Amazon

Ewin折りたたみ式BluetoothキーボードをiPhoneやiPadに繋いで作業してみた感想

「外出時や仕事中の休憩時間に、副業の作業を行っている」
「でもパソコンのキーボード入力のように、入力スピードが上がらなくて困っている」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

私も出先の隙間時間では、副業としてWEBライティングを行っており文字を打ち続ける日々を送っています。

ですがiPhoneによるフリック入力ではスピードが上がらずに、パソコンが開けない環境にもどかしい思いをし続けていました

そんな悩みの解決策として導入したのが、Bluetoothでスマホやタブレットと接続可能なキーボード

導入した結果として非常に効率的に、尚且つ快適に作業を行う事ができた神アイテムだったので商品の詳細を踏まえた上で紹介していきます。

Bluetoothキーボード使用感
  • Bluetoothキーボードの詳細
  • 2週間ほど使用しての感想
  • iPhone等での入力速度がもどかしい方にぴったり

以上の項目で解説しているので、Bluetoothキーボードが気になっている方にピッタリの内容となっております。

5分程度で読み切れる内容となっていますので、興味がある方は是非最後までご参考ください。

Bluetoothキーボードの詳細

今回購入した「Ewin Bluetoothキーボード」の製品について、詳細を解説していきます。

商品の紹介
  • 手のひらサイズのコンパクトさと、高級感のある外観
  • アンドロイド用充電ケーブルで充電可能
  • 高精度のタッチパネル付き

以上について順を追って説明していきましょう。

手のひらサイズのコンパクトさと、高級感のある外観

「Ewin Bluetoothキーボード」は、手の平サイズのコンパクトさを誇る折りたたみ式のキーボードとなっています。

外観やサイズ感などの参考となるべく、開封の儀を交えながらキーボードの詳細を紹介していきましょう。

Bluetoothキーボード 開封の儀

Amazonダンボールを開封するとご覧の通り。

ewin Bluetoothキーボード 内容物

Bluetoothキーボード ewin 内容物 2

内容物は「本体」「収納袋」「充電用コネクタ」の三点セットと、説明書と保証書が内蔵されています。

Bluetoothキーボード ewin 質感

Bluetoothキーボード ewin 質感2

シンプルながらも安っぽさを感じさせない質感が魅力的。

Bluetoothキーボード ewin 収納

収納袋も本体に対してゆとりがあり、スムーズに出し入れが可能です。

Android用充電ケーブルで充電可能

Bluetoothキーボード ewin 充電ケーブル

充電用のケーブルはAndroidなどで使用できるコネクタが使用可能。

Bluetoothキーボード ewin 充電口

充電口はキーボードのサイドに備わっているので、残念ながら収納袋に入れたままの充電は不可能となっています。

高精度のタッチパネル付き

Bluetoothキーボード ewin タッチパッド

タッチパッドは丁度良い摩擦感を誇っており、触り心地も良好。

キーボードと別にマウスなどを持ち運ぶ必要がないので、最低限の荷物で済むため出先での作業に特化した商品となっています。

ただし古い型となるiPhone6以前のモデルでは使用不可能で、最新OSにアップデートできないiPadや一部対応外の製品も使用できないので購入前に要チェックが必要です。

またタッチパットの使用には設定が必要となるので、iPad mini5を使用例としてご紹介していきましょう。

Bluetoothキーボード ewin タッチパッド 設定
  1. 設定アプリから「アクセシビリティ」を選択後、「タッチ」をタップ
  2. Bluetoothキーボード ewin タッチパッド 設定2
  3. 一番上の「AssistiveTouch」をオン
  4. Bluetoothキーボード ewin タッチパッド 設定3
  5. その後ポインタの移動速度等は、こちらの画面で変更する事が可能です。

