food panda

food pandaがサービス終了⁉︎日本部門を撤退し売却した今後のフードデリバリーサービスの動向

food panda 日本撤退
Uber Eats レストランパートナー募集
food pandaがサービス終了するって本当?

こんな感想をお持ちではないでしょうか。

food pandaは2021年22日より、日本部門を2022年に売却することを発表しました。

YouTubeやTV広告など、大々的に広告を打っている大企業のため驚きの声が続出しております。

そこで気になるのがfood pandaのサービス終了による影響ではないでしょうか。

そんな方々のために当記事では、以下の3項目について概要を解説していきます。
解説ポイント
  • food pandaサービス終了の詳細や影響
  • 元々どんなサービスだったのか?
  • おすすめの他社フードデリバリーサービス

以上の項目について解説しているのでfood pandaのサービス終了に伴い、今後の活動を検討している方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

food pandaサービス終了の詳細や影響

food pandaのサービス終了の詳細や、サービス終了に伴う影響について以下の3項目を紹介していきます。

深堀りポイント
  • 日本を撤退した理由
  • 東南アジアではGRUBfoodと並んでシェア率No1
  • Uber EatsVS出前館のトップ争いが続く

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

日本を撤退した理由

結論から言うとfood pandaが日本部門を撤退した理由は、配達員の安定確保ができなかった事が主な理由です。

フードデリバリー業界は配達員が意外と人手不足らしく、全てのサービスの共通点として夜間や悪天候には配達員とマッチしない現象が多発しています。

トップシェア率を誇るUber Eatsでも、配達員とマッチングしない「成熟案件」が後を経ちません。

他社サービスとの競争で人件費も高騰しており、food panda特有のシフト制度から安定して人材確保できなかったのも理由の一つと予想されます

東南アジアではGRUBfoodと並んでトップシェア率

日本や本社ドイツでは撤退を相次いでいるfood pandaですが、タイやマレーシアなどの東南アジアではトップシェア率を獲得

東南アジアでfood pandaは、日本には上陸していないシンガポール発端の配車&フードデリバリーサービス「GRUB Food」と並んでいます。

日本では馴染みが薄いですが、GRUB Foodは東南アジアではUber Eatsを買収し拡大するなどの巨大企業です。

そんなGRUBfoodと対立をなすfood pandaの撤退は、予想していなかった方も多いのではないでしょうか。

Uber EatsVS出前館のトップ争いが続く

日本国内では2021年末時点ではfood pandのシェア率は4位で、トップ企業はUber Eatsと出前館の2社。

特に出前館はLINEなどの多数企業から、巨額の資金調達に成功し2021年は莫大な広告費を導入している印象です。

出前館では調達した資金で国内トップシェアを獲得するため、以下の3項目に注力しています。

  • アプリ開発
  • 広告宣伝費
  • 配達員の報酬UP

2022年には使いづらいと不評だったアプリの大開発が噂されており、今後の動向に注目すべき企業でしょう。

元々どんなサービスだったのか?

日本を撤退するfood pandaですが、実際どのようなサービスだったか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでfood pandaの概要について、以下の3項目について簡単に解説していきます。
深堀りポイント
  • ドイツ発端のフードデリバリーサービス
  • シフト制を設けている特殊な業務形態
  • 2021年にはFOODNEKOを買収

それぞれ、詳細を解説していきましょう。

ドイツ発端のフードデリバリーサービス

food pandaは、ドイツ発端のDeliveryHERO社が運営するフードデリバリーサービスです。

コロナ禍で宅配の需要が高まった2020年に日本へ上陸を果たし、日本以外にも世界各国でサービスを展開。

一回あたりの配送料が高報酬な事や配達員が過剰に集まらない仕組み上、高い人気を誇るフードデリバリーサービスの1つでした。

シフト制を設けている特殊な業務形態

常時自分の好きなタイミングで稼働する事が可能なフードデリバリーと異なり、food pandaは特殊な業務形態を採用。

事前にシフトを募り指定したい時間・場所で稼働を行う必要があるため、過剰に配達員が集中し仕事の奪い合いが発生しません。

そのため春や秋といった配達員が過剰に発生し稼ぎにくくなる季節では、特に高い人気を誇るサービスでした。

日本国内で高シェアを獲得しているフードデリバリーサービスで、シフト制を採用しているサービスがなくなってしまいます。

2021年にはFOODNEKOを買収

food pandaは2021年4月に首都圏を中心に展開していた韓国発端のフードデリバリーサービス「FOODNEKO」を買収

FOODNEKOは高報酬な配達料金に加え、小規模サービスならではの顧客に寄り添ったサポートが魅力のサービスでした。

food pandaと統合後にはサービス概要も全てfood pandaとしてリニューアルを果たし、1年経たずでの撤退という結果へ。

今後も加熱するフードデリバリーサービスのシェア争いに、副業として稼ぎたい配達勢も注目です!

