Uber Eats

【Uber Eatsはオワコン?】3月より配達員報酬が30%下落・今後の対策

Uber Eats オワコン 報酬 引き下げ 2021年
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「2021年からUber Eatsで大幅に報酬が下がってるってマジ?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

Uber Eatsで日頃稼働を行っている方であれば、報酬改正などの変更が気になってしまうもの

そこで実際にUber Eatsで稼働していた私が、2021年3月度から導入された報酬下落改正について詳細を解説。
解説ポイント
  • 2021年3月よりUber Eatsは大幅な報酬下落
  • 報酬下落の考えられる要因
  • 今後の解決策

以上の項目について解説しているので、Uber Eatsで頻繁に配送業を行っている方に最適な内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

2021年3月よりUber Eatsは大幅な報酬下落

2021年度より導入された配達員の報酬下落について、以下の3ポイントについて概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 福岡・京都など一部地域で報酬額の大幅下落
  • 間違えなく全国に余波が訪れると予想
  • Twitterでの反応

それぞれの項目について、順を追って概要を解説していきましょう。

福岡・京都など一部地域で報酬額の大幅下落

結論から言うと2021年度3月より、福岡県や京都で大幅な報酬額システムの改良が行われました

Yahoo!ニュースによるとUber Eats配達員の報酬額は30%近く下落し、全国に余波が広がるとの見込みが視野されています

詳しい新料金システムの計算式は公式では通達されていませんが、更に長距離配達が不遇になる制度になるとみこまれているとか。

そのため今後のUber Eatsでは、従来のように残念ながら稼ぐことができない事が危惧されるでしょう。

間違えなく全国に余波が訪れると予想

yahoo!ニュースでは新しく導入された料金システムは他のエリアにも広げる可能性を挙げていますが、恐らく間違えなく全国に拡大すると思われます

理由としてはフードデリバリー業の需要は伸びているものの、収益モデルから利益が薄く本社Uberでは米国の「ドアダッシュ」などの競合にシェアが抜かれているため。

加えて配車サービスであるUberは売上高が29%ほど下落しており、別事業であるUber Eatsで赤字を補填できない状況が続いているのも要因の一つ。

あれ、赤字分と配達員の報酬額下落幅が同じような数字のような…

真意は不明ですが、今後も新型コロナウィルスの影響が続く限りUber本社では逆風が続くことが見込まれており、今後は報酬額の大幅下落が予想されているサービスでしょう。

Twitterでの反応

今回の騒動にTwitterでも、様々な意見が飛び交っています。

会社員とは違い、会社の方針により報酬が下げられることも頻繁に発生するのも個人事業主ならではのデメリットでしょう。

報酬下落の考えられる要因

Uber Eats対応エリア

2021年3月のUber Eats報酬額下落に関する概要を知ったところで気になるのが、報酬額の下落に関して考えられる要因ではないでしょうか。

そこでUber Eatsの報酬額下落に関する、以下の3ポイントについて概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • コロナ不況で急増する配達員
  • コロナの影響により本社Uberは大赤字
  • マナーの悪い配達員の存在

