Audible

Audibleはコイン返却・返品が可能!手順・方法を紹介

Audible コイン返却
配達クルー募集[menu]
「購入したオーディオブックが、イメージと違ったな」
「返品ってできないのかな?」

Amazon Audibluを使用し続けていると、こんな悩みに直面します。

私もAudibleで使用したコインは、一度利用したら返却できないと思い利用を行い続けていました

ですがAudibleでは返品という形で、コインを返却することができます。

使い方によっては、1枚のコインで複数のオーディオブックを聞き比べする事も可能です。

そんな月額制サービスの中でも高額なAudibleの活用法として、当記事ではコインの返却・返金方法を解説していきます。

是非Audible利用の参考として、参考にしてみてください。

Audibleでコインを返却する方法

 

Audibleのコイン返却方法は、デスクトップ版のAudibleページから行えます。

ここからは、具体的な手順を紹介していきましょう。

  1. Audibleページへ
  2. 先ずはAudibleのトップページへ

    Audible【公式】

  3. アカウントサービスから購入履歴へ
  4. Audible 返品2

    iPhone、スマホの場合は端末に応じたデスクトップ表示を行いましょう。

  5. 「○○さん、こんにちは!」から、アカウントサービスへ
  6. Audible 返品が3

    Audibleトップページ右上の「○○さん、こんにちは!」から、アカウントサービスをタップします。

  7. 購入履歴(返品)から「返却する」を選択
Audible 返品4

左側の「購入履歴(返品)」を選択。

Audible 返金

返品したいオーディオブックを選び、「返品する」を選択してコイン返却完了です。

オーディオブックを購入した場合、返金が可能

Audibleでは購入したオーディオブックは、1年以内であれば返金可能です。

コインと同じ容量で手続きを行えば、クレジットカードへ同金額が返金されます。

私はコイン返却のシステムを知らずに、何冊かオーディオブックの購入を行っていました。

そこでコインの返却システムを知り、非常に残念な思いをしていましたが返金の有効期限は365日以内

結果として返金が間に合ったので、毎月課金としては高いと感じていたAudibleのシステムに感動すら覚えています。

バイクの運転や、仕事の無意味な朝礼時間、単純作業の合間を学習時間として変換するサービスとしてフル活用。

今ではすっかりAudibleの、ヘビーユーザーの一員となっています。

返品できるからと言って、返却のやり過ぎは禁物

返品・返金が可能なAudibleですが、過度に行うと回数制限が掛かります。 

およそ8〜10回で、制限が掛かる報告が挙げられています

また制限が掛かった場合は、お問い合わせホームからメールで対応する必要が発生する事も。

ですが非常に面倒な上に時間も掛かるので、曲力制限に掛からないよう利用したいもの。

以前は聴き放題だっただけに、惜しまれる制限です。

Uber Eatsと相性が良好!

運転中は退屈で無駄な時間が、刻々と経過していきます。

そんな無駄な時間の代表とも言える運転時間を、学習時間へと変換出来るのがAudible最大の魅力

特に仕事時間の大半を運転が占める、Uber Eatsとの相性は最高です。

Bluetoothイヤホンと併用する事により、ヘルメットが必着なバイク配達でも快適に理想する事も。

Audibleと相性良好な、Uber Eatsは好きな時間に行える副業として根強い人気を誇っています。

そんなUber Eatsパートナーの詳細は、以下で解説していますので興味のある方はご参考下さい。

【Uber Eatsって何?】配達パートナー経験者が仕組み、やり方、始め方を説明するよ そんな疑問はありませんか? 実際は気になっているものの、実際の素性が良く分か...
【Uber Eats(ウーバーイーツ)って稼げるの?】実際に稼働してみた情報・感想まとめ そんな疑問はありませんか? 嘘か本当か分からないネットだけの情報では、正直怪しいの...

隙間時間活用にAudibleを利用しよう!

運転時間や家事の時間といった隙間時間を、手軽に学習時間へと変換できるAmazon Audible。

目まぐるしく日々が流れる現代では、時間の活用法によって大きく人生が左右される時代と言えます。

そんな現代の無駄時間に人生を左右させる程の威力を持つ知識を、目や手を使わずに耳で会得できるツールがオーディオブックサービス「Audible」。

更に無料体験登録では金銭を伴うことなく、1冊分のコンテンツを取得することが可能

年間6,000円近くのAmazon Prime会員利用料を払っているのであれば、利用しなければ損とも言えるサービスです。

まずは体験期間が切れる30日後にカレンダーへチェックを行い、Audibleの無料体験を始めてみては如何でしょうか。

Audible【公式】

http://next-job-style.com/2020/03/28/3/

配達クルー募集[menu]