デリバリーサービス

menu業務委託・配達パートナーの入金サイクル・システムの詳細は?利用前に押さえておきたいポイント

menu 出金システム 入金サイクル
「menuの配達パートナー登録を検討しているものの、報酬の出金システムが気になる」

こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。

2020年4月から急速にエリアが拡大しており、今後Uber Eats並の展開が予想されるフードデリバリーサービス「menu」。

2020年10月の報酬改正より長距離配達になるほど稼げる仕組みが導入され、Uber Eatsで稼げなかったバイク勢が優遇されていることから注目されています

menuの配達パートナー登録を検討している方で気になるのが、menuの入金サイクルやシステムなどの詳細ではないでしょうか。

そこで複数のフードデリバリーで実際に稼働した私が、menuの出金システムや事情について詳細を解説。
解説ポイント
  • menuの入金サイクル事情
  • menuの入金に関する注意点
  • 他社フードデリバリーサービスとの入金システム比較

以上の項目について解説しているので、menuの出金システム事情を知りたい方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

menuの入金サイクル事情

menuの入金サイクル事情を知る上で押さえておきたいポイントは、主に以下の3つです。

深堀りポイント
  • 2020年7月より即時引き出しシステムを採用
  • 即時出金システムを利用する方法
  • 他社サービスと異なり好きなタイミングで出金できる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

2020年7月より即時引き出しシステムを採用

menuではサービス開始当初は、以前では1ヶ月に1度の出金システムが採用されていました。

ですが現在では「即時引き出しシステム」が採用されており、いつでも出金することが可能です。

menuでは2020年7月度によりシステム改正が行われており、「即時引き出しプログラム」制度が採用されました

そのため他社フードデリバリーサービスと異なり、自分が出金したいタイミングで口座に売上を反映することができます

支払日前で急遽金銭を口座に振り込んでほしい方や、税理関係で出金タイミングを調整したい方にも嬉しい制度でしょう。

即時引き出しプログラムを利用する方法

menuの即時引き出しプログラムは、配達パートナー専用アプリで簡単に行うことができます。

 

①まずは配達パートナーアプリを起動します。

 

②中央の「出金」タブをタップ

 

他社デリバリーサービスと異なり、自由な金額を引き落としできるのもmenuならではの嬉しいポイントでしょう。

ただし招待キャンペーンなどの報酬は反映に1週間ほど時間が掛かるため、招待すること前提の方は引き出しタイミングに注意が必要です。

他社サービスと異なり、好きなタイミングで出金できる

menuでは他社サービスと異なり、好きなタイミング・好きな金額で出金することが可能です。

更にパソコンなどを使用せずスマホで手軽に出金が行えるのも、menuに採用されている即時引き出しプログラムの嬉しいポイント。

Uber Eatsでは1週間に1回、出前館では月に2回と出金するタイミングが決まっているフードデリバリーが大半となっています。

そのため出金するタイミングを操作することができる、唯一のサービスです。

menuの入金に関する注意点

menuの出金システムについて解説したところで気になるのが、入金に関する注意点ではないでしょうか。

そこでmenu出勤に関する注意点として、以下の3ポイントについて概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • 出金額が20,000以下の場合は400円の手数料が発生
  • 一度の出金額は400円〜1,000,000円
  • 20,000円以上出金による手数料無料は月に4回まで

以上についても、それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

出金額が20,000円以下の場合は、400円の手数料が発生

menuでの出勤時の注意点として、出金額が2万円以下の場合は400円の手数料が毎回発生する点が挙げられます

そのため2万円未満の出金を頻繁に繰り返す場合は、手数料が数千円以上にかさんでしまうことも。

好きなタイミングで出勤できるものの、2万円以上の報酬額に達していない場合には毎回400円の出費が発生する点に注意しましょう

ただしコンスタントに2万円以上の出金を行う方には、後述する注意点を守ればそれほど問題点にはなりません!

