Uber Eats

歩いて配達UberEats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!?

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
2021年6月より首都圏で実施されているUberEats(ウーバーイーツ)の徒歩で配達できる機能の詳細が知りたい

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年東京の23区で試験的に導入されたUberEatsの新システム「徒歩機能」。

詳細を知らなかった方や、実際に利用してみた感想などが気になっている方も多いのではないでしょうか

そこで当記事では、新実装された徒歩機能の概要や徒歩機能を利用する上で押さえておきたいポイントについて詳細を解説

解説ポイント
  • 2021年6月より実装された徒歩配達の概要
  • 徒歩配達を行う上で必要なこと
  • 徒歩配達を検討してる方が揃えておきたいアイテム

以上の項目について解説しているので、徒歩機能が気になっている方や利用を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「Uber Eat」の詳細がわからない方は、以下のリンクで詳細を解説していますので参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

2021年6月より実装された徒歩配達の概要

Uber Eats対応エリア

2021年6月より新実装された徒歩機能について、以下の3ポイントを深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 東京23区内で試験的に実施された機能
  • 残念ながら本格的に稼ぐには車両より劣る
  • 車両登録が必要ない気軽さが最大の魅力
以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

東京23区内で試験的に実施された機能

最初に徒歩機能の存在を知った時、こう思った方も多いのではないでしょうか。

「お使い…かな?」

ですが徒歩機能は世界的に見ると、すでに各国導入が始まっている機能となっています。

人の多い都心部では安全面から問題視される自転車配達や、陸橋など以外にも徒歩はメリットが多い配送方法です。

2021年8月現在であれば、東京都の23区で試験的に実施されていたフードデリバリー初の試み。

そのため今後人口が集中している地方都市の中心部であれば、機能実装が視野されている機能となっています。

また車両を準備しなくて良い気軽さから、仕事後や都心まで出てキャンセルになった予定の穴埋めにも最適。

加えて都心であればヒートマップエリア(通称シミ)のエリア内であることが多く追加報酬が狙えるのも嬉しいポイントです。

利用用途次第で登録者の生活スタイルに幅を広げてくれるのも、UberEatsの徒歩配送の魅力ではないでしょうか。

残念ながら本格的に稼ぐには車両より劣る

結論から言うと自転車配送やバイクの配送と比べて、徒歩での配送は本格的に稼ぐのには向いていない機能です。

加えて数時間以上の稼働は体力的にも披露するとの報告も多く、効率を求めるのであればロードバイクかバイクの稼働は必須。

ですが徒歩配達最大のメリットは駐車場所の確保が無用な点や、車両を準備する必要のない気軽さです。

そのためダイエット中の方や健康的に歩きたい方との相性は抜群で、ついでにお小遣い稼ぎを行えるのも徒歩機能を利用するメリットでしょう。

車両登録が必要ない気軽さが最大の魅力

徒歩機能は車両登録は必要なく、誰でも登録することが可能です。

そのため配達バッグさえ準備すると、いつでも働ける手軽な利用感が嬉しい機能となっています。

もちろん準備する車両がないので、駐車違反や交通違反といったリスク無用で稼働が行えるのも嬉しいポイント。

自転車に乗れない方や、意図的にサクッと健康的にUberEatsの稼働を行いたい方にも最適な機能ではないでしょうか。

徒歩配達を行う上で必要なこと

UberEatsの徒歩機能に関する詳細を解説したところで、実際に徒歩機能を利用するために必要な点についても解説。

深堀りポイント
  • UberEatsのアプリ上で設定を変更
  • 配達バッグを準備
  • 歩いた成果を確認したい場合は万歩計などの準備を!

