デリバリーサービス

Uber Eats DiDI 出前館 格安SIMを使っている場合には電話・通話代に注意!手軽な解決策・おすすめSIMがコレ

Uber Eats 出前館 didi food 電話代 格安SIM おすすめ
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「Uber Eatsなどのフードデリバリーで使用する通話って有料なの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

好きな時間に働けて煩わしい人間関係が発生しないため、近年高い人気を誇るフードデリバリーサービス。

ですが稼ぐ上で気になるのが、 レストランや注文者と時々利用することがある通話料金ではないでしょうか。

そこで当記事では格安SIMを利用していて、通話料金が気になっている方に向けて注意点や解決策について詳細を解説。

解説ポイント
  • フードデリバリーの通話代事情
  • 通話代を抑える工夫
  • 通話代無料の格安SIM会社

以上の項目について解説しているので、 フードデリバリーでの通話料金が気になっている方にピッタリな内容です。

詳細や解決策について深掘りしている内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

フードデリバリーの通話代事情

格安SIMを利用しているユーザが気になるフードデリバリーの通話事業について、以下の3項目を深掘りしていきます。

深堀りポイント
  • 基本的には配達者負担
  • 格安SIMの通話料金が高額な理由
  • 大手キャリアの場合、格安SIMに乗り換えがおすすめ

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

基本的には配達者負担

結論から言うと、フードデリバリーで行う通話料金は残念ながら配達パートナーが負担します

そのため受け取り先や配達先がわからない場合、料理の破損などトラブルが発生した時は通話代を負担しなければいけません。

大手キャリアを利用している場合には通話は無制限の方が多いので気にならないかもしれませんが、 格安SIMは基本的に通話料金は割高です。

フードデリバリーで活動を行う場合油断すると通話料金が高額になることも珍しくないので、格安SIMを利用している場合には充分注意しましょう。

格安SIMの通話料金が高額な理由

格安SIMの通話料金が高額な理由は、必要最低限の設備だけを利用することで割安の利用料金を実現しているため

通話に利用する回線はネット回線とは異なるため、 通話し放題にすると格安SIMのメリットであるサービス料金の安さが実現できません。

そのため格安SIMで通話機能を利用すると、非常に高額な通話料金が追及される可能性が高いため注意が必要です。

大手キャリアの場合、格安SIMに乗り換えがおすすめ

大手キャリアを利用している場合、 格安SIMに乗り換えることで利用料金を半額以上に抑えることが可能です。

格安SIM会社は大手キャリアの通話回線設備を借りることで、 回線設備の設置費用を利用者に負担することなく最低価格を実現することができます。

また大手キャリアと異なり、実在店舗を作らずインターネットの販売を中心にすることでコストも大幅にカットしているのも低価格を実現できる理由の一つ。

ただし注意点としてフードデリバリーの注文が集中する12時〜1時の間は通信速度が遅くなりやすくなります

ですが大手キャリアで月々1万円年の利用料金の場合、月々利用量2,000円の格安SIMに乗り変えた場合40,000円近くの出費を抑えることが可能。

そのため格安SIMに乗り換えることで、デメリットを大きく上回るメリットを享受できるのも魅力でしょう。

通話代を抑える工夫

フードデリバリーの 通話内事情を紹介したところで、気になるのは通話代を抑えるための工夫ではないでしょうか。

そこで通話代を抑える工夫として、以下の3項目について詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • LINE Outを利用する
  • メッセージを駆使する
  • 時間指定かけ放題プランに入る

それぞれ順を追って解説していきましょう。

LINE Outを利用する

意外と知られていないLINEの通話無料機能が、電話番号を入力して3分間無料で通話をすることができる「LINE Out」という機能

LINEのホームより、「サービス」項目の「LINE Out」を選択することで誰でも利用できるサービスです。

ただし通話には動画広告を15秒視聴しなければいけないため、ギガ数が低いプランに加入している場合通信量が圧迫されてしまいます

加えて1日で利用できる通話回数が5回に制限されており、制約の伴う無料通話機能となっているためあまりおすすめできる機能ではないでしょう。

メッセージを駆使する

通話料金を極力抑える方法として心がけたいのが、極力メッセージ機能を駆使して連絡を行う方法

フードデリバリーによって使用するメッセージ機能は異なるものの、基本的には無料で利用できるのが最大の魅力となっています。

また料金が掛からないだけではなく、メッセージが証拠として残るのでトラブル時に後から証拠として残せるのもメッセージの利点です。

時間指定かけ放題プランに入る

格安SIMを契約している場合に見直したいのが、時間指定のかけ放題プランに入会する手段

契約している格安SIM会社によっては、時間指定で通話し放題のサービスが利用できる場所も多く存在します

特に通話機能を利用するパターンとして多いのがレストランや注文者の位置が分からない場合なので、大多数は10分以内に終わることが殆ど。

そのためトラブル時は割り切ることを覚悟で、頻繁に利用する通話の料金を下げたい場合には時間指定のかけ放題にプランの変更を行うのも対策の一つとなるでしょう。

因みに私は現在、mineoの10分かけ放題プランで代用しています。

mineoの概要は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方は参考にしてみてください。

mineo 利用 感想
格安SIMmineoをiPad、iPhoneに差し込み2年間使用してみた感想 こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 月々の携帯料金をぐっと抑える事ができる格安SIM会社ですが、正直数が多すぎ...

