副業知識

瞑想が何故評判なのか、知らずに過ごすと損する理由を実体験も交えて解説

瞑想 人気 何故
配達クルー募集[menu]
「休日に一日中作業が続かず悩んでいる」
「瞑想が集中力の向上に効果があると聞いたものの、いまいちピンとこない」

こんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

そんな私も瞑想が集中力の底上げに適面だと知っていたものの、時間が勿体ないと感じていて実践しないまま副業に取り組んでいました。

ですが現在では今まで瞑想を行わなかった人生を後悔している程、瞑想により作業効率の上昇を得た事に自分自身が驚いております。

そこで瞑想を実践して一日中作業できる程の集中力を高める事ができた私が、瞑想で得られる効果や実践しないとそんな理由について詳細を解説

瞑想が評判な理由詳細
  • 瞑想が人気を後押ししている理由
  • 瞑想を続けると現れる4つの効果
  • 瞑想はこんな人におすすめ!

以上の項目について解説しているので、瞑想は知っているものの得られる効果について不透明な方にピッタリ内容です。

瞑想の詳細について詳しく解説している内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

瞑想が人気を後押ししている理由

瞑想が人気を後押ししている理由について、ポイントは大きく3つ挙げられます。

瞑想が人気の理由
  • 世界中の研究により科学的根拠が証明されている
  • 米国では精神治療としても採用
  • 世界的有名企業では社員に実践させている

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

世界中の研究により科学的根拠が証明されている

瞑想と聞いて宗教的な印象を抱く方も多いかもしれませんが、結論から言うと科学的にも身体に良い影響を与えてくれることが証明されています

理由としては瞑想の効果が自己制御に効果的な効力を発揮することが分かり、米国のオックスフォード大学といった精神治療化にも採用されているため。

また瞑想を継続していると得られる効果の高さから「マーク・ザッカーバーグ」や「スティーブ・ジョブズ」、「マイケル・ジョーダン」や「ジョコビッチ」、「本田圭佑」などの起業家やアスリート達も採用。

そのため研究により効果が実証されているだけではなく、無駄な時間を過ごすことが許されない有名人達も取り入れるほど瞑想の効果は世間的にも認められている手法とされています。

米国では精神治療としても採用

米国では現代版の瞑想「マインドフルネス」という呼び名で世間に浸透され、精神科では精神治療にも採用されています。

理由としては依存性が高く中毒性の高い薬治療に比べて、身体への負担も少なく精神病にも高い効果が得られるため。

瞑想は続けることにより高いストレス耐性の向上や、緊張や鬱の軽減といった効力が現れるので精神疾患の治療にも非常に有効だとされています。

もちろん作業を続けた疲労感やストレスの軽減効果も得られるため、精神病患者以外の方にも瞑想はオススメですよ。

世界的有名企業では社員に実践させている

瞑想は科学的にも世間的にも効力を認められているため、Googleを始めとした巨大企業の社員にも取り入れられています。

理由としては集中力の継続やミスの軽減といった、仕事においても高い効力を発揮することが多くの人々に確認されているため。

具体例を挙げるとFacebookやAppleといった、世界的な企業や高い集中力が必要とされる医療現場にも採用されています。

そのため瞑想は世界的企業に認められているほど、継続することにより仕事で高いパフォーマンスを手軽に発揮できる集中力の底上げ手法です。

瞑想を続けると現れる4つの効果

瞑想が人気の理由について解説したところで、次に瞑想を続けると得られる4つの効果について解説。

4つの効果
  • 長時間の作業による疲労感を軽減
  • 睡眠の質の向上
  • 記憶力の向上
  • 集中力の継続時間が延長

以上についても、詳細を解説していきましょう。

長時間の作業による疲労感を軽減

3時間以上続けて作業を行っていると

「頭が回らなくなってきたな」
「作業が進まなくなってきたな」

このような感情に振り回された経験はないでしょうか。

そこで一旦脳内をリフレッシュして、新たに作業へ挑むために採用したい手法として取り入れたいのが瞑想です。

理由としては瞑想を行うことにより、脳内の疲労感を軽減し高い精神力で挑み直すことができるため。

私の実体験では瞑想は作業効率が午前中に比べてグッと低下する、昼から夕方にかけて高い効力を発揮することが体感できています。

そのため長時間の作業を続けるためのモチベーション維持するためにも、瞑想は作業の合間に取り入れたいテクニックの一つでしょう。

睡眠の質を向上

結論から言うと瞑想は良質な睡眠の向上を図ることができます。

理由として瞑想は、不眠症にも大きな効力を発揮することが研究の結果科学的にも証明されているため。

アメリカの睡眠医学会が行った研究では、瞑想を2ヶ月間行ったグループと行わなかったグループで睡眠の質を計測。

結果として瞑想を2ヶ月行ったグループが、睡眠効果や睡眠の質、寝付くまでの短さが飛躍的に向上した事が実証されました

実践している私も寝付きが悪い時には、寝ながら瞑想するといつの間にか睡眠状態に入っているほどの効力を実感。

そのため瞑想は不眠症で疲れが取れないと悩んでいる方にも是非取り入れて欲しい、睡眠の質を向上させることが可能なテクニックです。

記憶力の向上

瞑想は記憶力の向上にも、大きな効果をもたらす事が実証されています。

理由としては、記憶にまつわる脳内の海馬の領域が増えるとともに活性化される事が確認された為だとか。

また記憶力と集中力は使用する脳内神経がほぼ同じのため、集中力を高めると必然的に記憶力の向上を図る事も可能です。

そのため高い集中力だけではなく、記憶力の向上を図れる効果も瞑想を続ける大きなメリットでしょう。

集中力の継続時間が延長

瞑想は続けることにより、集中力の継続時間を延長することができます。

理由としては瞑想を行うことにより自己意識を決定する前頭葉への血流が促進され、自己意識のコントロール能力が向上するため。

自己意識を決定する前頭葉は、地球上の生物で人間が最も発達している部分であり論理的思考法や計画といった判断を下す部分です。

集中力と最も関わる前頭葉部分に、瞑想により血流を送り込むことにより本来の能力を活性化。

更に瞑想続けることにより、脳内の情報伝達を行う組織「ニューロン」の結合が変化する事が集中力の増加に繋がっているとされています。

そのため瞑想は継続することにより、集中力の継続時間を大幅に延長する事が可能です。

瞑想はこんな人におすすめ!

