WEBスキル

WEBライティング稼ぎやすい・単価の上がりやすいジャンルや稼ぎにくい・単価の上がりにくいジャンルを解説

WEBライター ライティング 単価 ジャンル 上がりやすい 上がりにくい
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Webライティングで稼げるジャンルと、稼げないジャンルの違いってあるの?

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

WEBライターを初めたものの、中々単価が伸びずに悩んでいる方が多いのも実情です。

そこで単価が上がらず悩んでいるユーザーに向けて、月10万円以上のライター収入を達成している私がジャンルごとの単価の上がりやすさについて解説。

WEBライターを初めて、単価を上げようと目論んでいる方々に最適な内容になっています。

稼ぎやすいジャンル、稼ぎにくいジャンルをご存知でない方は是非当記事を参考にしてみて下さい。

ブログの稼ぎやすいジャンルと連動している事が多い

結論から言うと、Webライターの単価の上がりやすさはブログの稼ぎやすいジャンルと連動していることが多いのが実情です。

理由としてはブログの稼ぎやすいジャンルは大きなお金が動いているジャンルであり、純粋にマーケットの規模が異なるため。

一例を挙げると顧客単価が2万円前後の旅館広告と、1軒で数百万のお金が動く不動産広告では動くお金の額差は明確ではないでしょうか。

イメージでは市場をピザに例えて全員に配分する場合、一人あたりに得られるピザの大きさが大きいほど満足度が高いようなもの。

そのためWebライターの単価を上げるためには、ジャンルごとの市場規模を把握するのも重要な指数でしょう。

稼げるジャンル

稼げるジャンルの見極めは何となく分かったものの、具体的にどのようなジャンルがあるか知りたい。

こんな疑問に答えるべく、稼げるジャンルとして大きな金額が動く市場の一例は主に以下のようなものが挙げられます。

  • 転職
  • 金融(カードローン・投資・株・FX・仮想通貨)
  • 不動産(不動産投資・リフォーム・DIY・太陽光発電)
  • シナリオライティング
  • 脱毛、育毛
  • 格安SIM
  • フィットネス
  • 美容・整形
  • プログラミング
  • ウォーターサーバー
  • 英会話

それぞれ概要を深堀りしていきますね。

転職

結論から言うと転職は各企業が人材獲得に向けて資本を投資しているジャンルのため、広告単価が上がりやすい傾向にあります

人を1人採用するために掛かる費用は数百万円と言われていて、各企業が血眼で従順に働いてくれる人材を探しているんだとか。

加えて人生に一度は経験している方も多く、業界各地の人手不足も後押ししており更に需要が拡大することが予想される傾向も

特に各インフルエンサーの影響で注目の集まる、マーケティングやエンジニアといった転職関係の広告単価は更に大きなお金が動いています。

そのためIT関係の転職経験があれば積極的に狙っていくのも、十分高い単価が期待できるジャンルではないでしょうか。

金融(カードローン・投資・株・FX・仮想通貨)

カードローンや投資(株・投資・FX・仮想通貨)も、一人あたりが動かす金額が大きいため単価が上がりやすいジャンルの一つです。

実は銀行の預金で保証される金額は1,000万円までなので、1,000万円を上回る資産は投資で運用するのが一般的。

そのため資産家の持つ金銭の運用先は、必然的に投資に向くため途方も無い金額が運用されるのが実情となります

因みに1,000万円以上の資産を持つ資産家を口座で把握して、余ったお金の運用相談に乗り高額な手数料を会得しているのも銀行の仕事の一つですよ。

更に株式投資や仮想通貨、FXといったジャンルを詳細に解説できるライターは数が少ないのも単価が上がりやすい要因を後押ししている理由の一つです。

一例を挙げると「仮想通貨NEMが2020年に実装したアップデート「カタパルト」の概要を解説」と聞いて、一から説明できる方は少ないのではないでしょうか。

またロボバイザーやFXなどのジャンルも高額な広告単価で取り扱うことの多いジャンルなので、比較的単価が上がりやすいジャンルです。

不安を煽ることでロボバイザーやFX、仮想通貨の口座開設を促すインフルエンサーも存在します、将来を見据えて勉強するのは良い事なんですけどね…

またファイナンシャルプランナー(FP)2級以上といった資格も採用基準や権威性として優位に働くため、金融系ジャンルを執筆したい方は会得して損のないジャンルでしょう。

