menu

【Uber Eats・menu・出前館】フードデリバリーサービス3社を徹底比較【本当に稼げるのはどれ?】

Uber Eats menu 出前館 比較 稼げる
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「フードデリバリーサービスで副業を検討しているものの、それぞれのサービスの違いが分からない」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年のサービス拡大に伴い、副業としての選択肢が広がり続けるフードデリバリーサービス

自分の好きなタイミングで働くことができるため、時間を有効に活用できるのもフードデリバリーサービスの魅力ではないでしょうか

ですが気になるのが業者ごとのフードデリバリーサービスの違う部分や、それぞれのメリット・デメリットの数々。

そこで複数社のサービスを利用して稼働を行っている私が、各フードデリバリーサービスの特徴や比較詳細を解説していきます。

Uber Eats以外のフードデリバリーサービスを利用検討している方や、これから副業で初めてみようか悩んでいる方にピッタリの内容です。

それぞれの違いについて詳細を解説しているので、概要を知りたい方は是非当記事を参考にしてみてください。

各フードサービス毎による配達パートナー概要・メリット・デメリット

当記事では以下の3社のフードデリバリーサービスの概要やメリット・デメリットについて詳細を解説していきます。

解説するサービス
  • Uber Eats
  • menu
  • 出前館

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

Uber Eats

アメリカ合衆国のサンフランシスコに拠点を構える、世界的な配車マッチングサービス「Uber」によるフードデリバリーサービスが「Uber Eats」

元々は配車マッチングサービスとして米国で拡大したものの、日本国内では法律上参入できない都合から配達マッチングサービスとして普及しました

日本ではタクシー業界の反発という名で、特権者が利権を牛耳っt…おっと誰か来たようだ。

日本国内ではフードデリバリーサービスとして最も先駆けた外資系企業で、業務委託フードデリバリーサービスの先駆者として圧倒的な知名度を誇っています。

特に初心者や都心での自転車・ロードバイク配送に最適なシステムを採用しており、初めてフードデリバリーを行うのであれば積極的に利用したいサービスでしょう。

メリット

会社概要を解説したところで気になるのがUber Eatsの他社サービスとの比較内容ではないでしょうか

そこでメリットについて以下の5ポイントについて、詳細を深堀りしていきます。

メリット
  • 圧倒的知名度による安心感
  • 保険制度が充実
  • 総合的な注文数No. 1
  • 加盟エリアが多い
  • 服装は完全に自由

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

 

▶圧倒的知名度による安心感

Uber Eatsの最大のメリットは、圧倒的知名度による配達を行う上で絶対的な安心感でしょう。

稼働した経験を持っているユーザーが、業務委託系フードデリバリーサービスで最も数多く業務における安心感は見逃せないポイントでしょう

特に以下のようなトラブル発生時の対応は、基本的に自己責任が伴う業務委託制度を採用しているとは思えない親切さが魅力。

  • 料理の破損は、Uber Eats側が負担
  • 配達中の保険・補償制度は、全サービス中でトップ
  • アプリの不具合が少ない

特にフードデリバリーサービスを初めたばかりの初心者に優しい内容が目白押しなので、初めて行うユーザーに最適なシステムが採用されています

そのため仕事の副業で少し稼いでみたい方や、パート代わりに昼間に稼ぎが欲しい主婦層にも最初に利用するのにうってつけです。

 

