didi

food panda(フードパンダ) VS DiDiFood 双方サービスの比較・メリット&デメリットを徹底調査

food panda フードパンダ DiDi Food 比較
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「DiDi Foodとfood pandaの登録を検討している」

こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

同時期に日本へ上陸を果たしたDiDi Foodとfood pandaですが、比較的新しいサービスなのでシステム上の詳細を知らない方も珍しくありません。

そこでDiDi Foodやfood pandaの登録を検討している方について、以下の内容に関する詳細を解説。
解説ポイント
  • food pandaのメリット・デメリット
  • DiDiFoodのメリット・デメリット

以上の項目について解説しているので、DiDi Foodとfood pandaの比較内容を知りたい方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

food pandaの優れているポイント

food pandaを利用して働くメリットとしては、以下の2ポイントが挙げられます。

深堀りポイント
  • 配達ライダーが過剰になりにくい
  • 配達依頼の時点で店舗・配送先情報が分かる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

配達ライダーが過剰になりにくい

food pandaでは他社デリバリーサービスのように、残念ながらいつでも働くことができません

理由としてはfood pandaでは、アルバイトのように事前に指定エリアで予約した時間に働くシフト制を採用しているため。

そのため配達ライダー(food pandaの配達員)が過剰に多くならないため、まったく仕事が来ないトラブルが発生しにくいサービスです。

特に春と秋の心地よい気候など、他社サービスでは過剰に配達員が発生する季節には利用を検討してみるのも良いかもしれませんね。

配達依頼の時点で店舗・配送先情報が分かる

food pandaでは、仕事が依頼された時点で店舗や配送先の情報が分かります

そのため過去のアルバイト先など、どうしても配送で取りに行きたく無い場所などを知ることが可能です。

ただしfood pandaでは仕事受注率がパーセンテージで測られており、仕事を断るほど受注率が低下

結果としてランク制度を採用しているfood pandaでは、評価がマイナスになる可能性があるため注意が必要です。

food pandaのデメリット

food pandaのデメリットに関して紹介したところで、次にデメリットの概要についても解説していきます。

深堀りポイント
  • シフト制のため自由に働くことができない
  • クエスト・ブースト等のインセンティブやチップ機能は採用されていない
  • 受け取り店舗での待ち時間が長い

以上についても、詳細を解説していきましょう。

シフト制のため自由に働くことができない

food pandaは他社サービスのように、自身の都合の良いタイミングで働くことが残念ながらできません

特にランクアップ制度は初心者は非常に不遇なスタートから始まるため、シフト自体が入れないことも。

そのため場合によっては、普通にアルバイトをした方が割が良いという事態に陥ってしまうリスクを抱えています。

自身の都合の良いタイミングで働くことができない致命的なデメリットは、food panda最大の弱点でしょう。

チップ機能は採用されていない

food pandaではチップ機能は搭載されておらず、他社サービスのように追加報酬を狙うことができません

特にチップを獲得しやすいエリアでは、チップ機能の有無により収入へ大きく差が開いてしまうことも。

そのためチップ機能は外せない方は必然的に、food pandaは選択肢から外れるサービスになるでしょう。

受け取り店舗での待ち時間が長い

food pandaでは風物詩と言われるほど、店舗での待ち時間が長い傾向が強いデリバリーサービスです。

働く時間が直接収益に影響が出る完全成果報酬のフードデリバリーサービスは、待ち時間が長いほど稼ぐための時間がなくなってしまいます。

そのためfood pandaの受け取り時間が長いトラブルにストレスを抱える方は、サービスの利用を控えるのが懸命でしょう。

DiDiFoodの優れているポイント

food pandaのメリット・デメリットを紹介したところで気になるのがDiDi Foodの詳細ではないでしょうか。

そこでDiDi Foodに関する以下の3ポイントに関しても、概要を順番に解説していきます。

深堀りポイント
  • 保険の手厚さが業界トップクラス
  • クエスト・ブースト・チップ機能が搭載され稼ぎやすい
  • 好きなタイミングで自由に活動できる

それぞれ順を追って、詳細を解説していきましょう!

保険の手厚さが業界トップクラス

DiDi Foodは対人・対物賠償責任に対する傷害保険は上限3億円と、業界でもトップクラスの上限が定められています

そのため保障面が弱いフードデリバリーサービスと比較すると、安心して働ける環境もDiDi Foodの魅力です。

ただしDiDi Foodは専用バッグ以外のカバンを使用して稼働すると、保障制度の数々を受けることができない点に注意が必要となります。

その他フードデリバリーサービスの保険事情に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...

クエスト・ブースト・チップ機能が搭載され稼ぎやすい

DiDi Foodはfood pandaには搭載されていない、クエストやブーストといったインセンティブ機能が採用

加えてチップ機能もfood pandaでは採用されていないので、DiDi Foodは効率良く配送を続けることができれば高時給を達成できる可能性を秘めています

そのためインセンティブの機能とチップ機能だけは外せない方は、DiDi Foodの登録を先に行うのがおすすめでしょう。

好きなタイミングで自由に活動できる

DiDi Foodはシフト制が採用されているfood pandaと異なり、自由な働き方を実現することができるフードデリバリーサービスです。

そのため突然予定が空いたり、先の読めない本業を抱えている方は事前に申告した時間通り出勤したりする必要のあるfood pandaは推奨されません。

もちろん出勤時間に突如予定が入り、突然キャンセルすることもfood pandaでは残念ながら行うことができないデメリットも存在します。

そのためフードデリバリー特有の自由な働き方で活動したい場合には、DiDi Foodの登録を検討するのがおすすめです。

DiDiFoodのデメリット

DiDi Foodのデメリットを紹介したところで、次に以下の3ポイントのデメリットに関しても紹介してきます。

深堀りポイント
  • 配達依頼は少なめ
  • 専用カバン以外を利用すると保険の対象外
  • 時間制限機能が落ち着かない

それぞれ順を追って概要を紹介していきましょう。

配達依頼は少なめ

DiDi Foodは2020年に上陸を果たし、エリアを徐々に拡大している始まったばかりのサービスです。

そのため先駆者であるUber Eatsと比較すると、運営歴とシェア率の関係上からどうしても配達依頼は少なめ。

ですがfood pandaと比較した場合、状況は同じようなものなので今後の注文数拡大が期待されています

今後のエリア拡大とともに認知度が高くなることが予想されるデリバリーサービスなので、ぜひ早めの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

