DiDi Food

出前館vsDiDi Food !?比較・違い・登録前に知らないと後悔する押さえておきたいポイントとは…?

出前館 DiDi Food 違い 比較
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「出前館とDiDi Foodの登録を検討しているものの、違いがイマイチ分からない」

このような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

Uber Eatsが日本へ上陸し、一般的にも認知され始めたフードデリバリーサービス。

ですが近年のUber Eats報酬下落から、複数フードデリバリーサービスの利用を検討せざるを得ない状態となっております

そこで当記事では選択肢となる出前館とDiDi Foodについて、当記事ではメリット・デメリットをそれぞれ深掘り・比較しながら詳細を解説していきます

双方の違いがイマイチ分からない方にピッタリな内容になっていますので是非参考にしてみてくださいね!

出前館をDiDi Foodと比較したメリット

出前館のメリットとして以下の2点について解説していきます。

  • 配達注文が多い
  • 1件当たりの報酬が高い

それぞれ順番に解説していきますね!

配達注文が多い

フード&ドリンク関連アプリのランキング 「eMark+」より
(分析期間:2021年4月、対象デバイス:スマートフォン)

出前館をDiDi Foodと比較した、最大のメリットは配達注文が多いことです。

上記画像はまなみなのグルメ関連アプリとフードデリバリーアプリのユーザー数の結果。

出前館の利用ユーザー数・所持ユーザー数とDiDi Foodの利用ユーザー数・所持ユーザー数を比較してみましょう。

すると出前館はDiDi Foodと比較して、利用・所持ユーザー数が8倍以上であることが確認できるのではないでしょうか

DiDi Foodは、広島・宮城・愛知等2021年度にサービスを開始したばかりのエリアもあり、配達注文が少ないエリアも多数。

加えてマクドナルド等大手ファーストフードチェーンの加盟店がまだまだ少ないため、出前館と比べて、配達注文は少ない傾向にあります。

これは多額の資金調達に成功した出前館が、2021年に力を注いだ広告予算の都合とも考察されますね!

1件あたりの報酬が高い

出前館・DiDi Foodと比較したメリット2つ目が、1件あたりの配達報酬が高いこと。

出前館は現在、フードデリバリーの中で1件あたりの配達報酬が1番高いのが実情です。

都内では2022年時点で、配達1件あたり最大1500円程度報酬を受け取ることができます

都心以外のエリアでも、基本的に全エリア1件あたり700円程度配達報酬を受け取ることができるでしょう

1時間で2件配達すると1,400円という高時給を達成できるのも、出前館を利用するメリットの一つです。

出前館をDiDi Foodと比較したデメリット

出前館をDiDi Foodと比較したデメリットは以下2点です。

  • 他社サービスとの併用稼働がしにくい
  • 現金決済は拠点での清算が必要になる

それぞれ順を追って詳細を解説していきましょう。

他社サービスとの併用稼働がし辛い

デメリットの1つ目として、出前館は他社サービスと併用稼動し辛い点

出前館配達員のアプリは自動差配システムです。自動差配システムとは配達アプリ上に現在の注文が全て一覧で表示されるシステムです。

稼動中の配達パートナーが、一覧表示された注文を早押しで受け取ります。

つまり早押し制のため、配達稼動中出前館の配達アプリを常時起動しておかなければいけません。

そのため結果として、他社のデリバリーサービスと併用稼働がし辛い点に注意が必要です。

出前館で稼ぎたいと考えた場合、以下のように対処法が限定されます。

  • 出前館だけで稼動する時間帯に切り変える
  • スマホの端末を別に購入し、2台で稼動する

そのため土日限定で稼動している副業配達パートナーには相性が悪くおすすめできないでしょう

現金決済は拠点での清算が必要になる

デメリットの2つ目が、現金決済注文は拠点での清算が必要であることです。

拠点から自宅まで遠い配達パートナーは、現金決済の清算のために時間を捻出しなければいけません。

DiDi Foodは基本的にUber Eatsと同じ仕組みが採用されており、配達報酬から現金受取分が相殺される仕組みとなっています

結果として出前館は現金決済の場合、拠点での清算に時間を捻出する必要があるため通勤の手間が増える点に注意しましょう

DiDi Foodを出前館と比較したメリット

DiDi Foodのメリットは次の2点です。

  • リクエストの応答レベルを調整できる
  • アプリをバックグラウンドで起動できる

それぞれ順番に解説していきましょう!

