Chompy

Chompy(チョンピー) って何?稼げるの?対象エリアや配達員事情

Chompyとは
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「フードデリバリーサービスで稼ごうと思っているけどChompy(チョンピー)って何?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

2019年よりサービスを開始した、東京都の一部分だけを対象エリアとしたフードデリバリーサービスChompy。

ですが気になるのがChompyに関する詳細や、稼げるかどうかや登録が可能かどうかではないでしょうか

そこで当記事ではChompyの詳細や対象エリア、配達員事情について詳細を解説。
解説ポイント
  • Chompyとは?
  • Chompyの配達員事情
  • Chompyと複数登録におすすめのサービス

以上の項目について解説しているので、Chompyの概要が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Chompyとは?

Chompyの詳細を知らない方に向けて、以下の3ポイントについて概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • Chompyの会社事情
  • Chompyの対応エリア
  • Chompy特有のインセンティブ

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

Chompyの会社事情

Chompyは日本のスタートアップ企業「シン」が運営する、国内発端のフードデリバリーサービスです。

DeNAやメルカリ出身の起業家が設立した、屈指の実力を持つクリエイター達によってサービス運営が行われています。

大手チェーン店で存在が埋もれがちな個人店に特化したサービスで、作りての顔が見える安心感が魅力。

例えるなら他社サービスが大手スーパー、Chompyは道の駅のようなイメージかもしれませんね。

また配達員は専用ウェアが配布され、基本的に着用推奨が行われているのもChompy特有の特徴です。

Chompyの対応エリア

2021年8月時点で、対応しているエリアは以下の各一部エリア。

  • 渋谷区
  • 港区
  • 目黒区
  • 世田谷区
  • 新宿区
  • 品川区
  • 中野区
  • 千代田区
  • 杉並区

そのため基本的には、都心を中心としたフードデリバリーサービスとなっています。

他社サービスと比較すると、どうしても狭い印象を受けますが今後に期待したいところ。

今後もサービスの普及に伴いエリアが拡大する可能性を秘めているので、今後とも最新情報に注目したいフードデリバリーサービスでしょう。

Chompy特有のインセンティブ

Chompyでは独自のボーナスシステムとして、シフト制となる「チャレンジシステム」を採用しています

チャレンジシステムは承認率80%、オンライン時間90%などの条件をクリアすると最低時給補償や特別インセンティブを獲得できるシステム。

シフトを入れることができる時間は、主に最も需要が高くなるランチやディナータイムが中心です。

シフトはChompyで採用されているランクシステムの上位者から優先的に入ることが可能で、ランク上位者から順に早いものがちとなります。

そのためランク上位者でなければ有利に進めることができないものの、工夫次第では大きく稼ぐことができるシステムでしょう。

Chompyの配達員事情

Chompyの概要を紹介したところで気になるのが、配達員の事情ではないでしょうか。

そこでChompyの配達員事情について、以下の3ポイントを深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 今後のサービス拡大に期待されるサービス
  • 正直注文数が少なく稼ぎにくい
  • Chompyと複数のデリバリーサービス登録がおすすめ