以上についても、詳細を解説していきましょう。

UberEatsのアプリ上で設定を変更

UberEatsの徒歩機能を利用する場合には、アプリ上で配達車両の変更を行う必要があります。

  1. 配達アプリからアカウントを選択
  2. 車両を選択
  3. Uberウォーカーの項目を選択

以上の3ステップで変更することが可能です。

注意点として免許証や自賠責の期限切れを起こしている場合には、書類申請承認後でなければ変更できません。

自転車配達であれば気軽に変更できますが、バイク配達の場合は登録切り替えに若干時間がかかることがある点にも注意が必要でしょう。

配達バッグを準備

UberEatsは徒歩でも、配達バッグを準備する必要があります。

そのためノーバッグでの配送は、最悪の場合アカウント利用の停止などに繋がるため十分注意しましょう。

ただしUberEats専用の配達バッグを必ず利用しなければいけない訳ではないので、各自で準備した軽量バッグでの利用も可能です。

専用バッグは折りたたんだとしても大きさに難があるため、自身の使いやすいバッグを導入できるのもUberEatsのメリットでしょう。

歩いた成果を確認したい場合は万歩計などの準備を!

徒歩機能を利用するメリットは、なんと言っても歩くことで得られる健康的なメリットです。

そこでフルに活用したいのが、歩いた歩数や距離、カロリーなどを数値化する万歩計などのアイテムの導入。

UberEatsのアプリだけでは残念ながら歩数までは計測できないので、数値化したい場合は自身でデバイスを用意する必要があります


また最低限の機能だけ利用したい場合、格安のスマートウォッチであればコスパよく健康面を管理することが可能です。



ふくらはぎは人間の体の第二の心臓とも呼ばれ、歩いて刺激することで全身に血液を送り込むよう人間の体は元々できています

ですがデスクワークや車など座りすぎている現代社会人は、ふくらはぎへの刺激を与える機会が減っているのが現状です。

そんな健康面の問題も徒歩機能で解決しながら、資金を稼ぐことができるのもUberEatsならではの嬉しいメリットでしょう。

\徒歩登録はこちらから/

 

加えて歩きがならの学習は、脳に血流が送られるため効率的に学習できることがはあまり知られていません。

そんな配送時間にイヤホンを導入するだけで、耳から書籍の知識をインプットできるサービスがAmazonの提供している「Audible(オーディブル)」

Audibleなどのオーディオブックとは、忙しい現代社会人が運転や配送などの空いた時間でも本の内容を頭に入れることが可能です。

特にUberEatsとの相性は抜群で、私も稼働中には利用している本気でおすすめしたいサービスとなっています

そんなAudibleは初めての利用であれば1冊以上の利用が無料になっていますので、稼働を検討している方は一度利用感を確かめてみては如何でしょうか。

Audible おすすめ
Audibleでの音声学習がオススメな理由や、聞いてよかった良書を紹介 このような悩みをお持ちでは無いでしょうか。 そんな現在社会人の強い味方となってくれるサービスが、Amazon Pr...
Audible 無料体験 2回目 リトライ
Audible無料体験利用者必見2回目の無料体験が利用可能かもしれません Audible利用経験者で、このような感想を持っている方は居ませんか。 2回目の無料体験を行える条件が気になる方は...

徒歩配達を検討してる方が揃えておきたいアイテム

UberEatsの徒歩機能を利用するために必要なことを紹介したところで、次に気ににあるのが必要なアイテムではないでしょうか。

そこでUberEatsの徒歩機能を利用するために必要な道具や、用意すると便利なアイテムに関して以下の内容を解説。

深堀りポイント
  • 基本装備(バッテリー・イヤホン)
  • ランニングシューズ
  • 軽量バッグ

それぞれの項目についても、順を追って概要を紹介していきましょう。

基本装備(バッテリー・イヤホン)

やはり徒歩機能を利用する点においても避けられないのが、モバイルバッテリーやイヤホンなどの準備。

徒歩だけに限らずUberEatsなどのフードデリバリーは、小型のバッテリーを一つ準備しておくのがおすすめでしょう。


イヤホンに関しては、以下の記事でタイプ別に概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。
Audible Bluetoothイヤホン
2021年最新Audible・オーディオブック視聴におすすめのBluetoothイヤホン こんなに疑問をお持ちでは無いでしょうか。 カバンなどに入れても絡まるトラブルが排除された快適な使用感で、Audib...

