webライター

【初心者WEBライター向け】1円以下の仕事は受けるべきか否か

1文字1円以下
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「WEBライティングで副業を初めようか検討しているけど、1文字1円以下の案件は受けないべき?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

プログラミングのような特殊なスキルが必要なく、動画編集のように機材を揃える必要がないため副業として参入しやすいWEBライター。

ですが始めようと決断したものの1文字1円案件が取れず、1円以下の案件応募を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで1文字1円以上の案件を取り続けている私が、「1円以下の仕事は受けるべきか否か」について詳細を解説。
解説ポイント
  • 1文字1円の案件は受けるべき?
  • 低単価案件を受けるメリット
  • 1円以上の案件を取る方法

以上の項目について解説しているので、1文字1円以下の案件応募を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1文字1円の案件は受けるべき?

「1円以下の仕事は受けるべきか否か」について、具体的な詳細を以下の3ポイントに分けて解説しています。

深堀りポイント
  • 未経験は積極的に応募すべき
  • 最初の一回以上は受ける意味はない
  • 1〜3件程度こなしたら、文字単価1円は普通に取れる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

未経験は積極的に応募すべき

結論から言うと1文字1円以上の案件を取れず悩んでいる方は、積極的に応募するべきです。

理由としては発注者側としては、実績のないアカウントからの応募はどうしても不安を覚えてしまうため。

そのためスムーズに案件を獲得し続けるためには、少なからず「経験者」として認めてもらったほうが安心して仕事を任せてもらえます。

1文字1円以下の案件に応募する注意点としてはタスク案件ではなく、必ずプロジェクト方式の案件に応募を行ってください。

タスク案件も無いよりマシですが、発注者から見るとプロジェクト方式の実績で好意的なコメントを貰っているアカウントのほうが信頼度も高いです。

より信頼度の高いアカウントを作り仕事を受注し続けるためには、プロジェクト形式の実績を多数持っている方が仕事を獲得しやすいでしょう。

最初の一回以上は受ける意味はない

1文字1円以下の案件は、 基本的に最初の1回以上は受ける必要はありません

理由としては継続案件として繋がった場合、 数十本納品を行い初めて1回分の実績を付けるクライアントが大多数のため。

特に0.5円以下の案件は、良い人であるイエスマンであるほど搾取される可能性が高いため嘘でも良いので断ってしまうほうが無難です。

そのためテストライティングに合格しても、低単価の案件の場合は継続案件を断ってしまうほうが単価を挙げるには手っ取り早いでしょう。

断り方がわからない人のために、例文として以下の返答例を掲載しておきます。

この度はご継続のご依頼を頂き、誠に有難うございます。
大変申し訳ございませんが、現在文字単価1円以上のご依頼を数社から頂いているため大変心苦しいですが継続のご依頼を辞退させて頂ければと存じます。
また機会が御座いましたら、何卒宜しくお願い致します。
この度はご依頼頂き、誠に有難う御座いました。

ただし一度受託した仕事は、絶対に途中で投げずに必ず最後まで完遂しましょう。

1〜3件程度こなしたら、文字単価1円は普通に取れる

数件程度の仕事を受託した実績を獲得したら実績としては準備完了です、文字単価1円にガンガン提案を送りましょう

多数の応募が行われている案件でも、応募文をマトモに読んでいない人ばかりなので丁寧に応募し続けていると10件に1本くらいは返事が貰える筈。

20本近く提案を送り続けているにも関わらず返事がもらえない場合は、提案分に根本的な問題がある可能性があります

最初の一件までは数をこなすしか無いため、返事が返ってこなくても心が折れずに挑戦を行い続けましょう。

低単価案件を受けるメリット

1文字1円以下の案件が場合によっては有りなことを知った上で気になるのが、低単価案件を受けるメリットの数々ではないでしょうか。

そこで以下の3ポイントについて、概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 仕事の流れが分かるようになる
  • クライアントとの受け答えが分かるようになる
  • マニュアル・レギュレーションを獲得可能

以上についても、詳細を解説していきましょう。

仕事の流れが分かるようになる

結論から言うと、 低単価案件でも最初は受けた方が良い理由は仕事の流れの概要をつかめるため。

折角1文字1円以上の案件を獲得したにもかかわらず、仕事の流れが掴めずに継続を断られたら非常に勿体ないもの。

低単価案件ならば仮にコミュニケーション面などで失敗したとしても、また次に応募したら良いだけです。

そのため仕事の流れを一度掴んで見るためにも、一度低単価案件の応募を行うのは「アリ」だと言える戦略でしょう

それでもどうしても不安を抱える方のために、WEBライターの仕事の流れを以下の記事で解説しているので興味がある方は参考にしてみてください。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/01/06/flow/"]

