デリバリーサービス

出前館の業務委託は複数のフードデリバリーを掛け持ち稼働可能?

出前館 業務委託 掛け持ち Uber Eats 複数
出前館 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
出前館の業務委託は、複数のフードデリバリーで掛け持ちして稼働することができるの?

こんな疑問や、悩みをお持ちではないでしょうか。

2020年より業務委託パートナーの募集が開始された出前館。

Uber Eatsを始めとした業務委託配達サービスは、いつでも好きなタイミングで働ける点が魅力です。

ですが出前館の業務委託登録を検討している方で気になるのが、Uber Eatsなどのフードデリバリーと複数の掛け持ちができるかどうかではないでしょうか。

そこで複数のフードデリバリーサービスで実際に稼働している私が、出前館の掛け持ち事情について詳細を解説。
解説ポイント
  • 出前館の業務委託で複数掛け持ちは可能?
  • 出前館の業務委託として働く注意点
  • 出前館の業務委託で稼働する魅力

以上の項目について解説しているので、出前館の業務委託を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

出前館の業務委託で複数掛け持ちは可能?

まず気になるのは出前館の業務委託で複数掛け持ちが、できるかどうかではないでしょうか。

そこで以下の概要について詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • 出前館の業務委託は複数社で掛け持ち可能
  • 出前館は他社の配送バックロゴに注意
  • 出前館は専用帽子をかぶる必要有り

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

出前館の業務委託は複数社で掛け持ち可能

 

結論から言うと、出前館の業務委託は複数社で掛け持ちすることができます

そのためUber Eatsやmenu、出前館といった複数のデリバリーサービスのアプリを起動して同時に受託待ちを行うことが可能です。

ただし仕事を受託した後は、他社のフードデリバリーサービスで追加受注すると配達遅延など非常に迷惑が掛かります。

同時に起動するのは仕事の受諾待ちを行っている時のみで、基本的時同時に配送を行うことができない点に注意しましょう。

出前館は他社の配送バックロゴに注意

出前館ではUber Eatsやmenuなど、他社フードデリバリーサービスのバックは利用することが可能です。

ただし利用する際には配達バックのロゴを消して配送を行う必要があり、ガムテープで覆い隠すなどの工夫が必要となります。

出前館は初めて業務委託を行う場合や現金配達の場合は一度拠点に行く機会があるため、忘れていると厳重な注意を受けることも。

そのため出前館で業務委託としてフードデリバリーサービスを利用する場合には、配送バックのロゴに注意が必要です。

出前館は専用帽子をかぶる必要有り

出前館では他社のフードデリバリーサービスと異なり、専用の帽子を被って配送を行う必要があります

そのため事前に持参を忘れるとピックアップ店舗の問い合わせにより、クレーム対応などに繋がってしまうことも。

また初めて出前館で配送を行う場合には、拠点エリアにて一度帽子を受け取る必要があります

出前館の稼働を行う際には、必ず専用帽子を忘れずに持参する必要がある点に注意しましょう。

出前館の業務委託として働く注意点

Uber Eats

出前館の複数掛け持ちして働くポイントについて解説した所で、出前館の業務委託での注意点についても概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • Uber Eats等と異なり服装に若干の規制がある
  • 補償制度がない
  • 現金配送は拠点に戻る必要あり