不動産(不動産投資・リフォーム・DIY・太陽光発電)

やはり金融投資と共に資産の運用先で、メンテナンス費用も1軒数百万円以上の金額が動くことも珍しくない特徴を持つのが不動産ジャンルです。

時間とお金を手に入れた資産家は不動産に携わる仕事をしていたり、平均年収が高額な社員が多かったりするのも不動産系の職業の特徴とされています。

加えて新築広告を駅や電車の広告、テレビCMで宗教的な潜在的意識に軽い洗脳に近い刷り込みを行う施策は、私達の身の回りにも溢れており目にする機会も多いですね。

更に建設業は国と密接に繋がっている業種のため、個人の顧客を相手にする旅行等と違い補助金と言った莫大な資金が流れて来やすい業界となっています。

そのため市場規模が大きく必然的に記事単価が高額になりやすいジャンルであり、ライターも数少ない都合から高単価になりやすいジャンルとなっています。

シナリオライティング

5Gが浸透し初め通信量が無制限になっている現代で需要が高まっているのが、YouTube広告やコンテンツ投稿の物語の基礎を作るシナリオライティング

企業が運営するYouTube広告やコンテンツ投稿のストーリーはイラストレーターと分担して作成されており、シナリオライターと呼ばれる方々が構成を作成します。

更に取り扱うYouTubeチャンネルが、高単価ジャンルだと更に高くなる可能性も。

主に取り扱う内容はCMが主になるため、セールスライティングなどライティング能力が応用でき今後の需要が見込まれる狙い目の案件でしょう。

脱毛、育毛

脱毛や育毛ジャンルも高額なアフィリエイト単価が目立ち、高額な広告料が流れている業界です。

脱毛は美意識の高い資産家が必ず嗜む業界で定期的に通う必要があるため、動くお金が高額にも関わらず成約率が高いのが特徴です。

水商売など美意識が高く、美容に投資を惜しまない業界の方々が利用している声もよく聞くのではないでしょうか!

そのため必然的に広告料も高額で、各企業が力を入れてメディアを運営しているジャンルとなっています。

加えて育毛ジャンルも高額な資金が動く業界で、一度の施術費が高額な植毛もマーケットが大きな業界です。

更に高額な薬剤を買い続ける育毛剤は、一度成約したユーザーは買い続ける事が多いため売上が安定するのも特徴となっています。

そのため育毛や脱毛ジャンルのライターも重宝されるため、必然的に単価が上がりやすいジャンルの一つです。

格安SIM・ポケットWi-Fiなど通信系

一度顧客が契約を行うと継続して利用される性質上、成約の単価が高額なジャンルが「客安SIM・ポケットWi-Fi」といった通信系ジャンルです。

特に大手キャリアから乗り換えるだけで、年間の携帯使用量を大幅に値下げすることができる格安SIMは性質上訴求しやすいのも大きな特徴。

また展開している会社も数多く、ライターが担う仕事が多いので必然的に稼ぎやすくなるジャンルとなっています。

フィットネス

パーソナルジムの入会も一度成約してしまえば、売上が安定してしまうことから広告単価の高いジャンルとして取り扱われています

加えてプロテインやトレーニンググッズなど、関連性の高い製品は成約率が高く買い続ける関係からまとまったお金が動きやすい業界です。

ただしGoogleの健康アップデートにより、サプリ関連の上位表示は難しいため栄養学に関する仕事が無くなってしまっているのが現状となっています。

美容・整形

脱毛と同様に成約率が高く、大きなお金が動きやすいジャンルが化粧品などの美容関連や整形といったジャンル

特に化粧品はランニングコストが高い割には、ユーザーが買い続ける都合から売上が安定するメリットも。

そのため企業メディアがライターを採用して、積極的に注力することも多いジャンルとなっています。

また整形は一度にかかる費用が大きい値段の都合上、制約が難しいためローンなどの金融知識も一定以上あると有利でしょう。

学習系(プログラミングスクール・オンライン英会話塾など)

