Amazon

【現代では加入してない人の方が珍しい?】今更聞けないAmazonプライム会員の詳細を紹介

Amazonプライム まとめ
「Amazon primesってよく聞くけど何?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか。

月額使用料500円という値段で、破格の特典などを受けることができる現代版のインフラとも呼べるサービスです。

当記事ではAmazonプライム会員利用歴3年近くの私が、今更聞けないAmazon primes会員の特典について詳細を解説

今更聞けないAmazon primes会員について
  • 現代のインフラであるAmazon prime
  • プライム会員なら楽しめる3つのコンテンツ
  • その他充実特典が満載

以上について解説しているので、Amazon primes会員を見送っていた方にうってつけの内容となっています。

プライム会員の詳細について解説しているので、興味がある方は是非ご参考ください。

現代のインフラであるAmazon prime

そもそも前提として、Amazon Prime会員についての詳細はご存知でしょうか。

そこでAmazon Prime会員が多くの人々から支持される理由について、具体的な詳細を解説していきます。

プライム会員の詳細
  • そもそもAmazon primes会員とは
  • 1番の注目は配送料無料
  • 複数のコンテンツが視聴し放題

以上について詳細を解説していきましょう。

そもそもプライム会員とは

極論から言うと、Amazonの提供するサービスをより快適に利用することができる月額課金サービスです。

月額使用料500円という安さで、充実した内容の恩恵を受けることが出来るサービスとして多くの人々に支持されています。

具体的内容としては「時間指定や配達料の送料無料」「コンテンツの利用し放題」といった数々の内容が人気の秘密。

さらにプライム会員は、年々日を追うごとにサービス内容が充実したものへと進化しています。

年ごとに進化していくプライム会員の具体的サービス内容について、順を追って説明していきましょう。

1番の注目は配送料無料

プライム会員最大の特典は、なんといっても「配達送料が無料」と言う点に尽きるでしょう。

ネット通販であれば1回の注文につき、500円以上の送料がかかることも珍しくありません。

月額使用料金500円のAmazon Prime会員であれば、アマゾンで1回買い物するだけで元が取れてしまうコストパフォーマンスの良さが魅力

そのためAmazonで月に2回以上の買い物をするのであれば、確実に加入しないと損とも言えるサービスです。

近年では注文下に物を指定した場所に配送してくれる「置き配」も利用できるようになり、ますます便利になっています。

「置き配」の指定はプライム会員でなくとも設定が可能ですが、送料無料の恩恵を利用し買い物をする手間を省くこともできます。

日々時間に追われる現代社会人にとって、時間を大きく節約することができるのもプライム会員会加入する大きなメリットの1つでしょう。

複数のコンテンツが視聴し放題

プライム会員であれば、後ほど解説する3つの対象コンテンツの視聴を無料で行う事が可能です。

一部対象コンテンツは別途料金が必要など、有料課金制による制限も存在しますが無料でも十分楽しめる内容となっております。

中にはプライム限定となる、Amazon Prime会員でなければ楽しめないコンテンツも存在。

配送料無料と言うコンテンツだけでも十分元が取れる内容となっているにも関わらず、コンテンツを少しでも楽しむだけでも更に元が取れる破格のサービスとなっています。

プライム会員なら楽しめる3つのコンテンツ

ただでさえ配送料無料の特典で充分本を取れるプライム会員ですが、更に会員限定なら視聴できるコンテンツをご紹介。

プライム会員の大特典3つ
  • prime videoでは動画が視聴し放題
  • Amazon musicで我が家の有線代わりに
  • prime readingでは対象の本が読み放題

