Uber Eats

Uber Eatsや出前館などのフードデリバリーで125cc バイクって稼げるの?自転車・50cc・125ccの3種を経験した感想

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「Uber Eatsや出前館で125ccバイクを利用した副業を考えている」

このような検討している方で気になるのが、125ccバイクの稼働事情ではないでしょうか。

そこで「ママチャリ・50ccバイク・125ccバイク」の3種類でUber Eatsでの副業を経験した私が現場での事情を紹介。
解説ポイント
  • ぶっちゃけ125ccバイクって稼げるの?
  • 125ccバイクの注意点
  • 複数登録におすすめのサービス

以上の3項目について解説しているので、125ccバイクを利用したUber Eatsでの副業を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ぶっちゃけ125ccバイクって稼げるの?

渡した使用しているバイクはジモティで7万円程度で入手した、SUZUKIのアドレスと呼ばれる125ccバイクです。

その以前ではYAMAHAのギアと呼ばれる50ccバイクを、帝都産業のレンタルで半年近く利用していました。

そんな125ccバイクを実際に利用した感想について、以下の内容を深掘りしていきます。

深堀りポイント
  • かなり安定して仕事を受注できる
  • 原付よりも配達ペースが明らかに早い
  • 交通違反で原付より捕まりにくい

以上の内容について、それぞれ順を追って解説していきましょう。

かなり安定して仕事を受注できる

結論から言うと125ccバイクは少数派のためか、かなり安定して仕事を受注できる印象です。

Uber Eatsなどのフードデリバリーでは自転車とバイクでアルゴリズムが異なると言われており、 配送方法によってマッチング。

125ccは免許の都合上から利用できる人物が必然的に少なくなるので鳴りやすく、注文を獲得するライバルが少なくなります。

Uber Eatsでは通称スリコと呼ばれる配送料金の下落報告が目立ちますが、2022年2月時点では125ccでは十分稼げる印象です。

また自転車とことなり疲れにくいので、必然的に長時間の稼働もできるようになるため稼ぎやすい配送方法だと言えるでしょう。

原付よりも配達ペースが明らかに早い

原付から125ccバイクに変更した時の第一感想は、明らかに配送ペースが早いことを体感することができます

これは恐らく30kmのスピード制限や二段階右折などの制約が無くなったためだと予想されますが、配送ストレスが明らかに軽減。

また長距離配送による距離加算もスピード制限解除により稼ぎやすくなるのも、125ccバイクの特徴です。

交通違反で原付より捕まりにくい

125ccは速度制限や二段階右折といった制限を解除できるので、必然的に50ccバイクより捕まるリスクを軽減することができます。

フードデリバリー最大の難点は警察による交通違反の罰金・点数原点で、場合によっては1日の稼ぎが飛んでしまうことも。

余り推奨できませんが、すり抜け性能も車種によっては抜群なので運転していてパトカーも積極的に狙っていない印象を受けます。

ただし昼間のアクセル回し心地良好な陸橋や直線通路では白バイ、深夜帯では多数のパトカーに狙われているので注意が必要です。

125ccバイクの注意点

125ccバイクの感想を紹介していきましたが、フードデリバリーで125ccバイクを選択する注意点に関しても解説。

深堀りポイント
  • 普通免許で乗れない
  • 郊外にやたら飛ばそうとしてくる
  • 長距離配送がメインで消耗費用が発生

以上についても、詳細を紹介していきましょう。

普通免許で乗れない

125ccバイク最大の参入障壁は、普通免許が使えず小型二輪や中型二輪といった免許がなければ乗ることができない点です。

そのため別途で免許を取得する必要があるため、一定の費用や時間を捻出しなければいけません。

普通免許を取得済みで、追加で自動車学校にて免許を取得する場合の費用目安としては以下の通り。

  • 小型二輪6〜10万円
  • 中型二輪10〜25万円

普通免許を持っている場合には筆記試験は必要なく実技のみのため、習い事感覚で取得することが可能です。

数ヶ月稼働すると十分元が取れる費用なので、本気で稼ごうと試みている場合には検討してみては如何でしょう!

郊外にやたら飛ばそうとしてくる

125ccバイクの場合、配送距離の長い仕事が優先して周ってきやすい都合上から市街地から郊外へ配送する依頼が来やすいのも特長

そのため住んでいる場所によっては、出発時から遠方に飛ばされやすく帰宅する時間を考慮しなければいけないことも。

またヒートマップエリアに辿り着いても遠方に飛ばされやすく、出前館のようにエリアごとに限られたサービスでなければ拠点が安定しない点も125ccのデメリットです。

地域によっては125ccバイクで行くと帰ってこれなくなるようなエリアも存在するので、仕事を選びながら立ち回る必要性がある点に注意が必要でしょう。

長距離配送がメインで消耗費用が発生

125ccバイクは長距離の仕事依頼がメインになるため、走行距離が伸びやすくバイクの各消耗品も痛みやすい点もデメリット。

車検はありませんが、ガソリン代以外にも以下のような消耗品や固定費が月々と発生してしまいます。

  • オイルフィルター
  • エアクリーナー
  • バッテリー交換
  • タイヤ交換
  • プラグ
  • その他故障部品
  • 自賠責保険
  • 任意保険