今後の時代が後押ししていることや業界の人手不足から、年収を挙げやすい職種の代表例がプログラミング学習などです。

ユーザーの不安定な将来を煽ることで、手に職をつけるスクールへの加入を訴求する手法が一般的。

また学習系のアフィリエイトの特徴としては、成約時には数十万〜数百万の資金が動くので成果報酬が高額に設定されています。

YouTube広告で大々的に宣伝が流れているのを、一度は目にした方も多いのではないでしょうか。

更に転職ジャンルとの親和性も高いので、他ジャンルと掛け合わせて応用が効きやすいのも学習系ジャンルの特徴です。

そのため企業メディアがこぞって上位表示を目指すために、積極的にライターを雇っている分野となっています。

ウォーターサーバー

続いて携帯のように一度成約すると、高額な料金が年単位で発生し続けるため売上の安定しているジャンルが「ウォーターサーバー」

更にウォーターサーバーは携帯会社のように、一度契約すると解約手数料も高額で解約率も低いことから成約単価も高めに設定されています。

購買層はお湯を簡単に作ることもが求められる、出産したばかりの女性ユーザーが主になっています。

特に水道水は配管の汚れや災害による放射性物質の混入・ライフラインの停止といった不安要素も強いので、訴求材料も事欠かきません

購買ユーザー層から美容ジャンルとの親和性も高く、必然的に数多くのコンテンツが求められるためライターに仕事が回ってきやすいジャンルです。

稼げないジャンル

単価の上がりやすい稼げるジャンルの概要を解説したところで、次に単価交渉が断られやすい稼ぎにくいジャンルについても紹介。

  • 旅行
  • アウトドア(フィッシング・登山・サイクリング)
  • アニメ、ドラマ、エンタメ
  • 芸能
  • 恋愛、アダルト
  • 体験談
  • ファッション
  • 音楽
  • ライフスタイル(節約・家事など)

以下の項目についても解説していきましょう。

旅行

やはり稼ぎくいジャンルとして代表的なのが、書くことができるライターの絶対数が多い旅行関係です。

旅行ジャンルは季節による繁忙期・閑散期の差が激しく、顧客一人あたりの動く金額も小さいのが大きな特徴。

そのため必然的にライターまで回ってく報酬額も低くなりがちで、仮に報酬が高くとも数多くの事を求められやすいジャンルです

最初の実績作りとしては書きやすいジャンルですが、後々単価の上がりやすいジャンルにシフトしていくのをオススメします。

アウトドア(フィッシング・登山・サイクリング)

