didi

Uber Eats・出前館・ DiDi Food料理を落とすなど、ぐちゃぐちゃ・破損になったら弁償?

Uber Eats 出前館 didi food 弁償 ぐちゃぐちゃ 破損
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「フードデリバリーでの副業を検討しているけど、料理を破損・ぐちゃぐちゃにしてしまった時はどうなるの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

フードデリバリーでは梱包の甘さや不意な衝撃など、料理を破損することも珍しくありません

ですが気になるのがサービスごとの対応の違いや、ぐちゃぐちゃにしてしまった時の対応ではないでしょうか。

そこで当記事ではフードデリバリーの料理破損時、サービス事による対策の違いについて詳細を解説

解説ポイント
  • 料理破損時の各サービスによる対応の違い
  • 料理破損時のトラブル対処法
  • 料理破損を防ぐための方法

以上の項目について解説しているので、サービスによって違う料理破損時の対応を知りたい方にピッタリな内容です。

10分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

料理破損時の各サービスによる対応の違い

Uber Eats

料理破損時にサービスごとで異なる対応として、代表的なサービスとして以下の3点を紹介。

深堀りポイント
  • Uber Eatsの料理破損時
  • 出前館の料理破損時
  • DiDi Foodの料理破損時

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

Uber Eatsの料理破損時

米国生まれのIT×フードデリバリーサービスの先駆者「Uber Eats」では、料理を破損してもUber Eatsが負担します

そのため作り直しや破棄になってしまった場合でも、Uber Eatsであれば配達パートナーは自己負担の必要がない点が嬉しいポイント。

料理の中には高級ステーキなど、数千円〜数万円以上の高額商品を運ぶことも珍しくありません。

そんな場合でもUber Eats側が基本負担してくれるのも。Uber Eatsで働く安心材料の一つではないでしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

出前館の料理破損時

国内のデリバリーサービス大手「出前館」は、料理を破損した場合には弁償となります。

そのため梱包が甘いなど自身の過失でなくても自己負担となる可能性があるため、配送前に自身でできる限りの対策が必要です。

ただし出前館は規約が厳しい代わりに基本配達料金が高額なので、短時間で稼ぎやすい点が最大の魅力

短い時間で一気に稼ぎたいユーザーは、複数登録の候補として検討してみるのも良いでしょう。

出前館 業務委託 掛け持ち Uber Eats 複数
出前館の業務委託は複数のフードデリバリーを掛け持ち稼働可能? こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。 2020年より業務委託パートナーの募集が開始された出前館。 ...

DiDi Foodの料理破損時

中国発端の世界企業「DiDi Food」も、料理を破損ししまった場合は基本弁償となります

ただし梱包の甘さなど配達パートナーが過失でない場合は専用バッグの利用を確認したのち、サポートが対応してくれる場合もあるようです

またDiDi Foodは専用バッグを使用しなければ、食中毒などの補償が対象外となるため注意が必要でしょう。

フードデリバリーで稼ぐためにはDiDi Foodのバッグ入手がおすすめなので、バックをゲットする目的で登録するのもおすすめです。

DiDi Food 料金体制 儲かる
DiDi Foodって儲かるの?料体・報酬体制・給料日や他社デリバリーサービスとの比較 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 2020年より日本に上陸しエリアを拡大しているDiDiは、中国でシェア率...

