未分類

Mineoの格安SIMを新型iPhoneに入れても電波が立たない(圏外)問題、原因解決方法

mineo 電波 圏外 立たない
「新型iPhone SEを購入したもののSIMカードを入れても圏外ってどういうことなの?」
「ちなみに現在使用している格安SIM会社はmineoです」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

新型iPhoneSE レッド レビュー
2020年度版新型iPhoneSE2(レッド)をApple Storeで通販購入、感想やレビュー こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 コロナウィルスの影響により、延期の噂が囁かれた中で販売された「新型iPho...

実は私も新型iPhone SEをApple Storeの通販で最短のお届け日にて購入したものの、以前使用していたiPhone 5sのSIMカードを差し替えても利用できずに困っていました。

そこでmineoを利用してiPhone 5sから新型iPhone SEに乗り換えた私が、SIMカードを差し替えても圏外のままになる問題を解決した詳細を紹介。

解説ポイント
  • 新型iPhoneSE、SIMを入れても電波が立たない問題
  • 原因はSIMカード?
  • 新しいSIMカードが到着後、無事解決

以上の項目について解説しているので、mineoを利用していてSIMカードを差し替えても圏外となる方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

新型iPhoneSE、SIMを入れても電波が立たない問題

新型iPhone SEが届いてmineoのSIMカード差し替え、電波がたたなかった私の状況について説明。

発生した問題点
  • 新型iPhone SEが届いた当時の環境
  • プロファイルを入れても電波が立たない
  • おそらくSIMカード自体が原因と断定

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

新型iPhone SEが届いた当時の環境

当時の環境としては以前使用していたiPhone 5sから新型iPhone SEへの乗り換え。

(ワープ進化すぎることは置いておいて…)

新型iPhone SEが届いた当初の私の環境は以下の通り

  • 契約している格安SIM会社は「mineo」
  • デュアルタイプのAプランを利用
  • iPhone 5sはSIMロック解除なしのau端末
  • Wi-Fi環境有り

新型iPhone SEはApple Storeで購入したSIMフリー端末なので、ただ差し替えるだけで行けると思い差し替えを実行。

案の定、結果は東京都内在住にもかかわらず電波が圏外と言う事態に…

プロファイルを入れても電波が立たない

即興で可能な対応策として「mineoのiOS用プロファイルを入れてみる」という応急処置を施しみました。

ですが、電波表示が出現したにも関わらず電波は入らない…

結果から言うとプロファイルを入手する必要は全くなかったので、ここではあえて詳細に触れません。

おそらくSIMカード自体が原因と断定

新型iPhone SEの最短入手日だった4月24日には既に、mineoの公式ホームページにて告知が行われていました。

引用:公式ブログ https://king.mineo.jp/magazines/special/1322

 

このことから、おそらく原因はSIMカードであることを推測します。

原因はSIMカード?

原因を特待したところで、契約内容や解決策について紹介。

原因解明
  • 契約している格安SIM会社はmineo
  • Aプランの場合nanoSIMからAプランVoLTE SIMへ変更する必要有り
  • SIMカード再発行手数料は約3,000円未満程度の費用が必要

以上についても、詳細を解説していきましょう。

契約している格安SIM会社はmineo

私が契約している格安SIM会社は「mineo」で、AU回線を利用したAプランに加入していました。

iPhone 8以降の機種で「VoLTE SIM」を使用している方であれば、おそらくそのままSIMカードを差し替えるだけで利用が可能な様子。

ですが今回、かなり旧機種であるiPhone 5sからの移行だったので使用しているSIMカードは「nanoSIM」です。

公式ブログを見るとAプランを利用の場合であれば、やはりSIMカードの移行の案内が必要な様子

つまり新型iPhone SEを利用するには、変更手続きを申請して数日後のSIMカード到着を待つ必要があります。

Aプランの場合nanoSIMからAプランVoLTE SIMへ変更する必要有り

結論から言うとmineのマイページから、SIMカードの再発行する必要があります。

としてはAプランのnanoSIMは、iPhone 8以降の機種には動作確認対象外となっているため。

例を挙げるとiPhone 8 Plusから新型iPhone SEへの移行は、AプランのVoLTE SIM利用であればSIMカードを差し替えるだけで利用ができる様子。

ただしiPhone 7以前の機種であれば、新たにSIMカードの再発行が必要です。

またシムフリー端末であればドコモ回線を利用するDプランや、ソフトバンク回線を利用するSプランへ移行する手段も。

ただし月々の利用料金が増額するので、長い目で見るとSIMカードの再発行を済ませる手段が無難だと思われます。

SIMカード再発行手数料は約3,000円未満程度の費用が必要

引用:公式HPより

mineoのSIMカード変更には、各種サポートから申し込みが行えます。

引用:公式HPより

また地味に痛いのがSIMカードの再発行手数料。

Mineoのマイページで記載されている金額は税抜き価格のため約3,000円未満程度の費用を予定しておく必要も。

新しいSIMカードが到着後、無事解決

この後、無事に問題は解決したので詳細を紹介。

無事解決
  • 新しいSIMカードが到着
  • 新型iPhoneSEにSIMカードを差し「切り替え手続き」を行う
  • 再起動後、無事復活

以上について、詳細を紹介していきます。

新しいSIMカードが到着

新しいSIMカードの再発行は申請して約2日後。

こうして新しいSIMカードが再発行され到着しました。

内容物にはSIMカードと、基本的な回線切り替えの説明が記載された説明書が入っています。

新型iPhoneSEにSIMカードを差し「切り替え手続き」を行う

SIMカードを差し替えたら、あとは説明書通りに手続きを進めるだけ。

再起動後、無事復活

こうして回線切り替え申請を行い、約1時間後に新型iPhone SEを再起動すると利用可能となりました。

mineoで新型iPhoneSEにSIMカードを入れても電波が立たない問題解決方法まとめ

最後にmineoで新型iPhoneSEにSIMカードを入れても電波が立たない問題解決法について、まとめていきましょう。

問題解決法
  • iPhone 8以降の機種でAプランのVoLTE SIMを利用している場合は、そのまま移行が可能
  • iPhone 7以前の機種を利用していて、新型iPhoneに乗り換える場合「VoLTE SIM」へSIMカードの再発行が必要
  • SIMフリー端末の場合DプランかSプランに切り替える方法もあるが、月々の使用料が高くつくためオススメしない
  • SIMカードの変更手数料は、3000円未満の費用が必要

本体価格と内部性能のバランスが取れた新型iPhone SE。

今後は販売が延期されていると噂の大型ディスプレイである「iPhone SE Plus」の販売も噂されており、今後の報道も注目のiPhoneです。

また新型iPhone SEはApple Storeで購入した場合SIMフリー端末となり、5Gに対応していない性質から格安SIMと相性抜群の端末

大手キャリアに比べて格安SIMの料金は数千円の節約となり、年間に換算すると5万円前後の節約ができる事も。

さらに一括購入価格も従来のiPhoneと比べて半額近くの値段なので、格安SIMの入門としては最適なiPhoneです。

オンラインによるApple StoreでのiPhone購入を検討されている方は、是非格安SIMの利用も検討してみては如何でしょうか。

mineo【公式】

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集