menu

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」VS「menu」違いは何?業務委託・配達パートナーが抑えておきたいポイント

Uber Eats menu 違い 業務委託
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「menuの配達パートナー登録を検討しているけど、Uber Eatsとの違って何?」

menuの稼働を検討している方で、こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年加盟エリアが広がり話題になることも多いフードデリバリーサービス「menu」。

ですが配達パートナー稼働を検討している場合に気になるのが、大手フードデリバリーサービスであるUber Eatsとの違いではないでしょうか。

そこで実際に複数のデリバリーサービスを利用ている私が、Uber Eatsとmenuの違いや共通点などについて詳細を解説。
解説ポイント
  • 「Uber Eats」と「menu」の違うポイント
  • 「Uber Eats」と「menu」の共通点
  • 「Uber Eats」と「menu」は何方がおすすめ?

以上の項目について解説しているので、menuでの稼働を検討している方にピッタリな内容です。

10分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「Uber Eats」の詳しい概要は、以下のリンクで詳細を解説していますので参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

「Uber Eats」と「menu」の違うポイント

Uber Eatsとmenuの主な違いについて、以下の概要について詳細を解説していきます。

深堀りポイント
  • 経験値・ランクアップシステム
  • 配送エリア
  • 報酬形態
  • 保険制度
  • 仕事の獲得は早押し

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

経験値・ランクアップシステム

Uber Eatsとmenuが根本的に異なるポイントは、経験値・ランクアップシステムが採用されているか否か

また「menu」の運営会社はスマホゲーム「ドラゴンエッグ」を開発している、「株式会社エアゾン・ホールディングス」グループの一つです。

Uber Eatsでのボーナスシステムはその場限りですが、menuでは経験値システムによりアカウント自体が育っていきます。

結果として配達を行えば行うほどmenuでは稼ぎやすくなるため、アカウントのレベルを上げるゲーム性が魅力です。

配送エリア

menuは加盟エリアは拡大傾向にあるものの、最大規模を誇るUber Eatsと比較すると対応エリアが少ないのが現状です。

そのため残念ながら配達エリア外の地域に済んでいる方は、menuで配達クルーとして働くことができません。

ですが2021年2月現在では愛知や福岡県、京都などの地方都市が加盟エリアとして追加されました。

もちろん今後も現状に留まらずに、続々と加盟エリアが広がっていく見込みのため今後の拡大が期待されるフードデリバリーサービスでしょう。

報酬形態

Uber Eatsとmenuでは、採用されている報酬形態が大きく異なります

サービス開始当初は以下の式で報酬額が算出され、Uber Eatsに非常に近い報酬体系を採用していたmenu。

「配達報酬」=「基本報酬」−「サービス手数料」+「インセンティブ」

ですが2020年10月に導入された報酬改正により、「基本報酬額」に関わる距離によって報酬額が増加する算出式が以下に変更

距離報酬=75円/km

↓   ↓   ↓

km × km × 20円

 

