wolt

woltの補償内容・自転車やバイクの保険内容の違いや他社サービスとの比較が気になる方へ

wolt 補償 保険 自転車 比較
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「woltの保険事情が気になる」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

フィンランド発端の世界各地で人気を拡大するフードデリバリーサービス「wolt」。

そんなwoltできになるのが、保険関係の事情ではないでしょうか。

そこで当記事ではwoltの保険事情について詳細を解説。

解説ポイント
  • woltの保険概要
  • 補償を利用する際の注意点
  • 他社サービスとの比較

以上の項目について解説しているので、woltの保険事情が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

woltの保険概要

woltの保険に関する概要として、以下の3ポイントを深堀りしていきます

深堀りポイント
  • woltで採用されている保険の詳細
  • woltの保険で残念な部分
  • woltの保険で優れている部分

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

woltで採用されている保険の詳細

結論から言うと、woltで採用されている補償制度は以下の通りです。

  • 対人・対物賠償責任:無制限(自転車は3億円迄)
  • 通院費用:最大100万円
  • 手術見舞金:7,500円
  • 葬儀費用・家族見舞金:100万円
  • 後遺障害:最大1,000万円
  • 入院見舞金:最大45万円

補償制度は、大手フードデリバリーサービスUber Eatsを上回るトップレベルの内容となっています。

主にUber Eatsを上回る保証内容は以下の通り。

Uber Eats
  • 対人・対物賠償責任:1億円
  • 通院費用:最大50万円

以上のことから、woltではフードデリバリーの中でもトップレベルの補償制度となっております。

Uber Eatsを始めとしたフードデリバリーの補償制度は、以下の記事で詳細を深堀りしていますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

Uber Eats menu DiDiFood 出前館
UberEats・DiDiFood・menu・出前館それぞれの補償制度や保険を比較・知らないと損するメリットやデメリット こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年続々と登場しているフードデリバリーサービスですが、稼ごうか検討してい...

woltの保険で残念な部分

woltの保証対象は、他のフードデリバリーと同様に注文受け付け〜注文者までの間のみが適応

つまり鳴った後に依頼を受け付けてから、料理を届ける間のみで事故が発生した場合にはwoltの保険が利用可能です。

そのため注文先に届けた後の移動時間や、帰宅時間といった間は事故保証の対象外となってしまいます。

フードデリバリーの中には、保証内容が手薄いサービスも存在するので自転車と車両と限らず、任意保険の加盟は必須でしょう。

加えてwoltの対人・対物に関する補償が無制限なのは、バイクや軽貨物車両といった車両が対象です。

また車両から降りて注文者の家まで届ける徒歩移動での事故も車両ではないため、3億円までの上限となります。

利用者の多い自転車や徒歩移動では、残念ながら補償制限は3億円までの点に注意しましょう。

それでも手厚い補償制度を誇るDiDi Foodと同様の手厚い補償制度となるため、あまり大きなデメリットではないかもしれませんね。

woltの保険で優れている部分

数あるフードデリバリーサービスの保険の中でも、woltはトップクラスの補償充実度を誇っています。

特に内容一つ一つは大手フードデリバリーサービス「Uber Eats」を上回る保証内容が魅力です。

さらに対人・対物賠償責任の保証条件に無制限が採用されているのは、現状woltのみ(車両のみ)

任意保険で補償できない損害を発生させた場合でも、保証対象であればwoltなら万が一の場合にも安心。

そんな保証条件無制限の手厚い内容を利用できるのも、woltならではの魅力です。

補償を利用する際の注意点

woltの補償概要を紹介したところで気になるのが、補償を利用する上で注意したいポイントではないでしょうか。

そこでwoltの保証に関する概要として、以下の3ポイントの概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 任意保険に加入している場合
  • 補償の審査中は稼働ができないことも

以上についても、詳細を解説していきましょう。

任意保険に加入している場合

フードデリバリーの補償制度は、上限が若干心細い部分が多いので検討材料となるのが任意保険。

ですが任意保険の中には業務中の補償に対応していない内容を採用したものが、数多く存在します

最悪のケースでは事故の後に保証内容が判明し、任意保険にも関わらず補償が受けられないことも。

そのためバイク任意保険に加入する際にには、必ず業務用のものを採用するのが無難でしょう。

補償の審査中は稼働ができないことも

事故の報告を行った場合、たとえ貰い事故であっても補償の審査が終わるまで稼働できない可能性があります

そのため業務委託のフードデリバリー業で独立して、専業で稼いでいきたい方には致命的なリスクを追うことも。

また理不尽な理由でアカウントが停止するなど、数社だけの登録ではアカウント停止の有無で今後の生活に大きな支障が出てしまいます

このような自体を避けるためリスクを分散するためにも、フードデリバリーサービスは複数社の登録を済ませておくのがおすすめでしょう。

wolt以外のフードデリバリーサービスに関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。
Uber Eats menu 出前館 比較 稼げる
Uber Eats・menu・出前館フードデリバリーサービス3社を徹底比較本当に稼げるのはどれ? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年のサービス拡大に伴い、副業としての選択肢が広がり続けるフードデリバリーサ...