専用カバン以外を利用すると保険の対象外

DiDi Foodは業界でもトップレベルの充実した保障制度を採用しているフードデリバリーサービスですが、専用のカバン以外を配送した場合保証の対象外となります。

そのため夏場の食中毒や料理破損といった補償は、DiDi Foodの専用カバンを使用していることを証明する必要があることも。

保険の対象外となるリスクを踏まえた上で、DiDi Foodは専用カバン以外の利用が推奨されないため注意が必要です。

時間制限機能が落ち着かない

DiDi Foodは受け取り店舗・配送先まで届ける時間制限となるリミットが表示されます。

時間制限のリミットは少し過ぎても特に影響は受けませんが、心情としては快く無いもの。

そのため時間制限内に届ける義務感が心苦しい方には、デメリットとなる機能の一つでしょう。

food pandaとDiDiFood以外におすすめのデリバリーサービス

結論としてDiDi Foodやfood pandaは配達依頼が少なめのサービスのため、他社サービスとの複数利用がおすすめです

ですが気になるのが複数登録を推奨する理由や、登録するサービスの候補ではないでしょうか。

そこでフードデリバリーサービスは複数登録がおすすめな理由や、具体的に同時登録におすすめのサービス例について以下の3項目を紹介してきます。

深堀りポイント
  • 複数サービスの利用を推奨する理由
  • Uber Eats
  • 出前館

それぞれの項目について、順を追って解説していきましょう。

複数サービスの利用を推奨する理由

複数サービスの登録をおすすめする最大の理由は、鳴らない時間が続く確率を極力軽減するためです。

DiDi Foodやfood pandaに限らずデリバリーサービスで稼ぐ上で、時給を大きく下げてしまう原因が「鳴らない時間」。

最低時給補償制度が採用されいない限り、完全成果報酬が採用されているデリバリーサービスは1円も報酬が発生しません

その解決策が複数サービスで同時オンラインを行い、注文依頼が来る確率を高くする方法です。

複数登録しているデリバリーサービスが多いほど、受注確率を上げることができるので可能な限り多数の登録がおすすめですよ!

そんな複数登録の候補となるデリバリーサービスの一例についても、順を追って紹介していきましょう。

Uber Eats

DiDi Foodやfood pandaと同じく、配車サービスで大きく成長したフードデリバリー×ITの生みの親であるアメリカ発端の世界企業が「Uber Eats」。

Uber Eatsは日本で現在、トップレベルのシェア率と知名度を誇り対応エリアの広さや注文数の多さが魅力のサービスとなっています。

また服装に制限がなく、シフト制を採用していない都合上から気軽に働ける環境が最大の魅力

注文数が安定していることから、最初にデリバリーサービスで稼ぐのに登録は必須のサービスとも言えるでしょう。

Uber Eatsに登録を行っていない方は、この機会に登録を行い1度配達してみて利用感を確かめてみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

またサービスの詳細に関しては、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

出前館

日本で全国展開を行うフードデリバリー界の上場企業、「出前館」も一部地域で業務委託の募集をはじめました。

「出前館」ではインセンティブなど、他社サービスのようなボーナス制度は一切採用されていない代わりに高額な配達基本料金が最大の魅力。

一件あたり最低650円が保証されており、一時間以内に2回配達するだけで最低時給並の報酬を叩き出すことが可能です。

勿論効率よく配達が行えれば、更に高い時給を実現することも可能な稼ぐことに特化したサービスともいえるでしょう。

\公式HPはこちら/

 

food panda(フードパンダ) VS DiDiFood 双方サービスの比較・メリット&デメリットまとめ

最後にfood panda(フードパンダ) VS DiDiFood 双方サービスの比較・メリット&デメリットについて、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • food pandaは、アルバイトのように事前に指定エリアで予約した時間に働くシフト制を採用
  • food pandaは他社サービスのように、自身の都合の良いタイミングで働くことが残念ながらできない
  • food pandaではチップ機能は搭載されていない
  • food pandaでは風物詩と言われるほど、店舗での待ち時間が長い傾向が強い
  • DiDi Foodは対人・対物賠償責任に対する傷害保険は上限3億円と業界でもトップクラス
  • DiDi Foodはfood pandaには搭載されていない、クエストやブーストといったインセンティブ機能が採用
  • DiDi Foodはシフト制が採用されているfood pandaと異なり、自由な働き方を実現することができるフードデリバリーサービス

DiDi Foodとfood pandaの比較内容が気になっている方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

世界人口No.1の中国本土で、トップのシェア率を誇る配車+宅配サービスを行う世界企業「DiDi Food」。

数あるフードデリバリーサービスの中でも、企業自体の莫大な資産力から今後サービス展開とともに高額な報酬が期待されています。

そんな「DiDi Food」でガッツリ稼ぐためにも、配達パートナー登録を済ませて何時でも働けるようスタンバイしてみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集