下スクロールのアクションが若干慣れが必要なので、MacBookのようなタッチパネルの操作感は期待してはいけません。

タッチパネルに関しては、「あくまで操作の補助」と考える方が無難だと言うのが使用してみた率直な感想です。

2週間ほど使用しての感想

製品の外観や基本的な内容について紹介したところで、実際に2週間ほど利用してみた感想について紹介していきます。

使用感想
  • 出先でキーボード入力できる爽快さ
  • バッテリーの持ちは十分
  • 手ごろな大きさが素晴らしい

以上の内容についても、詳細を解説していきましょう。

出先でキーボード入力できる爽快さ

結論から言うとフリック入力では到達できないスピードで、外出先でも文字入力ができる爽快感がたまらない製品でした。

更にキーの間に施してある「アイソレーション設計」は、人体工学に基づいた設計が施されており押し心地も良好

ハガキサイズのコンパクトさからタイピングが行い辛い心配があったものの、慣れてしまえば手を広げる必要がないため指を伸ばすロスがありません。

一点だけ気がかりな点として「折り畳む」という設計上、TやVといったボタンの面積が小さくなっているのでタイプミスが若干発生しやすい点でしょう。

ewin Bluetoothキーボード

その点を除けば違和感なくパソコンと同じ感覚でキーボード操作ができるので、作業効率化を考えると十分製品の元が取れる内容となっているガチェットです。

バッテリーの持ちは十分

暫く操作しない時間が続くと、勝手にスリープモードに入る「オートスリープ機能」が搭載

電源スイッチの切り忘れによる無駄なバッテリー消耗がないので、充電の手間を極力抑えた機能も嬉しいポイントです。

またマニュアル表記ではフル充電で1日2時間使用仮定として、20時間使用し続けれる充電持ちの良さも魅力

実際に私は仕事の休憩時間で、副業を行う使用用途がメインですが2週間使い続けてバッテリー持ちが気になった事はありませんでした。

手ごろな大きさが素晴らしい

なんと言っても折りたためる構造から、カバンの小型ポケットなどに放り込めるコンパクトなサイズ感が持ち運びに嬉しいポイント。

ewin Bluetoothキーボード

大きさの目安としてはハガキと同サイズです。

ewin Bluetoothキーボード てのひら

内部のマグネットにより、勝手に開かない構造となっているので「逆パカ」対策も完璧。

マグネット

展開時にも狭い飲食店の作業でも邪魔にならない、丁度良いサイズ感なので使用感抜群です。

iPhone等のスマホでの入力速度がもどかしい方にぴったり

使用感想を紹介したところで、Bluetoothキーボードの有利な点について紹介していきます。

Bluetoothキーボードの有利な点
  • 出先で副業の作業を行いたい方
  • 入力速度を最大限に上げたい方
  • 手ごろなBluetoothキーボードを探している方

以上について、順を追って解説していきましょう。

出先で副業の作業を行いたい方

折りたたみ式Bluetoothキーボードは、持ち運ぶことが前提として設計されているので家以外で作業を行う事が多い方にうってつけの商品です。

製品の重量も197gとiPhoneと同等クラスの重さとなり、非常に軽量なので無駄なストレスもかかりません。

ある程度の重量があり精密機械となる持ち運びが大変なパソコンと違い、スマホやタブレットと共に持ち出すだけで簡易パソコンへと早変わり。

更に荷物の中で絡まり断線を引き起こしてしまう鬱陶しい有線タイプとは違い、スッキリとした無線で取り扱う事ができます。

バッテリー持ちも良好で、どうしても外出先での作業が多い方が効率化するには最適の商品でしょう。

入力速度を最大限に上げたい方

文字を打ち込むのには、どうしても限界点が存在するスマホのフリック入力。

フリック入力では漢字の変換といった手間が発生することから、キーボード入力に比べると長時間の入力作業が疲れやすいといったデメリットも抱えています。

そんな悩みもBluetoothキーボードを使用することにより解決が可能。

無線で接続する商品にありがちなタイムラグも発生する事が少ないので、パソコンのキーボードと同じ感覚で入力する事ができます。

スマホやタブレットにBluetoothキーボードを搭載することにより、入力速度を手軽に最大限へと加速する事が可能でしょう。

手ごろなBluetoothキーボードを探している方

ここまで機能性に優れたBluetoothキーボードですが、値段も5,000円でお釣りが返ってくるコストパフォーマンスに優れる価格帯となっています。

長い期間使い込みすぎると潰れてしまうキーボードも、この値段帯なら買い替えもパソコンのような痛手ではありません

外出先での副業作業スピードを1万円もしない価格帯で解決し、効率化できる優れたアイテムは数少ないのではないでしょうか。

Bluetoothキーボードの使用感まとめ

最後にBluetoothキーボードをiPadやiPhoneに繋いで、副業などの作業してみた感想をまとめていきます。

Bluetoothキーボード詳細まとめ
  • 収納時にはハガキ1枚分に収まるコンパクトさ
  • 高感度タッチパネルは、サポート程度としては十分
  • 充電はAndroid用コネクタが使用可能
  • 人体工学に基づいた設計により、心地よいタイピングが可能
  • バッテリー持ちは1日2時間使用仮定で、20日間使用可能
  • 外出先で作業する事が多い方にピッタリ
  • 値段も5,000円でお釣りが来る値段で、コストパフォーマンス良好

特に外出先でブログ記事の更新や、ライティング作業を行う方にはピッタリのアイテムとなっております。

副業として仕事の合間に、作業効率化を促進する秘密兵器として活躍するBluetoothキーボード。

家に置いてあるパソコンの方が早く入力できるのに…

こんな悩みを抱えている方にはうってつけの商品となっていますので、作業を効率化させる投資として一度検討してみては如何でしょうか。

Ewin 折りたたみ式 Bluetoothキーボード タッチパッド搭載 超薄い型 ミニキーボードWindows、Android、iOS 、Mac、各OSに対応 ブラック EW-RW21【日本語説明書と18ヶ月保証付き】

【追伸】

現在では類似製品で、更に高コストパフォーマンスに優れる商品が販売されております。

折りたたみ式 Bluetoothキーボード タッチパッド搭載 超薄い型 ミニキーボードdroid/Windows/Mac/iOS/iPadOS 13.1以降対応 USB充電 日本語説明書 (ブラック)