通話代無料の格安SIM会社

通話代を抑えるコツの概要を紹介したところで、気になるのが通話が無料で使える格安SIM外車の事例ではないでしょうか。

実は格安SIMは通話のかけ放題プランを設けているサービスが基調で、低額で利用できる通信会社は数えるほど。

そこで無料で通話を行うことができる代表的な格安SIM会社の一例として、以下の3サービスを簡単に紹介していきます。

深堀りポイント
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • 楽天モバイル

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

UQモバイル

参考:3Gプラン1,628円〜

auのサブブランドとなる格安SIMサービスが「UQモバイル」。

UQモバイルはau回線を利用しており、格安SIMの中でもキャリア並みの回線スピードを誇る定評のサービスとなっています。

利用用途に応じた以下の通話プランを加えることで、基本料金に加え通話料金を調整できるのが最大の特徴です。

  • かけ放題:1,870円
  • 10分かけ放題:770円
  • 60分通話パック:550円

副業で土日だけ活動するのであれば、格安の60分通話パックを導入するなど柔軟な利用時間を選べるのが嬉しいポイント

また余ったデーター容量は翌月に繰り越せるなど、無駄なくデーター容量を利用することができます。

ただし電話のかけ放題プランは月々1,870円と高額なので、格安SIMの割には利用料金が高額になるのがデメリットです。

回線速度と料金のバランスが取れているため、auキャリアから乗り換える第一歩としても最適な格安SIM会社ではないでしょうか。

\公式HPはこちらから/

ワイモバイル

参考:5Gプラン1,980円〜

ソフトバンクのサブブランドで、ソフトバンク回線を利用することが可能な格安SIMがワイモバイル。

ワイモバイルは格安SIMとキャリアの中間のような立ち位置で、利用料金と品質のバランスが取れた通信会社となっています。

また他社サービスと異なり実店舗も多いので、万が一の時に相談が可能なのもワイモバイルの特徴でしょう。

気になるワイモバイルの通話料金事情は、以下の通りになっています。

  • かけ放題:1,000円
  • 10分かけ放題:標準搭載

通話のかけ放題プラン「スーパー誰とでも定額」が比較的安価に加入できるのも、ワイモバイルの嬉しいポイント

格安SIMは通話料金が高額なため乗り換えができないという方は、必然的に選択肢となる通信会社でしょう。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

フードデリバリーと最も相性良く格安で利用できるSIM会社が、第4キャリアとして名乗りを上げている「楽天モバイル」です。

楽天モバイル最大の特徴は月々のデーター利用料により、自動的に料金が変更される「Rakuten UN-LIMIT VI」。

「Rakuten UN-LIMIT VI」は、以下の段階で利用料金が変動します。

  • 1GB未満:0円
  • 3GB未満:1,078円
  • 20GB未満:2,178円
  • 無制限:2,980円

「Rakuten UN-LIMIT VI」は月々のデーター使用量が1G未満の場合、利用料金が驚異の0円になる破格の料金体制を採用しています

そのためフードデリバリーの活動を行わず家のWi-Fiしか利用していない月々は、スマホ利用料金が掛からないのも楽天モバイルの魅力。

加えて通話料金は専用アプリを利用することで完全に無料で使用できるため、フードデリバリーとも非常に相性の良い回線会社です。

ただし電話番号を専用アプリを介して入力しないといけない点が、若干手間でしょう。

また楽天モバイルは今後5G対応にも対応予定で、2021年時点では急速に対応エリアを広げており今後の利便性が飛躍的に向上することが期待されているキャリアとなっています。

5Gはデーター制限に囚われない通信システムなので、うまく利用すると月々のギガ数を抑えながら利用することが可能です。

加えてスマホがデュアルSIM対応の場合には通話アプリだけ楽天を利用し無料で利用しつつ、データー通信は別会社を利用するという荒業も存在します。

私も対応エリアが広がり次第、乗り換えを検討中です。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

フードデリバリーの通話料金事情まとめ

最後にフードデリバリーの通話料金事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • フードデリバリーで行う通話料金は残念ながら配達パートナーが負担
  • 受け取り先や配達先がわからない場合、料理の破損などトラブルが発生した時は通話代が自己負担
  • 契約している格安SIM会社によっては、時間指定で通話し放題のサービスが利用できる場所も多く存在

フードデリバリーの通話料金事情が気になっている方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

大手キャリアから乗り換えることで、年間数万円近くの利用料の差が発生する格安SIM。

2年縛りや本体代支払いの残高を差し引いても、1年以内に元を取れるユーザーも珍しくない低価格帯が最大の魅力となっています。

中でも楽天モバイルは専用アプリ利用時に通話が無料になり、データー通信を利用しなければ料金が掛かりません。

加えて今後は自社基地局の拡張により利便性の向上が期待されており、弱点である通信品質も改善される予定となっています

大手キャリアや別の格安SIM会社を利用している場合、プランの見直しを行い楽天モバイルへの乗り換えを検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちらから/

楽天モバイル

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集