おすすめの他社フードデリバリーサービス

food pandaの概要を紹介したところで、2022年にも登録がおすすめのフードデリバリーサービス3社を紹介。

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)
  • wolt(DOORDASH)
以上4社の概要について、概要を紹介していきましょう!

Uber Eats

日本国内のフードデリバリーサービス先駆者であり、認知度トップの米国企業Uber Eats

Uber Eatsでは新料金改定により自転車勢が300円報酬に引き下げられる中、バイク配達クルーの報酬に大きな影響が及んでいない印象です。

また他社サービスと異なり国内で長期間運営するノウハウを兼ね備えており、ピンズレなどのトラブルが年々改善傾向に。

2021年には徒歩配送サービスも開始し、リモートワークで運動不足気味の方とも相性が良好です。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達Uber Eats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUber Eatsの新システム「徒歩...

加えて料理破損といった補償も手厚く、初めて配送を行う方には特に最適なフードデリバリーサービスとなっています。

これから副収入源を確保したい方に選択肢の一つとして優秀なサービスなので、一度も配送を行った事がない方はこの機会に登録してみては如何でしょうか

\いますぐUber Eatsに登録する/

 

その他Uber Eatsの詳しい詳細に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・やり方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...

出前館

LINEを始めとした企業各社から合計800億円の資金調達に成功し、2021年より高額報酬で配達員を囲い込んでいるのが出前館

出前館では1回あたりの高額報酬が魅力で、2021年末のスタートダッシュキャンペーンでは最大2,215円という驚愕の報酬額が発生していました。

また今後は調達した資金で不評の配送アプリ改善を行うなどの予定を告知しており、最も今後の動向に注目されるサービスでしょう。

資金を調達したばかりの早い段階であれば高額報酬を見込めるため、登録配送を行うのであれば早めの実施がおすすめですよ。

\今すぐ登録する/

 

その他出前館に関する詳細は、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

2020年より日本に上陸し急速にエリアを拡大している、注目のフードデリバリーサービスが中国発端の「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)ではソフトバンク等から多額の資金調達に成功し、中国企業ならではの巨大な資本力による巨大な後ろ盾の安心感が魅力です。

他社サービスと異なりレストランまでの受け取り距離も報酬として加算されるなど、配達クルーに優しい仕様を採用。

2022年には関東圏進出が噂されるなど、今後の動向に注目したいフードデリバリーサービスです。

既に加盟エリアで活動予定の方は、まずは登録しておいてそんのないサービスの一つではないでしょうか。

\いますぐ登録する/

DiDi Food (募集終了)

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

wolt(DOORDASH)

元々は北欧を中心に展開するフードデリバリーサービスwoltですが、2021年より米国トップシェアのDOORDASHが買収

woltブランドは継続しつつ日本国内で勢いを高める、今後注目のフードデリバリーサービスとなっています。

米国ではダッシュマートと呼ばれる独自コンビニを展開しており、フード以外の配送にも注力している世界企業です。

またwoltではツルハドラッグやCOSTCO等との提携も続々と行われており、双方の独自サービスから一気に拡大する可能性を秘めたサービスではないでしょうか。

woltとDOORDASH(ドアダッシュ)の共に、マッハバイトを経由すると5,000円のキャッシュバックを獲得する事が可能なので登録がまだの方は是非利用を検討してみては如何でしょう。

wolt マッハバイト マッハボーナス
マッハバイト経由のwolt登録事情・マッハボーナスって何?後悔しないために登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 woltなどのフードデリバリーで利用できる、高還元が魅力のマッハバイト。...
ドアダッシとは DOORDASH
DOORDASHって何?東京で配達できるの?他社フードデリバリーサービスとの違いはコレ 【2022年6月追記】 2022年6月1日より、日本国内のDOORDASHはwoltへの統合との発表が行われました。 ...

food pandaの日本撤退に関する概要まとめ

最後にfood pandaの日本撤退に関する概要について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • food pandaが日本部門を撤退した理由は、配達員の安定確保ができなかった事が主な理由
  • フードデリバリー業界は全てのサービスの共通点として夜間や悪天候には配達員とマッチしない現象が多発
  • food pandaですが、タイやマレーシアなどの東南アジアではトップシェア率を獲得
  • 日本国内では2021年末時点では、food pandのシェア率は4位

food pandaの概要を模索している方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

コロナ禍の追い風により成長と競争が著しい、日本国内のフードデリバリーサービス。

現在の競争が続く中では、副業・専業問わず稼ぐチャンスが転がっているボーナスタイムとも呼べる状態となっています。

いつまでも現在の状況が続くとは考えにくいため、副業としてフードデリバリーの活動を検討している方は早めの行動がおすすめですよ。

その他フードデリバリーサービスに関する詳細は以下の記事でも概要を紹介していますので、興味がある方は参考にしてみてください。

フードデリバリー 複数 兼業 掛け持ち 可能
Uber Eats・menu・出前館・は同時に複数掛け持ち・併用稼働は可能?登録前に押さえておきたいポイント こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 Uber Eats・出前館・menuといった複数デリバリーサービスの利用を検...
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集