以上についても、詳細を解説していきましょう。

コロナ不況で急増する配達員

結論から言うとコロナ不況により仕事を失った層が、大量にフードデリバリーへ流入しているのが現状です。

特にフードデリバリーサービスは自身の判断で自由に働くことができるシステムが魅力であり、一時的に収入がない方の稼ぎ口としても最適。

結果として雇用の受け皿として機能していたUber Eatsでは、人件費が高騰し結果として報酬額を下げざるを得ない状況になっています。

加えて今後春になり気温が上がるにつれて、更に副業勢が増加することも想定されるタイミングを見ての決断だったのではないかとも推測できるでしょう

コロナの影響により本社Uberは大赤字

米国の本社Uberは2020年度に発生した新型コロナウィルスの影響により、メイン収益であった配車サービスに大打撃を受けています

日本ではタクシー業界の反発により馴染みが薄いUberですが、外出の自粛により配車サービスの利用が激減しているのが主な要因です。

またUber Eatsは別事業としており、米国では「ドアダッシュ」と呼ばれるフードデリバリーサービスがシェア1位を獲得。

更に日本にも2021年より上陸予定で、Uber Eatsと同様に爆発的なシェア拡大の可能性を秘めているサービスとなっています

今後増え続ける競合により、少しずつUber Eatsが衰退している可能性があると感じさせられるのが2021年3月の報酬改正制度ではないでしょうか。

マナーの悪い配達員の存在

フードデリバリーサービスの代表とも言えるUber Eatsでは、マナーの悪い配達員の存在も向かい風の要因の一つです。

交通違反を繰り返すUber Eats配達員の存在に警視庁から指導が行われたり、度々メディアで取り上げられたりするなどブランドイメージも下落。

特に都心で大きなカバンを抱えた自転車配達員の交通ルール無視は、度々SNSでも取り上げられるなど問題視されることが多いのも現状です。

服装が自由で登録も簡単という使用上、面接を行わないUber Eatsでは問題のある配達パートナーも残念ながら珍しくありません。

そのため一般に認知されているUber Eatsが頻繁に叩かれ、悪印象を受けているのも向かい風の要因の一つでしょう。

今後の解決策

Uber Eatsの報酬下落に関する要因を知った後で気になるのが、今後の解決策などではないでしょうか。

そこで今後の解決策として、以下の3ポイントについて概要を深堀りしていきます。

深堀りポイント
  • 新たなスキルの体得
  • 発信活動を行う
  • 複数のフードデリバリーの登録

それぞれ順を追って概要を解説していきましょう。

新たなスキルの体得

やはり誰でもできる仕事の代表とも言えるフードデリバリーは、報酬単価が下落していくのは仕方ない現象だとも言えます。

理由としては誰でもできる仕事はいくらでも代替が効くので、高スキルを持つ人達と比較すると報酬額に差が出てしまうのが現状のため。

更に5Gの普及に伴い現実味を帯びている自動運転技術により、デリバリー業が近い将来に代替される可能性も否めません

そのためスキルとして残らないフードデリバリー業は、長くは稼ぎ続けることができない可能性が高いのが実情です。

そこでプログラミング学習・WEBライター・動画編集など副業に向いたIT分野のスキルの体得が推奨されます。

ゲームで攻略本やwikiを見るのに、現実世界の攻略を手助けしてくれるビジネス書や自己啓発という攻略本を買わないのは非常に勿体ないもの。

本を読む時間がないと悩む方は、フードデリバリー中でも学習が可能なAudibleの利用がオススメですよ。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/03/28/3-2/"]

発信活動を行う

それでも学習時間が取れないという方にオススメなのがブログやYouTube、音声配信などを利用して発信活動を行う方法でしょう。

自身の経験を元に発信するのは、やはり同業者だけではなく一定の需要が見込まれます。

更に継続することで獲得したスキルにより営業を行うことで、ライターや動画編集と言った仕事の獲得につながることも

特に今後は5Gエリアの拡大により通信が無制限になるため、Tiktokに対抗した米国生まれのショートムービーサービスの普及が予想されていています

更に動画編集を学んでおくと応用が効くのもメリットの一つなので、動画編集可能なPCを導入しておくのも一つの選択肢でしょう。

余談ですが2020年に発売されたMacBook Airは従来のProモデル並の性能を誇る、コスパ良好の製品なので結構狙い目だったりしますよ。


複数のフードデリバリーの登録

今回のUber Eatsの報酬額の下落で最も手軽な対策方法は、複数のフードデリバリーサービスに登録する方法でしょう

理由としてはUber Eatsと異なり他社フードデリバリーサービスでは、エリア拡大に伴い大量の配達クルーが必要になるため。

2021年3月の報酬改正で特に導入をオススメしたいのは、「menu」や「出前館」といったフードデリバリーサービスでしょう。

それぞれの会社ごとによる概要や、登録方法などについては以下の記事で概要を解説しているので興味がある方は参考にしてみて下さい。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/02/12/demaekan-toroku/"] [pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2020/05/20/1-40/"]

Uber Eatsはオワコン?2021年3月の配達員の報酬下落に関する概要まとめ

最後に2021年3月の配達員の報酬下落に関する概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 2021年度3月より、福岡県や京都で大幅な報酬額システムの改良
  • 配達員の報酬額は30%近く下落し、全国に余波が広がるとの見込みが視野されている
  • 配車サービスであるUberは売上高が29%ほど下落しており、別事業であるUber Eatsで赤字を補填できない状況が続いている
  • コロナ不況により仕事を失った層が、大量にフードデリバリーへ流入しているのが現状
  • Uber Eatsの報酬額の下落で最も手軽な対策方法は、複数のフードデリバリーサービスに登録する方法

2021年度3月に行われた、大幅な報酬の改正に関する概要を知りたい方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

Uber Eatsで稼働を行っており、更に高時給を目指しているユーザーは2021年以降は「menu」「出前館」の二社がオススメです。

特にmenueでは2020年度の報酬改正により、バイク配達の報酬額が優遇。

ロングピックに頭を悩まされている方々に朗報な、料金体制システムを採用しています。

エリア拡大中の今だけ高報酬な可能性を秘めているため、Uber Eatsと併用して稼働するのであれば早めの登録がオススメですよ。

 

\登録はこちらから/

 

 

また大手デリバリーサービスである出前館も、業務委託スタッフの募集を開始しました。

基本報酬額は最高値を誇り、配達エリアも限られているシステム上バイク勢であれば有利に稼ぐ事ができる点が最大の特徴となっています。

加えてUber Eatsやmenuとの複数掛け持ちが可能なため、同時にオンラインにすることで時給に直結する「鳴らない時間」を削減する事が可能です。

登録自体はWeb説明会に出席するだけで簡単に応募する事が可能なので、興味がある方は是非以下のリンクも参考にしてみて下さい。

 

\公式HPはこちら/

 

[pz-linkcard-auto-replace url="http://next-job-style.com/2021/03/07/deribari-3/"]
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集