Audible

SONY(ソニー) ワイヤレスイヤホンWI-C310 2019年モデル ブラック レビュー

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「SONY WI-C310 BCの購入を検討しているけど、実際の利用者の声が聞きたい」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

Amazon choiceに選ばれていることから高い人気を誇っているSONY WI-C310 BCですが、実際の利用感が気になるもの。

そこで実際に「SONY WI-C310 BC」を購入した私が、利用感想やメリット・デメリットについて詳細を解説

解説ポイント
  • SONY WI-C310 BCの購入経緯
  • SONY WI-C310 BCの利用メリット
  • SONY WI-C310 BCの利用デメリット

以上の項目について解説しているので、SONY WI-C310 BCの購入を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

SONY WI-C310 BCの購入経緯


SONY WI-C310 BCを購入した経緯としては、以下の通りです。

深堀りポイント
  • 購入した経緯
  • 使用時の第一感想

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

購入した経緯

元々は無限に紛失するBluetoothイヤホン対策に、左右一体式の中華製激安イヤホンを利用していましたがバッテリーの寿命を迎えてしまいました

ここまで使い尽くせたなら紛失の心配はないだろうとイヤホンのランクを上げて選んだのが今回のSONY「WI-C310 BC」。

品質の高さにも関わらず4,000円以下というコスパの良さからAmazon choiceにも選定されている大人気のBluetoothイヤホンです。

利用用途は主にシェアハウスに住んでいるため音漏れ対策としてゲームやオーディオブックの視聴へ使用していました。

Bluetoothイヤホン自体も利用頻度も中華製イヤホンのバッテリーを喰らい尽くす程度に高いので、SONYブランドという安心感も兼ねて何処までの耐久性度を誇るか楽しみな商品であります。

使用時の第一感想

今までの安い中華製と大きく違いを感じたのは、やはりSONYブランドの洗練されたデザイン

最低価格の製品ばかり使用していたユーザー視点だと、より際立つほど良質な製品である事を身を持って感じますね。

ハウジングは絡みにくいマグネット式を採用しているので、使用しない間に首からぶら下げておいても邪魔にならない仕様が嬉しいポイントです。

Apple製品のような洗礼された質感とデザインで、控えめに言ってカッコいいと言わざるを得ない一品になっております。

機能性の良さとデザインを両立した上で、コスパ良好な価格帯の製品は国産ブランドならではの魅力ではないでしょうか。

SONY WI-C310 BCの利用メリット

購入経緯を紹介したところで、実際にSONY「WI-C310 BC」を使用してみた上で感じたメリットに関して紹介していきます。

深堀りポイント
  • バッテリー持ちは連続再生15時間
  • 付け心地良好
  • 機能性も良好

以上についても、詳細を解説していきましょう。

バッテリー持ちは連続再生15時間

「SONY WI-C310 BC」のバッテリー駆動時間は、連続再生15時間に対応しているためバッテリー持ちも良好

15時間連続で再生を試したことはありませんが、少々充電を忘れても数時間近くの作業に耐えてくれる安心感が魅力です。

また急速充電にも対応しており、設計上10分で60分再生が可能なバッテリー供給速度を誇っています

そのためオーディオブックなど、連続使用と相性が抜群のBluetoothイヤホンだと言えるのではないでしょうか。

付け心地良好

気になる付け心地感も安物と異なり、耳穴が痛くなりにくい柔らかなイヤーピースで気持ち長時間使用に耐えれる構造もSONY WI-C310 BCのポイント

ノイズキャンセル具合も十分で70%近く以上の一定以上の音量であれば、手元のキーボードタイプ音は聞こえなくなるくらいのシャットアウト具合です。

長時間の作業用BGMを視聴するためのお供としては、申し分ない付け心地とノイズキャンセル機能を誇っていると感じさせるイヤホンでした。

便利な機能性多数

フラットコードと呼ばれる、ぐにゃぐにゃ曲げても大丈夫な素材を採用しているのでSONY WI-C310 BCは左右一体型イヤホン特有の収納性も解決

そのためプラスチックを採用している製品と異なり、折れて破損といったトラブルが起きにくいのもSONY WI-C310 BCのメリットと想定されます

音声通話では利用したことがありませんが、安心のSONYブランドから高音質のマイク音源が期待できるのではないでしょうか。

SONY WI-C310 BCの利用デメリット

SONY WI-C310 BCを実際に利用して感じたメリットの数々を紹介したところで、実際に使用してみたデメリットに関しても解説。

深堀りポイント
  • 音質は感動するほど凄く良い…というわけでは無い
  • マグネットは後ろ同士でカチッとして欲しかった
  • 充電に対応しているのはtypeCコネクタ