そのため長距離配送を行えば行うほど、効率的に稼げる料金システムが採用されることになりました。

よってUber Eatsでは2019年度に採用された報酬改正により、大幅な報酬額が減額となり不遇な扱いを受けていたバイク勢が有利に。

特に繰り返し配達する度にインセンティブとして報酬額が加算される、ヒートマップエリア内から郊外へはじき出されていたバイク勢には朗報

更にUber Eatsでは、ロングピックの配達を行うほど時給が下がってしまう報酬システムが採用され頭を抱えていた方も多いのではないでしょうか。

そのため郊外から市街地まで戻る非効率的なシステムに悩まされていた方には、登録して後悔のない内容が魅力となっております

保険制度

結論から言うと保険制度はmenuよりも、Uber Eatsが補償制度が優秀です。

理由としてはmenuで採用されている保険制度は自転車のみで、バイクは対象外のため。

そのためバイク勢としてmenuで働く場合には、任意保険は必須とも言えるのが現状です。

バイクに限らず公道を車両で走る場合には、任意保険に加盟せずに走るのは純粋に他人に多大な迷惑を掛けるので推奨しません

また業務委託での配送業中の事故は、保証外となる保険会社が多いため事前にプランを確認しておきましょう。

125cc以下のバイクは「ファミリーバイク特約」と呼ばれる格安の任意保険が利用可能なので、稼働の際には検討してみては如何でしょうか。

仕事の獲得は早押し

menuでは自動で仕事が振り分けられるUber Eatsと異なり、ボタンの早押しで仕事を獲得する必要があります

そのため周囲のmenu配達パートナーより早押しで仕事を取っていく必要があるため、ピックアップ店舗を選ぶ余裕がないことも。

以前はバックグラウンド状態では仕事依頼が分からなかったものの、現在は通知が現れるように改良が行われています

Uber Eatsと異なり、menueでは仕事の獲得が自身のスキルに左右される点にも稼働を行う前に注意が必要です。

「Uber Eats」と「menu」の共通点

menuとUber Eatsの異なる点を知ったところで気になるのが、それぞれの共通点ではないでしょうか。

そこでmenuとUber Eatsの共通点として、以下の3ポイントについて概要を解説していきます。
深堀りポイント
  • ブーストシステムは同じ
  • 服装・髪型はどちらも自由
  • 他社サービスと掛け持ちOK

以上についても、詳細を解説していきましょう。

ブーストシステムは同じ

結論から言うとmenuとUber Eatsでは、 指定されたエリア内で配達を行うと加算されるブーストシステムは同じものを採用しています

そのためUber Eatsでの配達に慣れている方は、 同じような感覚で配送を行うことができるのも嬉しいポイント。

加えてmenuでは時折、高額インセンティブボーナスも定期的に開催されており直近だけの高額報酬キャンペーンと推測されます

より効率的に嬉しいボーナスインセンティブを獲得するためには、登録が早いほどチャンスを掴める権利を手に入れることが可能です。

まだmenuへの登録が済んでいない方は、この機会に配達パートナー登録の検討を行ってみては如何でしょうか。

服装・髪型はどちらも自由

menuではUber Eatsと同様に、服装や髪型は比較的風通しがよく規制がゆるいのも共通する嬉しいポイント

業務委託サービスでの一例を挙げると、出前館では基本報酬が高額に設定されている代わりに服装に一定の制限が設けられます。

そのため服装に囚われずに、自由な働き方で稼働し続けたい方にはUber Eatsと同様にmenuも最適なサービスです。

他社サービスと掛け持ちOK

menuはUber Eatsと同様に、他社フードデリバリーサービスの掛け持ちが許容されています

心地の良い気候に稼働した場合には、配達パートナー数が過剰なため仕事依頼が来ない経験は誰しも見に覚えがあるのではないでしょうか。

そのような時給効率を大幅に下げる時間でも、複数のサービスを同時にオンラインにすることで仕事依頼が来る確率を上げることが可能です。

一社だけのフードデリバリーに依存するより、純粋に確率がアップするためリスクヘッジとしても複数の掛け持ち稼働をオススメしています。

「Uber Eats」と「menu」は何方がおすすめ?

Uber Eatsとmenuの共通点を理解したものの、気になるのが結局の所どちらがオススメかどうかではないでしょうか。

そこで以下の3ポイントについて概要を解説していきます。
深堀りポイント
  • バイク勢はmenuが有利
  • ロードバイク勢はUber Eatsが有利
  • 結論:双方登録でリスクヘッジ

それぞれ順番に詳細を深堀りしてきましょう。

バイク勢はmenuが有利

結論から言うとバイクを利用して配達を行う場合、menuが稼ぎやすい報酬体系を採用しています

理由としてはロングピックを受諾するほど時給が下がる傾向にあるUber Eatsと異なり、長距離配達を行うほど時給が上がるため

また加盟エリアが少ない現在であれば、Uber Eatsと異なり店舗が少ない郊外に飛ばされないのも嬉しいポイント。

効率的に稼ぐのであれば、加盟店舗が少なく配達需要の高い地域が加わるエリアが広がる前に早めの登録をオススメ致します

ロードバイク勢はUber Eatsが有利

首都圏中心部などで自転車やロードバイクなどを利用して配送を行う場合には、Uber Eatsが有利です。

理由としてはUber Eatsでは、配達を一件終える度に加算されるクエストやヒートマップエリアといったシステムから配達件数をこなすほど高時給になるシステムが採用されているため。