アウトドア関連の案件も、基本的には収益が上がりにくいのが現状です。

理由としては物販依存のアフィリエイト狙いが多く、成約型の広告案件と比較すると一度に動くお金が少ないため。

例外として現在は某キャンプ好き芸人YouTuberや、某アニメの影響で一時的に仕事が多い状態が続いていますが一時的なものだと推測されます。

またアウトドアだけに限らず自社ブランドの商品やサービスを持っているか、否かで稼ぎやすさが、大きく異なるジャンルでしょう。

アニメ、ドラマ、エンタメ

結論から言うとアニメ、ドラマ、エンタメといったジャンルは、単価が上がりにくいのが現状です。

理由としては書けるライターが数多く存在し、単価が低くても仕事を受注するユーザーが数多く存在するため。

更に場合によっては作品の概要を把握するために視聴する必要があり、執筆に時間が掛かることも。

そのためアニメ、ドラマ、エンタメといったジャンルは、単価が上がりにくい点に注意しましょう。

芸能・有名人

芸能人やYouTuberなど、有名人に関する執筆案件も基本的には単価が上がりにくい傾向が強いジャンルです。

理由としては芸能人やYouTuberなどを取り扱う記事は、トレンドアクセス流入と呼ばれる集客記事である事が多いため。

トレンド流入とは、一時的にニュースなどで有名人が取り上げられた時に爆発的にアクセスを見込める手法。

一度で多数の検索流入が見込める瞬発力があるものの、時が過ぎ去ると全くアクセスが集まらなくなるのが大きな特徴です。

そのため常にライターに書き続けてもらう必要があり、ランニングコストを下げるため単価が安い傾向にあるジャンルでしょう。

恋愛、アダルト

恋愛やアダルトジャンルも、単価が上がりにくい執筆ジャンルの代表例でしょう。

理由としては誰でも書きやすく、フィクションにするなど虚偽の内容でも真相が分からないため。

特に男性をターゲットにした出会い系やアダルト関連は、有料課金が必要な場合が多く成約が難しいことも

ただし成約報酬が高額で女性は無料で登録できる、マッチングアプリなどのメディアは例外として単価が上がりやすい傾向にあります。

体験談

書きやすいものの、単価が上がりにくく稼ぎにくいのが体験談全般です。

理由としては、あくまでクライアント側はユーザーの体験談が欲しいだけで継続的な執筆を求めていないため。

そのため単発の一時的な案件として終わる事が多いので、ライターで稼ぎ続けるには向いていない案件です。

中にはライターをアフィリエイト案件に制約させる事で、報酬を得ている悪質なクライアントも…

最初の実績作りとしては優秀ですが、続けて引き受けるには単価が上がりにくい事が多い点に注意しましょう。

ファッション

ファッション関係も執筆できるライターが数多く、資金が動きにくいジャンルです。

理由としてはファッション関係は他ジャンルと異なり資金が動くことが殆どないため、必然的にライターまで回ってくる資金が減ってしまうため

また他の稼ぎにくいジャンルと同様に執筆可能なライターも数多いため、必然的に低単価の競争に巻き込まれてしまいます。

例外として自社ブランドの製品を持つ運営会社のメディアは、単価が上がりやすい傾向にあるようです。

ゲームレビュー

スマホゲームは以外にも成約が難しく、ライターの仕事も数少ない案件の一つ。

また成約単価もあまり高くないため、必然的に大量の記事を確保するため格安で記事を集める傾向が強いジャンルです。

特に大人気のスマホゲームほど書くことができるライターも数多いので、仮に狙うならマイナージャンルが良いかもしれません。

更にゲームは執筆できるようになるまで、一定のプレイが必要なこともありリサーチに時間が掛かるのも問題点の一つ

攻略系記事は単価が高くなることがあるものの、ゲーム攻略に関する深い知識などが必要になります。

そのためガッツリ稼ぐには、あまりおすすめできないジャンルの一つとも言えるでしょう。

稼げる見込みがあるが安定しない・今後に期待

稼げるジャンル・稼げないジャンルの概要を解説したところで安定しないジャンルや今後に期待されるジャンルなどの概要も解説

以下の内容について概要を深堀りしていきます。

  • VOD(動画配信サービス)
  • ゲーム
  • フードデリバリー
  • VR関連のサブスプリクションサービス

それぞれ解説していきましょう。

VOD(動画配信サービス)

無料体験機関の加入で成約報酬が発生することから、アフィリエイターなどからも高い人気を誇っていたVOD(ビデオ・オン・デマンド)

