Chompy

登録前に押さえておきたいChompy(チョンピー) はチップを貰えるの?インセンティブ・ブースト・現金配達事

Chompy チップ
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「Chompyの登録を検討しているものの、チップ制度が採用されているか気になる」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

東京都の一部地域を対象エリアとして展開する国産のフードデリバリーサービスChompy。

そんなChompyですが、登録を検討している方で気になるのがチップ制度があるかどうかではないでしょうか

そこで当記事ではChompyのチップ事情や配達員の事情について詳細を解説。

解説ポイント
  • Chompyのチップ・インセンティブ事情
  • Chompyの配達員事情
  • Chompyと複数登録がおすすめのサービス
以上の項目について解説しているので、Chompyの登録を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Chompyのチップ・インセンティブ事情

Chompyのチップやインセンティブ事情として、以下の3項目について概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • Chompyはチップを受け取ることができる
  • Chompyのインセンティブ事情
  • Chompyのブースト事情

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

Chompyはチップを受け取ることができる

結論から言うとChompyは、新たにチップ機能が搭載されているので配達者はチップ獲得を行うことができます

2021年4月より搭載された機能で、注文者側では最新バージョンのアプリでチップを送ることが可能です

そのため他社デリバリーサービスのように、チップによる報酬アップが期待できるのもChompyの魅力でしょう。

Chompyのインセンティブ事情

Chompy最大の特徴が、チャレンジ制度と呼ばれるインセンティブシステム。

参加条件は前日までのシフトの申し込みで、人数制限がありアカウントのランクが高いプレイヤーから優先して枠を抑えることができます

チャレンジ制度中は高時給を叩き出せるブーストを獲得できたり、最低時給補償を受けたりすることが可能です。

そのためChompyで稼ぐには、積極的に狙っていきたいインセンティブの一つではないでしょうか。

またChompyでは配達員ごとにランクシステムを導入しており、注文者やレストランの評価によってポイントが獲得できます。

ポイントが一定段階まで貯まると6段階のアカウントレベルに適応され、チャレンジ制度などの恩恵を優先的に受けることが可能。

そのため他社サービスと異なり、自身のアカウントが育っていく楽しみもChompy特有のメリットです。

Chompyのブースト事情

その他でChompyは需要の高い時間帯や悪天候時に、指定の配達地域で配送を行うと報酬が上乗せされるブースト制度を採用

新エリア開放などでは常時開催が行われているので、1回の配達につき500円近くの報酬が加算されます。

そのため一回あたりの配達が高単価な点が魅力で、他社サービスより配達1回の効率が良い点が嬉しいポイント。

またChompyではレストランでの待機時間でも時給として報酬が発生するなど、細かい仕様が嬉しいサービスとなっています。

Chompyの配達員事情

Chompyのチップやインセンティブ事情を紹介したところで、気になるのがChompyの配達員事情ではないでしょうか。

そこでChompyの配達員事情として以下の3点について、深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • Slackを利用して質問ができる
  • 現金配達などは行えない
  • 注文数は少なめのため、複数デリバリーサービスの登録が必須