料理破損時のトラブル対処法

各サービス会社の対応を紹介したところで、気になるのが実際に料理破損を起こした場合トラブルの対処法ではないでしょうか。

そこで以下の3点について、それぞれ概要を深堀りしていきます

深堀りポイント
  • 基本は各サービスのサポート・事務所などに連絡
  • 注文者には再配達・返金などの対応をサポートが行う
  • 料理は廃棄になる可能性も

以上についても、詳細を解説していきましょう。

基本は各サービスのサポート・事務所などに連絡

全てのサービス共通点として、料理の破損を起こした場合に行うことはサポートや事務所への連絡です。

そこで各サービスの案内に従って、料理破損時の対応を行っていきます。

料理を破損したまま渡してしまうと、bad評価だけでなくアカウント停止などの処置を取られる可能性があるため十分注意しましょう。

注文者には再配達・返金などの対応をサポートが行う

サービスによっては料理破損時、注文者側に再配達・返金のどちらかを対応しサポートを行います

再配達の場合はサポートが対応・若しくは弁償の対応を行った上で、同じ商品を再度配達。

弁償の場合料金の差し引き対応は、サービスによって異なるため案内に従って対応を行いましょう。

料理は廃棄になる可能性も

サービスによっては料理は、破棄対応になる場合もあります

破棄対応となった料理はUber Eatsなどのサービスでは、自身で食べることが可能です。

その他で注文者が見つからないなど、トラブルにより時折料理が破棄になるケースが一定数存在します。

フードデリバリーサービスでは、時折破棄商品を食べることができる点はちょっとうれしいポイントでしょう。

料理破損を防ぐための方法

料理破損時の概要をお伝えしたところで気になるのが、料理破損を防ぐためのコツではないでしょうか。

そこで料理破損を防ぐための方法として、以下の3点を紹介していきます。

深堀りポイント
  • クッションやタオルを使用
  • リアを取り付ける
  • 寿司・ピザ・汁物の注文は受けない

それぞれ順を追って概要をお伝えしていきましょう。

クッションやタオルを使用

料理破損の原因の一つが、配達バッグの中で料理が暴れるなどのイレギュラー

空白が存在するほど、丼ものが配送中の揺れにより縦向きになるなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

そこで利用したいのが新品のスポンジやタオルなどをクッション代わりにして、空白を埋める方法です。


また旅行用のネックピローは中央部分に飲み物を置けるなど使い勝手良好なので、クッション材としてもおすすめですよ。


リアを取り付ける

自転車やバイクであれば是非採用したいのが、リアなど専用荷台の取り付け

リアを取り付けることによりバッグ自体が斜めになりにくいので、商品の中が動く心配がありません。

特に汁物などを運ぶときの安心感は、リア設置ならではで得られるメリットの一つ。

そのため本格的にフードデリバリーサービスで稼ぐのであれば、リアの設置を検討してみては如何でしょうか。

寿司・ピザ・汁物の注文は受けない

特に料理破損が多い寿司やピザ、汁物の注文は、Uber Eatsなど補償の手厚いサービス以外受けないのも自身の身を守る手段の一つ

サービスによっては明らかに綺麗な配送が難しいものや、梱包が甘いものでも配達パートナーの責任となってしまいます。

そのため配送するレストランを事前に選んでしまうのも、できるだけ商品の破損を行わないようにするためのポイントでしょう。

基本的に個人事業主は全てが自己責任の上で成り立つ仕事なので、自身の身の守り方を勉強できるのもメリットの一つではないでしょうか。

フードデリバリーの料理破損時、サービス事による対策の違いまとめ

最後にフードデリバリーの料理破損時、サービス事による対策の違いについて、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 「Uber Eats」では、料理を破損してもUber Eatsが負担
  • 「出前館」は、料理を破損した場合には弁償
  • 「DiDi Food」も、料理を破損ししまった場合は基本弁償
  • 全てのサービス共通点として、料理の破損を起こした場合に行うことはサポートや事務所への連絡
  • 対策として新品のスポンジやタオルなどをクッション代わりにして、空白を埋める
  • 理破損が多い寿司やピザ、汁物の注文は、受けないのも自身の身を守る手段の一つ

フードデリバリーの料理破損時、サービス事による対策の違いを知りたい方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

気軽にスキマ時間に働ける、服装自由で上司もいない環境で稼ぐことができることから大人気のフードデリバリー。

ちょっとお金が足りないというシチュエーションでも手軽に稼ぐことができるので、アルバイトほどガッツリ働きたくない方にも最適です。

まずは料理破損の補償が最も手厚い「Uber Eats」から利用を行い、フードデリバリーの利用感をチェックしてみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

その他フードデリバリーサービスの会社ごとによる補償の比較は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集