Uber Eats

Uber Eatsの専業を始める前に押さえておきたいメリット・デメリットや注意点がこちら

フードデリバリー Uber Eats 専業
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
Uber Eatsで専業になろうか検討しているけど、本当にやっていけるか不安だ

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

時に事故のリスクといった安全面から推奨しない意見が目立つ、Uber Eatsの専業化。

ですが気になるのがUber Eatsの専業化により得られるメリットや、知っておきたいデメリットではないでしょうか。

そこで当記事では、Uber Eatsの専業化に関してメリット・デメリットなどの概要を解説。

解説ポイント
  • 専業Uber Eatsのデメリット
  • 専業Uber Eatsのメリット
  • Uber Eatsを専業化で複数登録に最適なサービス

以上の項目について解説しているので、Uber Eatsの専業化を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

またUber Eatsを始めたことがない方は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方はコチラを参考にしてみて下さい。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

専業Uber Eatsのデメリット

専業でUber Eatsを行う際に、事前に押さえておきたいデメリットの数々について以下の内容を紹介してきます。

深堀りポイント
  • 警察の交通違反による免許停止のリスク
  • 繁忙期・閑散期の存在
  • 将来性がない

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

警察の交通違反による免許停止のリスク

専業でUber Eatsを行う最大のデメリットは、交通違反の取り締まるによる免許停止リスクです。

特に体力を温存しながら専業として働く有力候補が自動二輪ですが、稼げるエリアの道路交通情報は非常に分かりにくいのが実情。

時には注文者宅まで車両走行禁止の場所を走らざるを得ない場合や、ナビ通りに走行して交通違反に引っかかることも珍しくありません。

そのため稼いだ金銭が交通違反で消滅する可能性が非常に高いだけではなく、点数減点による免許停止といったリスクを抱えています。

特にワザと制限を多くすることで、警察が違反金を取りやすくしている50ccバイクでの専業化は非常に危険です。

勿論事故といった危険リスクも存在しますが、免許が停止してしまうと収入源が立たれてしまうリスクの方が遥かに高いのが事実。

そのため専業化を検討しているのであれば、50ccバイクの利用を避けて免許を取得し125ccバイクの利用を強く推奨致します。

余談ですが二輪を利用した配送は、白バイが居なくなる夜間を中心にした活動が非常におすすめですよ。

繁忙期・閑散期の存在

Uber Eatsは毎月安定した給料が入ってくる正社員と異なり、商売業のように稼ぎやすい繁忙期と閑散期が存在します

そのため閑散期に備えて繁忙期に稼いでおかなければ、繁忙期に合わせた生活水準を継続すると破産する恐れも。

特に長期休暇や外出するのに不愉快な気候となる夏場・冬場は、注文依頼が増加しやすくなり稼ぎやすくなります

一方外出するのに気候が心地よい春・秋は注文依頼が減少する上に、外出がてら稼ぎたい副業勢が増加するので閑散期となります。

そのため商売業のように土日は稼ぎ時など、需要に合わせて働く必要があるため専業は自由過ぎる働き方は実現できない点に注意しましょう。

将来性がない

Uber Eatsといったフードデリバリーサービスは、単純作業のため報酬の低下や仕事そのものが消滅する可能性が非常に高い業種です。

また収入の上限もシステム次第であり、続けて学習するほど稼ぎやすくなる他スキルと比較すると将来性が低い仕事となっています。

そのためUber Eatsで働きつつ、将来通用するWEBを習得して長期的に稼げる人材を目指していくのがおすすめでしょう。

そんなWEB系スキルの習得の一例は、以下の記事で詳細を深堀りしていますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2021年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...

専業Uber Eatsのメリット

専業Uber Eatsのデメリットを紹介していきましたが、次に専業Uber Eatsで得られるメリットについても紹介していきます。

深堀りポイント
  • ブラック企業からの緊急脱出先にピッタリ
  • 税知識が身につく・節税できる
  • 状況に応じて時間を確保しやすい

以上についても、詳細を解説していきましょう。

ブラック企業からの緊急脱出先にピッタリ

結論としてUber Eats専業のメリットは、ブラック企業に就職してしまった場合は緊急脱出先に最適です。

理由としては社員にブラックな働き方を強要する企業の時点で、将来性は無いに等しいため。

将来性がないと叩かれがちなデリバリーサービスですが、自己成長に繋げることができる時間を失い続けるブラック企業より遥かにマシです。

特に飲食業・美容師・建設業・製造業はブラック気質な職場が多いので、将来の自分の時間を守るためにも就職先に失敗した場合はUber Eats専業化がおすすめでしょう。

税知識が身につく・節税できる

Uber Eatsは個人事業主となるため、専業になるためには確定申告が必要不可欠であり税知識や節税知識が身につくのもメリットの1つ

何故学校教育で3代義務として教えられる納税に関する知識を学校で習わないのか、よく考えてみましょう。

税制度がワザと簡単に分かりにくいよう仕組みが整えられている理由は、簡単だと誰も税金を払わなくなってしまうため

国としては税制度に詳しくなるほど収める税金が低くなり税収が低下するため、国民は税金に対して無知であって欲しいのが本音です。

ですがUber Eatsなど個人事業主になると確定申告を行う都合上、必然的に経費計上といった簿記知識が必要になります

そんな税金に詳しくなることで、税負担に関する知識を身に付けることができるのもUber Eatsの隠れたメリットとなっております。

個人事業主の気になる確定申告については、以下の記事で詳細を解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

freee フリーランス 確定申告 引越し 郵便
郵便で確定申告やってみた感想(引っ越し有り)Uber Eats・menu・WEbライターなど こんな疑問や悩みを、お持ちではないでしょうか。 会計ソフトなどを駆使することで簡単に確定申告が可能になった現代ですが、いざ...

