webライター

【副業に最適】WEBライティングって何?納品経験100件以上の私がメリット・デメリットを紹介

WEBライター 副業
「WEBライター・WEBライティングってよく聞くけど、詳細がよく分からない」

こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。

どんなに頑張っても収入が年間で数千円しか変わらない会社員に近年注目されているのが、WEBスキルを獲得できる副業。

そんなWEB系スキルである、WEBライティングを専門に執筆する「WEBライター」ですが詳細を知らない方も数多いのではないでしょうか。

そこでWEBライターとして現役で活動している私が、WEBライティングの詳細について詳細を解説。

簡単に私の経歴を紹介すると、以下の通りです。

簡単に自己紹介
  • ブログ執筆歴は5年(当ブログ以外にも運営)
  • 2019年頃から本格的にクライアントワーク開始
  • 1年後にWEBライティングで月収17万円達成
  • クラウドソーシングでの実績は100件以上
  • 総合で300記事以上は納品経験

そのため何も行動してない人や、誰が書いたかも分からないアフィリエイト目的の企業サイトより信憑性が高いのではないでしょうか。

そして今回は、この悩みに答えていきます。

解説ポイント
  • WEBライティングとは?
  • WEBライティングのデメリット
  • WEBライティングのメリット

以上の項目について解説しているので、WEBライターの概要を知らない方にピッタリな内容です。

詳細について深堀りしている内容になっていますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。

WEBライティングとは?

WEBライティングの概要について、以下の3項目を紹介してきます。

深堀りポイント
  • WEB上のコンテンツ作成の筆記を代行する業務
  • WEBライターの種類
  • WEBライターの上位キャリア

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

WEB上のコンテンツ作成の筆記を代行する業務

結論からいうとWEBライターとは、企業が運営しているブログなどWEB上のコンテンツ作成の筆記を代行する仕事です。

メディアやTwitterなどに掲載する文章を、ゴーストライターとして裏で運営する仕事というと分かりやすいかもしれません。

仕事はクラウドソーシングサービスと呼ばれる、働き手と企業をマッチングさせるサービスを利用して獲得するのが一般的。

副業では案件数が多いので再現性が高いと注目されているのが、企業メディアのコンテンツ作成を代行する「SEOライター」です。

ようはブログの執筆代行ですね

国内でも最大級の案件数を取り扱っており、個人でも仕事が獲得しやすい環境が整ったのも副業としてWEBライターが注目されだした要因となっています。

WEBライターの種類

一言でWEBライターと言っても業務内容は以外にも幅広く、一例を紹介すると以下のような仕事が列挙されます。

  • SEOライター
  • コピーライター(LP作成)
  • 取材ライター
  • Kindle・電子書籍作成代行
  • SNS代行
  • シナリオライター