▶保険制度が充実

Uber Eatsでは全ての業務委託フードデリバリーの中でも、トップレベルの保険対応を行っている安心感も大きなメリットの一つ

基本的に個人事業主となる業務委託での仕事は、アルバイトやサラリーマンのように法的に会社に守って貰える制度は一切ないのが普通です。

仕事で発生したトラブルは事業主が責任を償うのが一般的で、基本的に損害賠償が発生した場合などは自身で解決する必要があります

ですがUber Eatsでは料理を破損した場合は企業側が保証したり、事業主に保険制度を提供したりするなど手厚い保護を行っている珍しい企業

三井住友海上火災保険と連携しており保証されている内容の一例として、以下のような補償制度が設けられています。

  • 医療見舞金:50万円を上限とした医療見舞金を補償
  • 死亡見舞金:配達パートナーが死亡した場合、相続人は1,000万円の一時金を補償・葬儀費用100万円を補償
  • 後遺症見舞金:後遺障害の症状に応じて、最大1,000万円を条件とした見舞金を補償
  • 入院・行動不可能などの見舞金:60日を上限とした1日あたり7,500円を支給
  • 配偶者・被扶養者への見舞金:死亡した配達パートナーの配偶者・被扶養者1人についき15万円の見舞金を支給
  • 後遺障害等級の確定に関する費用:後遺障害等級を確定する際に伴った費用を補償
  • 入院一時金:怪我による入院の際2万円の一時金を支給(ヘルメット未装備の場合5,000円)
  • 手術一時金:手術費用や入院費用として75,000円を支給(外来手術は37,500円)

ただし注意点としてはピックアップ中〜注文者までの配達する間に限り適応されるため、待機時間・帰宅時間は補償対象外となっています

保険の示談解決サービスが無い点がデメリットとして挙げられますが、充実した補償制度を業務委託にも関わらず提供されている点もUber Eatsの見逃せないメリットです。

 

▶総合的な注文数No. 1

やはりフードデリバリーとして高い知名度を誇るUber Eatsは、注文者用アプリの利用数もトップレベルのため総合的な注文数はトップレベル

そのため都心から外れた郊外などでも注文が行われやすく、他社サービスでは真似できないほどの仕事量の安定度を誇っています

他社フードデリバリーサービスでは、自分の地域では仕事依頼が来るのか正直怪しいんだけど…

こんな潜在意識を持つユーザーでも、比較的仕事依頼が訪れやすいのもUber Eatsならではの嬉しいポイントでしょう。

 

▶加盟エリアが多い

2021年現在ではUber Eatsは、全国で33件近くの都道府県でサービス展開を行っており加盟エリアの広さが最大規模を誇っています

そのため地方都市で他社フードデリバリーサービスが利用できない方でも、Uber Eatsであれば利用できる可能性が高いのもメリットの一つ。

大手フードデリバリーサービスでもUber Eats規模の地域に対応しているのは出前館のみで、業務委託で働くことができるのは一部地域のみです

対応していないエリアでは残念ながら配達パートナーとして稼働することができないため、必然的にUber Eatsのみが選択肢となるのが現状。

ただし地方エリアであるほど時給が下がる傾向にあるので、効率よく稼ぎたいのであれば都心部であるほど有利な点に注意が必要です。

 

▶服装は完全に自由

Uber Eatsでは服装などに特に制限は発生しないため、髪型・服装・アクセサリーは完全自由に稼働することができるのもメリットの一つ

一部のフードデリバリーサービスでは、一定の制約が設けられており完全に自由とまではいかない企業も一定数存在します。

そのため日本企業ならではの風習に囚われずに、働くことができるのもUber Eatsならではのメリットの一つでしょう。

 

デメリット

Uber Eatsのメリットの数々を紹介したところで気になるのが、他社フードデリバリーと比較して挙げられるデメリットではないでしょうか

そこで他社と比較してデメリットとなる、以下のポイントについて概要を解説していきます。

デメリット
  • 料金体制改正によりバイク配達は不利
  • 近年クエストが発生し難い傾向に

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

 

▶料金体制改正によりバイク配達は不利

2019年度に導入された報酬改正により、残念ながらUber Eatsでは配達距離が長い依頼を受けるほど報酬額が減少傾向になりました

そのため一度の配達距離が長い依頼が、AI判定で振り分けやすいバイク勢に不利な条件が突きつけられているのが現状です。

加えて指定された地域内でインセンティブとして、追加報酬が獲得できるヒートマップエリアを導入。

結果として短い配達距離の依頼を高サイクルで回し、配達回数を増やすほど高時給を実現できる報酬体制となりました

ロードバイクなどの自転車勢はUber Eatsは有利な報酬体制が導入されているものの、バイク勢には不利な状況というのがデメリットの1つです。

 

