Uber Eats

Uber Eatsでレンタルバイクを使用するメリットデメリット・実際に帝都産業で原付バイクをレンタルした感想

Uber Eats レンタルバイク
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「Uber Eats・出前館にレンタルバイクを利用しようか考えているけど、実際どうなの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

シェアリングエコノミーの1つとも言えるバイクレンタルですが、メリットやデメリットではないでしょうか。

そこで実際に帝都産業で原付バイクをレンタルして過去にUber Eatsで活動した私が、レンタルバイク事情について詳細を解説

解説ポイント
  • レンタルバイクのメリット
  • レンバルバイクのデメリット
  • バイクをレンタルしたら同時に登録したいサービス

以上の項目について解説しているので、レンタルバイクの利用を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

レンタルバイクのメリット

レンタルバイクの大きなメリットとして、以下の3項目を紹介していきます。

深堀りポイント
  • 自賠責保険込み
  • オイル交換などのメンテナンス費用が掛からない
  • レンタルが終わったら回収してくれる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

自賠責保険込み

車両を購入すると加入が必須である自賠責保険は、最低1年〜の加盟で費用は1万円近くと初期費用が結構馬鹿になりません

更にパスポートのように長期加入であるほどお得である以上、数年以上の契約が推奨されているため応じて初期費用も高額に。

ですがレンタルバイクであれば自賠責保険込みの値段のため、走行に必要な保険込みという点が嬉しいポイント。

最低1年間の加盟が必要な自賠責と異なり、必要なときだけ利用することができるのもレンタルバイクを利用するメリットの一つでしょう。

オイル交換などのメンテナンス費用が掛からない

レンタルバイクであればオイル交換は掛からないケースが多く、その他車両整備に必要な費用もレンタルショップが負担します

そのため自前のバイクであれば必要なオイル・タイヤ交換などのメンテナンス費用や、故障による高額な出費費用がかからないのもレンタルバイクのメリット。

フードデリバリーは走行距離も長くなり、ストップ&ゴーでガンガン核消耗部分に負担がかかるので自前の車両だと色々なところが傷んできます。

特にベルト切れなど深刻な車両故障は、Uber Eatsなどフードデリバリーで活動した費用が吹き飛ぶほどの修理代が発生することも珍しくありません

またショップによってはレッカーサービスも混みの値段になっている場合もあるため、自前の車両より手厚いサービスもメリットの一つです。

レンタルが終わったら業者によっては回収してくれる

レンタルが終了したら業者によっては、回収してくれる気軽さもレンタルバイクのメリットの一つ

私が利用した帝都産業では車両裏に鍵をテープで貼り付けて、住所を伝えることで立ち会い不要で回収を行なってくれました。

回収を行なってくれる業者であれば、帰宅に車両がなく困るといった面倒さがないのも嬉しいメリットですね。

自前のバイクであれば不要になった車両の処分も、査定に出したりなど何かと面倒なことが多いので返却の簡単さは非常に助かります…!

このような気軽な利用感もレンタルならではで、機会があれば1度自転車のレンタルもやってみたい限りです。

レンバルバイクのデメリット

レンタルバイクの各メリットを紹介したところで、デメリットの数々に関しても紹介。

深堀りポイント
  • ランニングコストが高い
  • 傷つけたら弁償
  • 自由にカスタムできない

以上についても、詳細を解説していきましょう。

ランニングコストが高い

レンタルバイク最大のデメリットは、月額料金が高いショップが多く必然的にランニングコストが高くなる点です。

月額1万円の場合、10ヶ月近く利用すると安い中古スクーターであれば購入できてしまう総合費用になってしまいます。

そのため半年以上の利用が想定される長期の活動を見込んでいる場合や、毎月数日副業で活動したい方にはレンタルバイクはおすすめできません

原付などの小型バイクはフードデリバリー以外にも大活躍するので、直接売買が可能なジモティ等で入手するのがおすすめです。
おすすめ バイク 50 90 125 Uber Eats
Uber Eats・出前館フードデリバリーにおすすめ・最適・便利なバイク選び方を排気量別に紹介50cc・90cc・125cc こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 Uber Eatsを始めとしたデリバリーサービスで効率よく稼ぐた...