また腕につけるタイプのスマホホルダーなども存在するので、腕に固定しながらマップを確認したい方は利用を検討してみては如何でしょう。


ランニングシューズ

徒歩機能を利用する場合に疲れを大きく左右するのが、靴の重さやクッション性能です。

そこで検討したいのがランニングシューズなど、軽くて負担になりにくいスニーカーの導入。

NIKEのエアジョーダンなど、プライベートでも幅広く活躍する鉄板のアイテムを一足導入するのがおすすめです。


また余談ですが徒歩配達に限らず、何度もiPhoneで現在地確認を行う地味なストレスはApple Watchを導入することで解決することが可能です。

Apple Watchはスマートウォッチの機能を兼ね備えているだけではなく、以下の理由からUberEatsと非常に相性の良いデバイスとなっています。

  • 歩いた数や体調管理
  • 通知の受け取り
  • Google Mapのナビ
  • Suika決済

大きな出費が片付いたらApple Watchは、僕自身も導入を検討してるアイテムです。

仕事を効率化するのであれば、安価モデルのApple Watch SEがコスパよく利用できるので検討してみては如何でしょうか。


加えて近年ではApple Watchと連動可能な、スマートシューズも話題となっています。

スマートシューズとは脚の着地角度などを計測することによって、正しいフォームでの走り方やあるき方を指導してくれるデバイスシューズです。

もちろんデバイス機能だけではなく、クッション性能や軽量さといったスニーカーに必要な要素も完備。

加えてアンダーアーマーなどのメーカーであれば、デザイン性も良いにも関わらず意外とコスパ良く入手することができます

NIKEなどのブランド品は座敷が高い方でも気軽に導入できるので、徒歩配達機能を利用する方は導入を検討してみては如何でしょうか。



軽量バッグ

徒歩配達機能を利用する場合でも必要になるのが、料理の配送に用いる配達用バッグです。

ただし配達バッグに特に指定はないので、いつでも働ける準備を行うのであればソフトタイプの折りたたみ式クーラーボックスなどの準備がおすすめ。



軽量で折り畳めるソフトタイプのクーラーボックスはUberEatsだけではなく、買い物バッグなど普段利用としても優秀なアイテムです。

ただし走ると料理がぐちゃぐちゃになってしまうので、徒歩機能で配送する場合は原則として強歩や速歩きでの移動を心がけましょう。

新実装された徒歩機能の概要・徒歩機能を利用する上で押さえておきたいポイントまとめ

最後に新実装された徒歩機能の概要や徒歩機能を利用する上で押さえておきたいポイントについて、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 2021年6月より東京23区内で試験的に実施された機能
  • 転車配送やバイクの配送と比べて、徒歩での配送は本格的に稼ぐのには向いていない機能
  • 最大のメリットは駐車場所の確保が無用な点や、車両を準備する必要のない気軽さ
  • 徒歩機能は車両登録は必要なく、誰でも登録することが可能

UberEatsの徒歩機能が気になっている方や利用を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

歩いて配達が可能なUberEatsは腰痛や肩こりなど運動不足で体に痛みを抱えてる方や、ダイエットをしたいアナタと相性抜群の機能です。

更に自転車が必要なく安全で気軽に副業を行える、今までにないフードデリバリースタイルとなっています。

試験的に実装されている機能なので、いつ廃止されても不思議ではない機能です。

対応エリアの方で、稼働を検討している方は早速登録を行ってみては如何でしょうか。
\徒歩登録はこちらから/

 

Uber Eats menu 出前館 比較 稼げる
Uber Eats・menu・出前館フードデリバリーサービス3社を徹底比較本当に稼げるのはどれ? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年のサービス拡大に伴い、副業としての選択肢が広がり続けるフードデリバリーサ...
Uber Eats 出前館 違い 比較
Uber Eats VS 出前館業務委託委託で働いた場合それぞれの違い・比較 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 自身の好きなタイミングで働くことができる画期的な仕組みを取り入れたUbe...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集