リクエストの応答レベルを調整できる

DiDi FoodはUber Eatsと同じく、配達リクエストを受け取るシステムが採用されています

しかしUber Eatsと異なる点が1つあり、DiDi Foodでは受け取る配達リクエストを自動・手動受取で選択できる点です。

自動受け取りの場合には配達リクエストを全て受け取ることになるため、手動受け取りと比較して配達リクエストが受け取りやすくなります。

そのためリクエストの応答レベルをユーザーで調整できるのもDiDi Foodならではの特徴です。

バックグラウンドで稼働できる

DiDi Foodのメリットは、配達アプリをバックグラウンドで稼動できることです。

別のアプリを起動したまま稼働できるため、他社サービスと並行稼働しやすいのもDiDi Foodならではの特徴。

DiDi Foodの配達注文が多い時期は自動受け取り・注文数が他社の方が多い場合、手動リクエストに切り変えて稼働できます。

DiDi Foodを出前館と比較したデメリット

DiDi Foodを出前館と比較したデメリットは以下3点です。

  • 配達リクエストが少ない
  • 配達1件あたりの報酬が低い
  • キャッシュレス決済のみでの稼動ができない

それぞれ詳しく詳細を解説していきます。

配達リクエストが少ない

サービス名 大手チェーン店の加盟ブランド数
DiDi Food 約15ブランド
出前館 約40ブランド

 

DiDi Foodは2021年サービスを開始したエリアでは、大手チェーン店の加盟店が少ないエリアも珍しくありません

実際に、出前館とDiDi Foodを名古屋市中区栄で検索してみました。

大手チェーン店のブランド数を集計した結果が上の表です。

出前館とDiDi Foodで3倍近く大手チェーン店の加盟ブランド数に差があることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

今回の集計結果は大手チェーン店のブランド数を集計したもので、加盟店舗数で比較すると3~4倍以上店舗数の差が出てくるでしょう

DiDi Foodは加盟店が少ないため、配達リクエストも少なくなります!

配達1件あたりの報酬が低い

DiDi Foodのデメリット2つ目は、配達1件辺りの報酬が低いことです。

受取料金 受渡料金 距離料金
自転車 約140円 約150円 約50円
バイク 約150円 約150円 約50円

DiDi Foodの配達1件ごとの、大まかな報酬をまとめたものが上の表です。

DiDi Foodでは、配達報酬が受取料金・受渡料金・距離料金で算出されます。

上の表を参考にすると、配達報酬は400~600円程度になることが多いでしょう。

ただし出前館のように早押し制ではないため、確実に配達リクエストを受け取ることができます

素早く判断するのが苦手な人は、DiDi Foodを選ぶのがおすすめです。

キャッシュレス決済のみでの稼動ができない

DiDi Foodは残念ながらキャッシュレス決済のみの稼動ができません

そのため現金支払い用のお釣りを準備して、稼働する必要がある点にも注意が必要です。

現金を携帯して稼動したくない・確定申告の処理が面倒という人は出前館・menu・Uber Eatsで稼動した方が良いでしょう。

出前館が他社サービスより優れているポイント

出前館が他社サービスより優れている点を解説します。

  • 拠点で担当者と直接コミュニケーションを取りたい人
  • 予約注文等エリア全体の注文を確認できる

それぞれ順を追って、概要を紹介していきます。

拠点で担当者と直接コミュニケーションを取りたい人

出前館では基本的に配達業務中の報告連絡等が必須のため、拠点の担当者とコミュニケーションを取る機会が多いです。

頻繁に顔を出すと周囲に覚えられるため、配達員としての仲間や同士をさらに増やしたいと考えている人におすすめできます。

twitterでは現場でのリアルな情報を得るのに時間がかかることもあるため、拠点に出向いてコミュニケーションを取れるのは大きなメリットになるでしょう。

予約注文等エリア全体の注文を確認できる

出前館の配達アプリは、配達注文を一覧で確認することができます

他社サービスでは残念ながら、他の注文の詳細は一切確認する事ができません。

どのエリアで稼動すると注文が来やすいか等、大まかに把握することができるのも出前館特有のメリットです。

\公式HPはこちら/

 

出前館の配達員登録におすすめの人物像

出前館の配達員登録におすすめの人物像は以下2点です。

  • 原付・軽貨物で稼働できる人
  • デリバリー配達員として専業で働きたい人

それぞれ順番に解説していきましょう。

原付・軽貨物で稼働できる人

出前館では、自転車より原付・軽貨物で稼動する方が稼ぎやすいです。

報酬の算出方法は、出前館では配達1件辺りで算出されます。

配達注文を自分で判断して受け取る必要があるため、エリアを跨いで稼動した方が効率よく配達注文を受け取りやすいでしょう

自転車で稼動するとエリアを跨いで稼動することが気軽にできないため、原付・軽貨物で稼働できる人がおすすめです!