▶近年クエストが発生し難い傾向に

都心部など配達パートナーの数が過剰になりがちな一部地域では、近年クエストが発生しないといった問題報告が挙げられています

特に外に出たくなるような心地よい気候ほど配達パートナーの数が急増するため、季節によっては配達依頼が全く来ないことも。

加えて2020年に発生した新型コロナウィルスの影響により、企業の売上の大半を占める配車サービス事業の売上が激減

メインの収益が激減したことで、残念ながら配達パートナーの収入にも直結しクエストが発生しにくくなるなどの影響を及ぼしています。

以前に比べて配達パートナーの報酬額も減収傾向にあるのが、残念ながらUber Eatsの実情となっているのが大きなデメリットです。

Uber Eats

 

menu

2020年より国内発端のフードデリバリーサービスとして、近年急速にサービスが拡大しているのが「menu」。

元々はスマホゲームアプリ「ドラゴンエッグ」を開発している企業が、別事業として手掛けているサービスとなっています。

ドラゴンエッグ 仲間との出会い
ドラゴンエッグ 仲間との出会い
開発元:Rudel inc.
無料
posted withアプリーチ

ゲーム開発会社としてのノウハウが集約されており、今後のアプリシステムのアップデートにも期待されるのも注目のポイント

加えて2021年3月現在では急速に加盟エリアを拡大しているため、新規配達パートナーの獲得に力を入れています。

そのため頻繁に報酬額増額イベントが開催されているため、より先行者利益を獲得するためには早めの登録が急がれるサービスの一つでしょう。

メリット

menuの利用を検討している方で気になるのが、他社サービスと比較した概要ではないでしょうか。

そこでmenuのメリットの数々について、以下の詳細を深堀りしていきます。

メリット
  • 経験値が貯まるレベルアップ制度
  • レベル報酬が高額
  • 2020年10月の報酬改正により、バイク勢が有利に
  • 服装など規制項目が少ない
  • サービス拡大に伴い高額インセンティブが頻繁に開催

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

 

▶経験値が貯まるレベルアップ制度

menuの最大の特徴として、経験値制度が導入されているため配達を行うほどアカウントが育っていくゲーム性が特徴

そのため配達を行えば行うほどアカウントレベルが上昇していき、レベルに応じたインセンティブを受け取ることができます

他社フードデリバリーサービスの中でも、アカウント自体が育っていくシステムを採用しているのは「menu」のみ。

何時配達しても報酬額は初心者と変動がない他社サービスに対して、menuではアカウントレベルが育ったベテランほど有利に稼ぐことができます

ネットゲームのようにアカウントが育てば育つほど、有利に稼働を行うことができるのも「menu」ならではのメリットの一つでしょう。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/05/1-35/"]

 

▶レベルアップ報酬が高額

menuでは一定以上経験値が貯まる毎にアカウントがレベルアップし、レベル毎に決められた報酬額を受け取る事が可能です。

2021年3月現在で採用されているレベルアップインセンティブは、以下の通りとなっています。

  • 以下以外の1レベルアップごと:100円加算
  • 17レベル達成:5,000円加算
  • 24レベル達成:5,000円加算
  • 31レベル達成:10,000円加算
  • 36レベル達成:10,000円加算
  • 41レベル達成:10,000円加算
  • 47レベル達成:10,000円加算
  • 50レベル達成:10,000円加算

そのため最大レベルまで達すると、合計で64,200円を獲得することが可能です。(2021年3月現在)

クエストを達成しなければ積み上げた配達回数が無駄になるUber Eatsと異なり、menuでは過去に配達した記録が実績として経験値・レベルに反映されます

加えてレベルごとに応じたランクボーナスにより、アカウントレベルごとに定められたインセンティブが加算

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/02/28/menu-bonus/"]

結果として過去に配達を行った積み上げにより、ベテラン配達パートナーになるほど優遇された報酬システムを利用することが可能です。

配達を行えば行うほど、アカウントが育っていくネットゲームのような積み上げ要素も「menu」ならではの魅力でしょう。
▶2020年10月の報酬改正により、バイク勢が有利に

menuでは2020年10月の報酬改正により、長距離配達は報酬額が高額になるシステムを採用しました

よってUber Eatsのように長距離配達を行うほど時給が下がるシステムと真逆で、バイク勢など車両配達を行うクルーが有利です。

加えて対応エリアが広すぎるUber Eatsと異なり、menuは2021年3月現在ではエリアが限られているため郊外に飛ばされにくいのもポイント。

2021年度より対応エリアが一気に拡大されることが予想されているため、都心部で効率的に稼ぎたい方は早めのクルー登録がオススメでしょう。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/20/1-40/"]