以上についても詳細解説していきましょう。

prime videoでは動画が視聴し放題

プライム会員であれば「Prime Video」と呼ばれる、動画視聴サービスが利用し放題となります。

Prime Videoでは人気映画やアニメといった、約8000本に渡る作品が視聴し放題です。

プライムビデオ 鬼滅の刃

画像:プライムビデオより

人気漫画「鬼滅の刃」も対象期間中には視聴し放題

中にはPrime Videoでしか視聴できない、オリジナル作品も存在します。

数年前までは無料で見る事ができる作品が数少なく、使い物にならなかったサービスですが近年では視聴できる作品が充実

また無料で見る事ができる作品は定期的に期間ごとに入れ替わり、対象外の作品はレンタル形式となっており別料金で視聴することも可能です。

更に会員登録後に是非購入したいのがAmazonでは専用の端末である「Fireタブレット」や、家のテレビでプライムビデオが楽しめる「Fireスティック」

Amazonのコンテンツを楽しむ為に特化したデバイスなので、primeビデオ更に快適で高画質・高音質の動画視聴が可能となります。

そのため配送料無料動画視聴サービスを利用するだけでも、十分月額利用料金以上の得点を受けることができる内容となっています。

 

Amazonプライム プライムビデオ

画像:プライムビデオより

油断していると、休日すべての時間を持っていかれるので要注意!

Amazonプライムビデオの詳細

Amazon musicで我が家の有線代わりに

更にプライム会員であればJ-Pop、洋楽、アニソンといった幅広いジャンルを取り扱う「Amazon music」が利用可能です。

取り扱う作品は主に洋楽がメインなので、ピンポイントで好きな曲を聴くのには向いていませんが有線のように作業用BGMとして垂れ流すのには非常に優秀。

またジャンルごとにシャッフル再生を行うなど、何か音楽が流したいものの特に聞きたい曲が決まっていない時などに活躍します。

どうしても好きな歌手の曲がなければ、更に対応音楽数が増加した追加料金サービスとなる「music unlimited(ミュージックアンリミテッド)」の利用がオススメです。

最初の1ヶ月はお試しで利用可能なので、1ヶ月後の料金が発生するタイミングをカレンダーにメモしてまずは最初に無料体験を試してみましょう。

music unlimited【公式】

prime readingでは本が読み放題

そしてプライム会員であれば、一部の本や雑誌、漫画が視聴可能な「prime reading」が利用可能

意外と長年プライム会員を契約している方でも、使用している方はすくないのではないでしょうか。

対象コンテンツはビジネス書や雑誌が中心ですが、普通に1,500円前後の値段の良書が転がっています

一冊読むだけで3ヶ月分の月額使用料が浮いたようなものなので、元を取れる所ではありません。

雑誌や漫画のラインナップは充実しているとは言い難いですが、暇な時に視聴するには十分すぎる内容となっています。

副業を行っている方だけに関わらず、人生で一生役に立つ情報の仕入れ先としても優秀なprime reading。

ですが本は一冊だけでも、貴重な時間を消費して消化しないといけないので自分に最も必要な本の選択が重要となります。

そこでオススメなのが対応商品数31万冊のボリュームを誇る、追加料金で本が読み放題の「Kindle Unlimited」

月額使用料金980円というコスパの良さが魅力で、一冊本を読み終えるだけで元が取れる内容のコンテンツサービスとなっております。

Kindle Unlimitedも最初の1ヶ月は無料で体験可能なので、一度Kindleタプリを使用して気になるコンテンツを観覧してみましょう。

Kindle Unlimited【公式】

「Amazon専用端末、Kindleと合わせて使用する事により更に快適に!」

その他充実特典が満載

ここまででも充実の内容となったAmazonプライム会員ですが、更に多数の特典が存在。

その中でも特に優秀な特典について詳細を解説。

プライム会員なら受ける事ができる充実特典
  • 対象内エリアであればAmazonパントリーが使用可能
  • 会員限定セールに参加可能
  • Amazon primesは1ヶ月無料体験が可能

