Audible

【Audible】多動力(ホリエモン)視聴レビュー

多動力 感想 レビュー Audible
「多動力」を購入しようか迷っている
でも実際に購入した人の感想を聞いてみたいな

こんな感想をお持ちではないでしょうか。

Audibleでは1ヶ月に一枚付与される、貴重なコインの使い道に困ってしまいますよね。

そこで実際に「多動力」を購入した私が、感想やオススメしたい人について詳細を解説

解説ポイント
  • 「多動力」の内容詳細
  • 「多動力」を視聴した感想
  • 「多動力」はこんな人にオススメ

以上の項目について解説しているので、購入して失敗しないか不安な方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「多動力」の内容詳細

「多動力」の内容について詳細を解説していきます。

「多動力」の内容詳細
  • ヒルズ族ホリエモンの思考をインストールできる一冊
  • 時代の波の乗り方を知る事ができる一冊
  • 収入を激増させる「レアカード」になる方法を学べる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

ホリエモンの思考をインストールできる一冊

そもそもホリエモンこと「堀江貴文」氏の詳細はご存知でしょうか。

「堀江貴文」氏は著作家、投資家、タレント、YouTubeと数々の肩書きを持つ元ライブドア代表の実業家。

元ヒルズ族としても知られており、証券取引法違反で一時期刑務所を過ごした経験を持ちながらも現在の地位を取り戻した事で知られています。

「多動力」では、そんなホリエモンこと「堀江貴文」氏が今後の時代の流れに適応するための思考を集約した一冊となっております。

また堀江貴文氏の書籍特有の読みやすさも、Audibleとの相性が良好なコンテンツだと言えるでしょう。

時代の波の乗り方を知る事ができる一冊

多動力では高度経済成長期だからこそ成り立った日本の常識を根本から疑い、時代の波の乗り方を知る事ができる一冊です。

理由としてはスマホの普及により、あらゆる情報を手軽に入手し効率よく学習・進行が行える時代となったため。

スマホが完全に普及し、次のステップへ進もうとしている現代社会で収入を得たいなら次々に挑戦する「多動力」を養う必要があることを本書では解説。

内容の一例として数十年前の高度経済成長の影響により浸透してしまった、大学を出て終身雇用の会社で働く世間一般の概念を否定しています。

そのため「多動力」は昭和の時代に囚われず、現代社会に最適化された時代の波へ乗る方法を知る事ができる一冊です。

収入を激増させる「レアカード」になる方法を学べる

「多動力」では収入を激増させるには、肩書きを3つ入手しレアカードな存在になる事を提唱しています。

理由としては一つの職業を極めた100人に1人の存在を、掛け合わせた貴重な存在になるため。

例を挙げると一つの仕事でプロフェッショナルになるためには、およそ1万時間が必要とされています。

1日6時間の労働時間と仮定して、5年間の年月を費やすと達成できる計算ですね。

1つの仕事に5年間の年月を費やすと、100人に一人の存在になる事ができます。

二つ目の肩書を手に入れると

「100人に1人」×「100人に1人」

「10,000人で一人の存在」

になることが可能。

更に三つ目の肩書を手に入れると…?

「100人に1人」×「100人に1人」× 「100人に1人」

「1,000,000人に1人の存在」

以上のような貴重価値の高い人材「レアカード」に成る事ができるとされています。

貴重価値の高い存在になり、他の人に代替えの効かない人間になる事で収入が増加

以上の事からレアカードな存在になるためにも、現代社会では多動に仕事を変えていく事を推理されています。

「多動力」を視聴した感想

多動力の内容を紹介したところで、次に実際に試聴した感想について解説。

視聴感想
  • ノウハウを知ると言うよりは、共感できる内容が多数
  • コロナ騒動でも感じた多動力の力
  • 一つの仕事だけに捉われない柔軟さが必要な時代はもう目の前

以上についても、詳細を解説していきましょう。

ノウハウを知ると言うよりは、改めて今後の思考の認識を確認できる内容が多数

結論から言うと、レアカードになる人材など「多動力」で紹介される要約はインフルエンサーの方々が取り上げる機会も多いため内容を知っている人もおおいのではないかと感じました