また自損事故などがカウルが割れるなど、車体の修繕費用が発生した場合には決して安いとは言えない修繕費費用も発生

オイル交換・バッテリー交換といった頻度の高い整備は、業者に依頼すると結構な値段が固定費として発生する点にも注意が必要です。

自分で整備ができれば安く済むため最低でもバッテリー交換・オイル交換関係の整備は覚えれるようになりたいですね。

複数登録におすすめのサービス

125ccバイクの事情を紹介したところで、フードデリバリーで検討したいのが複数のサービス登録

一つのサービスに依存していると、万が一アプリの利用が停止になってしまった場合は稼ぐ手段が消滅してしまいます。

ですが複数登録を行っておくことで、もしもの際にも改めて別サービスで収入源を確保することが可能です。

また各サービスは登録後に活動できるまで数日程度掛かるサービスも珍しくないため、事前に登録を済ませておくのがおすすめですよ。

そんな複数登録に最適なフードデリバリーサービスの一例として、以下の3サービスを順を追って解説していきます。

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

それぞれ順を追って解説していきましょう。

Uber Eats

日本国内のフードデリバリーサービス先駆者であり、認知度トップの米国企業Uber Eats

Uber Eatsでは新料金改定により自転車勢が300円報酬に引き下げられる中、バイク配達クルーの報酬に大きな影響が及んでいない印象です。

また他社サービスと異なり国内で長期間運営するノウハウを兼ね備えており、ピンズレなどのトラブルが年々改善傾向に。

2021年には徒歩配送サービスも開始し、リモートワークで運動不足気味の方とも相性が良好です。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達Uber Eats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUber Eatsの新システム「徒歩...

加えて料理破損といった補償も手厚く、初めて配送を行う方には特に最適なフードデリバリーサービスとなっています。

これから副収入源を確保したい方に選択肢の一つとして優秀なサービスなので、一度も配送を行った事がない方はこの機会に登録してみては如何でしょうか

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

出前館

125ccバイクを利用するのであれば、是非登録を検討したいのが国内でもトップクラスの規模を誇る「出前館」です。

出前館ではクエストやインセンティブといった追加ボーナスは期待できないものの、デメリットを上回る基本料金の高さが魅力。

またLINEと提携したことによる資金調達により、配達員にも還元されている都合から非常に稼ぎやすいサービスとなっています

加えてエリア毎に配達範囲が限られているため、遠方に飛ばされて帰宅する時間で消耗する心配がないのも嬉しいポイント。

1時間以内に2件以上配達するだけで最低時給を上回る効率を体感してみたい方は、ぜひ一度登録を検討してみては如何でしょうか。

\公式HPはこちら/

 

さらに詳しい詳細は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方はご参考ください!

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

 

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

近年勢い付いている中国発端のフードデリバリーサービスが「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」です。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)は全フードデリバリーサービスの中でも保証が手厚く、自由出勤が可能。

Uber Eatsの弱点である、料理受け取り先のレストランまでの配送距離も報酬として換算されます

今後も豊富な資金力を生かした大々的なサービス拡大が予想されているので、是非同時登録の選択肢として採用したいサービスでしょう。

まずは活動予定のエリアがDiDi Food (2022/5/25サービス終了)が対応しているか、公式HPから確認してみましょう。

\DiDi Food (2022/5/25サービス終了)の公式HPはこちらから/

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

 

125ccバイクを利用したUber Eatsでの副業概要まとめ

最後に125ccバイクを利用したUber Eatsでの副業概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 125ccバイクは少数派のためか、かなり安定して仕事を受注できる印象
  • Uber Eatsでは通称スリコと呼ばれる配送料金の下落報告が目立ちますが、2022年2月時点では125ccでは十分稼げる印象
  • 原付から125ccバイクに変更した時の第一感想は、明らかに配送ペースが早いことを体感することができる
  • 125ccは速度制限や二段階右折といった制限を解除できるので、必然的に50ccバイクより捕まるリスクを軽減
  • 125ccバイク最大の参入障壁は、普通免許が使えず小型二輪や中型二輪といった免許が必要
  • 125ccバイクは長距離の仕事依頼がメインになるため、走行距離が伸びやすくバイクの各消耗品も痛みやすい

125ccバイクを利用したUber Eatsでの副業を検討している方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

好きな時間に、好きなタイミングで働くことが可能な画期的なサービスを生み出したUber Eats。

高い認知度による安定した仕事の受注数が魅力で、フードデリバリーで稼ぐには登録は必須とも言えるサービスです。

登録自体は完全に無料なので、まずはUber Eatsの登録を済ませ利用感を確かめた後に他社サービスの利用を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

その他Uber Eatsの詳しい詳細に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・やり方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...
Uber Eats レストランパートナー募集
出前館 配達パートナー募集