food panda

food pandaの気になるインセンティブ・ランクボーナス・クエスト事情まとめ

food panda インセンティブ クエスト ボーナス
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
現役配達パートナー
現役配達パートナー
「food pandaの利用を検討しているが、インセンティブやクエスト、ブースト事情が気になる」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

ドイツ発端のフードデリバリーサービスであるfood pandaですが、他社サービスと異なる点が多いサービスです。

そこで当記事ではfood pandaの気になるインセンティブやボーナス、クエスト事情について詳細を解説。

解説ポイント
  • food pandaのインセンティブ事情
  • food pandaで稼働するデメリット
  • food panda以外におすすめのフードデリバリー

以上の項目について解説しているので、food pandaのインセンティブ事情が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

food pandaのインセンティブ事情

food pandaのインセンティブ事情について、以下の3項目を深掘りしていきます。

深堀りポイント
  • food pandaのランクボーナスとは?
  • food pandaのクエストとは?
  • food pandaのブーストとは?

それぞれ、順を追って解説していきましょう。

food pandaのランクボーナスとは?

food pandaではライダーをランクごとに評価した「ランクボーナス」制度を採用しています

ランクボーナスはランクが上がるにつれて、food pandaでより効率的に稼ぎやすくなるシステムです。

ランクは6を最下層として、順番に1〜6の六段階評価が行われています

food pandaでは他社サービスと異なり、事前に働く時間を申請するシフト制度が採用。

ランクが上がると優先的にシフトを確保することが可能なので、高ランカーほど必要に応じてシフトを自由に組み替える権限を獲得できます

  • ランク1:水曜日15:30
  • ランク2:水曜日20:30
  • ランク3:木曜日15:30
  • ランク4:木曜日21:00
  • ランク5:木曜日21:00
  • ランク6:水曜日20:30

基本的には配達を行えば行うほどランクが上がっていくシステムですが、一定条件下ではマイナスに響くことも

一例としてシフトの時間以内に指定したエリアでアプリのオンラインを行わない「遅刻」などで評価が下がってしまいます。

とはいえfood pandaはフードデリバリー最大の魅力である、「いつでも働ける」というメリットを受けることができないので注意が必要でしょう。

food pandaのクエスト事情

food pandaではUber Eatsのように、常時開催されているクエスト機能は残念ながら国内では備わっていません

ただし海外ではクエスト機能の実装などが行われているため、今後のアップデートに注目です。

food pandaのブーストとは?

food pandaでは指定エリア内にて、期間限定でブースト報酬が獲得できるイベントが開催されることも。

事例として2020年11月には広島の週末に、ランチタイム・ディナータイムに配送を行うと配達一件ごとに100円の報酬が加算されるイベントが開催されていました

ただし応答率を80%〜90%以上を維持するなどの条件が備わっているため、他社サービスとの違いに注意して配送する必要があるでしょう。

条件は開催されるイベントで案内される条件内容を熟読した上で、ブーストを狙っていく必要があるので注意が必要です。

food pandaで稼働するデメリット

food pandaのインセンティブ事情を解説したところで、以下の4項目に関しても概要を紹介していきます。

深堀りポイント
  • シフト制のため、いつでも働くことができない
  • 配送可能なエリアが限られている
  • ピックアップ店舗での長時間の待機が多い
  • 配達依頼は少なめなので他社サービス登録は必須

それぞれ順を追って、詳細を解説していきましょう。

シフト制のため、いつでも働くことができない

food pandaは数あるフードデリバリーサービスの中でも、完全シフト制が採用されている特殊なサービスです。

そのためUber Eatsや出前館のように、好きなタイミングで自由に働けるメリットを受けることができません

配達員が過剰に発生する避難先としては優秀ですが、高ランクを維持していなければシフトを確保することができないことも。

高ランクを維持し続けるメリットはあまりないため、food panda以外のフードデリバリー複数で稼働を行う方が効率的に稼げることが予想されるでしょう。

配送可能なエリアが限られている

food pandaは他社サービスと比較すると、配達可能なエリアが限られているフードデリバリーサービスです。

そのため地方都市によっては、残念ながら選択肢として採用することができないことも。

ですが今後はサービスエリアの拡大が予想されているため、今後の方針に期待が持てるのではないでしょうか

配達依頼は少なめなので他社サービス登録は必須

food pandaは他社サービスと比較すると、配達依頼はどうしても少なめのフードデリバリーサービスとなっています。

そのため一社だけに依存してしまうと注文依頼がこないため、時間に対しての報酬が極度に下がってしまうことも。

対策としては複数のフードデリバリーサービスを登録し、同時にオンラインにすることで仕事受注確率を上げることが可能。

加えて他社サービスの良いところ取りを行えるなど、選択肢が大幅に広がるので効率良く稼ぎたい方は是非検討してみては如何でしょうか。

food pandaと同時登録がおすすめのフードデリバリーサービス

結論としてfood pandaは配達依頼が少なめのサービスのため、他社サービスとの複数利用がおすすめです

ですが気になるのが複数登録を推奨する理由や、登録するサービスの候補ではないでしょうか。

そこでフードデリバリーサービスは複数登録がおすすめな理由や、具体的に同時登録におすすめのサービス例について以下の4項目を紹介してきます。

深堀りポイント
  • 複数サービスの利用を推奨する理由
  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDiFood

