格安SIM

楽天モバイルアンリミテッドの今後は、真剣に乗り換えを検討したほうが良いと思う話

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「楽天モバイルって、ぶっちゃけどうなの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

2021年4月には1年間利用が無料のキャンペーンが開催され、自社基地局を持つ大手キャリアとして仲間入りを果たした楽天モバイル。

ですが気になるのが楽天モバイルが何故注目されているかや、お得な理由などの詳細ではないでしょうか。

そこで当記事では楽天モバイルの概要や、今後の乗り換えが非常がおすすめの理由について詳細を解説。

解説ポイント
  • 楽天アンリミテッドモバイルが注目されている理由
  • 知っておきたい楽天モバイルのアレコレ
  • こんな人に楽天モバイルはおすすめ

以上の項目について解説しているので、楽天モバイルの詳細が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天アンリミテッドモバイルが注目されている理由

楽天モバイルの詳細が気になっている方が知りたいのが、時折話題になり注目されている理由ではないでしょうか。

そこで以下の3項目に関して、概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • 利用容量1GB以下の場合は無料
  • 自動で切り替わる料金体制
  • 無料通話の専用アプリが存在

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

利用容量1GB以下の場合は無料

結論から言うと、楽天モバイルはデーター通信量が毎月1GBの場合料金が無料になる唯一の通信会社です。

数ある格安SIMの中でも通話やデーター通信を利用しつつ料金を完全に無料できるのは、現状楽天モバイルのみ。

そのためWi-Fi環境しか利用しないユーザーであれば、実質最安でスマホが利用できる格安SIM会社となります

楽天モバイルの0円プランが登場する以前では、スマホ利用料が無料の会社が存在しなかったのも注目・話題となった要因の一つでしょう。

自動で切り替わる料金体制

格安SIMでは事前に利用するデーター容量と料金をユーザー自身で決める会社が多いのが現状ですが、楽天モバイルアンリミテッドは料金が自動で変動

主に楽天モバイルでの料金は、以下の4段階で決定します。

  • 0〜1GB:0円
  • 1〜3GB:1,078円
  • 3GB〜20GB:2,178円
  • 20GB〜無制限:3,278円

ただし油断して1GBを過ぎてしまうと、自動で1〜3GB料金に切り替わり料金が発生する点に注意が必要です。

一番利用者の多いレンジである3GB〜20GBは、他社の格安SIMと比較すると若干高くなる点が惜しい部分。

そのため極端にデーター通信を利用しないユーザーや、ガンガン無制限で利用したいユーザーのどちらかが得する利用会社でしょう。

無料通話の専用アプリが存在

楽天モバイルでは固定電話や他社サービスのスマホとも無料で通話が可能な「Rakuten Link」と呼ばれる専用アプリが存在します。

「Rakuten Link」では、一部ナビダイヤルや海外での利用以外では通話料金を無料にすることが可能です。

特に格安SIM会社は通話料が高額に設定されているものも珍しくないので、無料通話が利用得できるのは嬉しいポイント。

注意点としては通話が途切れやすいなど回線品質に若干難がある点ですが、今後は改善が期待されることが見込まれます。

そのため時間無制限で無料通話が行える「Rakuten Link」の存在も、楽天モバイルを利用するメリットの一つでしょう。

知っておきたい楽天モバイルのアレコレ

楽天モバイルが時折話題になる理由やポイントを紹介したところで、知っておきたい楽天モバイルの情報についても解説。

深堀りポイント
  • 今後は5Gに対応予定
  • パートナー回線とは?
  • 180日回線未使用の場合利用停止

以上についても、詳細を解説していきましょう。

今後は5Gに対応予定

楽天モバイルは、次世代通信システム「5G」の対応エリアも急速に拡大しております。

5Gとは高速通信・大容量通信を可能とする近代技術の一つで、2021年以降で通信機器の拡張が予想されているシステムです。

過去の一例として3G→4Gに移行し世界中で起きた現象が、ガラケーからスマホへの進化や新たな職業の出現でした。

5Gに移行が完全に完了すると、従来のような通信制限という概念がなくなるとも言われております。

そのため格安SIMは徐々にデメリットが多くなっていくことが予想されるので、現在格安SIMを利用している方は移行の検討を視野に入れておくのが無難でしょう。

パートナー回線とは?