クライアントとの受け答えが分かるようになる

低単価案件を一度受託してみるメリットとしては、クライアントとの受け答えを一度経験できる点でしょう。

WEBライターは執筆するだけではなく、コミュニケーションスキルもスキルの一環として問われる業種です。

そのため折角1文字1円案件の仕事を取れたにも関わらず、コミュニケーションに難があると仕事を失ってしまうことも

事前練習としてクライアントとの対話で失敗を恐れず経験できるのも、低単価案件ならではの魅力でしょう。

マニュアル・レギュレーションを獲得可能

低単価案件では初心者のライターを大量に雇用する傾向が強いため、マニュアルやレギュレーションをガチガチに固めている所が大多数

一度低単価案件で良いので受託したほうが良い理由として、マニュアルやレギュレーションを閲覧する権限が得られることです

ライター向けに後悔しているマニュアル等は、他の案件でも利用できるだけではなく自身のポートフォリオにも応用することが可能。

ポートフォリオとは作品集の総称で、自身の文章力の証明に使う営業材料です。

獲得したマニュアルを見ながらブログを作成することで、今後営業に使うことができるポートフォリオの材料になります

ただし継続案件を断ると閲覧する権限が消えるため、事前にコピーを取っておきましょう。(もちろん流出厳禁です)

1円以上の案件を取る方法

低単価案件を受託することで得られるメリットを解説したところで、次に気になるのが1文字1円案件の取り方ではないでしょうか。

そこで1文字1円以上の案件を獲得するコツとして、以下の3ポイントを深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • ブログを開設する
  • 何度も提案にトライする
  • 最初は時給を考えない

それぞれ順を追って解説していきましょう。

ブログを開設する

結論から言うと実績URL等を証明できない初心者は、自身のブログを開設してしまいましょう。

理由としては一度作成してしまえばポートフォリオとして、営業の強い武器になるため。

ブログを解説した後は、自身の獲得したいジャンルについて低単価案件で獲得したマニュアルを参考にしながら執筆してみましょう

最初は「はてなブログ」や「note」を利用して、後々WordPressの開設に挑戦してみることをオススメします。

何度も提案にトライする

副業初心者でWEBライターが初めに挫折する難関は、継続案件が獲得できない最初の営業でしょう。

残念ながら1文字1円案件でもベテランライターが応募することも珍しくないため、初心者であれば採用される確率が低くなってしまいます。

解決策としては諦めない心でしょうか(笑)

自身が応募できそうな案件が掲載されている機会は、最初はそんなに多くないのが現状ですが諦めずに探し続けるしかありません

特に実績が少ない最初が一番苦労するため、諦めずにトライし続けるのが解決策でしょう。

最初は時給を考えない

「おお…!返事が来た…返事が来た…!」

おめでとうございます、心折れずに営業を続けると時折返答を頂けるクライアントが現れることがあります

ですが最初の第一メッセージから採用試験が始まっているため、油断は禁物です。

特に最初のテストライティングは絶対に時給を意識せず、何度もマニュアルを参考にしながら念入りに執筆を行いましょう

理由としてはテストライティングに落ちてしまうと、再度営業をかけ続ける手間が発生するため。

そのため最初に獲得したテストライティングは、渾身の力を込めて執筆を行いましょう

副業でWEBライターとして稼ぐには、継続案件の獲得が欠かせません。

時給は慣れてきて執筆速度が上がってから考えれば良いので、まずは継続案件を貰えるようベストを尽くすのが初心者ライターの最善の作でしょう。

「1円以下の仕事は受けるべきか否か」概要まとめ

最後に「1円以下の仕事は受けるべきか否か」について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 1文字1円以上の案件を取れず悩んでいる方は、積極的に応募するべき
  • 1文字1円以下の案件は、 基本的に最初の1回以上だけで継続案件を受ける必要はない
  • 低単価案件でも最初は受けた方が良い理由は、仕事の流れの概要をつかめるため
  • クライアントとの受け答えを一度経験できる点も、一度受託してみるメリット
  • マニュアルやレギュレーションを閲覧する権限が得られる
  • 獲得したマニュアルを見ながらブログを作成することで、今後営業に使うことができるポートフォリオの材料に

WEBライターとして副収入を得たいと目論んでいる方々は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

当サイトではWEBライターで副収入を得たい方に向けて、月10万円以上の収入を達成した私が押さえておきたい情報を発信しています。

以下では副業でWEBライターとして稼ぐために活躍するノウハウをまとめているので、興味がある方は是非参考にしてみてください。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/02/19/writing-item/"] [pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/02/23/writing-genre/"]
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集