 

▶服装など規制項目が少ない

menuではUber Eatsと同様に服装や髪型などは特に規制項目がないため、自由なファッションで配送を行うことができます

一部デリバリーサービスでは服装に一定の制限があるなどの処置が行われているため、好きなファッションで働きたい人は嬉しいポイント。

例を上げると出前館では接客時には専用の帽子の装着義務が発生し、ピアス・ブレスレッドは禁止とされています。

そのためデリバリーサービスを行う上で服装に気がかりな方にも、menuは最適なサービスの一つでしょう。

 

▶サービス拡大に伴い高額インセンティブが頻繁に開催

menuでは2021年度では現在、サービス拡大に伴い高額インセンティブボーナスを頻繁に開催しています

新規に開拓されたエリアでは最初は鳴りにくいものの、一度届けると数千円のインセンティブ加算が行われるチャンスです。

特に土日のピークタイムになりやすい傾向があるため、Uber Eatsや出前館などを掛け持ちしながら積極的に狙って行きたいところ

高額インセンティブは新規開拓エリア限定のサービスなので、恩恵を受けたい場合には早めに登録を行いましょう。

 

デメリット

menuで稼働するメリットの数々を紹介していきましたが、気になるのがmenuで稼働する上でのデメリットではないでしょうか。

そこでmenuで稼働するデメリットとして、以下の概要を紹介していきます。

メリット
  • ロングピックが多い
  • サポート体制がイマイチ
  • 鳴り具合がイマイチ
  • 保証制度の対象が自転車のみ

それぞれ順を追って解説していきましょう。

 

▶ロングピックが多い

結論から言うとmenuでの配送依頼の殆どが、長距離配達である事が多いのが現状です。

menuではマク○ナルドなどの加盟しているファーストフードは、Uber Eatsより少ないのが実情。

加えて大手ファーストフード店の特有である配送料の値引きも行われていないので、短き距離での配達がUber Eatsと比較すると少ない傾向が強いようです。

ですがmenuでは、2020年10月度に長距離配達を優遇する料金制度が採用されました。

結果として長距離配達を行えば行うほど効率よく稼ぐ事ができるので、あまり大きなデメリットではないでしょう。

 

▶サポート体制がイマイチ

menuはUber Eatsと比較するとサポートの許容が少ないせいか、非常に繋がりにくく問題視されている声が上げられています

特にサポートセンターはトラブル発生や料理の破損といった緊急度の高い場面で利用するので、繋がりにくいのは非常に心許ないもの。

ですが現在menuでは2021年3月現在ではサービスが拡大途中にあり、サポート体制が大幅に強化される事が予想されます

基本的には自己解決が求められる個人事業主ですが、企業側のバックアップがある点もmenuの魅力の一つです。

 

▶鳴り具合がイマイチ

menuはUber Eatsや出前館のような知名度がない以上、仕事数の絶対数が残念ながら少ないのが現状です。

特に平日で鳴らない時間や新たに広がったエリアは鳴らない時間が多く、一社だけの依存は心許ないもの。

ですがmenuでは複数のフードデリバリーサービスと掛け持ちしながら稼働する事ができるので、数社以上の配達登録が必須となるでしょう。

フードデリバリー各社の複数掛け持ち・併用の概要は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/03/04/uber-eats-menu-demae/"]
▶保証制度の対象が自転車のみ

menuではUber Eats同様に保証制度を利用する事ができますが、残念ながら2021年3月現在では対象は自転車のみとなっています。

Uber Eatsでは保証制度がバイクと自転車の双方を利用する事が可能なので、安心度で言えば若干不備があるのが気になる点でしょう。

ただし出前館などのフードリサービスには保証制度が付与されていないため、自己責任が求められる業務委託では十分優遇された処置ではないでしょうか。

また各フードデリバリーで発生した事故は、示談提示サービスが含まれていない事が多く通常の保険と異なり加害者・被害者と直接自分で交渉を行わなければいけません

更にフードデリバリーの補償制度の共通点として待機時、帰宅時、その他業務外で発生した事故は補助の対象外となります。

任意保険であればプライベートの使用中でも適応される上に、複数社の掛け持ち稼働を気兼ねなく行える恩恵も受けることができるので是非導入を検討してみましょう。

その他menuの補償制度に関する詳細は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は是非ご参考ください。