以上についても詳細を解説していきましょう。

対象内エリアであればAmazonパントリーが使用可能

「今日は買い出しの日だ」
「八百屋へ行って、薬局に行って、あとスーパーにも寄らなきゃ…あぁ、1日の時間が足りない!」

こんな経験をお持ちでは無いでしょうか。

そんな方々の強い味方になってくれるのが、プライム会員のみ利用できるAmazonパントリーです。

「パントリーボックス」と呼ばれる専用の箱を、390円(送料込み)で購入する事により利用する事ができます

通常Amazonで日用品を購入する場合、通常であれば大抵の商品はまとめ買いを行わなければなりません。

ですがAmazonパントリーは日用品を単品で購入可能で、スーパーで購入するような感覚で好きな注文数をパントリーボックスに詰めて注文する事が可能。

勿論注文した品は玄関まで宅配してくれるので、買い物というタスクを消滅させる事ができる優れ物となっています。

会員限定セールに参加可能

更にプライム会員の特典として、毎年夏に開催されるAmazonの大セール「Amazonプライムデー」に参加する事が可能です。

Amazonプライムデーでは家電から日用品といった、幅広い商品のラインナップの値引きが行われるAmazonでも有数の大型セール

せどりの仕入れ先としても大人気で、初心者が初めて電脳せどりを行う対象としても参加しやすい注目のセールとなっております。

ここで稼げてしまえばAmazonプライム会員の登録費用は、もはや投資とも言える対象でしょう。

Amazon primesは1ヶ月無料体験が可能

ここまで費用対効果の高いサービスも珍しいプライム会員ですが、最後のダメ押しとして最初の1ヶ月は無料で体験可能です

送料無料サービスとコンテンツ視聴という特典が、1ヶ月無料で利用できる所が世界企業Amazonならではの策略ではないでしょうか。

また退会し忘れていてもprimes会員の利用後がなければ返金も可能なので、うっかり期限が切れていても安心して利用できます

またプライム会員の値段は、数ある先進諸国の中でも日本だけ異常な安さで提供されています。

例を挙げるとAmazon発祥のアメリカ本国では、日本円換算すると年間利用料金は12,000円近くの価格帯。

日本と比べると倍近くの価格差が開いており、物流環境に恵まれた日本に住みながらプライム会員へ加入しないのは諸外国から見て失礼なレベルとも言えるでしょう

また余談ですが、学生であればプライム会員より更に安価な「Amazon Student」に加入可能

この「Amazon Student」は無料体験が6ヶ月間という、異常な無料体験期間の長さを誇っています。

暇を持て余しているが、お金が無くて困っている学生の暇つぶしにも最適すぎるサービスでしょう。

Amazonプライム【公式】

現代版のインフラであるAmazonプライム会員の詳細的まとめ

最後に現代版のインフラとも呼べる、Amazonプライム会員特典について解説していきましょう。

プライム会員詳細まとめ
  • 配送料無料で月一回の買い物を行う場合は、一発で元が取れる
  • プライムビデオでは映画、ドラマ、アニメといった動画が視聴し放題
  • 作業用BGMや家庭内有線代わりに利用可能なプライムミュージックが利用し放題
  • プライムリーディングではビジネス書や漫画といったコンテンツが利用し放題
  • 買い物手間を大幅に減らせる、Amazonパントリーが利用可能
  • 年に一回のAmazonの大セール「Amazonプライムデー」に参加可能

月々500円という格安の利用価格で、充実の特典が受けれるAmazonプライム会員。

月に一回以上Amazonで買い物をする場合には、現状では間違えなく入らなければ損とも言える内容でしょう。

他にも対象エリア内で3時間以内の荷物を届けてくれる「Amazon Now」、ペット情報や商品値引きが魅力の「Amazonペット」など細かなサービスも多数。

特典が盛り沢山すぎるので、いつ倍の値段になってもおかしくないような破格の内容が嬉しすぎるサービスとなっております。

しれっと月額料金サービスを仕込んでくるような、某携帯会社のようなシステムとは大違いです。

まずは体験期間が切れる30日後にカレンダーへチェックを行い、Audibleの無料体験を始めてみては如何でしょうか。

Amazonプライム【公式】

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集