それぞれの項目について、順を追って解説していきましょう。

複数サービスの利用を推奨する理由

複数サービスの登録をおすすめする最大の理由は、鳴らない時間が続く確率を極力軽減するためです。

food pandaに限らずデリバリーサービスで稼ぐ上で、時給を大きく下げてしまう原因が「鳴らない時間」。

最低時給補償制度が採用されていない限り、完全成果報酬が採用されているデリバリーサービスは1円も報酬が発生しません

その解決策が複数サービスで同時オンラインを行い、注文依頼が来る確率を高くする方法です。

またfood pandaやChompyなど、事前にシフトを申し込む制度が導入されているサービスは配達員が過剰になることがありません

そのため気候が心地よい春・秋の晴天下など、サービスを使い分けることで閑散期でも安定した仕事受注を実現することができます。

フードデリバリーサービスでガッツリ稼ぐためには、1社だけではなく複数のサービスを利用して立ち回るのがおすすめですよ。

そんな複数登録の候補となるデリバリーサービスの一例についても、順を追って紹介していきましょう。

Uber Eats

food pandaと同じく、配車サービスで大きく成長したフードデリバリー×ITの生みの親であるアメリカ発端の世界企業が「Uber Eats」。

Uber Eatsは日本で現在、トップレベルのシェア率と知名度を誇り対応エリアの広さや注文数の多さが魅力のサービスとなっています。

また服装に制限がなく、シフト制を採用していない都合上から気軽に働ける環境が最大の魅力

注文数が安定していることから、最初にデリバリーサービスで稼ぐのに登録は必須のサービスとも言えるでしょう。

Uber Eatsに登録を行っていない方は、この機会に登録を行い1度配達してみて利用感を確かめてみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

またサービスの詳細に関しては、以下の記事で概要を解説していますので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

出前館

日本で全国展開を行うフードデリバリー界の上場企業、「出前館」も一部地域で業務委託の募集をはじめました。

「出前館」ではインセンティブなど、他社サービスのようなボーナス制度は一切採用されていない代わりに高額な配達基本料金が最大の魅力。

一件あたり最低650円が保証されており、一時間以内に2回配達するだけで最低時給並の報酬を叩き出すことが可能です。

勿論効率よく配達が行えれば、更に高い時給を実現することも可能な稼ぐことに特化したサービスともいえるでしょう。

\公式HPはこちら/

 

DiDiFood

法規制が厳しいことからアメリカ企業が参入できず、世界人口最大を誇る中国本土で独自に成長した配車・フードデリバリーサービスが「DiD」

そんなDiDが運営するフードデリバリーサービスに特化した部署が「DiDiFood」で、2020年より日本に上陸しました。

DiDi Foodではレストランまで受け取りに行く、ピックアップまでの距離も報酬として加算されるなど一回あたりの配送料が高額な点が魅力。

加えて業界でもトップレベルに手厚い補償制度を採用しているので、他社サービスより安心して働ける環境が魅力です。

ただし専用バッグを利用しなければ保証の対象街となるため、複数サービスを掛け持ちするのであればDiDiFoodのバッグを利用するのがおすすめでしょう。

\登録はこちらから/

 

food pandaのインセンティブ・ランクボーナス・クエスト事情まとめ

最後にfood pandaのインセンティブ事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • food pandaではライダーをランクごとに評価した「ランクボーナス」制度を採用
  • ランクボーナスはランクが上がるにつれて、food pandaでより効率的に稼ぎやすくなるシステム
  • food pandaではUber Eatsのように、常時開催されているクエスト機能は2021年11月時点では無い
  • 指定エリア内にて、期間限定でブースト報酬が獲得できるイベントが開催されることもある

food pandaのインセンティブ事情が気になっている方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

food pandaはシフト制を採用しているため、どうしても他社サービスのような自由な働き方ができない点がデメリット。

ですが他社サービスと複数登録を行うことによって、それぞれの特性を活かしながら稼働することができます

リスクを分散し仕事の受注確率を高めるためにも、複数フードデリバリーサービスの登録を検討してみては如何でしょうか!
フードデリバリー 複数 兼業 掛け持ち 可能
Uber Eats・menu・出前館は同時に複数掛け持ち・併用稼働は可能?登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsを初めてmenuや出前館の他社デリバリーサービスの利用を検...
Uber Eats menu 出前館 比較 稼げる
Uber Eats・menu・出前館フードデリバリーサービス3社を徹底比較本当に稼げるのはどれ? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年のサービス拡大に伴い、副業としての選択肢が広がり続けるフードデリバリーサ...
DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集