以上についても、詳細を解説していきましょう。

今後のサービス拡大に期待されるサービス

Chompyは2021年8月現在では、対応エリアも限られており他社フードデリバリーサービスと比較すると影が薄いのが実情です。

ですが2021年には7,8億円の資金調達を行うなど、実は水面下で強化体制が実は進んでいます

また他社サービスとのコンセプトと異なり大手チェーンではなく、こだわりの個人店の味をお届けするというオリジナリティが魅力

そのため今後のサービス拡大も期待されているので、今後の成長が楽しみなサービスの一つではないでしょうか。

正直注文数が少なく稼ぎにくい

Chompyは東京都の一部エリアのみに対応している、少数精鋭のデリバリーサービスです。

そのため注文数も限られており、頻繁にサービスが停止するなど安定さに難を抱えています。

結果として注文数も少なく、正直稼ぐには今ひとつなサービスでもあります

一回の配達が高単価な場合が多いもののChompy1社に依存するのは、残念ながら大きく稼ぐのが難しいのが現状です。

Chompyと複数のデリバリーサービス登録がおすすめ

Chompyは1社だけの依存では稼ぎにくいのが現状なので、おすすめなのが複数のフードデリバリーの登録

Chompyに限らずフードデリバリーでは、依頼が来ない限りは稼ぐことができないのが実情となっています。

そこで複数のフードデリバリーを登録し同時にオンラインへすることで、注文依頼が来る確率を底上げすることが可能です。

チャレンジシステムに挑戦できない場合には、複数のフードデリバリーサービスの登録を行い配達依頼が来る確率を高めてみては如何でしょうか。

Chompyと複数登録におすすめのサービス

Chompyの配達員事情を解説したところで、稼ぐためにおすすめの複数登録に最適なフードデリバリーサービスを紹介。

深堀りポイント
  • UberEats
  • 出前館
  • food panda

以上の3項目について、順を追って概要を深堀りしていきましょう。

UberEats

日本でトップレベルの知名度を誇る、アメリカ発端のデリバリーサービスが「UberEats」。

UberEatsは服装も自由で働ける上に、安定した注文すうが魅力のサービスなのでChompyとの相性も良好なフードデリバリーサービスとなっています。

また対応エリアの広さやマップの精度なども、他社サービスと比較すると優れているのも大きなポイント。

加えて2021年6月より導入された新システム「徒歩配達」機能により、更に柔軟な働き方ができるのも魅力です。

フードデリバリーで稼ぐのであれば登録が必須とも言えるサービスなので、未登録であれば利用を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 
「Uber Eats」の更に詳しい概要は、以下のリンクで詳細を解説していますので参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

出前館

従来よりフードデリバリーで高いシェアを誇っていた出前館も、いつでも働くことが可能な業務委託が採用されました。

出前館では専用の帽子を被り稼働を行う必要があるものの、デメリットを上回る一回あたりの報酬の高さが魅力。

加えて配達エリアも限られており遠くに飛ばされず、受注数もそこそこ多いため効率的に稼ぐほど高時給を叩き出すことが可能です

他社サービスで慣れてきて更にガッツリ稼ぎたい方にこそ、おすすめしたいフードデリバリーサービスなので更に稼ぎたいと目論む方は登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

food panda

東南アジアでトップレベルのシェア率を獲得している、ドイツ発端のフードデリバリーサービスが「food panda」。

food pandaでは特有の事前にシフトを申し込んで働く、シフト制を採用しておりライバルが過剰に発生しない点が魅力です。

そのためライバルが大量出現する快適な気候と相性が良く、他社サービスと使い分けることで効率的に稼ぐことができます。

新型コロナウィルスの影響により爆発的に増加しているライバルと競争を避けるため、選択肢の一つとして登録を検討してみても良いかもしれませんね。

food pandaに関する詳細は、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は参考にしてみてください。

food pandaとは
food pandaとは?稼げるの?他社サービスとの違いやおすすめの人物像はコレ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年急増しているフードデリバリーサービスでも、頻繁に広告で見かける機会が...

Chompyの詳細や対象エリア、配達員事情まとめ

最後にChompyの詳細や対象エリア、配達員事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Chompyは日本のスタートアップ企業「シン」が運営する、国内発端のフードデリバリーサービス
  • 大手チェーン店で存在が埋もれがちな個人店に特化したサービスで、作りての顔が見える安心感が魅力
  • 基本的には、都心を中心としたフードデリバリーサービス
  • 対応エリアも限られており他社フードデリバリーサービスと比較すると影が薄いのが実情
  • 注文数も少なく、正直稼ぐには今ひとつなサービス
  • Chompyは1社だけの依存では稼ぎにくいのが現状なので、複数のフードデリバリーの登録がおすすめ

Chompyの詳細や対象エリア、配達員事情について参考としてお役立ていただけたでしょうか。

8億円近くの資金調達を行うなど、今後のサービス拡大が期待されている国内発端のフードデリバリーサービスChompy。

ですが注文数が少なく、ガッツリ稼ぐにはどうしても向いておらず複数サービスの併用が必須とも言えるサービスです。

Chompyと共に複数のフードデリバリーサービスの登録を行って、選択肢を増やしつつ柔軟に対応を行える配達員を目指してみては如何でしょうか。
\登録はこちらから/

 

 

 

didiとは 東京 稼げる
DiDi Foodって何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...
フードデリバリー 複数 兼業 掛け持ち 可能
Uber Eats・menu・出前館は同時に複数掛け持ち・併用稼働は可能?登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsを初めてmenuや出前館の他社デリバリーサービスの利用を検...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集