一度の出金額は400円〜1,000,000円

menuで出金を行うためには、最低でも400円以上からとなります。

そのため400円以下の報酬額は、残念ながら出金することができません。

ただし400〜1,000円程度の出金は、出金手数料で半分近く消えてしまうため注意が必要でしょう。

余談ですが100万円を超える資金を出金する場合には、数回に分けて出金する必要があるようです。

20,000円以上出金による手数料無料は月に4回まで

2万円以上の手数料が無料になるサービスは、残念ながら月に4回までしか利用することができません

5回目からは400円の手数料が発生するため、残念ながら毎回無料で出金手続きができない仕様となっています。

コンスタントに2万円以上の出金を行う方で、手数料無料で売上出金を行いたい方は特に注意が必要でしょう。

自分の好きなタイミングで、2万円以上を月に4回引き出せる仕組みと考えると分かりやすいかもしれません。

他社フードデリバリーサービスとの入金システム比較

menuの出金システムの概要を解説したところで気になるのが、他社フードデリバリーサービスと異なる入金システムの比較ではないでしょうか。

そこで以下の要点に的を絞って、出金システムの比較を行っていきます。
深堀りポイント
  • Uber Eatsでは週払いを採用
  • 出前館では月二回の支払日を採用

それぞれ順番に概要を解説していきます。

Uber Eatsでは週払いを採用

外資系のフードデリバリーサービスとして、高い知名度を誇るUber Eatsでは日曜日締めの翌週水曜日払いとなっています。

1週間分の売上が、次の水曜日にまとめて振り込まれると考えると分かりやすいでしょうか。

また条件を満たさなければ手数料が無料にならないmenuと異なり、Uber Eatsでは完全に振り込み報酬は無料で出金が行われます

数年前までは一部銀行以外での振り込み以外は、海外から振り込みという都合上から頻繁に口座が凍結するなどのトラブルが多発していました。

ですが全国的に知名度が認知された現在では、国内の殆どの銀行口座を利用することが可能になったのも嬉しいポイント

自身が好きなタイミングで出金できないものの、配達パートナーに負担がかからないシステムが採用されている点はUber Eatsの魅力でしょう。

出前館では月二回の支払日を採用

国内のデリバリーサービスとして最大規模を誇る上場企業「出前館」の業務委託では、月に二回の支払日を採用しています

業務委託として働きたい方が気になる支払い方法は、主に以下の2パターンです。

  • 15日締め・20日払い
  • 月末・翌月5日払い

二週間に一回、給料日が設定されているという認識で問題ないでしょう。

支払いサイクルが長いものの、まとまった金額が一度に入りやすいので「給料日感」がでるのも出前館の出金システムの特徴です。

menuの入金サイクル・システムの概要まとめ

最後にmenuの出金事情について、概要をまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 現在では「即時引き出しシステム」が採用されており、いつでも出金することが可能
  • 2020年7月度によりシステム改正が行われており、「即時引き出しプログラム」制度が採用
  • 他社フードデリバリーサービスと異なり、自分が出金したいタイミングで口座に売上を反映することが可能
  • 注意点として、出金額が2万円以下の場合は400円の手数料が毎回発生
  • menuで出金を行うためには、最低でも400円以上から
  • 2万円以上の手数料が無料になるサービスは、月に4回まで

menuの出金システム事情を知りたい方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年急速にエリアが拡大し、今後注文数の大幅な増加が見込まれる国内発端のフードデリバリーサービス「menu」。

2020年度の報酬改正によりバイク配達の報酬額が優遇されているので、ロングピックに頭を悩まされている方々にも最適なシステムとなっています

エリア拡大中の今だけ高報酬な可能性を秘めているため、Uber Eatsと併用して稼働するのであれば早めの登録がオススメですよ。

\登録はこちらから/

配達クルー募集[menu]

また大手デリバリーサービスである出前館も、業務委託スタッフの募集を開始しました。

基本報酬額は最高値を誇り、配達エリアも限られているシステム上バイク勢であれば有利に稼ぐ事ができる点が最大の特徴となっています。

加えてUber Eatsやmenuとの複数掛け持ちが可能なため、同時にオンラインにすることで時給に直結する「鳴らない時間」を削減する事が可能です。

登録自体はWeb説明会に出席するだけで簡単に応募する事が可能なので、興味がある方は是非以下のリンクも参考にしてみて下さい。

\公式HPはこちら/

 

【2021年5月追記】

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとおしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介してますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
【フードデリバリー卒業を目論む方へ】2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集