楽天モバイルでは、2021年では自社回線とパートナー回線と呼ばれる回線が混在している状態が続いています

パートナー回線とは楽天モバイルが自社回線で対応していないエリアを、auの回線をレンタルすることで補助している回線のこと。

自社回線未対応のエリアでは、パートナー回線に切り替わり通信速度や制限など一定の制限が発生します。

またパートナー回線すら利用できないエリアも多数存在しており、地方住まいの方は最悪利用できないことも

例えるなら圏外になりやすかった、昔のソフトバンクのような状態が発生しております。

ですが年月が経過すると解決する問題のため、今後の動向に注目される回線サービスでしょう。

180日ほど回線未使用の場合利用停止

楽天モバイルを利用する注意点として、半年(180日)楽天回線を利用しなかった場合は利用が停止されます

そのため0円プランを利用し続ける予定でも、油断するとスマホが突然ストップしてしまうことも。

デュアルSIMや2台持ちを利用し、通信量を無料にして良い部分だけ利用する場合には半年に1回少しで良いのでデーター通信を利用する必要がある点に注意しましょう。

また2台以上契約する場合には、楽天モバイルは通話料金が1,078円から発生するため注意が必要です。

こんな人に楽天モバイルはおすすめ

楽天モバイルに関する概要を紹介したところで、次に楽天モバイル契約がおすすめな人の人物像も紹介していきます。

深堀りポイント
  • 在宅ワークの方
  • スマホがデュアルSIM対応の方
  • 首都圏住まいで無制限の通信量を求めてる方
  • お得なキャンペーンが開催されている場合

それぞれの項目についても順を追って深堀りしていきましょう。

在宅ワークの方

結論から言うと家庭用Wi-Fiやカフェなどしか利用しない、在宅ワークの方には最も楽天モバイルはおすすめです。

特に利用する通信量が毎月1GB以下には、乗り換えを行わなければ実質損とも言える破格のプランが楽天モバイルの最大の魅力。

そのため月々の通話利用料が1GBを下回っている方は、楽天モバイルを利用する最もおすすめのユーザーでしょう。

スマホがデュアルSIM対応の方

楽天モバイルは通信利用料が1GB以下であれば無料で利用できる都合上、デュアルSIMとの相性も抜群です。

デュアルSIMとは、一つの端末へ同時に2枚のSIMカードを差し込むことができる機能。

つまりメインは他社回線を利用しつつ、必要な月や電話だけ楽天モバイルを呼び出すといった良いトコ取りを行えるシステムです。

iPhoneの場合は、デュアルSIMが利用できる機種は主に以下の通りとなっています。

  • iPhoneXS,XS Max,XR以降
  • iPhoneSE2(2020年販売モデル)

そのためデュアルSIM対応機種を利用している場合は、とりあえず契約して利用料無料で楽天モバイルを使うことも可能

iPhone12、14など5G対応機種なら、どうしても5Gを利用したい場合に楽天モバイルへ切り替えることができるのも魅力でしょう。

首都圏住まいで無制限の通信量を求めてる方

楽天モバイルは政令指定都市など、人口の多い地域である首都圏では真っ先にサービス対応が行われます

そのため首都圏住まいのユーザーであれば、利用料無制限の恩恵を受けやすいのでおすすめできるユーザー層でしょう。

ただし高速通信は1日10GBまでという制約など、一部のサービスに制限が伴う点には注意が必要です。

お得なキャンペーンが開催されている場合

楽天モバイルでは3ヶ月利用料が無料といった、お得なキャンペーンも不定期で開催されています

無料キャンペーンでは使用したデーター通信量に関係なく、利用料が無料になるという大盤振る舞い。

そのため数ヶ月だけ、どうしても無制限のデーター通信を利用する予定がある場合にもキャンペーンが開催されている場合は避難先としても利用することが可能です。

加えて2021年4月など、過去には利用料金が1年間無料という異例のキャンペーンも行われていました。

ただし当時は建物内で殆ど繋がらなかったなど、基地局の工事が進んでいなかった当初は散々だった模様です。

そのため工事の進んでいる今後のキャンペーンは、更にお得に利用できるため注目したい通信会社ではないでしょうか。

楽天アンリミテッドモバイルの概要まとめ

最後に楽天アンリミテッドモバイルの概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 楽天モバイルはデーター通信量が毎月1GBの場合料金が無料になる唯一の通信会社
  • 楽天モバイルアンリミテッドは料金が自動で変動
  • 楽天モバイルでは固定電話や他社サービスのスマホとも無料で通話が可能なアプリを利用できる
  • 次世代通信システム「5G」の対応エリアも急速に拡大中
  • 2021年では自社回線とパートナー回線と呼ばれる回線が混在している状態
  • 半年(180日)楽天回線を利用しなかった場合は利用が停止する点に注意

楽天モバイルアンリミテッドモバイルの概要が気になっている方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

実は私は楽天モバイル関係の仕事に少し携わっていた事があるのですが、悪評が上がっていた当時は現場で人手不足により進捗が遅れていた等の内部事情が存在しました。

ですが今後工事が進むにつれて、対応エリアが広がったり5Gが利用できるようになったりなど飛躍的に利便性が向上することが期待されています

そのため利用料が格安で通話料無料・5G回線が利用できる、今後最も注目すべき通信会社とも言えるでしょう

加えてデュアルSIM対応の方は料金を0円で試すことができる唯一の回線会社となっているため、お試し利用で楽天モバイルの利用を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集