Uber Eats

ブラック企業・会社を辞めたいなら転職までの一時避難先としてUber Eatsが超優秀な理由を元美容師が解説

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「ブラック気質な企業勤めに加え残業時間が多すぎて辛い…でも退職後にしばらく生活できるほどの貯金もないけどどうしよう」

こんな切実な悩みをお持ちではないでしょうか。

今の仕事がつらい方で悩みを抱えている人は、満足な給料も得られない割には拘束時間が長い方も珍しくないのが実情です。

ブラック企業・会社を辞めたいなら転職までの一時避難先としてUber Eatsが超優秀な理由を元美容師が解説。
解説ポイント
  • ブラック企業で消耗しているならUber Eatsに避難するという選択肢
  • Uber Eatsと並行して習得がおすすめのスキル
  • 同時に登録がおすすめのサービス

以上の項目について解説しているので、今の仕事がキツくてやめたい方にピッタリな内容です。

10分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラック企業で消耗しているならUber Eatsに避難するという選択肢

退職後にUber Eatsへ避難するという選択肢がおすすめな、3つの理由について概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • なんと言っても働き方が自由
  • 繁忙期は高時給になることが多い
  • 事業主として開業する事で履歴書の穴を埋めれる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

なんと言っても働き方が自由

Uber Eatsなどのフードデリバリー最大の特徴は、好きなタイミングで働けるという点が挙げられます

残念ながらシフト制が採用されているアルバイトやパートは、シフトが決定された時点で融通を利かすことが難しいのが現状です。

ですがUber Eatsはアプリをオンライン・オフラインにするだけで、自由に出勤や退社を判断することが可能

そのため転職活動とも非常に相性が良く、サボらなければ季節によっては月20万以上を超えることも珍しくありません

転職活動だけではなく、いつ予定が入るかわからない下請け業の方とも抜群の相性を誇るUber Eatsは、現代のセーフティとも言えるのではないでしょうか!

繁忙期は高時給になることが多い

Uber Eatsなどのフードデリバリーは、真冬の夜や真夏の昼間などの過酷な環境では配達員が激減するため安定した注文数を獲得できます

私の事例ですと2022年2月時点では1日4時間〜6時間の活動で1万円以上を獲得できていたので、出費が多くなければ最低限の生活やセーフティの確保には最適。

元美容師からすると働く時間が短い割に、本業より稼げる上に楽なUber Eatsを初めて行った時には驚いたものです。

ただし心地の良い初夏や秋などの気候には配達員が激増するため、非常に稼ぎにくくなる点に注意しましょう。

事業主として開業する事で履歴書の穴を埋めれる

Uber Eatsの収入は会社員やアルバイトで貰える給料所得と異なり、経営者と同じ事業所得と呼ばれる部類に当てはまります

そのため個人事業主として開業することで事業主になることができるため、履歴書の空欄期間を埋めることが可能。

ただのアルバイトではなく個人事業主としてWEB系の副収入を確保してしまえば、事業内容はITやアフィリエイトなどで誤魔化すこともできます(笑)

ただしUber Eatsはアルバイトと異なり源泉徴収が行われていないため、年間20万円以上の収入が発生すると確定申告の義務が発生。

確定申告の義務が発生しているにも関わらず放置すると脱税になるため、ペナリティとして倍近くの納税額に膨らむことも。

そんな脱税を防ぐためにも、個人事業主の開業方法や確定申告の概要は以下の記事でも概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてくださいね。
個人事業主 開業  フードデリバリー Uber Eats
Uber Eats・出前館・DiDi Food ・wolt等フードデリバリーで個人事業主の開業届を出す方法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 通常のアルバイトと異なるUber Eats・出前館・DiDi Food (2022...
Uber Eats 出前館 didi food 確定申告
Uber Eats・出前館・wolt等フードデリバリーの確定申告事情とは…?気になる税金に関するアレコレ こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。 給料所得となる通常のアルバイトとは異なり、事業所得であることから確定申...