状況に応じて時間を確保しやすい

専業Uber Eatsであれば、会社員と異なり自身の時間を確保しやすいのも大きなメリット

社会人であれば断りにくい残業を嫌々引き受けることも珍しくなく、時間という大切な財産が失われがちです。

ですが専業Uber Eatsであれば、自分の裁量で働く時間を決めることができるので時間の確保が可能

例えば頭の冴えている午前中は頭脳労働の業務を行い、夜間に脳疲労の少ないUber Eatsを活動するなどの使い分けができます。

また生活コストを極限まで低くした状態で、月に15万円だけ稼ぎ残りの時間をWEBスキル習得に当てるのもおすすめです。

余談ですが家賃が高額な都心部は、シェアハウスに住むなど工夫することで固定費を大きく下げることも可能ですよ。

専業Uber Eatsであれば、会社のように自分の時間が奪われないというのも大きなメリットの1つではないでしょうか。

Uber Eatsを専業化で複数登録に最適なサービス

Uber Eatsを専業化する場合、必ずリスクヘッジとして行いたいのがフードデリバリーの複数登録

専業でUber Eatsを行う場合、万が一アプリの利用が停止になってしまった場合は稼ぐ手段が消滅してしまいます。

ですが複数登録を行っておくことで、もしもの際にも改めて別サービスで収入源を確保することが可能です。

そんな複数登録に最適なフードデリバリーサービスの一例として、以下の3サービスを順を追って解説していきます。

深堀りポイント
  • 出前館
  • DiDi Food
  • wolt

それぞれ順を追って概要を紹介していきましょう。

出前館

専業Uber Eatsを目指すのであれば、是非登録を検討したいのが国内でもトップクラスの規模を誇る「出前館」です。

出前館ではクエストやインセンティブといった追加ボーナスは期待できないものの、デメリットを上回る基本料金の高さが魅力。

またLINEと提携したことによる資金調達により、配達員にも還元されている都合から非常に稼ぎやすいサービスとなっています

加えてエリア毎に配達範囲が限られているため、遠方に飛ばされて帰宅する時間で消耗する心配がないのも嬉しいポイント。

1時間以内に2件以上配達するだけで最低時給を上回る効率を体感してみたい方は、ぜひ一度登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

DiDi Food

近年勢い付いている中国発端のフードデリバリーサービスが「DiDi Food」です。

DiDi Foodは全フードデリバリーサービスの中でも保証が手厚く、自由出勤が可能。

Uber Eatsの弱点である、料理受け取り先のレストランまでの配送距離も報酬として換算されます

今後も豊富な資金力を生かした大々的なサービス拡大が予想されているので、是非同時登録の選択肢として採用したいサービスでしょう。

まずは活動予定のエリアがDiDi Foodが対応しているか、公式HPから確認してみましょう。

\DiDi Foodの公式HPはこちらから/

wolt

北欧生まれのフードデリバリーサービスであるwoltも、運営サービスが手厚く人気の フードデリバリーサービス。

北国ならではのノウハウを生かし北日本を中心に展開しており、料理以外の配送も行うデリバリーサービスとなっています。

加えてwoltは他社サービスでは不遇なダブルピック・トリプルピック時に、超効率な報酬を叩き出す事が可能です。

またマッハバイトを利用して登録を行うと5,000〜10,000円のキャッシュバックを得られるため、軍資金が必要な独立当初は是非利用を検討したいサービスでしょう。

マッハバイト経由でwoltに登録する方法は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

wolt マッハバイト マッハボーナス
マッハバイト経由のwolt登録事情・マッハボーナスって何?後悔しないために登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 woltなどのフードデリバリーで利用できる、高還元が魅力のマッハバイト。...

Uber Eatsの専業化に関してメリット・デメリットなどの概要まとめ

最後にUber Eatsの専業化に関してメリット・デメリットなどの概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 専業でUber Eatsを行う最大のデメリットは、交通違反の取り締まるによる免許停止リスク
  • 毎月安定した給料が入ってくる正社員と異なり、商売業のように稼ぎやすい繁忙期と閑散期が存在
  • 単純作業のため報酬の低下や仕事そのものが消滅する可能性が非常に高い業種
  • ブラック企業に就職してしまった場合は緊急脱出先に最適
  • 専業になるためには確定申告が必要不可欠であり税知識や節税知識が身につく
  • 複数登録を行っておくことで、もしもの際にも改めて別サービスで収入源を確保することが可能

Uber Eatsの専業化に関してメリット・デメリットなどを事前に知っておきたい方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

現在務めている会社に収入・時間的魅力がないのであれば、一時避難先として非常に優秀なUber Eatsの専業化。

日々失われている自身の時間という財産を獲得したい方は、固定費を下げてUber Eatsの専業化を行うことにより一定の時間を生み出すことが可能です。

特に副業が軌道に乗りそうな場合、セーフティとしても機能するのでUber Eatsの専業化は上手に利用することで大きなリターンを狙うことができます

ただし専業で活動する場合はアカウント停止リスクや他社サービスとの使い分けといった、自身での戦略が必要不可欠です。

そんなUber Eatsの専業化を目論んでいる場合には、収入源のリスクヘッジや選択肢の増加として複数サービスの登録を検討してみては如何でしょう。

\登録はこちらから/

 

 

 

 

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集