他社サービスとの違い・比較

気になる他社サービスとの違いについて、以下の3社と比較してきます。

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • DiDi Food
  • 出前館

それぞれ順を追って概要を解説してきましょう。

Uber Eats

国内フードデリバリーサービスの先駆者であるUber Eatsでの保証は、以下の通りになっています。

対人・対物賠償責任 上限1億円
医療見舞金 50万円
死亡見舞金・葬式費用 1,000万円(葬式費用上限100万)
後遺障害見舞金 1,000万円
入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金 60日を上限とし、1日7,500円
配偶者・被扶養者への見舞金 15万円(1人あたり)
後遺障害等級の確定に要する費用 実際に要した費用
入院一時金 2万円(ヘルメット未装着は5,000円)
手術一時金 75,000円(外来手術の場合3万円)

2021年8月現在の内容のため最新となるUberEatの保険制度の概要は、以下の公式HPで確認可能。

不明な点や詳しい概要については、公式HPで確認・問い合わせを行いましょう。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

国内でフードデリバリーを先駆けたUber Eatsですが、数あるサービスの中でも高水準の補償制度を採用しています

ただし補償の手厚さに関しては最高水準近いwoltと比較すると、若干劣っている部分も多数存在。

ですが国内フードデリバリーの先駆者である知名度から、注文数の多さと対応エリアの広さが自慢のサービスとなっています。

そのためwoltとの複数登録として、まず真っ先に登録を行いたいフードサービスとも言えるでしょう。

まだフードデリバリーサービスに登録したことがない方は、特に初めての配送に最適なサービスなので登録を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

DiDi Food

経済大国第二位の中国発端となる、フードデリバリーサービス「DiDi Food」の補償概要は以下の通りです。

対人・対物賠償責任 上限3億円
医療見舞金 54万円
死亡見舞金・葬式費用 1,200万円(葬式費用上限1,000万)
後遺障害見舞金 1,200万円
入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金 180日を上限とし、1日9,000円
配偶者・被扶養者への見舞金 45万円
後遺障害等級の確定に要する費用 1,200万円

最新となるDiDi Foodの保険制度の概要は、以下の公式HPで確認可能。

不明な点や詳しい概要については、公式HPで確認・問い合わせを行いましょう。

\DiDi Foodの公式HPはこちらから/

 

DiDi Foodでは対人・対物賠償責任の最大補償額は3億円を始め、woltと同様にUber Eatsを上回る高水準の補償が魅力的

ただしDiDi Foodの特徴として、専用バッグを利用していなかった場合は食中毒などの賠償が発生した場合補償の対象外となってしまいます。

そのためDiDi Foodとwoltの複数登録で稼働を検討している方は、DiDi Foodの専用バッグを利用しての配送がおすすめでしょう。

\DiDi Foodの公式HPはこちらから/

出前館

残念ながら出前館では、フードデリバリーに伴う補償制度を取り扱っておりません

そのため事故などの補償は全て自己責任となるため、任意保険の加入が必須とも言えるデリバリーサービスでしょう。

ただし出前館ではデメリットを大きく上回る基本料金の高さが魅力で、最低報酬は「650円〜」と1時間以内に2件以上配達するだけで最低時給以上を実現可能

加えて同時に4件まで配達依頼を受け付け、戦略的に配送が行えるなどの独自システムを攻略することで最高額が叩き出せる可能性を大きく秘めたデリバリーサービスです。

ある程度フードデリバリー業に慣れて、本格的に稼いでいきたい場合には選択肢の候補として考えてみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

woltの保険事情まとめ

最後にwoltの保険事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 補償制度は、大手フードデリバリーサービスUber Eatsを上回るトップレベルの内容
  • woltの保証対象は、他のフードデリバリーと同様に注文受け付け〜注文者までの間のみ
  • 対人・対物賠償責任の保証条件に無制限が採用されているのは、現状woltのみ(車両のみ)
  • 利用者の多い自転車では、残念ながら補償制限は3億円まで
  • 車両から降りて注文者の家まで届ける徒歩移動での事故も車両ではないため、3億円までの上限
  • 対人・対物賠償責任の保証条件に無制限が採用されているのは、現状woltのみ(車両のみ)

woltの保険内容が気になっている方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

北欧生まれの大人気フードデリバリーサービス「wolt」ですが、登録を検討している方が是非利用したいのが「マッハバイト」



woltに登録する場合、「マッハバイト」を経由することで対象地域では最低5,000円〜のキャッシュバックを獲得することが可能です。

キャッシュバックを獲得するための手順は、以下の通り。

  1. マッハバイトのアプリをDL
  2. 検索項目から「wolt」で検索
  3. 活動予定の都道府県募集の項目から応募

またマッハバイトでは時折、以下の条件で時間限定キャンペーンを開催してます。

  • 13〜15時
  • 17〜19時
  • 21〜23時

キャンペーン内であれば、最高1万円のキャッシュバックを獲得することが可能なので公式HPよりチェックを行ってみましょう。

登録するだけで現金がゲットできるチャンスなので、お財布がピンチの場合は積極的に狙っていきたいキャンペーンです。

またキャンペーンは不定期開催で何時終了してもおかしくないため、お得に登録するのであれば早めの利用がおすすめですよ。

woltで稼ごうか検討している方は、この機会にマッハバイト内で自身の活動エリアが対象かチェックしキャッシュバックを獲得してみては如何でしょうか。

\詳細はコチラから/

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集