Uber Eats

Uber Eats VS 出前館 業務委託のメリット・デメリット・違い・双方の登録におすすめな人物像

出前館vsUber Eats
「Uber Eatsと出前館って、結局業務委託はどちらのほうが良いの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

2021年以降猛烈なトップシェア争いを繰り広げるフードデリバリーサービスであるUber Eatsと出前館。

ですが今後フードデリバリーで副業を行う場合には、どちらから始めていけば良いか分からない方も多いのではないでしょうか

そんな悩みを抱えている方に向けて、Uber Eatsと出前館の双方で業務委託を行う私が各サービスのメリット・デメリットについて詳細を解説。

解説ポイント
  • Uber Eatsのメリット
  • Uber Eatsのデメリット
  • 出前館のメリット
  • 出前館のデメリット

以上の項目について解説しているので、Uber Eatsと出前館で登録を悩んでいる方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Wolt 初回注文(アプリ用)


初めての注文で合計¥3,000(600x5)クーポン付与!
【コード:WJPAFI】



\日数は残りわずか!いますぐ登録/
出前館 配達パートナー募集


Uber Eatsのメリット

Uber Eatsの最大のメリットは、大きく分けて以下の3つです。

深堀りポイント
  • 初めてでも安心して働ける風潮や補償
  • 数々のインセンティブでゲーム感覚で稼げる
  • トップシェア率ならではの注文数の多さ

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

初めてでも安心して働ける風潮や補償

結論から言うとUber Eatsは数あるフードデリバリーサービスの中でも、トップレベルの補償の手厚さを誇っています

特に料理破損時にはUber Eats側が料理の負担を行う上に、配送料金まで対応されるという安心感が魅力的。

レストランの中には梱包が甘い料理を運ばざるを得ないことも珍しく無いので、補償の手厚さはプレッシャー無く働けるポイントです。

もちろん余りにも頻繁に料理破損が発生する場合にはアカウント停止のリスクが向上するため、料理破損ゼロを目指して配送を行いましょう。

数々のインセンティブでゲーム感覚で稼げる

Uber Eatsはクエストやブースト、ヒートマップエリアといった多数のボーナス制度が用意されており、報酬を加算できる仕組みが数多く採用されています。

そのためゲームの経験値集めに近い感覚で報酬を加算する事ができるため、楽しんで稼ぐ事ができるのもUber Eats特有の魅力。

更に注文者へチップの催促を行う機能により、チップ支払い確率が高いのもUber Eatsならではのメリットです。

そのため業務というよりゲームに近い感覚で焦らず稼ぐ事ができるため、始めてフードデリバリーサービスで副業を行う方にも最適なサービスとなっております。

トップシェア率ならではの注文数の多さ

Uber Eatsは数あるフードデリバリーサービスの中でも、最も早く日本国内で展開を行い認知度を高めたサービスとなっています。

そのため注文者の認知度もトップクラスで、注文数が多く広い地域で安定した仕事量を期待する事ができるサービスです。

フードデリバリーでは、料理の注文がない「鳴らない時間」を如何にゼロにすかが稼ぐための鍵。

対応エリアも幅広く、地方郊外でも市街地で稼ぐことができる唯一無二のサービスではないでしょうか。

Uber Eatsのデメリット

Uber Eatsでのメリットを紹介したころで、次にデメリットの数々についても解説。

深堀りポイント
  • 配達パートナーの報酬が下落気味
  • 遠方に飛ばされやすい

以上についても、詳細を紹介していきましょう。

配達パートナーの報酬が下落気味

残念ながらUber Eatsでは、徐々に報酬が下落しているのが現状です。

理由としては新型コロナウイルスの影響により、世界的収益のメインであるUberの配車事業へ致命的なダメージを受けているのが予想されるため。

Uber EatsはUber社の中でもサブ的事業のため、赤字を補填できていないのが実状のようです。

更に2021年以降は報酬額が300円という、通称「スリコ」と呼ばれる現象も度々発生しております

そのため徐々に低報酬化している点は、Uber Eatsで稼ぐ上では残念ながら最大のデメリットとなります。

ただし注文数自体は比較的安定しているため、全く仕事依頼がないサービスよりかは稼ぎやすい点はメリットではないでしょうか。

遠方に飛ばされやすい

Uber Eatsは対応エリアが広いというメリットを持つ反面、バイク配送等は遠方に流されやすいというデメリットも。

そのため金銭の発生しない、無駄な通勤へ時間を割く必要が発生します。

電車通勤と異なり、自転車やバイクを運転して帰る必要があるためスマホでの内職等が行えません

そのため遠方に飛ばされやすいのもUber Eatsが抱えている致命的なデメリットの1つとなっております。

出前館のメリット

Uber Eatsのデメリットを紹介したところで、出前館の業務委託を行うメリットに関しても紹介していきます。

深堀りポイント
  • 数あるフードデリバリー中、最高値の報酬実績
  • ベテランほど高時給を実現しやすい
  • レストラン・注文者の住所が分かる

以上の内容についても、順を追って概要を深掘りしていきましょう。

数あるフードデリバリー中、最高値の報酬実績

出前館は数あるフードデリバリーの中でも、最高値と言える報酬額が最大の魅力です。

特に2022年度初期に行われたキャンペーンでは、1件辺りの報酬が最大2,000円を超える実績も。

特にUber Eatsを初めとした競合サービスとのシェア争いで、配達パートナーを囲い込んでいる印象です。

1時間で平均2件ほど回ることができる事を考えると、インセンティブ時には時給換算が平気で3,000円を超えることも。

ここまでの時給を実現できた事例が他にないのも、出前館の業務委託を行う強烈なメリットではないでしょうか。

