webライター

【WEBライティング・ブログ運営】記事執筆前に押さえておきたいキーワードの選び方・見出しの作り方

WEBライティング キーワード 見出し 作成
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
WEBライティング・ブログ記事作成で、キーワード選定や見出しの作り方がスムーズにできない…

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

副業でのWEBライティングやブログ記事作成で最初にスムーズに作成できないのが、キーワード選定や見出し作成といった問題

そこで気になるのがキーワード選定や、見出し作成をスムーズに作成する方法ではないでしょうか。

そこで実際にブログ運営やWEBライティングで月10万円以上稼いだ経験を持つ私がキーワード選定や見出し作成の概要詳細を解説。
解説ポイント
  • キーワードの選び方
  • 見出しの作り方
  • SEO上位表示で意識したいこと

以上の項目について解説しているので、キーワード選定や見出し作成で苦戦している方にピッタリな内容です。

概要の詳細を深堀りしている内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

キーワードの選び方

記事作成の要となるキーワード選定ですが、具体的にどのように探せば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでキーワード選びで必要な、以下3項目の概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 「ラッコキーワード」を使用
  • 「ウーバーサジェスト」を使用
  • 「キーワードプランナー」を使用

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

「ラッコキーワード」を使用

らっこキーワード

キーワード選定で最も手軽に利用できるツールが「ラッコキーワード」と呼ばれるサービスです。

ラッコキーワードとは、単語を一文入力するだけで「サジェストキーワード」と呼ばれる関連ワードを抽出することが可能なツール。

「サジェストキーワード」とは、Googleなどの検索エンジンを使用した時に候補キーワードとしてツール側から提案してくるアレです。

ツール側からキーワードを提案することで、視聴者はメインのキーワード以外で検索を行うため検索順位に表示されている記事を観覧します

結果として競合メディアが独占する、メインキーワード以外の「サジェストキーワード」で検索するユーザーが増加。

サジェストキーワードを検索することで検索結果の上位表示を目指せる、競合が独占していない「穴場」を見つけることができます

手当たりしだいで闇雲にキーワードを探す手間を削減してくれる上に、関連キーワードを大量に表示してくれるのが魅力的。

ブログ記事作成やWEBライティングでキーワード選定を行う場合には、必要不可欠とも言えるツールでしょう。

「ウーバーサジェスト」を使用

[pz-linkcard-auto-replace url="https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/"]

洗い出したキーワードで上位表示難易度や、検索ボリュームを調べることが可能なツールが「ウーバーサジェスト」です。

「ウーバーサジェスト」ではサジェストキーワードを調べるだけではなく、Googleへ広告を掲載した場合に必要な費用が分かるクリック単価などを調べることができます

また検索ボリュームも過去一年間の変動を調べることが出来るので、流行り廃りの激しいトレンドキーワードの傾向も調べることが可能です。

残念ながら無料ユーザーであれば一日数回しか利用できない上に、制限を取り払うためには月額3000円くらいの投資が必要になるツールとなります。

どうしても気になるキーワードだけ詳細を知りたい場合や、元を取れるほど高単価の案件を引き受けた場合に活用したいツールでしょう。

「キーワードプランナー」を使用

キーワードを調べるための定番とも呼べるGoogleから公式に提供されているキーワード検索ツールが「キーワードプランナー」。

「ラッコキーワード」と同様にサジェストキーワードを抽出し、検索結果をエクセルとして抽出するなどの機能を兼ね備えており多人数と共有することが可能です。

ただし表示が非常に重たく、頻繁にアップデートを繰り返し表示画面が大きく変わることが頻繁に起きるので若干使い辛いことも。

パソコン以外では非常に見にくい上、的外れなキーワードが大量に表示されるため個人的には「ラッコキーワード」で十分だと感じています。

見出しの作り方

キーワードの探し方を知った所で気になるのが、記事作成の骨組みとなる見出しの作り方ではないでしょうか。

そこで見出しを素早く作るための方法として、以下の3項目を紹介していきます。

深堀りポイント
  • テンプレートを利用する
  • 「見出し(hタグ)抽出」を利用
  • 実際に検索してみる

以上についても、それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

テンプレートを利用する

見出し構成で導入を検討したいのが、テンプレートを用意しておく方法でしょう。

理由としてはテンプレートを準備することで、必要項目を埋めるだけで見出しが完成するため。

慣れると一連の流れがフレームワーク化するので、毎回構成を順建てて設計する手間を省くことが可能です

サンプルとして3,000文字前後の商品紹介記事を作成できる、簡単なテンプレートを以下に無料で掲載しております

ブログや記事作成などで、おすすめ製品・サービス紹介記事を作成する際には是非一度利用しみて下さい。

【記事作成簡易テンプレート】

 