Uber Eatsと並行して習得がおすすめのスキル

Uber Eatsは繁忙期・閑散期が存在するため安定して稼ぐことができない上に、今後AIに仕事を奪われる代表格とも言えるビジネスモデルです。

そこで推奨したいのがUber Eatsと並行して職種全体が成長分野であるWEBスキルを習得し、キャリアアップを目指すという方法。

そんなWEBスキルの入門として最適な副業の一例として、以下の内容をそれぞれ紹介していきます。

深堀りポイント
  • WEBライター
  • WEBデザイン
  • 動画編集

以上についても、詳細を解説していきましょう。

WEBライター

ネット上のコンテンツ執筆を代理する仕事がWEBライターで、仕事内容は企業の運営ブログやSNS運用代行など文字に関わるもの全てが対象になります。

WEBライターは収入源として現金化するスピードが速く、高性能なPCも要求されないため初期費用も低く最初の副業としてハードルが低いのが特徴。

正しく準備を行えば月数万円以上の収入化も比較的難易度が低い副業なので、融通が効くUber Eatsとの相性もピッタリ

場所にとらわれない都合から就職後も副業として続けることができるため、並行して習得がおすすめできるスキルの一つです。

実績を一定以上積み上げることでWEBライターの正社員(平均年収450万円)といったキャリアも開ける上に、培った人脈で独立も狙えます。

また同時進行でブログやSNSなどで集客実績を証明することができれば、WEBマーケター(平均年収500万円)というキャリアも狙うことが可能。

そんなWEBライターの詳細に関しては、以下の記事で具体的な内容を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてくださいね!
WebライターWebライティングを副業にするメリットや魅力をぶっちゃけるよ そんな疑問はありませんか。 「webライティングで月5万円の稼ぎ方〜」系の情報は出回っ...

WEBデザイン

バナーやアイキャッチ、WEBチラシ、イラストなどWEBに存在するデザインを請け負う仕事の相性をWEBデザインと呼びます。

業務を遂行するほど制作物が増えるほど実績として証明できるため、WEBデザイン系正社員(平均年収450万円)の転職に実績として証明することが可能。

またWEBデザインもアルバイトや正社員といったキャリアを得ることで培った人脈により、フリーランスとしての独立を狙う事もできます。

特にWEBデザインはプログラミングスキルを習得する事で収入が青天井になるため、並行してプログラミングスキルの習得も推奨したいスキルでしょう。

WEBデザインはPhotoshopとIllustratorのスキル習得が必須なので、事前に教材で一定以上の理解を深めてからの参入がおすすめです。

WEBデザイン 副業
WEB系スキルWebデザインって何?副業候補を模索しているアナタへ概要を紹介 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 プログラマーや動画編集など、人気のWEB系スキルの中でも業務内容が分かりにくいので...

動画編集

今後の5G普及に伴い需要の増加が予想される動画コンテンツの編集を担う「動画編集」も、習得におすすめなWEBスキルの一つ。

参入障壁としてPCと編集ソフト(Premier Pro)など高額な初期費用が存在しますが、その分ライバルも少なくなります。

特に今後の成長産業となる可能性が高く、ディレクションなどの上位キャリアを担うことができれば更なる収入UPを狙うことが可能

またYouTubeでの運営実績を作る事で、動画マーケターと呼ばれる正社員キャリアを目指す事も可能です。

動画編集の実績作りに最適な切り抜き動画の作成方法に関しては、以下の記事で概要を紹介しておりますので興味がある方は参考にしてみてくださいね。
切り抜き動画 準備
切り抜きチャンネルの始めるために準備するもの・押さえておきたいポイント(著作権・許可など) こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 動画配信者と切り抜きチャンネル運営者の双方でメリットが大きいため、近年人気が急...

同時に登録がおすすめのサービス

Uber Eatsを専業化する上で、是非押さえておきたいのが複数のフードデリバリーの掛け持ちです。

複数登録はアカウント停止や過剰な配達パートナーの出現により仕事が獲得できないといった、トラブルのリスクヘッジを行うことができます。

そんな出前館との複数登録に最適な、以下3社のフードデリバリーに関しても概要を紹介してきます。

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

以上について、それぞれ概要を深掘りしていきましょう!