そのため実際に手にとって、新たに知ることは少なかったという感想が正直なところ。

そのため「レアカードになる方法」などの内容を知っている方は、改めて自分の思考を確認できる内容だったというのが正直な感想です。

コロナ騒動でも感じた多動力の力

コロナ騒動では多数の失業者が生まれたコロナ騒動でも、多動力の力を感じる事ができた内容でした。

理由としては一本だけの稼ぎ口で生活を営んでいる人々は、失業した場合苦戦を強いられるため。

コロナ騒動でお客さんが来なくなってしまった業界のみの経験であれば、他のスキルにはどうしても応用し難いのも事実。

そんな激動の渦の中でも多動力の力により多数の稼ぎ口を持っている人間は、何処の場面でも重宝されるため仕事に困ることはありません。

そのためコロナ騒動は、多動力の力を感じる事ができた出来事でした。

一つの仕事だけに捉われない柔軟さが必要な時代はもう目の前

スマホが復旧し、仕事はインターネットで完結することも珍しくない現代社会。

今までにない働き方が可能となった現代において、多動力では「石の上にも3年」という古すぎる概念を真っ向から否定しています。

理由として無理して嫌な仕事を3年続けたところで、結局は他に幾らでも代えが効く人間止まりになるため。

好きな事、自分の「ワクワク」する事以外は、著書内で今後の社会では必要ないと提唱

好きな事で生きて行く時代が到来した今、本当に自分の好きな事で生きていかなければ貧乏になっていく時代の流れを感じさせる一冊となっています。

一つの仕事に執着している人は、間違えなく手に取って損のない一冊となっているでしょう。

「多動力」はこんな人にオススメ

多動力の感想を紹介したところで、次にオススメな人について詳細を解説していきます。

おすすめな人
  • ホリエモンの代表作を一冊視聴しておきたい方
  • 無理して今の仕事を続けている方
  • 今後の自分を見つけるための羅針盤として活用したい方

以上についても、紹介していきましょう。

ホリエモンの代表作を一冊視聴しておきたい方

「多動力」は数あるホリエモンの書籍の中でも、1ヶ月で16万部の売り上げを叩き出したベストセラー作品

ホリエモン特有の読みやすい文章構成は、本来対談式以外の内容は不向きであるAudibleでも聴きやすい内容となっています。

そんなベストセラー作品の数々を輩出する、ホリエモン特有の文章を知ってみたい方にも多動力はオススメです。

無理して今の仕事を続けている方

結論から言うと無理して嫌な仕事を続けている方には手にとって損のない内容となっています。

理由としては終身雇用や一つの仕事に一生を捧げる働き方は、現代社会に適していない事を具体的に解説しているため。

特にインターネット環境がスマートフォンで完結している現代では、好きな事を仕事にできる時代。

堀江貴文氏もワクワクする事のみを突き詰めた結果、今の地位を手に入れていることを当初で紹介しています。

そのため、、無理して今の仕事を続けている方にも手に取って損のない内容となっております。

今後の自分を見つけるための羅針盤として活用したい方

多動力はレアカードになるため、今後の自分の方針を見つめ直すキッカケとなる書籍

そのため今の自分の働き方が、果たして未来の自分に適応した働き方なのか自己分析を行う事ができます。

特にレアカードになるための、3つの肩書は考えて取得しなければ人生の貴重な時間の大半を失ってしまいます

某ゲームのスキルポイントみたいですよね。

そのため現状の自分に満足していない方は、今後の羅針盤を手に入れるためにも手にとって損のない一冊でしょう。

最後に「多動力」について、詳細をまとめていきましょう。

多動力の詳細まとめ
  • ヒルズ族、刑務所といった激動を過ごしたホリエモンの思考が学べる一冊
  • スマホにより、効率よく多動に生きる事ができる世界になった事を解説。
  • 他に代替えの効かない「レアカード」に成る方法を学べる
  • 今後の現代社会では、1つの仕事へ一生を費やす非効率さを知る事ができる
  • 今後の人生の方向性を決めたい方にオススメの一冊。

デールカーネギー「人を動かす方法」を視聴できるAudibleは、忙しい日々を送る現代社会人に最適化されたサービス

無料体験登録では金銭を伴うことなく、1冊分のコンテンツを取得することが可能です。

年間6000円近くのAmazon Prime会員利用料を払っているのであれば、利用しなければ損とも言えるサービスとなっています。

Audibleの詳細については、以下の記事で解説していますので興味がある方はご参考ください。

Audible 無料 体験
Audibleの無料体験はタダでコンテンツの視聴が可能!?内容を紹介 そんな疑惑をお持ちではないでしょうか。 数あるAmazonの中でもAudibleは月額使用料1,500円と高額な部...

未体験の方は体験期間が切れる30日後にカレンダーへチェックを行い、Audibleの無料体験を始めてみては如何でしょうか。

\無料体験を始める/

Audible【公式】