以上についても、詳細を解説していきましょう。

Slackを利用して質問ができる

Chompyでは配達パートナー全員と共有されているSlackを利用して、運営側と連絡を行うことができます

Slackが採用されている理由として、ユーザーと距離感を知覚してフィードバックをスムーズに行うため。

そのためトラブルや改善してほしい点などを気軽に報告できるのも、Chompyならではのメリットです。

現金配達などは行えない

Chompyでは他社デリバリーサービスのように、現金での対応を行っておらず全て電子決済となっています

そのため釣り銭を忘れてしまうなど、現金配達によるトラブルが発生しないのもChompyのポイント。

ただし現金配達を利用できるサービスに比べると、仕事依頼が来る確率が低くなることも

そのためChompyで稼ぐ場合には、複数のフードデリバリーサービスを利用するなどの工夫が必要でしょう。

注文数は少なめのため、複数デリバリーサービスの登録が必須

Chompyは個人店を専門としているサービスなので、大量に配送を行う大手チェーンと異なり仕事依頼が来にくい点がデメリットです。

フードデリバリーサービスの共通点として、仕事依頼が来ない待機時間が増えるほど時給を大きく下げてしまう原因になります。

そのため複数フードデリバリーに登録を行い同時オンラインで仕事を獲得する確率をUPさせるなど、一定の工夫が必要になります

そのためChompyを利用する場合には、必ず数社以上のデリバリーサービスに登録しての活動がおすすめですよ。

Chompyと複数登録がおすすめのサービス

Chompyの配達員事情を紹介したところで、Chompyと複数登録におすすめのサービスについても概要を解説。

深堀りポイント
  • UberEats
  • 出前館
  • food panda

以上の項目についても、順を追って概要を解説していきましょう。

UberEats

短期間で圧倒的な知名度を上げた、日本でフードデリバリーの代表格とも呼べるサービスが「UberEats」。

UberEatsでは高い認知度により豊富な注文依頼が来ることから、安定した仕事数が獲得できるサービスとなっています

アップデートを繰り返しアプリも注文増加時間の予測ができるなど、他社サービスにはない計測機能も魅力。

補償も比較的手厚く、初心者でもトラブルが少なく活動が行える登録必須とも言えるサービスです。

登録を行っていない方は、最初に1度利用感を試すのを検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

「Uber Eats」の更に詳しい概要は、以下のリンクで詳細を解説していますので参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

出前館

日本で元々トップクラスの知名度を誇る上場企業のデリバリーサービスとして君臨していた「出前館」も、業務委託での配達パートナー募集を開始。

出前館はクエストやボーナスなどのインセンティブが無い代わりに、高額な最低時給補償制度が魅力のサービスです。

出前館の専用帽子を被る義務が伴うものの、効率よく配送することで他社サービスを圧倒する高時給を叩き出す可能性を秘めています

そのためフードデリバリーサービスに慣れてきて、更に短時間でガッツリ稼ぎたい方は検討材料となるデリバリーサービスでしょう。

\公式HPはこちら/

 

food panda

積極的にWEBメディアで広告を行うなど、2021年より勢いにのるフードデリバリーサービスが「food panda」。

food pandaは事前にシフトを申し込み働く、特有の働き方いよりライバルが過剰に増えすぎないシステムが魅力です。

そのため他社サービスと使い分けを行うのに最適で、気候や天候を予測して利用することで効率よく稼ぐことができます

そんなfood pandaに関する詳細は、以下の記事で具体的な概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。
food pandaとは
food pandaとは?稼げるの?他社サービスとの違いやおすすめの人物像はコレ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年急増しているフードデリバリーサービスでも、頻繁に広告で見かける機会が...

Chompyのチップ事情や配達員の事情まとめ

最後にChompyのチップ事情や配達員の事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Chompyはチップ機能が搭載されているので配達者はチップ獲得が可能
  • チャレンジ制度中は高時給を叩き出せるブーストを獲得・最低時給補償を受けることが可能
  • 配達員ごとにランクシステムを導入しており、注文者やレストランの評価によってポイントを会得
  • 需要の高い時間帯や悪天候時に、指定の配達地域で配送を行うと報酬が上乗せされるブースト制度を採用
  • Chompyでは配達パートナー全員と共有されているSlackを利用して、運営側と連絡可能
  • 他社デリバリーサービスのように、現金での対応を行っていない

Chompyのチップ事情や配達員の事情について、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

8億円近くの資金調達を行うなど、今後のサービス拡大が期待されている国内発端のフードデリバリーサービスChompy。

ですが注文数が少なく、ガッツリ稼ぐにはどうしても向いておらず複数サービスの併用が必須とも言えるサービスです。

Chompyと共に複数のフードデリバリーサービスの登録を行って、選択肢を増やしつつ柔軟に対応を行える配達員を目指してみては如何でしょうか。

\登録はこちらから/