Uber Eats

日本国内のフードデリバリーサービス先駆者であり、認知度トップの米国企業Uber Eats

Uber Eatsでは新料金改定により自転車勢が300円報酬に引き下げられる中、バイク配達クルーの報酬に大きな影響が及んでいない印象です。

また他社サービスと異なり国内で長期間運営するノウハウを兼ね備えており、ピンズレなどのトラブルが年々改善傾向に。

2021年には徒歩配送サービスも開始し、リモートワークで運動不足気味の方とも相性が良好です。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達Uber Eats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUber Eatsの新システム「徒歩...

加えて料理破損といった補償も手厚く、初めて配送を行う方には特に最適なフードデリバリーサービスとなっています。

これから副収入源を確保したい方に選択肢の一つとして優秀なサービスなので、一度も配送を行った事がない方はこの機会に登録してみては如何でしょうか

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

出前館

125ccバイクを利用するのであれば、是非登録を検討したいのが国内でもトップクラスの規模を誇る「出前館」です。

出前館ではクエストやインセンティブといった追加ボーナスは期待できないものの、デメリットを上回る基本料金の高さが魅力。

またLINEと提携したことによる資金調達により、配達員にも還元されている都合から非常に稼ぎやすいサービスとなっています

加えてエリア毎に配達範囲が限られているため、遠方に飛ばされて帰宅する時間で消耗する心配がないのも嬉しいポイント。

1時間以内に2件以上配達するだけで最低時給を上回る効率を体感してみたい方は、ぜひ一度登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

さらに詳しい詳細は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方はご参考ください!

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

近年勢い付いている中国発端のフードデリバリーサービスが「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」です。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)は全フードデリバリーサービスの中でも保証が手厚く、自由出勤が可能。

Uber Eatsの弱点である、料理受け取り先のレストランまでの配送距離も報酬として換算されます

今後も豊富な資金力を生かした大々的なサービス拡大が予想されているので、是非同時登録の選択肢として採用したいサービスでしょう。

まずは活動予定のエリアがDiDi Food (2022/5/25サービス終了)が対応しているか、公式HPから確認してみましょう。

\DiDi Food (2022/5/25サービス終了)の公式HPはこちらから/

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

退職後に一時避難先としてUber Eatsが優秀な点まとめ

最後に退職後に一時避難先としてUber Eatsが優秀な点について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 転職活動とも非常に相性が良く、サボらなければ季節によっては月20万以上を超えることも珍しくない
  • 真冬の夜や真夏の昼間などの過酷な環境では配達員が激減するため安定した注文数を獲得可能
  • 出費が多くなければ最低限の生活やセーフティの確保には最適
  • 個人事業主として開業することで事業主になることができるため、履歴書の空欄期間を埋めることができる

ブラック企業で転職を検討してる方で、Uber Eatsを避難先として考えている方は参考としてお役立ていただけたでしょうか。

会社がキツすぎて退職を検討している方へ、強い味方となるUber Eatsなどのフードデリバリーサービス。

そんな一時避難時に検討しておきたいのが、転職エージェントへの登録での就職先のオファー先の開拓です。

特に近年では成長産業で給料が上がりやすいIT関連に強い転職エージェントが数多く登場しています。

まずは案件数豊富な大手エージェントサービス「マイナビ」などから、登録を検討してみても良いかもしれません!
将来のキャリアに不安なら【IT求人ナビ転職】

また5年、10年と将来を見据えた長い目での収入UPを検討してる方は、個別にキャリアについて相談できるコーチングサービスというのも存在します。

1人で考え出した結論は誤った認知(バイアス)が生まれやすいので、他人からの客観的な意見を取り入れることで現実的な決断を下すメリットがあります。

そんなコーチングサービスは相談自体は無料なので、転職エージェントがしっくりこない人は一度検討してみてもよいかもしれません。

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
Uber Eats レストランパートナー募集
出前館 配達パートナー募集