デリバリー配達員として専業で働きたい人

次におすすめしたい人が、配達員として専業で働きたいと考えている人です。

専業配達員として稼動する場合、時間制限なく稼働することができます。

具体例をあげるとUber Eatsのピーク時間が過ぎて、1件あたり300円の配達が増えたタイミングで出前館に切り替えることも可能です。

副業配達員の場合、本業や休憩時間も考慮すると、稼働できる時間帯が限定されます

DiDi Foodを含め、他のフードデリバリーで稼動した方が安定して稼ぐことができるため逃げ道としても出前館の登録がおすすめです!

DiDi Foodが他社サービスより優れているポイント

DiDi Foodが他社サービスより優れている点について解説していきます。

  • 配達員登録が早い
  • 商品受け取り前に正しい配達先の住所がわかる

それぞれ順を追って詳細を解説してきましょう。

配達員登録が早い

DiDi Foodは配達員登録が早く、登録フォームに記入し必要書類を提出した後にアカウント承認まで3~4日で登録が完了します

Uber Eatsはアカウント発行までに約1週間程度かかるため、DiDi Foodのアカウント承認が早いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

他社サービスはアカウント登録完了までに1ヶ月程度掛かることも珍しくないため、手軽にアカウント登録して始めたい方はDiDi Foodがおすすめです。

DiDi Foodのおすすめポイント2:商品受け取り前に配達先の住所がわかる

次に、DiDi Foodのおすすめできる理由は商品受け取り前に配達先の住所がわかることです。

Uber Eatsでも2021年5月のシステム改定後、配達先・お届け先の住所が事前に確認できるようになりました。

他社サービスでも事前に確認できますが、残念ながら配達リクエストを受け取った後は商品受け取り前まで確認できません

正確なお届け先を事前につかんで効率よく配達することができるのも、DiDi Foodが他社サービスより優れているポイントです。

DiDi Foodの配達パートナー登録におすすめの人物像

DiDi Foodの配達パートナー登録におすすめの人物像は次の2点です。

  • Uber Eats等他のデリバリーサービスと併用稼動したい人
  • 副業を手軽に始めたい方

それぞれ順番に紹介してきます。

Uber Eats等他のデリバリーサービスと併用稼動したい人

DiDi Foodの配達パートナー登録におすすめな人は、フードデリバリーで併用稼働したい人です。

理由としてはDiDi Foodは新規にサービスを開始したエリアでは、配達リクエストを受け取ることが難しいのが実情となっています。

大手チェーンの加盟店も今後徐々に増加傾向のため、今後利用ユーザー数が増えることも予想されますが注文数が心元ないのが正直な感想。

そのためmenu・Uber Eatsと併用稼働したい人と相性がピッタリです!

特にUber Eatsは、2021年以降の報酬改正により稼ぎにくくなっています

デリバリーサービスと掛け持ちして、配達リクエストをたくさん受け取りたいと考えている方にDiDi Foodはおすすめです。

副業を手軽に始めたい人

結論として、副業を手軽に始めたい人にもDiDi Foodはおすすめです。

理由としては配達完了登録まで1週間かからず、登録することが可能なため。

デリバリーバッグもデポジット型のため、バッグを購入しないで始めることができるのも嬉しいポイントです。

DiDi Foodでは更に、配達稼動に必要なレンタサイクルの案内等も受け取ることができます!

Uber Eatsや他社ではデリバリーバッグを購入しなければいけないため、手軽に始めたい人におすすめでしょう。

\DiDi Foodの会員登録はこちらから/

出前館vsDiDi Food・それぞれの違いや概要まとめ

DiDi Foodと出前館を配達員のメリット・デメリットについて比較検討したところで、説明した内容をまとめていきましょう。

  • 出前館の方がDiDi Foodと比較すると利用ユーザー・加盟店数が多い
  • 出前館は専業配達員や配達員としてしっかり稼ぎたい人におすすめ
  • DiDi Foodはアプリを起動したまま他のアプリを利用できるため他社サービスと併用稼働におすすめ
  • DiDi Foodはデリバリーバッグがデポジット型で配達パートナーのアカウント登録が早い

出前館とDiDi Foodでの登録を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

2021年の報酬改正により報酬が下落気味なUber Eatsの避難先としても人気が高い出前館とDiDi Food。

特に巨額の資金調達に成功した出前館は2021年以降認知度が向上しており、報酬額も高額と人気の高いフードデリバリーサービスの一つです。

まずは双方の登録を行い、一度利用感を確かめてみて自分にピッタリのフードデリバリーサービスを探してみてはいかがでしょう!

\出前館の公式HPはこちら/

 

\DiDi Foodの会員登録はこちらから/

DiDi Food 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集