menu

Uber Eats・menu・出前館は同時に複数掛け持ち・併用稼働は可能?登録前に押さえておきたいポイント

フードデリバリー 複数 兼業 掛け持ち 可能
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「Uber Eats以外にmenuや出前館で複数掛け持ち稼働を検討しているけど、規約違反に引っかかるの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

Uber Eatsを初めてmenuや出前館の他社デリバリーサービスの利用を検討し始めた時に、真っ先に思い浮かぶのが掛け持ちが可能かどうか。

フードデリバリーサービスは一度アカウントが停止されると、再度登録ができない場所が殆どなので規約違反かどうかきになるもの。

そこで複数のフードデリバリーサービスで稼働している私が、Uber Eats・menu・出前館について詳細を解説。

解説ポイント
  • Uber Eats・menu・出前館の兼業事情・注意点
  • 複数の業務委託を掛け持ちするデメリット
  • 複数の業務委託を掛け持ちするメリット

以上の項目について解説しているので、Uber Eats・menu・出前館の掛け持ち稼働を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eats・menu・出前館の兼業事情・注意点

Uber Eats・menu・出前館の掛け持ち事情について、以下の3ポイントついて詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • 3社とも掛け持ちする事ができる
  • 他社バックも注意点さえ守れば併用可能
  • 仕事の同時受託に最新の注意を

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

3社とも掛け持ちする事ができる

結露から言うとUber Eats・menu・出前館の3社は、掛け持ちして稼働することが可能です。

それぞれ公式サイトでも複数のフードデリバリーサービスでの掛け持ち・併用ができるとアナウンスされています。

そのため知らずに規約違反に引っかかり、アカウントが削除されるなどの心配は無用

因みに事前申告なども特に必要なく、自身の好きなタイミングで稼働するタイミングをそれぞれ選べるのも嬉しいポイントでしょう。

他社バックも注意点さえ守れば併用可能

複数のフードデリバリーサービスの掛け持ち稼働を検討している方で気になるのが、Uber Eatsなどのバックは他社でも利用できるか否かではないでしょうか。

結論から言うと、一部注意点を守ることで他社専用バックでも普通に利用することが可能です。

一例を挙げると出前館では複数の掛け持ちは可能だと公式でアナウンスされていますが、以下の条件を守る必要があります。

  • バックは他社のロゴを見せてはいけない
  • 接客時には「出前館帽子」を被る
  • ピアスやブレスレッドの装着が禁止

因みにUber Eatsやmenuでは、利用するバックに特に制限はありません

そのため既に配達用バックを所有している方でも、ガムテームなどでロゴを隠せば掛け持ちが可能なのも嬉しいポイントでしょう。

仕事の同時受託に最新の注意を

複数社でのフードデリバリーサービスでの注意点としては、一件仕事を受注したらフリーになるまでは他社の仕事を引き受けてはいけない点でしょう。

当たり前ですが他社サービス同士での注文は連動してないため、同時に受託すると片方に多大な配送の遅れが発生することが想定されます

一か八かで依頼を受けて運良く同じ方向に配達することができるかもしれませんが、基本的にランダムな上迷惑なので絶対に辞めましょう。

仕事依頼が来る「鳴る」状態での同時オンラインでの待機は可能ですが、一度仕事を受託するとその他のサービスは利用できない点に注意が必要です。

複数の業務委託を掛け持ちするデメリット

大手フードデリバリーサービスの業務委託配達で掛け持ちが可能か否か把握したところで気になるのが、掛け持ちを行う上で発生するデメリットではないでしょうか。

そこで掛け持ちして稼働を行うことで発生するデメリットとして、以下の3ポイントについて概要を解説していきます。
深堀りポイント
  • 配達回数が分散される
  • 受注率が下がりやすい
  • 規約や保険が微妙に異なる