以上についても、詳細を解説していきましょう。

Uber Eats等と異なり服装に若干の規制がある

結論から言うと出前館ではUber Eatsと異なり、服装に一定の規制があります

特に半ズボンやサンダル、ピアスやブレスレットといった着用は原則として禁止されているので注意が必要です。

また稼働の際には帽子が必要になるため、毎度ヘルメットの着脱といった手間が発生します

そのため出前館は配送を行う上で、若干の手間が発生する点に注意が必要でしょう。

補償制度がない

出前館では事故や料理の破損といった補償制度は行われておらず、基本的に自己負担となります。

そのためUber Eatsなどのように、補償制度は皆無のため注意が必要です。

また余談ですがUber Eatsとmenuでは、事故が発生した際には補償制度が用意されています

そのため初めてフードデリバリーで配達を行う場合には、Uber Eatsやmenuなどの利用がオススメです。

ただしアプリを起動している間のみで、ピックアップ前や帰宅中の事故には補償制度は利用できないため注意が必要でしょう。

\Uber Eats公式HPはこちら/

Uber Eats 配達パートナープログラム

現金配送は拠点に戻る必要あり

出前館では現金配送を行う場合には、毎度拠点で精算を行う必要があります。

そのため自分の好きなタイミングで働き帰宅できるUber Eatsと異なり、現金対応は一定の制限が付きまとう点に注意が必要でしょう

出前館の業務委託パートナーに登録するメリット

出前館の業務委託パートナーの登録方法を知った所で気になるのが、登録するメリットなどではないでしょうか。

そこで出前館の業務委託パートナーに登録するメリットとして、以下の概要を解説していきます。

出前館業務委託のメリット
  • ロングピックが無いため効率的に稼げる
  • 最大4件の受注で効率的に稼げる
  • 基本料金が最高値

それぞれ、具体的な内容について解説していきましょう。

ロングピックが無いため効率的に稼げる

結論から言うと出前館の業務委託は、Uber Eatsのようにロングピックの注文が発生しません。

Uber Eatsではバイク配達パートナーの報酬単価が減少傾向にあり、配達距離の長い注文を受けるほど時給効率が下がってしまうのが現状です。

ですが出前館では配達エリアが決められており、遠い距離に飛ばされることがないため帰宅時間などを考慮する必要がありません

加えて報酬単価は一定なので、早く届ければ届けるほど効率よく稼ぐことができるのも他社フードデリバリーにはない魅力でしょう。

最大4件の受注で効率的に稼げる

出前館の注文は最大2件を受託するUber Eatsと異なり、最大4件まで一度に受託することが可能です。

慣れてくると最短距離のお店同士を繋いで、自分の最も効率の良いルートを確立しながら仕事を進めることができるのも出前館の魅力。

また自動で配達通知が来る他社サービスと異なり、自分の向かいたいルートを選択しながら仕事を受託することが可能です。

さらにピックアップ店舗の情報が分かるため、どうしても配達したくない店を事前に確認できるのも大きな魅力の一つ

決められたエリアで稼働するので慣れてくるとナビを利用せずに最短で向かうことが可能なのも、出前館を利用するメリットの一つでしょう。

基本料金が最高値

出前館ではクエストなどのボーナス精度を一切採用していない点、一回の配達報酬額が他社フードデリバリーサービスと比較しても最高値。

一例として大手フードデリバリーサービスの一件あたりの配送基本単価を比較すると、東京の場合は以下のようになります。

  • Uber Eats:390円+距離・手数料
  • menu:260円+距離・手数料
  • 出前館:660円

そのためインセンティブやクエストなどで操作される他社フードデリバリーと異なり、自分のペースで配達することが可能です。

インセンティブを意識しながら働いた結果として、達成直前で配達依頼が来ない現象は配達を経験した方なら一度は身に覚えがあるのではないでしょうか。

そんなインセンティブによる時間の制約を受けず、初めから高単価で配達を行うことができるのも出前館の業務委託ならではのメリットでしょう。

出前館 配達パートナー募集

出前館の業務委託で複数掛け持ちは可能?概要まとめ

最後に出前館の業務委託で複数掛け持ちは可能?について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 出前館の業務委託は複数社で掛け持ち可能
  • Uber Eatsやmenuなど、他社フードデリバリーサービスのバックも利用することが可能
  • ただし利用する際には配達バックのロゴを消して配送を行う必要があり、ガムテープで覆い隠すなどの工夫が必要
  • 出前館では他社のフードデリバリーサービスと異なり、専用の帽子を被って配送を行う必要がある
  • 事故や料理の破損といった補償制度は行われておらず、基本的に自己負担
  • 出前館では現金配送を行う場合には、毎度拠点で精算を行う必要がある

出前館の業務委託登録を行い、複数社のフードデリバリーで掛け持ちして稼働を行いたい方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

基本報酬高が最も高い数値で設定されている業務委託の出前館は、他社サービスと異なり安定して稼ぐことができるサービスとなっています。

特にバイク配達員であればロングピックもない関係上、報酬高が不遇なUber Eatsより高時給を実現することが可能です。

Uber Eatsのように配達パートナーが過剰になり報酬額が減額した前例があるように、現在の高額報酬単価は何時まで続くか分かりません

出遅れて後悔する前に早めの業務委託登録を行って、基本報酬が最高値の出前館でひと稼ぎを狙ってみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

 

配達クルー募集[menu]
出前館 配達パートナー募集