加えてmenuの登録方法は、以下の記事で概要を解説しているので登録を検討している方は是非参考にしてみてください。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/03/4/"]

 

出前館

国内のフードデリバリー事業を牽引してきた大手上場企業「出前館」も、外資系サービスの拡大に伴い2020年度より業務委託を開始しました

出前館の特徴としては、業務委託系のフードデリバリーサービスの中で規約が一番厳しいという特徴を持っています

ただし基本報酬高は最高値に設定されており、慣れると他社フードデリバリーサービス以上の高時給を叩き出すことが可能。

そのため業務委託のフードデリバリーサービスに慣れてきたら、積極的に利用を行いたい中級者向けのサービスです。

そんな出前館の業務委託に関する概要を、順を追って解説していきましょう。

 

メリット

出前館の業務委託で気になる点は、真っ先に把握しておきたいメリットの数々ではないでしょうか。

そこで出前館の業務委託で働く、以下の3ポイントの詳細を深堀りしていきます。

メリット
  • 基本報酬が最高値
  • エリアが限られているためロングピックが無い
  • 一度に最大4件受注により、効率的に配達可能

それぞれ順を追って解説していきましょう。

 

▶基本報酬が最高値

出前館の業務委託最大のメリットは、基本報酬が最高値に設定されている点でしょう。

他社フードデリバリーサービスと基本報酬を比較した場合、以下の通りになります。

  • Uber Eats:390円+距離・手数料
  • menu:260円+距離・手数料
  • 出前館:660円

代わりにUber Eatsやmenuに採用されているインセンティブやボーナス制度がないものの、固定報酬により安定した稼ぎが期待可能

よってインセンティブ達成間近で仕事依頼が来ない現象や、ボーナス制度に振り回された配達員にはメリットも呼べる報酬制度が採用されています。

また出前館では複数社のサービスで掛け持ち稼働を行うことができるので、報酬制度が同時進行でも相性が良い点も嬉しいポイントでしょう。

掛け持ちでフードデリバリーサービスを利用する魅力については、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/03/04/uber-eats-menu-demae/"]
▶エリアが限られているためロングピックが無い

出前館では地区ごとにより自社独自のエリア分けが行われており、他社サービスのように遠方まで流される心配がありません

そのため遠方へ飛ばされやすいバイク配達パートナーであれば、帰宅時間での消耗を危惧する方にも最適なサービスとなっています。

加えて出前館では他社サービスと異なり、受取店舗情報を仕事の受託前に知ることが可能です。

上手に利用することで帰宅時間という無駄時間を削減しながら帰宅できるのも、出前館ならではの魅力でしょう。

 

▶一度に最大4件受注により、効率的に配達可能

他社フードデリバリーサービスと出前館が異なる大きな特徴の一つとして、最大4件を同時受注することで効率的に配達が可能な点でしょう。

Uber Eatsやmenuでは最大2件までの受託となっており、それ以上の仕事依頼をキープすることができません。

ですが出前館では4件先まで同時に仕事受注を行うことで、自身の裁量で計画的に配送を進めることが可能なシステムを採用

そのため慣れてくると、他社サービスで遠方に飛ばされた時などに自身の進みたい方向の仕事依頼を受注するなどの作戦を立てることができます

加えて仕事依頼がこないという、フードデリバリーで時給を大幅に下げる難題を解消しやすいのも出前館ならではの魅力です。

 

デメリット

出前館のメリットの数々を解説したところで、次に以下のデメリットについても概要を紹介していきます。

メリット
  • 服装に厳しい
  • 現金配達は拠点で精算を行う必要がある
  • 保健制度が設けられていない

それぞれ順を追って解説していきましょう。

 

▶服装に厳しい

出前館は他社フードデリバリーと比較した場合、最も服装が厳しいと言える業務委託サービスです。

出前館で服装に関する規約の一例としては、以下のような点が挙げられます。

  • 接客時には出前館帽子を被る
  • 半パン禁止
  • ピアスやブレスレット禁止
  • 派手な髪色は禁止

そのため服装に囚われずに、どうしてもお洒落をしながら稼働を行いたい方には出前館は向いていません。

因みに鎖骨くらいの髪の長さがある私は特に何も言われなかったので、ロン毛はOKのようです。

ですが効率的に稼ぎたいのであれば、服装は四季折々変化する自然環境に耐えることができるよう配送業に特化した着衣が推奨されます

とくに一般ユーザーが配達したくないような気候であれば、ガッツリ稼げるチャンスなので万全の装備を整えて稼働するのがオススメです。

以下ではフードデリバリーサービスの配送業を行う上で、事前に揃えておきたいアイテムなどを紹介しているので興味がある方は参考にしてみて下さい。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/01/06/1-6/"]

 

▶現金配達は拠点で精算を行う必要がある

出前館では現金配達を選択した場合は、登録したクレジットカードで差額を請求されるUber Eatsと異なり拠点で精算を行う必要があります

そのため毎回業務終了後に出前館の拠点エリアに足を運ぶ手間が発生するため、手間が発生する点に注意が必要です。

残念ながら精算に関する業務は、一切報酬が発生しないのでサービス残業に近いシステムですね。

どうしても仕事を誰より獲得したい方では、現金配達は仕事依頼が殺到しやすいシステムですが毎回発生する手間は大きなデメリットの一つです。

時間を限りなく有効に使いたいユーザーであれば、現金配達はあまりオススメできないシステムでしょう。

 

▶保健制度が設けられていない

残念ながら出前館では、フードデリバリーサービスで制度を設けられていることの多い補償や保険は2021年3月現在では一切ありません

特に出前館ではアルバイトやサラリーマンとは異なり基本的には自己解決が求められる業務委託として、トラブルなどは自己解決させる姿勢を貫いています

理由としては業務委託以外にも、アルバイトや正社員を抱えているため業務委託に頼らなくても仕組みが回るのが主な理由でしょう。

そのため事故などが発生した場合には、基本的に自己責任となるため十分注意して稼働を行う必要があります

ただし他社サービスでも業務中以外の事故に関しては、補償制度の対象外です。

特に普段利用が多い配送業に使用する車両は、業務中以外の事故が伴う可能性が高いため任意保険の加入が推奨されます

また見落としがちな意外なポイントとして、任意保険でも配送業中の事故は対象外の可能性があるため加入している方も事前に確認を行っておきましょう

フートデリバリーサービスで働く注意点

各社それぞれのメリット・デメリットを解説していきましたが、気になるのが業務委託のフードデリバリーで働いたことがない方が気になるのが、メリットやデメリットの数々ではないでしょうか。