たとえばシナリオライターは、誰もが一度は見たことがあるであろうYouTube広告の台本を執筆します

加えて取り扱うジャンルも無数に存在するため、膨大な人手が必要になるのもWEBライターが副業として注目されている理由の一つ。

今後SNSが更に普及することで仕事の幅が広がる可能性も秘めており、廃れる可能性の低いWEBスキルの一つでしょう。

WEBライターのキャリア

会社員がスキルに応じて役職が与えられるように、WEBライターもスキルを極めていくことにより上位キャリアを目指すことが可能。

WEBライターの上位キャリアの一例として、代表的なものは以下のような例が挙げられます。

  • ディレクター
  • コンサルタント
  • メディア運営者(アフィリエイター等)
  • 正社員

特に正社員以外の上位キャリアであれば一気に収入が上がる傾向が強く、月50万〜100万という収入も珍しくありません

また正社員も一度経験すると仕事の過程で繋がりを獲得できるので、独立後にコネで仕事を取るなどメリットが大きいのもポイント

そのためキャリアを極めることにより、高い報酬が期待できるのも副業でWEBライティングが人気が高まっている理由となっています。

WEBライティングのデメリット

ここまでWEBライターの概要を解説していきましたが、押さえておきたいWEBライティングのデメリットを紹介。

深堀りポイント
  • 完全労働集約型
  • 一生歌詞で行けるかと言われると怪しい
  • 競争が年々高くなっている

以上についても、詳細を解説していきましょう。

完全労働集約型

結論から言うとWEBライターは完全労働集約型の労働形態なので、手を止めた瞬間収入が途絶えます

そのため記事を執筆し続けることや営業を行い続けることが必須で、時間に追われ続けることが前提となる仕事です。

また初めたばかりの頃は単価が安くなりがちで、労働時間に対して報酬が安いと頭を抱える人も珍しくありません。

行動し続けない限り思うように報酬が上がらない点がデメリットですが、それはWEB系スキルに限らず何処の業界も同じです。

その分報酬の上限がないため働くほど損する会社員と異なり、行動量するほど収入が伸びやすいのもWEBライターのメリットです。

一生稼いでいけるかと言われると怪しい

2021年現在では比較的稼ぎやすいWEB系スキルであるWEBライターですが、今後20年後以降も稼げるかと言われると素直に頷けないのが現状です。

理由としてはAppleのCookie規制問題や、ただでさえ早いWEB業界の流れといった点が挙げられます。

Cookie規制問題とは一言で説明すると、Appleが検討している広告収益に直結するシステムの改変。

今後はどうなるか不透明ですが、数十年後は現在と同じように稼げるとは限りません

それでもWEBライターに一度挑戦すべき理由については、後ほど概要を紹介していきますね。

競争が年々高くなっている

WEBライティングは数あるWEB系スキルの中でも必要機材が最低限で挑戦できるので、副業ブームに伴い挑戦者が増加

挑戦者が増えるほど優秀な人材が参入してくる確率が上昇するので、徐々に競争が激化しているのが現状となっています。

新型コロナウィルスの影響による不景気など、この傾向が年々強くなっていくことが予想されるので「今」が一番マシな時かもしれませんね。

副業として挑戦するのであれば、可能な限り早めに行動するのがおすすめです。

WEBライティングのメリット

WEBライティングのデメリットを紹介していきましたが、次に挑戦するメリットの数々についても紹介していきます。

深堀りポイント
  • 文字さえ書けるなら何処でも仕事ができる
  • WEB情報・専門分野に強くなる
  • クライアントワークの経験が養われる

それぞれ、順を追って詳細を解説していきます。

文字さえ書けるなら何処でも仕事ができる

WEB系スキルを習得するのにWEBライターがおすすめの理由として、文字さえ書ける環境であれば何処でも仕事ができる点が挙げられます

文字さえ打てる環境であれば何処でも作業できるので、カフェはもちろん電車や仕事の休憩時間でも仕事を進めることが可能。

また動画編集のようにデバイスの高いスペックも要求されないので、ノートパソコン1台で世界中何処でも仕事することができます

在宅ワークが可能なことから子育て中の主婦層にも人気が高く、一日の貴重な時間を有効に活用することが可能。

そのため場所の制約に囚われず稼げる手段の一つとして、WEBライターを採用できるのも優れたメリットの一つです。

私もコロナ明けにデジタルノマド生活を始めることを夢見て、活動を続けています。

WEB情報・専門分野に強くなる

WEBライターを続けるメリットとして、リサーチ業務の際に自身に積まれるWEB情報や専門知識が更に深くなる点があげられます

特に同じ分野の執筆を続けることで知識が更に深くなるだけではなく、執筆速度が上がり時給が短くなる効果も

また金融投資や不動産といった分野は本来本を読んで深堀りしていく分野ですが、仕事を通じてネット上の情報を網羅することが可能。

世界で平均IQが極めて高いと言われるユダヤ人にも「知識は誰にも奪われることのない唯一の財産」と謳われています。

因みにノーベル賞は、世界で0,2%しかいないユダヤ人が四分の一以上を獲得しているんだとか。

知識さえあればお金を稼げるため、全財産を失っても簡単に人並み以上に稼げると自称する資産家も珍しくありません

そんな業務を続けるほど専門分野の情報として知識を効率的に吸収できるのも、WEBライターを続けていくメリットです。

クライアントワークの経験が養われる

WEBライターを一度経験すべき最大の理由は、クライアントワークの経験が養われる点です。

クライアントワークはWEB系スキルであれば基本的要素の一つであり、全ての業界で共通するスタイル。

自身で営業を行ない、企業と実際に業務を遂行する経験を積むには基盤スキルの獲得が最も簡単なWEBライティングが最も効果的です。

自分で仕事を取るという経験は、のほほんと生きてる人間であれば行うことがないでしょう。

プログラミングや動画編集などWEB系スキルで稼ぐためには、必ず「文章」を使う必要があります。

そこで養われた文章力は日本円を稼ぐ限り、一生使える能力としてアナタに刻まれるスキルです

そんな基礎的な能力を身につけることができるのも、WEBライティングに挑戦するメリットの一つでしょう。

WEBライティングに挑戦するメリット・デメリットまとめ

最後にWEBライティングの概要やメリット・デメリットの詳細を、簡単にまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • WEBライターとは、企業が運営しているブログなどWEB上のコンテンツ作成の筆記を代行する仕事
  • 上位キャリアであれば一気に収入が上がる傾向が強く、月50万〜100万という収入も珍しくない
  • 文字さえ書ける環境であれば何処でも仕事ができる
  • 業務を続けるほど専門分野の情報を効率的に吸収できる
  • 全てのスキルに必須な、クライアントワークの実務経験が養われる

WEBライティング・WEBライターの概要が気になっている方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

副業の最大の魅力は会社員の給料と組み合わせることで、年間貯金額を急増できる点が挙げられます

例えば毎月5万円副業で稼げるようになるだけでも、年間に換算すると副業だけで60万円近くの貯金が可能。

加えて仕事がなくなっても収入0という最悪の自体を回避でき、副業をしない場合に比べて倍近く貯金で耐える期間を伸ばすこともできます。

ですがWEBライターは副業ブームに伴い挑戦者が増加傾向にあり優秀な人材が参入してくる確率が上昇するので、徐々に競争が激化しています

そこで新規参入する前におすすめなのが、知識への投資としてオンライン教材で事前学習を行ない稼ぐ力を固める方法

WEBライター向けの教材も実は存在していて、近年高い人気を誇るスクールが「Writing Hacks」です。

「Writing Hacks」は現役WEBライターによる動画レッスンに加え、仕事紹介コミニティの参加資格を獲得することが可能

受講を済ませておくだけで、事前勉強を行っていない人より遥かに楽に高単価な仕事を獲得できると考えれば割の良い投資とも言えます。

リテラシーの高いアナタなら、事前に知識へ投資することで得られるリターンの高さは簡単に想像付くのではないでしょうか。

WEBライターとして稼いでいくためには、他人からうばれない資産である「知識」に投資してスタートダッシュを切ってみては如何でしょう。

\無料体験を始める/

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集