Uber Eats

【Uber Eats 配達パートナー】2020年北区の原付で稼げるエリア・情報まとめ

配達クルー募集[menu]

「Uber Eats配達パートナーを始めるぞ!」

「でも北区って稼げるのかな?」

そんな疑問はありませんか。

Uber Eatsでの副業は検討しているものの、結局稼げず貴重な時間を無駄にしないか心配ですよね。

そこで現役Uber Eats配達パートナーである私が、実際に原付を使用して足立区でのUber Eats配達を調査

実際に稼働してみて得た情報や稼ぐポイントについて解説していきます。

是非Uber Eats配達パートナーでの副業を検討している方は、参考として役立ててみて下さい。

東京都北区での配達情報

結論から言うと坂道の高低差が激しい地形上、高台に住む富裕層への需要が高い傾向のエリアです。

またタワーマンションが少ない立地から、配達先もスムーズに済むのも魅力。

激しい高低差のため自転車配達パートナーの数も少なく、原付配達であれば稼ぎ易いエリアというのが北区の特徴です。

特に板橋区や豊島区といった、東京都でも特に需要が高まる地域へとも隣接する地区なので安定して仕事が得られるのがメリット。

そんな北区での配達情報について詳細を解説していきます

赤羽

ファーストフードや大手チェーン店が立ち並ぶ、鳴り具合良好のスポットです。

仕事に困ったら取り敢えず訪れてみると、何処かしらピックアップが行われるような北区有数の場所。

北区の高台住まいの富裕層まで、ピストン走行のループに入ると時間単価がグッと上昇します。

懸念されるのは、他エリアの需要も高い為エリア外へ度々呼び出される事。

とはいえ呼び出される程需要の高い日には、一日中数珠が続く稼ぎの良い日である傾向に。

バイク配達で近隣在住あれば、一度足を運んでも損がない地域でしょう。

十条

赤羽から時折流されるエリア、チェーン店やタピオカの配達が中心のエリアです。

板橋区や豊島区、荒川区と隣接することから、頻繁にエリア外に流される傾向が強い地域。

エリア外の需要によって、その日の運命が大きく左右される地域でしょう。

田端

駅周辺は某ハンバーガーチェーン店に呼び出されるくらいで、高確率で荒川区に流されるエリア。

JR路線が通る大きな谷を回避しながら、配達を行わなければならないので中々大変です。

最も需要が高いのは306号線沿い(明治通り)の、チェーン店が立ち並ぶエリア近辺。

路面電車が通る地域なので、交通ルールの複雑さに注意したい。

北区で稼ぐ為の情報をピックアップ

タワーマンションが少なく、バイクが生きる地形

北区でバイクを利用した配達する大きなメリットが高低差が激しい地形上、原動力が付いたバイクが生きる地形だという点。

自分の足で駆け上がる自転車だと、平坦な道路の倍以上の負荷が掛かります。

疲れてしまうという事は、それだけ稼ぐための時間の減少に直結。

そんな地形の中でも安定して配達が行えるのも、バイク配達のメリットでしょう。

ヒートマップエリアの恩恵を受け辛い

ピークタイム時に追加ボーナスとして、ゲリラ出現するヒートマップエリア(通称:染み)。

エリア内での配達事に表示額がプラスされる、嬉しいボーナス制度です。

残念ながら北区はエリア外となる事が大多数、恩恵をしっかり受けるのであれば豊島区での配達がおすすめです。

おすすめは赤羽駅周辺

Uber Eats 赤羽

やはり北区での配達で外せないのが「赤羽駅」近辺。

近辺でもマクドナルドが3件と、その他大手チェーン店が集中しているエリアです。

配達の需要の高さから、Uber Eats配達パートナーで行列が出来てしまうことも珍しくありません。

その為、鳴り具合が微妙な日にも安定した仕事を受注できる地区なのでバイク配達であれば足を運んで間違えないエリアでしょう。

Uber Eats配達パートナーで副業を始めよう

Uber Eats配達パートナーは、公式HPで登録を行いサポートセンターで1時間程度の講習を受けるだけで稼働する事が可能です。

18歳以上であれば、誰でもUber Eats配達パートナーとして働く事ができます。

面接も不要で、働く時間も自分で調整可能な融通の効く仕事として人気を誇っているワークスタイルです。

また原付での稼働の場合は、サポートセンターへ訪れる前に

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証
  • ナンバープレートの写真

以上3点を用意し、メガバンクであれば三菱東京UFJ銀行の口座を事前に開設を行うことをおすすめ致します。

理由としては「みずほ銀行」や「りそな銀行」といったメガバンクでは、Uber Eatsと相性が悪い点が挙げられます。

Uber Eatsは海外からの送金となるため、セキュリティが厳しすぎる銀行では頻繁に口座が止まる恐れがあるからです。

以上を準備したら公式HPでアカウント登録作成後、早速パートナーセンターへ出かけ最初の一回目の配達を行ってみましょう。

パートナーになる【公式】



配達クルー募集[menu]