そこでフードデリバリーサービスで働く注意点として、以下の注意点を踏まえて概要を解説していきます。

メリット
  • 交通違反による罰則
  • 駐車禁止による罰金
  • 天候の影響を受けやすい
  • 条件を満たすと確定申告の必要あり

それぞれ順を追って解説していきましょう。

交通違反による罰則

フードデリバリーで最も身近で注意すべき点として上げられるのは、交通違反による罰則です。

業務時間と運転時間が長くなりやすいフードデリバリーでは、白バイや覆面パトカーに違反切符を切られやすい傾向にあります

特に原付きでは30kmのスピード制限や二段階右折といった制限が多く、何かと違反切符を警察に狙われがちな車両です。

加えて都心では時間帯制限の一方通行やUターン禁止といった、フードデリバリーで知らずに犯しがちな違反が多いのも実情となっています。

一度警察に捕まると免許の点数が惹かれ、その日の稼ぎが全滅する上に時間も失ってしまうという最悪のコンボが発生。

加えて身近な存在のため、長期間フードデリバリーで稼働する予定のある方は1回以上捕まる恐れがある点を考慮して稼働する必要があるでしょう。

駐車禁止による罰金

原付きなどのバイク勢の悩みの種である交通違反ですが、自転車やロードバイクも他人事ではありません

フードデリバリーで稼働する方々の共通点として駐車禁止による罰則により、違反金が伴ってしまうというトラブルも頻繁に発生します。

特にピックアップ店舗で到着したにも関わらず料理が出来上がっていない事が珍しくない上に、駅付近では駐車違反に目を光らせる係員が数多く待機

結果として5分以上待たされた場合は、駐車違反として罰金が発生することも頻繁に発生します

そのため駐車違反の罰則が厳しそうな場所に到着しピックアップ店舗で料理ができていなかった場合、やむを得ずキャンセルするなどの判断も必要になるでしょう。

天候の影響を受けやすい

フードデリバリーは野外で活動を行う都合状、日本の四季折々の気候や天候に大きく影響を受ける仕事です。

そのため年中快適な気候で稼働できるわけではなく、時には雨風に晒される上に夏は暑く冬は寒いといった不快感を大きく伴います

加えて外の気候が丁度よい天気のいい日には、ライバルとなる配達パートナーの数が激増するため仕事を受注しにくくなることも。

そのため売上が外部気温に左右されやすいのも、フードデリバリーで押さえておきたい注意点の一つでしょう。

寒さが厳しい季節は装備を揃えなければ仕事にならないので、冬のバイク勢に向けて以下の記事で装備品を紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/01/06/1-6/"]

条件を満たすと確定申告の必要あり

業務委託のフードデリバリー業は、アルバイト業と異なり一定の条件を満たすと確定申告の必要があります

理由として収入はアルバイト・社員に採用されている給料所得ではなく、経営者と同じ事業所得になるため。

確定申告の基準を満たしているにも関わらず、確定申告を行わないままだと脱税となり最悪の場合刑事罰の対象となる恐れも

原則として1年で経費を差し引いた20万円以上の収入が発生する場合は、確定申告の必要があるので注意しましょう。

その他フードデリバリー業で必要な確定申告に関する概要は、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/06/1-37/"]

フードデリバリーサービスで働く魅力

フードデリバリーの注意点について解説していきましたが、デメリットを上回るメリットの数々もフードデリバリーならではの魅了です。

そんなフードデリバリーサービスの魅力について、以下の項目についても概要を解説していきます。

メリット
  • 働く時間が完全に自由
  • 煩わしい人間関係が発生しない
  • ゲームのような業務内容
  • モンスタークレーマーの少なさ
  • コツを掴めばバイト以上の時給を実現
  • 確定申告で税知識を学べる
  • オーディオブックを聞きながら業務が行える

それぞれ順を追って解説していきましょう。

働く時間が完全に自由

フードデリバリーサービスの最大のメリットが、決められた時間に出金するのではなく働く時間が完全に自由という点。

通常のアルバイトであればシフトなどの都合により、完全に自由に働けるとまでは残念ながら言えないのが現状です。

ですが自分で働く時間を決めることができるフードデリバリーであれば、他人のペースに合わせること無く稼働することが可能

そのためフリーランスで生活費まで手が届いていない方の補助収入や、急に予定が入る方で日程が組めない人と相性が抜群です。

子育て中で昼前のパート代わりとしても最適なので、幅広い世代に最適な仕組みではないでしょうか。

煩わしい人間関係が発生しない

業務委託のフードデリバリーでのメリットとして、煩わしい人間関係が発生しない点も嬉しいメリットの一つ

理由としてはアナログ式の多人数で連携を行う業務とは異なり、フードデリバリーはアプリ上で業務が完結するため。

シフト制のアルバイトで交代をお願いするなどの手間も発生しないので、他人に干渉されず働きたい方に最適な内容です。

加えて受け取り・受け渡しで最低限の会話だけで済むことが大半なので、接客業が苦手な方にも最適な業務内容となっています。

ゲームのような業務内容

Uber Eatsやmenuなどの業務委託フードデリバリー業であれば、クエストやレベルアップ制度といったシステムを採用しています。

そのためゲームを遂行していくような感覚で、楽しみながら業務を行うことができるのも大きなメリットの一つ。

特にmenuでは業務を遂行するほど経験値が貯まり、報酬額が増額するレベルアップ制度を設けているのが特徴です。

その他menuの詳細については、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は以下の記事をご参考下さい。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/03/5/"]