ベテランほど高時給を実現しやすい

出前館の業務委託を行うメリット2つ目は、地理に精通したベテラン配達パートナーほど高時給を実現しやすい点

他社サービスと異なり出前館のドライバーアプリは特殊で、住所で大体の位置を把握する必要が求められます。

仕事の受注は基本的に早押しで3件まで仕事を抱える事ができるため、自身で最適なルートを組みながら配送する事が可能

また敢えてエリアを狭めて遠方に飛ばされないようにする戦略を取れるのも、出前館ならではのメリットです。

レストラン・注文者の住所が分かる

出前館はアプリの性質上、レストランや注文車の住所が事前に分かるため自身の行きたい方向に進むことができます

そのため慣れるとパズルのように超効率で周るルートを組み合わせて、時給を高める事ができるのも特徴の一つです。

また自信が郊外エリアであれば出前館で中心部に進みながら、ピークタイムの他社サービスエリアボーナスを回収し自宅に戻るといったテクニックも。

そのため所さんのダーツの旅状態のサービスが多い中、自身で進む方向をコントロールしやすいのも出前館のメリットです。

出前館のデメリット

出前館のメリットを紹介したところで、次にデメリットに関しても概要を深掘りしていきます。

深堀りポイント
  • 料理破損はペナリティ対象
  • 保険制度が無い

以上についても、それぞれ概要を紹介していきましょう。

料理破損はペナリティ対象

料理破損時には料理の費用を負担してくれるサービスが多い中、出前館では料理破損時にペナリティが発生します

料理の破損は汁物や寿司など梱包の甘さにより起きることも珍しくない中、どうしても避けられない場合も。

そのため例えレストラン側の梱包が原因だったとしても、責任が配達パートナーに求められるのも出前館のデメリットです。

保険制度が無い

出前館では配送中の事故に関する保証は、残念ながら他社サービスと異なり一切設けられておりません

日本国内には数ある保険サービスが存在する中、唯一保険制度が設けられていないのが出前館です。

そのためバイク配送の場合には任意保険の加入がなければ登録する事ができない上に、任意保険も業務対応のプランを選ぶ必要があります

出前館で登録を行う際には自転車・バイク共に必ず業務対応の保険プランである任意保険か必ずチェックを行いましょう。

Uber Eatsの登録がおすすめの人物像

Uber Eatsの登録がおすすめな方は、以下の内容に当てはまる方です。



  • 初めてフードデリバリーで副業を行う人
  • 時間制限に煽られたくない人
  • ゲームのように楽しみながら活動したい方
  • 事故・料理破損の保証だけは外せない方
  • 運動習慣としてフードデリバリーを取り入れたい人

Uber Eatsは手厚いサービスと、長年日本国内で運営してきたノウハウが集約されています。

そのため初めてフードデリバリーサービスを行うのであれば、間違えなくUber Eatsを最初に登録するのが最適です。

これから収入源を分散させるためにも、まずはフードデリバリーから副業を取り入れようか考えている方は検討してみると良いかもしれませんね。

 

\いますぐUber Eatsに登録する/

 

また2021年から実装された徒歩配達機能により、Uber Eatsは運動習慣として生活に取り入れることもできます

徒歩配達の概要については、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は是非参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達Uber Eats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUber Eatsの新システム「徒歩...

出前館の登録がおすすめの人物像

出前館の業務委託がおすすめな方に共通するのは、以下の内容に当てはまる方々です。

  • 短い時間でサクッと稼ぎたい方
  • とにかく稼ぎたい方
  • 他社サービスの報酬では物足りない方
  • 時間制限のスリルに燃える、全力で配送したい方
  • 多少のリスクと制限を受け入れる事ができる方

出前館は帽子やバックといった細かい規定や保証が無いというリスクを消し去る程の報酬額の高さが魅力

そのため高時給で一日サクッと稼ぎ、余った時間を別の仕事に投下したい方にも最適なサービスです。

また難易度も他のフードデリバリーサービスと比較すると、最も難易度が高いため技術を持て余したベテランにも最適。

特にUber Eatsで能力を持て余していると感じている能力が高い方は、登録を検討してみると良いかもしれませんね。

\今すぐ登録する/

 

その他出前館の注意事項やルールに関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

出前館 バック 他社
出前館は他社サービスのカバン・バックは利用OK?登録前に押さえておきたいポイントはここ! こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年Uber Eatsを追いかけるようにシェア奪還に向けて、巨額の資金を...

Uber Eats VS 出前館の概要まとめ

Uber Eatsと出前館の登録を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

自身の好きなタイミングで稼ぐ事ができる、画期的な働き方を実現できるフードデリバリー。

そんなフードデリバリーはルールさえ守れば、各サービス掛け持ちがOKのため複数のサービス登録がおすすめです。

一度に複数登録しておく事で閑散期の仕事受注確率UPや、アカウント停止対策の逃げ道を施す事ができます

登録後実際に活動できるようになるまで一定の時間がかかるサービスが大多数なので、できるだけ一度に登録すると時間を無駄にせずに済みますよ。
\いますぐUber Eatsに登録する/

 

\今すぐ登録する/

 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA