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 自転車でも気軽に始めることができ、運動不足解消をしながら副業を行うこ...

Uber Eatsは徒歩配達も可能

Uber Eats対応エリア

運動としてフードデリバリーを取り入れる場合に選択肢となる自転車配送ですが、Uber Eatsではなんと徒歩配送機能も実装されました。

そんなUber Eatsの徒歩配送に関する詳細に関しても、以下の内容を解説。

深堀りポイント
  • 2021年よりUber Eatsは徒歩配達が選択可能に
  • 2021年9月より全国に徒歩配送システムが実装
  • 徒歩配送はスマートウォッチやスマートシューズの導入がおすすめ

以上についても、詳細を解説していきましょう。

2021年よりUber Eatsは徒歩配達が選択可能に

Uber Eatsでは2021年より、徒歩配送機能を実装しました

そのため自転車での運動に最も足がかりな、高額なクロスバイクの購入費用を考えずにUber Eatsを運動として取り入れることが可能です

また特別な車両登録も不要でバッグさえあれば何処でも活動することができるのも、Uber Eatsを徒歩で活動する魅力となっています。

運動不足やダイエット目的で一日数件だけ活動するのにも最適なので、気軽に運動の口実として利用できる機能ではないでしょうか。

2021年9月より全国に徒歩配送システムが実装

以前まで東京の一部地域のみ利用が可能だったUber Eatsの徒歩配送システムですが、2021年9月より全国の一部地域に対応しました

そのため以前まで東京しか利用できなかったシステムですが、全国各地の地方都市を始めとした地域で利用可能に。

Uber Eatsの徒歩機能はカバンさえ所有していれば気軽に活動を行えるので、自転車の購入額に悩んでいた方にも最適です。

対応エリアは、順次最新情報を公式HPで確認してみましょう。

\公式HPはこちらから/

 

徒歩配送はスマートウォッチやスマートシューズの導入がおすすめ

折角歩行配送を行うのであれば健康管理として導入したいのが、スマートウォッチやスマートシューズといったアイテムです。

Apple Watchを始めとしたスマートウォッチは時計としての機能だけではなく、歩行数や心拍数など自身の健康状態を把握することが可能。

加えて歩行中に面倒な通知確認も時計上で行うことが可能なので、Uber Eatsとは抜群の相性を誇るデバイスです。

通知や万歩計だけの機能が備わっているスマートウォッチであれば、Amazonで手軽に購入できる価格帯で販売されておりあます



またApple Watchであれば配達以来の通知受け取りやナビの表示、モバイルSuikaといった多機能を利用することが可能です。

安価な製品と比べて充電持ちも良好なので、よりスマートウォッチによる恩恵を受けたい場合には導入を検討してみては如何でしょうか。


加えて近年ではApple Watchと連動可能な、スマートシューズも話題となっています。

スマートシューズとは脚の着地角度などを計測することによって、正しいフォームでの走り方やあるき方を指導してくれるデバイスシューズです。

もちろんデバイス機能だけではなく、クッション性能や軽量さといったスニーカーに必要な要素も完備。

加えてアンダーアーマーなどのメーカーであれば、デザイン性も良いにも関わらず意外とコスパ良く入手することができます

NIKEなどのブランド品は座敷が高い方でも気軽に導入できるので、徒歩配達機能を利用する方は導入を検討してみては如何でしょうか。



自転車登録が可能なフードデリバリーサービス

自転車配送で運動不足解消を検討している方の場合、仕事依頼がこない場合はいつまでも出発することができません

そんな時に検討したいのが、複数フードデリバリーサービスの登録を行い配送依頼が来る確率をUPさせる手法。

複数で同時にオンラインにすることで配送依頼が来やすい状態にすることができるため、依頼が来ない為出発できない無駄時間を減らすことができます。

そんな自転車配送の複数サービス登録におすすめのデリバリーサービスについて、以下の内容を紹介していきます。

深堀りポイント
  • 出前館
  • DiDi Food
  • wolt

それぞれ順を追って概要を解説していきましょう。

出前館

Uber Eatsに慣れてきて、更に稼ぎたいという欲望が生まれた方に特におすすめしたいサービスが「出前館」です。

出前館では専用の帽子を受け取り・受け渡し時に被るという必要性があるものの、デメリットを上回る高額報酬が最大の魅力。

キャンペーン時には一回あたりの報酬額が1,000円を超えるなど、大々的な配達員への還元を行うなど始める季節によっては大きく稼げるサービスとなっています。

そのため本格的に副業としてフードデリバリーサービスの活用を目論んでいるのであれば、登録を検討したいサービスではないでしょうか。

\公式HPはこちら/

 

その他出前館に関する詳細は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food

中国発端のフードデリバリーサービス「DiDi Food」も、勢いよくエリアを拡大しているサービスの1つです。

DiDi Foodでは専用バッグを利用しなければ補償が受けれないというデメリットを抱えていますが、自由に出勤することが可能。

報酬が下落傾向のサービスと比較すると、割高な高報酬も魅力なので配達員が過剰に発生する心地よい気候での避難先としても最適です。

Uber Eatsと同様にクエストやインセンティブ機能により、楽しく働けるシステムもDiDi Foodの魅力ではないでしょうか。

その他DiDi Foodに関する詳細は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Foodって何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

wolt

北欧フィンランド発端の世界的にサービスを拡大する、勢いのあるデリバリーサービスが「wolt」

woltは丁寧なサポート対応や顧客満足度の高さから、好印象なブランドイメージが最大の魅力です。

また配送料金も高額なため、複数登録で同時にオンラインする選択肢としても良好なサービスとなっております。

更に対応エリアであれば、マッハバイトを経由することで最低5,000円以上のキャッシュバックを獲得することが可能です。

詳しい詳細に関しては以下の記事で概要を紹介していますので、興味がある方は参考にしてみて下さい。

wolt マッハバイト マッハボーナス
マッハバイト経由のwolt登録事情・マッハボーナスって何?後悔しないために登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 woltなどのフードデリバリーで利用できる、高還元が魅力のマッハバイト。...

Uber Eatsのダイエット・運動事情まとめ

最後にUber Eatsのダイエット・運動事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 自転車の消費カロリーは、数ある運動の中でも、消費するカロリーの高い運動
  • 運動を行う労力で身体を動かしつつ、お金も貰える画期的なサービスがUber Eats
  • 筋肉を大きくしたくない場合には、軽いギアで回すことができる自転車の利用がおすすめ
  • Uber Eatsでは2021年より、徒歩配送機能を実装
  • 更に2021年9月より全国の一部地域に対応
  • 徒歩配送はスマートウォッチやスマートシューズの導入がおすすめ

Uber Eatsをダイエット・運動目的で利用しようか検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

自転車や歩行は人間の第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」を刺激し、全身の血流を循環させてくれるため運動不足解消にも最適。

人間の身体は歩くこと前提で仕上がっているため、脳に血流を送り込むことで仕事のパフォーマンスを向上させることも可能です。

そんな徒歩機能を利用できるUber Eatsを利用して、運動不足解消と副業を兼ねた新しい活動に挑戦してみては如何でしょうか。

\徒歩登録はこちらから/

 

その他Uber Eatsの歩行配達に関する詳細は、以下の記事で解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達UberEats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUberEatsの新システム「徒歩機...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集