モンスタークレーマーの少なさ

フードデリバリー業務委託のメリットの一つとして、コンビニや低価格チェーン店で頻繁に発生するモンスタークレーマーが少ない件が挙げられます

理由としてフードデリバリーは総合値段が若干高くなる点や、一定のリテラシーがなければ扱えない点などが理由として考えられる要因です。

ただし専業並みに稼働している場合には、時々問題客などに遭遇することも無いとは言い切れない点に注意しましょう。

ですが各フードデリバリーサービスは多大な顧客情報を取り扱うビックデーターを収集しており、問題のある客・配達者・店舗を簡単に割り出すことができます

更に評価制度が注文者に対しても採用されているので、悪質な顧客はアプリが利用できないなどの処置が取られる事が考えられます。

最新のテクノロジーにより一定の品質が保つことができることが予想されるのも、フードデリバリーならではのメリットでしょう。

コツを掴めばバイト以上の時給を実現

フードデリバリー業は業務委託のため、どんなに働いても給料が一定のアルバイトやサラリーマンと異なり完全出来高制となっています

そのため効率よく働けば働けるほど高時給を実現することができるため、一般相場のアルバイトより高時給で稼げることも。

特に自分の最も得意な地域を見つけてしまえば、ナビを使用せず高速で配達することで時給2,000円以上を叩くことも珍しくありません

そのためコツさえ掴めてしまえば、バイト以上の時給で稼ぐことが可能な高時給もフードデリバリー業務委託ならではのメリットです。

確定申告で税知識を学べる

フードデリバリー業務委託の共通点として、給料所得ではなく事業所得だという点が挙げられます。

そのため一定条件を満たすと確定申告が必要になるものの、この機会を通じて勢知識を体得することが可能です。

特に税金は分かりやすい制度であるほど国の勢所得が下がるため、わざとややこしく作っているのが実情となっています。

そのため税知識となる簿記を習得するほど節税に繋がるため、無知な状態で支払う税金より遥かに安い納税額を実現できることも

特にフードデリバリーは車両費や燃料費など、経費に利用できる鑑定科目が多いだけではなく、最大65万円の控除を行える青色申告が可能です。

その他フードデリバリーの税金に関する詳細は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/06/1-37/"]

オーディオブックを聞きながら業務が行える

フードデリバリー業務委託の嬉しいメリットとして挙げられるのが、業務の運転中は好きな音声が聞けるという点が挙げられます。

好きな音楽を聞くのも良いですが、長時間の運転が伴うフードデリバリーと特に相性が良いのがオーディオブックでの音声学習。

オーディオブックは、どうしても一定の時間を確保しなければ読むことができない書籍を音声として楽しむことができる媒体です。

オーディオブックであれば自身のスキルを向上させる自己啓発や、アニメ部分ではカットされた部分を楽しめる原作ライトノベルを音声で楽しむことが可能。

そのため業務を遂行しながら自身のスキルを高めたり、娯楽が楽しめたりすることが可能なのもフードデリバリーならではのメリットでしょう。

そんなフードデリバリー業と相性が良好な、オーディオブックに関する詳細は以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/03/28/3-2/"]

結論:全て登録して自分の最適なデリバリーサービスを探してみましょう

最後に大手フードデリバリーサービスごとによる、働く上での特徴などについて概要をまとめていきましょう。

【Uber Eats】
  • 稼働が可能なエリアが広く最もサポートが充実しており、初心者におすすめ
  • 保険制度がトップレベルに充実
  • 服装は完全に自由
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/01/04/1-1/"]
【menu】
  • アカウントが育っていく、レベルアップ制度を採用
  • 2020年10月の報酬改正により、バイク勢が有利に
  • 2021年より急速に対応エリアが拡大
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/05/1-35/"]
【出前館】
  • 基本報酬が最高値
  • 配達エリアが地区ごとに定められており、ロングピックが発生しない
  • 一度に最大4件受注可能で、効率的に稼働が可能
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/02/12/demaekan-toroku/"]

それぞれのフードデリバリーで業務委託として登録を検討しているものの、比較が気になっている方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年複数社でサービスが拡大しているフードデリバリーサービスですが、効率的に稼ぐためには一社に絞らず複数社での登録が推奨されています

理由としては稼げない原因の最大の原因が「鳴らない時間」で、複数社のサービスでオンライン待機することで仕事受注の確率を上げることができるため。

特に一社だけに絞ると配達パートナーの過剰さや、注文数の少なさにより鳴らない時間が発生するリスクを最大限に抑えることが可能です。

現在一社だけで業務委託登録を行っている方は、この機会に複数社の登録を検討して更に高時給で稼働できる環境を実現してみては如何でしょうか。

 

\登録はこちらから/

 

\公式HPはこちら/

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集