「見出し(hタグ)抽出」を利用

見出しの作成方法を知った所で気になるのが、見出しの穴埋めに必要な情報を効率的に検索する方法ではないでしょうか。

そこで利用を検討したいのがキーワード検索でも利用した「ラッコツール」の一つである「見出し(hタグ)抽出」を利用する方法です。

「見出し(hタグ)抽出」は作成予定のキーワードを入力すると、現状で上位表示されている記事から見出しだけを抽出可能なツール。

そのため自身で検索をかけずに見出しの見本を一望することができるので、簡単に見出しの作成材料を知ることができます

ただし上位表示されている見出しをそのまま利用すると、コピーコンテンツとしてペナリティに繋がる恐れも。

完全に見出しをそのまま利用するのではなく、似たような言い回しや別の言い換えなどを駆使してコピー判定にならないよう注意しましょう。

実際に検索してみる

以上の段取りを押さえた上で最後に漏れがないかのチェックを踏まえて、一度実際に狙っているキーワードで検索を行ってみましょう

理由としては自身がよく知っている領域でも、意外と今から作成予定の記事で掲載予定でなかった情報が幾つも見つかることがあるため。

特に検索結果の上位表示を狙っていく場合には、現状で掲載されている記事より専門性が高く情報が網羅されている記事である必要があります

そのため実際に検索を行い既に検索に表示されている情報を作成予定の記事に盛り込むのは、最低限でも押さえておきたい概要でしょう。

検索結果の上位表示を狙うため意識したいこと

見出しの作り方まで把握した所で押さえておきたいのが、SEO上位表示で押さえておきたいポイントではないでしょうか。

そこで検索結果の上位表示を狙う上で押さえておきたい概要について、以下の3ポイントについて概要を解説していきます

深堀りポイント
  • キーワードは意識的に記事に盛り込む
  • 結論ファーストで執筆を行う
  • 結果は1〜3ヶ月後に現れる

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

キーワードは意識的に記事に盛り込む

検索結果の上位表示を狙う上で最低限押さえておきたいポイントは、キーワードは意図的に違和感がない程度に記事に組み込んでおく方法でしょう。

理由としては「タイトル」や「見出し」にキーワードが含まれていない場合には、折角情報を網羅した記事を作成しても中々成果として反映されないことがあるため。

特にGoogleの検索結果はクローラーと呼ばれるロボットが、一定周期ごとに読者に最適なコンテンツであるか判断を行い順位づけを決定します。

そこでクローラーに表示キーワードを汲み取ってもらう材料の一つとしてキーワードを盛り込むことで、検索上位に表示させる確率を挙げることが可能です。

特に見出しとタイトルはクローラーが判断材料として用いる要の部分なので、しっかり検索に反映して貰うため意識的にキーワードを組み込む必要があるでしょう。

結論ファーストで執筆を行う

キーワードを組み込む必要性を紹介しましたが、検索上位表示を目指すためには読者に必要な記事であることが大前提となります。

そのため読者ファーストで執筆を行わなければ、記事を最後まで読み通して貰えなくなります。

例えば最新iPhoneの発売日情報を調べている時に

「最新のiPhoneの発売日が気になりませんか?その前にiPhoneが発売された経緯を紹介すると…(略)」

という記事を見つけた場合

いいから早く発売日を教えんかい!

ということになってしまいます、結論までが長くページをそっと閉じた経験は画面越しのアナタもお持ちではないでしょうか

記事を最後まで読み通してもらえなくなると、ページを視聴している時間の数値がGoogle上に記録される離脱率と呼ばれる数値が上昇。

離脱率が高くなるほど読者に必要な記事であるとクローラーに判断されず、Googleの検索結果からはじき出されてしまうことも

そのため離脱率を下げるためには、まずは読者が求めている情報を提示して記事を読んで貰う必要があるため結論ファーストで執筆を行うよう意識していきましょう。

結果は1〜3ヶ月後に現れる

記事を公開後に検索順位への反映は、残念ながら少々時間が掛かるのが実情です。

理由としてはクローラーは毎日ではなく、一定周期ごとに自動でWEB上の記事を見て回るため。

WEB上には、自動でWEB情報の収集を行うクローラーでも追いつけないほどのコンテンツ量が存在します

そのため記事を公開して、早くて数週間〜平均数ヶ月ほどの反映時間がかかってしまうのが実情です。

ライターであれば公開した記事が検索順位に反映されないと悩む方は、数ヶ月時間が経過しなければ結果がわからない点に注意が必要でしょう。

余談ですが個人で運営しているブログであればサイトそのものの強さやコンテンツ不足により、場合には半年〜1年以上の期間が必要になります。

記事執筆前に押さえておきたいキーワードの選び方・見出しの作り方まとめ

最後に記事執筆前に押さえておきたいキーワードの選び方や見出しの作り方について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • キーワード選定で最も手軽に利用できるツールが「ラッコキーワード」と呼ばれるサービス
  • 洗い出したキーワードで上位表示難易度や、検索ボリュームを調べることが可能なツールが「ウーバーサジェスト」
  • キーワードを調べるための定番とも呼べるGoogleから公式に提供されているキーワード検索ツールが「キーワードプランナー」
  • テンプレートを準備することで、必要項目を埋めるだけで見出しが完成する
  • 「見出し(hタグ)抽出」は作成予定のキーワードを入力すると、現状で上位表示されている記事から見出しだけを抽出可能
  • 最後に漏れがないかのチェックを踏まえて、一度実際に狙っているキーワードで検索を行ってみる

WEBライティング・ブログ記事作成で、キーワード選定や見出しの作り方がスムーズに行えない方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

当サイトではwebライターを始めた方々に向けて、私が実践で学んできた経験談などを発信しております。

以下のリンクでは副業で稼ぐために活用した概要の数々を紹介などを紹介していますので、興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

1文字1円以下
【初心者WEBライター向け】1円以下の仕事は受けるべきか否か こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 プログラミングのような特殊なスキルが必要なく、動画編集のように機材を揃え...
WEBライター ライティング 仕事道具 おすすめ
【肩こり・腱鞘炎対策にも!】WEBライター在宅ワークで是非導入したいアイテム一覧 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 長時間のタイピング作業を行うことが珍しくないWEBライターは、肩こりや腱...
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集