ですが近年はNetflixが無料体験登録を終了し、U-NEXTは有料課金のみ成約対象といった傾向が続いており下火傾向に。

加えて新型コロナウィルスの影響により拡大していた需要も徐々に緩和傾向にあるため、ライター単価事情としては今後衰退することが予想されます

そのため現在は単価が高い傾向にあるものの、今後は衰退していく可能性の高いジャンルではないかと予想されます。

ゲーム

スマホゲームなどのDL型ゲームは。現在では単価が安い傾向にあるジャンルです。

ですが今後は国家予算並の資金力を持つ外資系企業が、莫大な投資を行っているジャンルとして注目を集めています。

そのため今後月額課金でゲームが楽しみ放題のサブスプリクションが展開されることが予想され、恐らく無料体験期間が設けられる見込み

一人に割ける時間は限られているため、外資系企業はユーザーの獲得で競争を繰り広げるために広告料への資金投下先としてアフィリエイトが用いられることも。

無料体験が成約条件であれば、現在のVODジャンルのように成約単価が高く稼げるジャンルとして確立される可能性を秘めています。

そのため「Google・Amazon・Facebook・Apple」の展開するサブスプリクションゲームサービスは今後とも注目したいジャンルでしょう。

自動車手配サービス

今後5Gの普及とともにサービスとして展開される予想が見込まれるのが、自動運転による自動車手配サービス。

恐らく各社が開発を乗り出し、ゲームと同じく利用するユーザーの獲得にネット広告の資金が流れ込むと見込まれるジャンルです。

注目すべくは所有する車ではなく、「移動」というサービスを顧客に提供すると発表しているTESLAやTOYOTAといった企業。

まだまだ先は長いですが莫大なマーケットが誕生する見込みが強いジャンルのため、今後の動向に注目したいジャンルでしょう。

VR関連のサブスプリクションサービス

恐らくゲームと連動して展開されることが予想されるジャンルが、「VR」関連のサブスプリクションサービスでしょう。

理由としては5Gの普及により大規模なデータ受信が可能になると、必然的にVRが活用される条件が整うため。

4Gのデーター通信では難しかった大容量のVR映像を無制限に利用できる環境から、今後の新たなサービスが続々と登場することが予想されます。

加えて次世代のVODサービスとして機能することも想定できるため、今後はジャンル確率までライターも注目しておきたい技術でしょう。

単価の上がりやすいメディアの見極め方

単価の上がりやすいジャンル・上がりにくいジャンルの一例を解説していきましたが、ライターの場合はブログと異なりメディア運営者の資本力に左右されます

そのためライターの場合は、あくまでジャンルごとの目安としての指数として考えるほうが良いでしょう。

中には低単価ジャンルにも関わらず、発注量が多かったり単価が高かったりするメディアも存在します。

そこで気になるのが単価の上がりやすいメディアの特徴や、単価が低くなりがちなメディアの特徴ではないでしょうか。

そんな疑問にお答えすべく、以下の項目について深堀りしながら解説していきます。

  • 自社商品を取り扱うメディア
  • 広告収入を目的としたメディア
  • 国のお金が流れ込んでくる業種
  • 参入障壁が高いジャンル

それぞれ詳細を解説していきましょう。

自社商品を取り扱うメディア

単価が低いジャンルにも関わらず、発注元の資本力が高いメディアの特徴としては「自社商品を取り扱っている」という特徴が挙げられます。

理由としてはASPなどの広告代理業者を通さず、中間マージン抜きで自社商品を購買することが目的のメディアは収益率が高いため