Uber Eatsは残念ながら2019年度の報酬改正により、長距離配達が多いバイクが不利なのが現状のシステムを採用しているのも要因の一つ。

ただし例外として長距離配達が多い地方都市や、郊外などの地域は自転車よりバイク勢のほうが有利なこともあるため注意が必要です。

結論:双方登録でリスクヘッジ

Uber Eats VS menu の結論としては、両方に登録して仕事依頼が来ない時間のリスクを減らすのが最も理想的

特に業務委託は、複数のフードデリバリーの掛け持ちが許されているのもメリットの一つです。

フードデリバリーで稼げない最大の原因は、仕事依頼が来ない「鳴らない時間」なので複数アプリで同時受託待ちを行うことでリスクを減らすことが可能。

特に一件ごとの基本報酬が高額な出前館を組み合わせることで、更に鳴らない時間を減らすことが可能です。

出前館の業務委託に関する詳細については、以下の記事で概要を解説しているので興味がある方は是非参考にしてみてください。
出前館 業務委託 登録 募集 稼げる
出前館の業務委託パートナー・配達員の登録手順・始め方・方法・注意点を紹介 こんな疑問や悩みを、お持ちではないでしょうか。 2020年より業務委託パートナーの募集が始まり、複数のフードサービスと...

Uber Eatsとmenuの違いまとめ

最後に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「menu」の違いについてまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Uber Eatsとmenuが根本的に異なるポイントは、経験値・ランクアップシステムが採用されているか否か
  • menuは加盟エリアは拡大傾向にあるものの、最大規模を誇るUber Eatsと比較すると対応エリアが少ないのが現状
  • Uber Eatsとmenuでは、採用されている報酬形態が大きく異なる
  • 保険制度はmenuよりも、Uber Eatsが補償制度が優秀
  • menuでは自動で仕事が振り分けられるUber Eatsと異なり、ボタンの早押しで仕事を獲得する必要がある
  • 両方に登録して、仕事依頼が来ない時間のリスクを減らすのが最も理想的

menuとUber Eatsの主な違いが気になっているかたは、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

近年急速にエリアが拡大し、今後注文数の大幅な増加が見込まれる国内発端のフードデリバリーサービス「menu」。

2020年度の報酬改正によりバイク配達の報酬額が優遇されているので、ロングピックに頭を悩まされている方々にも最適なシステムとなっています。

エリア拡大中の今だけ高報酬な可能性を秘めているため、Uber Eatsと併用して稼働するのであれば早めの登録がオススメですよ。

 

\登録はこちらから/

配達クルー募集[menu]

 

また日本国内では利用者が最多という圧倒的な知名度から、安定した注文数を得ることができるのがUber Eats最大の魅力。

国内シェア1位を誇るサービスとして、Uber Eats初心者に最もおすすめなデリバリーサービスとなっています。

登録がまだの方は最初の一歩として登録を行い、他サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
\登録はこちらから/

 

更に大手デリバリーサービスである出前館も、業務委託スタッフの募集を開始しました。

基本報酬額は最高値を誇り、配達エリアも限られているシステム上バイク勢であれば有利に稼ぐ事ができる点が最大の特徴となっています。

加えてUber Eatsやmenuとの複数掛け持ちが可能なため、同時にオンラインにすることで時給に直結する「鳴らない時間」を削減する事が可能です。

登録自体はWeb説明会に出席するだけで簡単に応募する事が可能なので、興味がある方は是非以下のリンクも参考にしてみて下さい。

\公式HPはこちら/

 

2021年5月追記

2021年に新料金制度が導入されるなど、徐々に稼げる報酬額が下落傾向のフードデリバリーサービス

今後は新型コロナウィルスの影響により引き起こされる不景気により、仕事先を失う人々の下請けとして配達員数の増加が予想されています。

誰でもできる仕事の典型的例であるフードデリバリーは残念ながらいつまでも稼げる仕事ではないことは、リテラシーの高いアナタなら想像が付くのではないでしょうか。

残念ながら止めることができないこの流れに逆らうため検討したいのが、成長分野のWEB分野で副業を行ない独立できるスキルを身につけて自由な働き方を目指す対策

WEBスキルは一定以上の経験を積むことで、一生自分の力で稼ぐ能力を身につけることができるのが大きなポイントです。

更にリモートワークで会社のうっとおしい人間関係を最低限にしたり、場所に囚われず旅しながら働いたりすることも夢ではありません

加えて独立後には会社員と異なり収入の上限が無くなるため、月100万以上の収入が珍しくないため夢を追いかけるには最適な分野とも言えるでしょう。

残念ながらフードデリバリー会社の愚痴を言い続けていても、報酬の下落はアナタだけの力では止めることができません。

ですが自身のWEBスキルの体得であれば、フードデリバリーより遥かに可能性の高い収入の増加を見込めるでしょう。

そんなフードデリバリーからWEBスキルへ転向するのに、おすすめの具体例などを以下の記事で紹介してますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集