瞑想を続けると得られる効果を解説したところで、瞑想の実践がオススメな方について紹介。

瞑想がオススメの人
  • 集中力が続かない方
  • 副業で成果を出したい方
  • 疲れが抜けないと感じ続けている方

以上についても、詳細を解説していきましょう。

集中力が続かない方

結論から言うと数時間で作業が中断してしまう方など、どうしても集中力が続かない人ほど瞑想はオススメです。

理由としては1日5分〜20分以上の瞑想を行うことにより、脳内の構造を集中力が持続する形へ少しずつ変える事ができるため。

実体験をお話しすると以前は瞑想している時間が勿体無いと実践することなかった私ですが、数日試してみて実践後に現れた脳内のスッキリ感に感動

更に以前では数時間で自分に甘えが出て、作業がストップする事が多く中々作業が捗りませんでした。

ですが現在では瞑想を習慣化したことにより、1日中作業することも苦では無くなるほどの長時間に及ぶ作業を行えるように。

更に瞑想を続ける事により、日に日に効力を増してきているため脳の構造が変化しているのではと実感することも度々発生します。

そのため瞑想が多くの著名人にも指示されている理由を噛み締める経験を得たので、集中力が続かない方には是非お勧めしたい集中力の底上げテクニックです。

副業で成果を出したい方

また瞑想は副業で成果を出したい方にもオススメです。

理由としては高い集中力を獲得し、人以上に作業にコミットできる時間が増加するため。

副業で成果を出したのであれば、人一倍の時間を作業へ投下する事は必須になります。

そこで自分の甘えにより本来やるべき事に時間を割く事ができなければ、発展速度が遅くなってしまうことは明確ではないでしょうか。

特に集中力の底上げは、在宅ワークのように自己完結する副業での作業は直接収入にも影響を及ぼします

そのため副業で成果を出したい方には、自身のパフォーマンスを最大限発揮するテクニックとして瞑想の採用がオススメです。

疲れが抜けないと感じ続けている方

作業を続けていると多くの人に現れるのが、頭の中でモヤモヤとした疲労感。

原因は交感神経と副交感神経の乱れや乳酸、ホルモンバランスの乱れといった様々な説が取り上げられています。

いずれにせよ説はどうであれ、長時間の作業に集中するための妨げになる事には変わりはありません

そこで活躍するのが、脳内疲労を飛躍的に軽減させる効果を持つ瞑想。

実践してみて得た結果として、長時間の作業で蓄積した頭の中のモヤモヤ感を瞑想によりスッキリさせる事が可能でした。

そのため作業で疲労感が溜まり、瞑想により疲労をリセットする事を繰り返し長時間の作業を実現する事ができます

また長時間労働により疲労が溜まっている方には、同時に脳内の疲労が溜まっている事により疲れが抜けない場合も珍しくありません

そんな方々は脳が休み事なく働いている状態なので、どんなに寝ても疲れが取れないと言う状態に陥りがち。

そこでも活躍するのが強制的に脳をリラックスさせる瞑想により、働きすぎて疲れてしまった脳をリフレッシュ。

一時的にも脳を休ませる時間を作る事により、日々の疲労を軽減させる事が可能です。

更に毎日続ける事により効力が増していくので、多忙な毎日を送る方にこそ5分程度で良いので続けてみて欲しい習慣でしょう。

疲労感を緩和する瞑想が何故評判なのか実体験を交えた紹介まとめ

最後に疲労感を緩和する瞑想が何故評判なのか実体験を交えた紹介について、まとめていきましょう。

瞑想の実体験を交えた紹介まとめ
  • 世界中の研究により、科学的根拠に基づいた思考への効果が証明されている
  • 米国では薬を使用しない治療法「マインドフルネス」として認知されている
  • 「Google」「Facebook」「Apple」といった世界企業にも瞑想は採用
  • 長時間の作業による疲労感を、瞑想でリフレッシュして軽減する事が可能
  • アメリカ睡眠医学会の研究の結果により睡眠の質を向上させる効果が実証されている
  • 記憶にまつわる脳内の海馬の領域が増加・活性化される
  • 自己意識を決定する前頭葉へ血流が集中し、自己意識のコントロールが可能
  • 集中力が続かない人、副業で成果を出したい人、疲れが抜けないと感じている方にもオススメ

副業で成果を上げたい方は、参考としてお役に立てたでしょうか。

瞑想は継続する事により初めて効力を発揮するので、毎日の積み上げ作業の隙間に組み込む事によって更に作業効率を上げる事が可能ですよ。

是非試した事がない方は、今日の隙間時間でも実践を試みてみましょう。

また瞑想以外にも副業に役立つ、集中力を底上げする方法を私が実際に試して効果があったものを以下の記事で紹介していますので興味がある方は以下もご参考ください。

副業 頑張る 集中力
【副業を頑張る方へ】WEBライターの私が実際に試して効果があった、一日中作業を行える6つの方法 このように前日には気合を入れたにも関わらず、結果的に。 このような経験や、悩みをお持ちではないでしょうか。 ...

最後までご視聴ありがとうございました。

配達クルー募集[menu]