一例を挙げるとアウトドアレンタルサービスを自社商品として取り扱っている運営会社は、メディア集客により宣伝・自社サービスの販売を行うことで高い利益率を実現。

そのため自社商品を取り扱うメディアは、集客ができるライターに資本の一部が流れ込むという図式が成り立ち、低単価ジャンルにも関わらず稼げるということも。

一方でアウトドアの物販アフィリエイトの成約で売上で利益を上げているメディアは、一件成約しても製品の数%しか収益が見込めません。

以上のような収益携帯の構図から、クライアントの収益形態からライターの単価が左右されることも珍しくない点を押さえておきましょう。

広告収入を目的としたメディア

自社商品を持つメディアと相反的に、ジャンルにより単価が左右されるメディアの特徴は「広告収入」を目的としたメディアです。

一言でいうと、従来のアフィリエイトと同じ収益形態を採用しているメディアですね。

従来型のアフィリエイトと同じ収益形態のメディアは自社商品を取り扱うメディアと異なり、広告という都合上から収益形態に制限が設けられます

特に物販型アフィリエイトや、PV数と比例して収益が増加するGoogleAdSense型のアフィリエイトは収益率が低い収益モデルです。

逆に一件ごとの成約報酬が高い広告を取り扱うメディアであれば、ライターに流れてくる資金も上がりやすいので掲載元の収益形態も注目すべきポイントでしょう。

国のお金が流れ込んでくる業種

単価の上がりやすいジャンルは特徴として、国の資金が直接流れ込んでいる業種などが挙げられます

理由としては業界自体が国と密接に結びついている業種は、安定した仕事を受注可能可能なので資本が流れ込みマーケット自体が広がっているため

具体例を挙げると補助金制度が設けられている太陽光や塗装などのリフォームや、ふるさと納税といったジャンルが挙げられます

ライターに限らず国と結びつきの強い業種は年収も上がりやすい傾向にあるため、社会全体の構造として知っておいて損のない形態でしょう。

参入障壁が高いジャンル

単価が上がりやすい案件の一例として、参入障壁が高いジャンルのライターが挙げられます

理由としては純粋に仕事を発注して手を挙げる人材が少ないほど、人材を求めて報酬を上げる傾向にあるため。

実際に書ける人が少ない取材、オフィス面談が伴う執筆や専門知識が必要(医療機器、産業用ロボットなど)といった案件は高単価な傾向に

そのため参入障壁が高いジャンルや案件は、積極的に行動を起こすと単価を挙げやすいジャンルの一つでしょう。

個人的に合わなかったもの

単価が上がりやすいジャンルやメディアの見極め方を解説したところで気になるのが、実際に経験した人達の経験談ではないでしょうか。

そこで全て体験したわけではないですが、多数のジャンルを一年半近く筆記してきた私が

「これは続けれないな…」

と感じた体験談を一例としてご紹介。

  • 旅行
  • 転職
  • ふるさと納税

以上の項目を執筆して、正直自分には合わなかったと感じた正直な感想をお伝えしていきますので是非参考にしてみて下さい。

旅行(ホテル紹介)

日本中をバイクで走り回った経験を持っていることから、実際に提案して執筆してみたジャンルがホテル紹介のジャンル執筆。

合わなかった理由としては、以下のような執筆以外に費やす作業量でした。

  • 1円を割る低単価
  • 1記事ごとに30枚の写真用意
  • 見出し毎に、3〜5つのホテル紹介掲載URLの貼り付け
  • 厳しいガチガチマニュアル・レギュレーション
  • 月10記事以上の発注量

