Uber Eats

【Uber Eats VS 出前館】業務委託委託で働いた場合それぞれの違い・比較

Uber Eats 出前館 違い 比較
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「出前館の利用を検討しているけど、Uber Eatsとどう違うの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

自身の好きなタイミングで働くことができる画期的な仕組みを取り入れたUber Eatsを始めとしたフードデリバリーサービス。

Uber Eatsを利用していた方は、2020年より業務委託募集が開始された出前館での事情が気になるもの。

そこで複数のフードデリバリーを実際に利用して稼働を行なっている私が、Uber Eatsと出前間の違いや比較について詳細を解説。
解説ポイント
  • Uber Eatsと出前感の違うポイント
  • Uber Eatsと出前館の共通点
  • Uber Eatsと出前館どちらがおすすめ?

以上の項目について解説しているので、出前館の登録を検討している方に最適な内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eatsと出前館の違うポイント

Uber Eatsと出前館の違うポイントは、大きく分けて以下の3つです。

深堀りポイント
  • 接客時には帽子を被る必要がある
  • 配達エリアが限られている
  • 出前館ではインセンティブやボーナスがない

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

接客時には帽子を被る必要がある

Uber Eatsと出前間の大きく異なる点は、接客時に帽子を被る必要があるかどうかでしょう。

Uber Eatsは完全に服装が自由のため、料理の受け取りや注文者へ届ける場合に特別な処置は必要ありません

ですが出前館は専用帽子の着脱を義務化されており、服装もピアス・ブレスレットが禁止といった一定の制限が付きまといます。

そのためUber Eatsと比較すると出前館は自由度に一定の制約が存在する点に配送前に注意しましょう。

配達エリアが限られている

出前館はUber Eatsと異なり配送できるエリアが場所ごとに定められているので、ロングピックでエリア外に弾き出される心配がありません

そのため帰宅など無駄な時間を過ごすことの多いバイク勢にも嬉しい使用から、効率的に稼働を行うことができます

Uber Eatsでは報酬制度の使用上、配達距離の長い「ロングピックアップ」

郊外エリアで発生しがちな住宅地と店舗の多い地域を行き来する現象に悩まされている方には、特に最適なシステムでしょう。

出前館ではインセンティブやボーナスがない

結論から言うと、出前館ではインセンティブやボーナス制度がありません

代わりに出前間では、基本報酬高が数あるフードデリバリーサービスの中でも最高値を記録しています。

そのため雨天や季節のインセンティブによって振り回されるUber Eatsと異なり、配達回数に縛られない稼働を行う事ができます

そのためインセンティブ制度がない代わりに、基本報酬が最高値に設定された出前館ではUber Eatsより安定した報酬を実現する事が可能です。

Uber Eatsと出前館の共通点

Uber Eatsと出前館の違いについて概要を解説したところで、次にUber Eatsと出前館の共通点についてと解説していきます

深堀りポイント
  • 働く時間は自身で自由に決めることができる
  • 会社ロゴさえ隠せば同じバックを利用できる
  • 他者サービスと掛け持ち・併用ができる

以上についても、詳細を解説していきましょう。

働く時間は自身で自由に決めることができる

Uber Eatsと出前館では、同じ業務委託という特性上から、働く時間などは自身の裁量で決める事ができます

シフトに縛られるアルバイトや、上司や同僚からの縛り付けが伴う正社員と異なり自由な働き方を実現する事が可能です。

そのため事前に予定を立てる事ができない急に仕事や予定が入ることの多い業種の方や、柔軟に働く時間をコントロールしたい方にも最適でしょう。

会社ロゴさえ隠せば同じバックを利用できる

Uber Eatsと出前間の共通点として、会社ロゴさえ隠してしまえば同じ配達バックを利用することができる点

Uber Eatsでは配達バックの利用に特に制限がなく、出前間でも会社ロゴさえ隠してしまえば基本的に利用が可能です。

そのため稼働する会社を変えるために、毎回バックを取りに戻る必要がありません。

そのためUber Eatsと出前館では、条件を満たすと同じバックをそれぞれ利用できるのも大きなポイントでしょう。

他者サービスと掛け持ち・併用ができる

結論から言うとUber Eatsと出前館では、それぞれ他社サービスと掛け持ち・併用しながら稼働することができます

理由としては双方会社が雇用する社員やアルバイトなどではなく、業務委託となる個人事業主と呼ばれる形態を採用しているため。

そのため鳴らない時間で、少しでも多く注文を取るために同時にオンラインして仕事獲得の確率を上げることができます

近年では「menu」と呼ばれる国内発端のフードデリバリーサービスも展開されているので、配送地域が対象内であれば一度登録の検討をしてみては如何でしょうか。

menuとは 配達員 アルバイト
フードデリバリーサービス「menu」とは?配達クルー(配達員)の登録方法や手順を解説 こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsを広く認知されているものの、新しいフードデリバリーサービ...

