Uber Eats

【冬のUber Eats・menuなどバイク配達に】バイク乗りガチ勢が紹介する防寒アイテム10選

配達クルー募集[menu]

都心では紅葉も本格的に始まり空気も乾燥してきて肌寒い季節が到来。

Uber Eats配達パートナーも、自転車勢の方々は真夏の炎天下と比べると随分配達しやすい季節になったのではないでしょうか。

ただバイク勢には辛い季節であり、ただ座席に座り浸すら修行のように風を浴びる乗り物でを操作必要があるのも事実。

故に自身の筋肉と脂肪を燃やし発熱を行うことが出来ない為、生半可な覚悟でなければ次々とふるいに掛けられる厳しい季節の到来です。

そこで18歳からバイクを乗り続けて10年近く経過するであろうバイク乗りガチ勢である私が、今後の氷河期の中を戦う同士達を応援すべく冬のバイクアイテムを10個を紹介いたします。

是非厳冬の戦場での戦いに備えるべく、是非参考にしてみてください。

冬のバイクでの考え方について

冬場のバイクにおいて、最優先すべき事項は「肌の露出を無くす」事と「風が通る隙間を無くす」事。

意外にも、顔や足首、手は意外と曝け出してる方も多いのではないでしょうか。

またセーター・ニット等でモコモコさせても風が常に通り抜けては意味がありません。

基本的にモコモコが許されるのは、風の影響を受け辛い徒歩移動だけです。

よって肌を露出せず密着しているアイテムを揃えていくのが基本中の基本だと言うことを、頭の中に入れておきましょう。

バイク乗り御用達の「NAPS」「二輪館」は、バイク乗りに最適化された商品ばかりを取り扱ってあるので知らない方は一度足を運んでる価値がありますよ。

それでは前置きが長くなったところで、バイク乗りガチ勢が紹介する防寒アイテム10選を紹介していきましょう。

バイク乗りガチ勢が紹介する防寒アイテム10選

画像1

グローブ

冬のバイクにおいて、真っ先に投資すべきアイテムは手袋。

何故なら数ある体の部位の中で、真先にガタが来るのが手だからです。

更に常に危険と隣り合わせである乗り物である以上、アクセルやブレーキを操る手は命綱のようなもの。

防水とうたってある無駄に高いゴアテックス製でも、残念ながら長時間の雨での運転は浸水が確認されました。

created by Rinker
ショーワグローブ(Showaglove)
¥595 (2020/08/11 08:58:15時点 Amazon調べ-詳細)

雨の日においては色々試した結果、コレが最強です

ただし防寒性はイマイチ、冬場は中に軍手でも仕込むとGOOD。

また見た目に耐えれるなら「ハドルカバー」という手段も存在します。

原付に乗ってるおばちゃんがよく使用しており、ちょっと見た目がアレですが安くて防寒性はピカイチ。

ただし緊急時に手が離せない、危険なデメリットが存在する事も頭に入れておいきましょう。

フェイスマスク

常にヘルメットの隙間から風が流れ込んでくる以上、顔や首の露出も激しく体温低下の原因に繋がります。

そこで出番がこちらのフェイスマスク、例えるなら寒波で冷風が吹き荒れる日にマフラーをする・しない位の差が現れます。

さらにコンパクトで簡単に洗えると、冬場のバイクにおいてメリットしかない商品。

似たような商品でネックウォーマーもありますが、コチラは隙間風が凄いのでオススメできません。

ワイルドファイア

EDWINから発売される、特殊加工が施されたデニム。

3層構造で中にフィルムが入ってることにより、風をシャットアウトし保温する機能を備えたボトムです。

二輪走行時は、普通のズボンでは風が筒抜けのため長時間走行には不向き。

竹の長い靴と併用することにより、下半身を暖かく保つ事ができる非常に快適なアイテムです。

革ジャン等、風の通らない上着

皮のジャケットを羽織っているバイク乗りを見かけた事はありませんか。

革ジャン自体はそんなに暖かいアイテムではありません。

ですが風が通り抜ける隙間を無くす上に、耐久性が高いことからバイク乗りに好まれる上着です。

なので結論から言うと革ジャンに限らず、風さえ通り抜けなければ何でも利用可能。

仮に革ジャンを選ぶのであれば、二枚の革で正面からの風を防ぐ「ダブルタイプ」「本革素材」のものがオススメ。

理由としてはフェイクレザーは購入コストが低い反面、何故か1〜2年でボロボロになる消耗品だからです。

私が使用している革ジャンはライダースブランドであるVANSONから発売されているもの。

created by Rinker
VANSON(バンソン)
¥137,610 (2020/08/11 19:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

8年間ガンガン使用しても、数十年使えそうな耐久性を誇っています。

割と値段が高額なのでワザワザ用意する必要はありませんが、革ジャケット選びとして参考にしてみてください。

起毛系のパーカー、ウルトラライトダウン、フリース等

created by Rinker
Tshirt.st(ティーシャツドットエスティー)
¥2,999 (2020/08/11 19:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは保温要員、風を通さない上着と合わせて使用する事により快適な上半身を実現。

ただし着膨れる上に荷物として嵩張るデメリットがあるため、アイテム選びが重要です。

防寒用の肌着

言わずと知れたUNIQLO発端のヒートテックなどの発熱性肌着。

密着性が高く、薄いので着膨れしやすいバイク配達にも最適な商品です。

上記の装備と併用することにより、更に防寒力がUPします。

カッパ

上記の装備でも耐えれない、厳冬時に防寒着としても役立つのがカッパ。

雨の侵入を許さない構造上、風もシャットアウトするので意外と着てみると暖かったりします。

急な雨の対応にも必須なので、常時備えておきたい必需品。

ブーツ

出来るだけ丈が高いもので革などの風を通さない素材のものがオススメ、可能ならバイク用のモノを。

オススメはアルファインダストーリーズの商品、元々はアメリカの軍事用品を取り扱うメーカー。

コンバットブーツのように防水加工が施され、爪先に鉄板が入ってるので走行の安全面も嬉しいポイント。

横から開けるジップ付きの商品はカビ対策に有効でルックスも良く、私服としても使えます。

created by Rinker
ALPHA INDUSTRIES INC(アルファ インダストリーズ)

貼るカイロ

寒さ対策の定番で、数枚以上の使用で汗ばむくらいの体感温度を実現可能。

特に衣服が密着する腰やお腹、肩などに貼ると効果的です。

意外とバカにならないくらい暖かいので、温度に合わせて貼る枚数を調整期しましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥771 (2020/08/11 08:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

冬場のバイクアイテムはどうしても、揃えていくと何かと高くついてしまいます。

ですが購入することにより、お金を産んでくれる資産にもなり得る道具です。

今後とも活動を続けるのであれば積極的に投資して、ライバル配達パートナーと差をつけてゴリゴリ稼ぎましょう。

ただし冬のバイク走行は凍りついた橋やマンホール、積雪と通常時より危険度が増加します。

運転面に関しては、安全第一を心掛け配達を行いましょう。

Uber Eats配達パートナー登録はコチラから!

\「menu」配達クルー登録はこちらから/

配達クルー募集[menu]

配達クルー募集[menu]