やはり執筆できるライターが多く、広告単価が安くなりがちなメディアでのライター報酬は割に合わないと感じる場所が多い印象です。

全てのメディアとは限りませんが、ホテルや旅館側が直接運営しているオウンドメディアでない限り低単価になりやすい案件でしょう。

転職

人材を取り扱うことから報酬単価が高額になりやすい転職関係のジャンルですが、かなりレギュレーションがキツイ印象を受けます

私自身も、ほぼ書き直しに近いフィードバックを貰った経験も…

理由としては転職を取り扱う以上、文章の繊細さが極度に求められるので洗練された文章を執筆できるスキルが必要になるため

また読者の人生を左右するジャンルでもあるため、成約の難易度も高めの内容になっているのも高いスキルが求められる理由の一つ。

そのため転職関係の執筆案件は、非常に時間がかかる難易度が高めの案件が中心となっています。

ふるさと納税

ふるさと納税に関する案件は、どうしても仕組みを解説した記事は他社メディアと内容が被ってしまいます

結果としてオリジナル文章にも関わらず、コピペ判定が多発し作業が全く進まない自体に見舞われることも。

ふるさと納税に限らず、金融系の執筆はオリジナル記事にも関わらずコピペ判定が出ることの多いジャンルなので執筆の際は注意しましょう。

WEBライティングはブログ・メディア運営ほど、ジャンル選びに神経質にならなくて良い

Webライティングは結論から言うと、ジャンル選びにはブログやメディアほど神経質になる必要はありません

理由としては記事を納品した時点で報酬が発生する以上、 作業量でカバーすることが可能なため。

ブログやメディア運営の場合は、いくら作業しようと成約まで結びつかなければ報酬は発生しません。

ですがWebライターは納品時点で報酬が発生するため、ジャンル選びですべてが決まる訳ではありません。

たとえ高単価な案件を獲得しても1週間近く執筆期間が必要であれば意味がないため、神経質になりすぎないのも一つの手段でしょう。

WEBライティングの単価の上がりやすいジャンルごとの違いまとめ

最後にWEBライティングの概要について、簡単にまとめていきましょう。

単価の上がりやすいジャンル
  • 転職
  • 金融(カードローン・投資・株・FX・仮想通貨)
  • 不動産(不動産投資・リフォーム・DIY・太陽光発電)
  • シナリオライティング
  • 脱毛、育毛
  • 格安SIM
  • フィットネス
  • 美容・整形
  • プログラミング
  • ウォーターサーバー
  • 英会話
単価の上がりにくいジャンル
  • 旅行
  • アウトドア(フィッシング・登山・サイクリング)
  • アニメ、ドラマ、エンタメ
  • 芸能
  • 恋愛、アダルト
  • 体験談
  • ファッション
  • 音楽
  • ライフスタイル(節約・家事など)
不安定・今後に期待のジャンル
  • VOD(動画配信サービス)
  • ゲーム
  • フードデリバリー
  • VR関連のサブスプリクションサービス

Webライティングで単価の上がりやすいジャンルや、上がりにくいジャンルの特性の参考としてお役立て頂けたでしょうか。

当サイトでは実際に月10万円の収益を達成した私が経験した中で得た、最初に教えて欲しかった概要を解説しています。

副収入としてライターで収益を上げていきたいと目論んでいる方々は、是非以下の項目なども目を通して頂ければ幸いです。

WEBライター 提案後 クライアント 会話
初心者向けWebライティングで提案後の仕事の流れを紹介Lancers・crowdworks Lancersやcrowdworksで仕事を獲得しようと目論む方々は、こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 クラウド...
WEBライター ライティング 仕事道具 おすすめ
肩こり・腱鞘炎対策にも!WEBライター在宅ワークで是非導入したいアイテム一覧 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 長時間のタイピング作業を行うことが珍しくないWEBライターは、肩こりや腱...
副業 頑張る 集中力
副業を頑張る方へWEBライターの私が実際に試して効果があった、一日中作業を行える6つの方法 このように前日には気合を入れたにも関わらず、結果的に。 このような経験や、悩みをお持ちではないでしょうか。 ...

追記

ここまで目を通していただいた方で、自分もライターで稼いでいけるか不安な方も数少なくないのではないでしょうか。

そんなWEBライティングで稼ぐために試行錯誤している方に、一度おすすめしたいのが教材を利用した事前学習です。

理由としては自身での独学のみに頼ると、効率的な執筆方法を学べずに結果的に多大な時間の損を被ってしまうため。

私も最初は我流で記事作成を続けていましたが、右も左も分からないまま記事作成を続けると積み重なった多大な時間ロスを生み出しています。

その結果遠回りしてしまい、後から参入したライターにガンガン収入を抜かされている私と同じ悲しい思いをすることも

この記事に目を通して頂いている努力家のアナタには、僕のような同じ思いをして欲しくありません

そこで近年ライターに参入した方へオススメなのが、動画教材でライター基礎をガッチリ固めることができる「Writing Hacks」

 

             \詳細はコチラから/

 

「Writing Hacks」は一度買い切り型の教材なので、最低限の投資でフリーランスに必要な要素を固めることができるオンライン講座です。

数ある副業の中でも即金性が高いWEBライターは、基礎スキルさえ固めてしまえば簡単に教材の元を取るほど稼ぐことが可能。

私もライターを始めたばかりのころに「こんな教材があったらな」と強く感じるオンライン講座の一つです。

また「Writing Hacks」などを取り扱うスキルハック系の教材は、教師が生徒に受け答え可能なキャパが決まっているので年々値上がりしています

一度購入してしまえば、今後の追加アップデートにより教材が追加された場合でも料金が変わらず学ぶことができるのも嬉しいメリット

加えて買い切り型の動画式オンライン講座なので、忙しい日々を過ごすアナタでもマイペースに教材を進めていけるのも「Writing Hacks」の特徴です。

ライターで稼ぎたい方や中々収益が上がらず悩んでいる方は、一度オンライン教材の投資を検討視野に入れてみては如何でしょうか。

             \詳細はコチラから/

 

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集