Uber Eatsと出前館どちらがおすすめ?

それぞれの特徴について解説していきましたが、月極Uber Eatsと出前館のどちらを利用したら良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでUber Eatsと出前館の比較や、どちらを利用したら良いか分からない方にむけて、以下の3ポイントを深掘りしていきます

深堀りポイント
  • Uber Eatsは2021年に報酬額が大幅下落
  • 出前館では保証制度が用意されていない
  • 複数のフードデリバリー登録で柔軟な対応を!

それぞれ、順を追って解説していきましょう。

Uber Eatsは2021年に報酬額が大幅下落

Uber Eatsでは2021年度に配達パートナーの報酬額が30%下落するという悲報から、現役パートナーに衝撃を与えました

Uber Eats オワコン 報酬 引き下げ 2021年
【Uber Eatsはオワコン?】3月より配達員報酬が30%下落・今後の対策 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsで日頃稼働を行っている方であれば、報酬改正などの変更が気に...

理由としてはメインの事業である米国の配車サービス「Uber」が、新型コロナウィルスの影響により大赤字を抱えるなど大ダメージを受けていることが予想されます。

Uber Eatsなどのフードデリバリー産業は伸びているものの、配車サービスで従来得ていた利益率に追いつけないのが実情のようです。

そのため新型コロナウィルスによる需要拡大により伸び率の高い他社サービスと異なり、Uber Eatsでは報酬制度の風当たりが強いのが実情のようです。

出前館では保証制度が用意されていない

出前館ではUber Eatsと異なり、業務中の事故に対する補償制度は2021年3月現在では用意されていません

加えて出前館の配達者登録では、任意保険証の提出が義務化されています。

そのためバイク配達の場合は任意保険に加入していなければ、出前館での登録ができないのが実情です。

ただしUber Eatsでは補償制度の対象は業務中のみで、帰宅時や待機中の事故に対しては残念ながら補償が行われません

そのため任意保険の加入はUber Eatsだけでの稼働でも必須と言えるため、フードデリバリーの補償制度だけに頼るのはオススメできないでしょう。

複数のフードデリバリー登録で柔軟な対応を!

フードデリバリーの代表とも言える認知度を誇るUber Eatsの他に、2021年3月現在では続々と他社サービスが登場しています。

一例を挙げるとmenuでは、2021年に対象エリアを一気に全国的に拡大するなどの普及を行っている勢いのあるサービスです。

また出前館と同様に、他社フードデリバリーとの掛け持ちを行うことが可能。

そのため最も時給効率を下げてしまう要因である仕事依頼が来ない待機時間を、複数サービスを利用することで極力減らすことができます

またUber Eatsとmenuの違いや比較については、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

Uber Eats menu 違い 業務委託
「Uber Eats(ウーバーイーツ)」VS「menu」違いは何?業務委託・配達パートナーが抑えておきたいポイント menuの稼働を検討している方で、こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年加盟エリアが広がり話題になることも...

Uber Eatsと出前館の違いや比較まとめ

最後にUber Eatsと出前館の違いや比較について、概要をまとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Uber Eatsと出前間の大きく異なる点は、接客時に帽子を被る必要があるかどうか
  • 出前館では配送できるエリアが場所ごとに定められているためロングピックが少ない
  • 基本報酬高が数あるフードデリバリーサービスの中でも最高値を記録
  • Uber Eatsと出前館では、同じ業務委託という特性上から、働く時間などは自身の裁量で決める事ができる
  • 会社ロゴさえ隠してしまえば、双方とも同じ配達バックを利用することができる
  • Uber Eatsと出前館では、それぞれ他社サービスと掛け持ち・併用しながら稼働可能

Uber Eatsで活動している現状で、出前館の利用を検討している方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

基本報酬高が最も高い数値で設定されている業務委託の出前館は、他社サービスと異なり安定して稼ぐことができるサービスとなっています。

特にバイク配達員であればロングピックもない関係上、報酬高が不遇なUber Eatsより高時給を実現することが可能です。

Uber Eatsのように配達パートナーが過剰になり報酬額が減額した前例があるように、現在の高額報酬単価は何時まで続くか分かりません

出遅れて後悔する前に早めの業務委託登録を行って、基本報酬が最高値の出前館でひと稼ぎを狙ってみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

出前館 業務委託 登録 募集 稼げる
出前館の業務委託パートナー・配達員の登録手順・方法・注意点を紹介 こんな疑問や悩みを、お持ちではないでしょうか。 2020年より業務委託パートナーの募集が始まり、複数のフードサービスと...

 

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集