以上についても、詳細を解説していきましょう。

配達回数が分散される

結論から言うと掛け持ちでフードデリバリーサービスを利用するデメリットとして、一社ごとの配達回数が分散される点が挙げられます

特にUber Eats達成回数によりインセンティブが設けられている事が多く、掛け持ちするとクエストが達成しにくくなります。

またmenuでは経験値によりアカウントが育つレベルアップシステムを設けている都合から、掛け持ちで本来獲得できた経験値が分散。

ただし出前館ではインセンティブなどが用意されていない代わりに、全フードデリバリー中最高値の基本報酬から影響が無い点が嬉しいポイントでしょう。

応答率が下がりやすい

複数のフードデリバリーサービスを掛け持ちするデメリットとして、応答率が下がりやすい点が挙げられます。

応答率とはUber Eatsに採用されているシステムで、配達依頼に応答する確率をアカウントごとにパーセンテージで表示したもの。

パーセンテージが異常に下がりすぎると、場合によってはアカウント停止などの処置が施されることも。

また出前館では稼働する気がないのにオンラインにする行為は原則として禁止されており、Uber Eatsと同様にペナリティ処置が行われる可能性を秘めています

唯一menuだけは、ユーザーの早押しで仕事を獲得するシステムが採用されているため応答率が関係ないのが他社サービスと異なる特徴でしょう。

規約や保険が微妙に異なる

複数のフードデリバリーサービスを掛け持ちする注意点として、規約や保険が微妙に異なる点が挙げられます。

Uber Eatsは3社の中で最も充実しており、自転車やバイクの双方で配達中であれば保険が適応されるのも魅力。

ですがmenuでは保険は自転車のみの取り扱い、出前館では完全に自己責任となるのが隠れたデメリットとして挙げられます。

加えてUber Eats側の保険も以下の注意点が存在するため、保険として信頼するには心無い一面も。

  • 依頼受託〜注文者までの配送のみ対象(待機・帰宅時は対象外)
  • 示談交渉サービスが付与されていない

また任意保険もフードデリバリーなど、業務中の事故は保険対象外であるケースが多いのが現状です。

そのため自身の加入している保険は、確認も込めて一度内容の再確認を行うことをおすすめします。

複数の業務委託を掛け持ちするメリット

複数の業務委託を利用するデメリットについて解説したところで、次に掛け持ちを行うことで得ることができるメリットの数々を紹介。

深堀りポイント
  • 「鳴らない時間」を減らす確率が上がる
  • 自分に最適な環境に調整できる
  • マンネリ化を防げる

以上の3項目について、概要を解説していきましょう。

「鳴らない時間」を減らす確率が上がる

結論から言うと、複数のフードデリバリーサービスを掛け持ちする最大のメリットは「鳴らない時間」を減らす確率がUPする点でしょう。

度々発生するフードデリバリーサービスの料金改正ですが、それよりも問題なのが待機時間は1円も金銭が発生しない「鳴らない時間」。

「鳴らない時間」はフードデリバリーの時給を下げてしまう最大の要因で、配達パートナーが過剰になると度々発生する問題点として頭を悩ませることも

そんな「鳴らない時間」を、複数のフードデリバリーに登録してオンラインにすることで「鳴らない時間」を減らす確率を上昇させることができます。

特に副業として稼働している方は、貴重な自由時間を消費して稼働を行うので少しでも「鳴らない時間」を削減したいもの。

そんな悩みを解決する打開策としても、複数フードデリバリーサービスの掛け持ちは非常にオススメの選択肢です。

自分に最適な環境に調整できる

複数のフードデリバリーサービスを掛け持ちすることにより、自分な最適な環境にチューニングすることができるのも掛け持ち稼働を行うメリットの一つ

例えば125ccでのバイク配達を行っているユーザーは、Uber Eatsで稼ぎにくい郊外に飛ばされそうな地区に飛ばされた場合は加盟エリアの狭いサービスに切り替える方法などが利用できます。

また複数のデリバリーサービスを起動して、現在の地域でインセンティブ範囲になっているサービスを利用するなどの使い分けも可能。

そのため最も現状で稼ぎやすい自身の最適な環境に調整できる選択肢が増えるのも、業務委託で掛け持ち稼働を行うメリットの一つでしょう。

マンネリ化を防げる

またフードデリバリーサービスごとに加盟店は大きく異なるため、Uber Eatsだけでは知る事ができなかったお店を知る事ができるのも魅力の一つ

特にUber Eats・menu・出前館の3社だけでも、加盟店はそれぞれのサービスによって異なります。

同じフードデリバリーサービスばかり利用指定していると同じことの繰り返しで飽きてしまう場合にも、違うサービスを利用するだけで雰囲気が一変。

そのため飽きっぽい人が新鮮さを求めるのにも、他社フードデリバリーサービスの掛け持ちがオススメです。

Uber Eats・menu・出前館は同時に複数掛け持ち・併用稼働は可能?概要まとめ

最後にUber Eats・menu・出前館は同時に複数掛け持ち・併用稼働を行う事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 結露から言うとUber Eats・menu・出前館の3社は、掛け持ちして稼働することが可能
  • Uber Eatsなどのバックは、条件を満たせば他社でも利用
  • 注意点は、一件仕事を受注したらフリーになるまでは他社の仕事を引き受けてはいけない点
  • 一社ごとの配達回数が分散される点や規約や保険が微妙に異なる点、応答率が下がりやすい点に注意
  • 「鳴らない時間」を減らす確率がUPする

複数のフードデリバリーサービスで掛け持ち稼働を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

Uber Eatsで稼働を行っており、更に高時給を目指しているユーザーは「menu」「出前館」の二社が特にオススメです。

特にmenueでは2020年度の報酬改正により、バイク配達の報酬額が優遇。

ロングピックに頭を悩まされている方々に朗報な、料金体制システムを採用しています。

エリア拡大中の今だけ高報酬な可能性を秘めているため、Uber Eatsと併用して稼働するのであれば早めの登録がオススメですよ。

 

\登録はこちらから/

 

 

また大手デリバリーサービスである出前館も、業務委託スタッフの募集を開始しました。

基本報酬額は最高値を誇り、配達エリアも限られているシステム上バイク勢であれば有利に稼ぐ事ができる点が最大の特徴となっています。

加えてUber Eatsやmenuとの複数掛け持ちが可能なため、同時にオンラインにすることで時給に直結する「鳴らない時間」を削減する事が可能です。

登録自体はWeb説明会に出席するだけで簡単に応募する事が可能なので、興味がある方は是非以下のリンクも参考にしてみて下さい。

\公式HPはこちら/

 

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集