以上に関しても、それぞれ順を追って紹介してきます。

音質は感動するほど凄く良い…というわけでは無い

確かに音質は良いのですが、超高級イヤホンのような感動するほどの音質とまでは流石に言えないなというのが正直な感想です。

ただしSONY WI-C310 BCの値段帯で超高級イヤホンの音質を求めるのは、ちょっと違うのかなーと思うので十分満足。

作業用BGMやオーディオブック視聴、ゲームなどの音漏れ対策としては申し分ない音質を誇るワイヤレスイヤホンではないでしょうか。

マグネットは後ろ同士でカチッとして欲しかった

SONY WI-C310 BCはハウジングのサイド部分で、左右のマグネットで引き合う構造を採用しております

そのため紐上の左右一体型イヤホンの捻れ対策として機能しており、破損や絡みといったトラブルを防ぐことが可能なのですが…

それは後ろどうしでカチッと固定できるタイプのハウジングを採用したイヤホンも同じ効果を得ることが可能です。

使用しない場合に首から下げているときには、ハウジング全体が左右のどちらかに向くのが若干マイナスポイント

ただし個人的な好みの問題なので、気にしない方にとっては特にデメリットと言える部分ではないでしょう。

充電に対応しているのはtypeCコネクタ

SONY WI-C310 BCが充電に対応しているのは、typeCコネクタなのでAndroid用ケーブルやLightningコネクタは使用することができません

近年typeCへ各社も徐々に移動していますが、私の場合使用しているiPhoneSE2は従来型のLightning対応なので無駄にケーブルを利用します。

今後新モデルのiPhoneやiPadの移行と共に解決される問題ではあるのですが、現状では少し不便だなと感じざるを得ない部分も。

また動作不良なのか付属のtypeCでは充電することができませんでした、ただ付属品は短すぎて使うことがないので結果オーライです(笑)

typeCコネクタを持っていない人は、利便性良好な1,5m〜2mくらいのケーブルを別途購入しておくと何かと便利ですよ。

SONY WI-C310 BCの利用感想まとめ

最後にSONY WI-C310 BCについて、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 品質の高さにも関わらず4,000円以下というコスパの良さからAmazon choiceにも選定されている大人気のBluetoothイヤホン
  • 安い中華製と大きく違いを感じたのは、やはりSONYブランドの洗練されたデザイン
  • バッテリー駆動時間は、連続再生15時間に対応しているためバッテリー持ちも良好
  • 耳穴が痛くなりにくい柔らかなイヤーピースで気持ち長時間使用に耐えれる構造
  • フラットコードと呼ばれる、ぐにゃぐにゃ曲げても大丈夫な素材を採用
  • 感動するほどの音質とまでは流石に言えないなというのが正直な感想
  • typeCコネクタなのでAndroid用ケーブルやLightningコネクタは使用することができない

SONY WI-C310 BCを購入しようか検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

値段帯と性能のバランスが優れている、SONYのBluetoothイヤホンである「 WI-C310 BC」。

完全分離式のBluetoothイヤホンは、紛失してキリがないという方と相性良好の製品です。

安価な中華性ではなく長い目でコスパ良く使える製品をお求めの方は、 WI-C310 BCを検討してみるのも一つの手段かもしれませんね。


またBluetoothイヤホンと相性良好な、オーディオブックサービス「Audible」は2022年度より月額制の効き放題仕様へ変更となりました。

そんなAudibleの新アップデートに関する概要は、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方はぜひ参考にしてみてください。
Audible 聴き放題 コイン廃止 アップデート
コイン制度撤廃!?Audibleが聴き放題プランへ・実際に使用してみた感想やレビュー こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 以前まで1ヶ月に一枚付与されるコインで、一冊毎にオーディオブックを購入する制度...
Uber Eats レストランパートナー募集
出前館 配達パートナー募集