傷つけたら弁償

レンタルバイクは転倒事故など、車体に傷をつけてしまった場合には勿論車両を修理する別途費用が発生してしまいます

自前の車両のように自身で修理して安くするといった利用も行えないため、正規の修理費用が高額になることも珍しくありません。

転ぶとミラーが折れる・ウィンカーランプが割れるなど、意外と修理が必要な部分が発生しやすいのもバイクの特徴です。

レンタルショップによっては対物保険をつけることができる場合もあるため、必要に応じて加入することをおすすめします。

自由にカスタムできない

当たり前ですがレンタルバイクの場合、自分の車両のため自由にカスタムすることができません

そのため車両からスマホなどの充電ができる電源を確保したり、防寒のためウィンドシールドを備えたりなど利便性向上のカスタムができないことも。

特に荷台や電源確保、シートの変更などは、配送のストレスを軽減するだけではなく品質も向上できるため気軽に行えないレンタルバイクのデメリットとも言えるでしょう。

同時登録におすすめのフードデリバリーサービス

レンタルバイクの事情を解説したところで、他社サービスの事情に関しても簡単に解説していきます。

深堀りポイント
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)
  • wolt
  • menu

それぞれ順を追って紹介していきましょう。

出前館

LINEを始めとした企業各社から合計800億円の資金調達に成功し、2021年より高額報酬で配達員を囲い込んでいるのが出前館

出前館では1回あたりの高額報酬が魅力で、2021年末のスタートダッシュキャンペーンでは最大2,215円という驚愕の報酬額が魅力です。

また今後は調達した資金で不評の配送アプリ改善を行うなどの予定を告知しており、最も今後の動向に注目されるサービスでしょう。

資金を調達したばかりの早い段階であれば高額報酬を見込めるため、登録配送を行うのであれば早めの実施がおすすめですよ。

\公式HPはこちら/

 

さらに詳しい詳細は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方はご参考ください!

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

2020年より日本に上陸し急速にエリアを拡大している、注目のフードデリバリーサービスが中国発端の「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)ではソフトバンク等から多額の資金調達に成功し、中国企業ならではの巨大な資本力による巨大な後ろ盾の安心感が魅力です。

他社サービスと異なりレストランまでの受け取り距離も報酬として加算されるなど、配達クルーに優しい仕様を採用。

2022年には関東圏進出が噂されるなど、今後の動向に注目したいフードデリバリーサービスです。

既に加盟エリアで活動予定の方は、まずは登録しておいてそんのないサービスの一つではないでしょうか。

\登録はこちらから/

DiDi Food (募集終了)

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

wolt

元々は北欧を中心に展開するフードデリバリーサービスwoltですが、2021年より米国トップシェアのDOORDASHが買収

woltブランドは継続しつつ日本国内で勢いを高める、今後注目のフードデリバリーサービスとなっています。

米国ではダッシュマートと呼ばれる独自コンビニを展開しており、フード以外の配送にも注力している世界企業です。

またwoltではツルハドラッグやCOSTCO等との提携も続々と行われており、双方の独自サービスから一気に拡大する可能性を秘めたサービスではないでしょうか。

woltとDOORDASH(ドアダッシュ)の共に、マッハバイトを経由すると5,000円のキャッシュバックを獲得する事が可能なので登録がまだの方は是非利用を検討してみては如何でしょう。

wolt マッハバイト マッハボーナス
マッハバイト経由のwolt登録事情・マッハボーナスって何?後悔しないために登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 woltなどのフードデリバリーで利用できる、高還元が魅力のマッハバイト。...
ドアダッシとは DOORDASH
DOORDASHって何?東京で配達できるの?他社フードデリバリーサービスとの違いはコレ こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 アメリカに拠点を構える、世界的に最も勢いのあるサービス「DOORDASH...

menu

スマホゲーム開発事業を手掛ける「レアゾン・ホールディングス」が運営する国内産フードデリバリーサービスが「menu」。

「menu」は服装や規約が比較的緩いフードデリバリーサービスで、出前館のような堅苦しい雰囲気が苦手な方に最適なフードデリバリーサービスです。

服装だけではなく配達バックも特に制限を設けられていないため、複数登録として非常に相性の良いサービスとなっております。

また「menu」ではマッハバイトを経由することで最低5,000円のキャッシュバックを獲得することが可能です。

そんなマッハバイトを通じて「menu」に登録する方法については、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

menu マッハバイト マッハボーナス
マッハバイト経由のmenu登録事情・マッハボーナスって何?後悔しないために登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 menuなどのフードデリバリーで利用できる、高還元が魅力のマッハバイト。...

Uber Eats等のフードデリバリーでレンタルバイクを使用するメリット・デメリットまとめ

フードデリバリーでのレンタルバイクを使用するメリット・デメリットが気になっている方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

好きな時間に、好きなタイミングで働くことが可能な画期的なサービスを生み出したUber Eats。

高い認知度による安定した仕事の受注数が魅力で、フードデリバリーで稼ぐには登録は必須とも言えるサービスです。

登録自体は完全に無料なので、まずはUber Eatsの登録を済ませ利用感を確かめた後に他社サービスの利用を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

その他Uber Eatsの詳しい詳細に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・やり方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...
Uber Eats レストランパートナー募集
出前館 配達パートナー募集