Uber Eats

Uber Eats VS wolt(ウォルト)配達パートナーの違い・比較・共通点を徹底検証

Uber Eats wolt 違い 比較 共通点
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
「Uber Eatsとwoltの違いって何?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

近年人気のフードデリバリーサービスの代表とも言えるUber Eatsと並んで、注目されているのが北欧生まれのwolt。

ですが実際に稼働したことがある方でなければ、両社の明確な違いや詳細が分からない方も多いのではないでしょうか

そこで当記事ではUber Eatsとwoltの違いや共通点について詳細を解説。
解説ポイント
  • Uber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイント
  • Uber Eatsとwolt(ウォルト)が同じポイント
  • 同時登録におすすめのデリバリーサービス

以上の項目について解説しているので、Uber Eatsとwoltの違いが気になっている方にピッタリな内容です。

10分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイント

Uber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイントとして、以下の3点を紹介していきます。

深堀りポイント
  • トリプルピックの配送効率が最高値
  • 2021年に米国最大手DOORDASHが買収
  • 報酬の支払い日が異なる

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

トリプルピックの配送効率が最高値

woltがUber Eatsと異なる点として、配達パートナーに嬉しいwolt最大の特徴がトリプルピックの配達効率が最高値という点です。

Uber Eatsでは残念ながら2件以上の同時配送は、受け渡し料金と走行距離は重複する部分は差し引かれてしまいます。

更に同時に2件受け取った場合のピークタイム料金インセンティブも1件分しか換算されず、後から2件目になった場合2件目は半額になることも。

そのためUber Eatsでのダブルピックと呼ばれる2件配達は効率が悪く、極力受け取らない方が良いのが現状です。

ですがwoltでは被った配送距離も報酬として1件ずつとして換算されるため、2件以上の同時配送が最も効率が良い点が嬉しいポイント。

更にUber Eatsでは行われていない3件同時のトリプルピック機能が備わっているため、トリプル時の配送効率が最高値となるサービスです。

2021年に米国最大手DOORDASHが買収

woltは2021年より、アメリカで最大手のフードデリバリーサービスDOORDASHに買収が行われております

wojlt DOORDASH 買収
DOORDASH(ドアダッシュ)とWoltが合併!?今後の展望は? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年勢い付いているフードデリバリサービスの一つである、DOORDASH(...

ですが2022年2月現在では、日本国内はwoltとDOORDASHの2社ブランドが両立しているのが現状です。

またwoltブランドは継続するとの発表を行なっており、恐らく今後DOORDASHがwoltブランドに変更になる可能性も。

Uber EatsやGRUBを抜いてトップシェアを獲得した、DOORDASHによる今後のwoltの展開に注目です!

報酬の支払い日が異なる

woltとUber Eatsでは給料・報酬支払い周期が異なり、woltでは週2回のサイクルで支払いが行われます。

  • 1〜15日分→25日
  • 16〜月末分→翌月10日

ただし土日祝日などの影響により、支払日が若干前後する点があるため注意が必要でしょう。

また即金性は週払いを採用しているUber Eatsが迅速で、現金を手元に残すスピードが速いのも特徴です。

Uber Eatsとwolt(ウォルト)が同じポイント

Uber Eatsとwolt(ウォルト)の違いを紹介したところで、以下の3項目に関しても概要を解説。

深堀りポイント
  • 両社とも一定回数以上を到達すると獲得できるボーナス制度を採用
  • 充実した保険制度・サポートサービス
  • 服装は自由・他社サービス複数登録OK

以上についても、詳細を紹介していきましょう。

両社とも一定回数以上を到達すると獲得できるボーナス制度を採用

Uber Eatsとwoltは両社共に一定回数を到達すると獲得できるような、各種インセンティブ制度が用意されています

そのため通常配達以外にも報酬額が加算されるシステムを採用されているので、稼ぐモチベーションになる点もポイント。

配達サービスの中には注文者へ到着時刻を知らせるシステムを採用しており、無駄に焦りながら業務に追われるサービスも存在します。

そんな中Uber Eatsやwolt特有の遊び心ある報酬加算制度は、ゲーム感覚で楽しみながら稼働できるのも両社のメリットではないでしょうか。

充実した保険制度・サポートサービス

Uber Eatsとwoltは、両社とも他社サービスと比較すると保険制度やサポートサービスも充実している点も特徴です。

保険制度は注文受け取りから注文者までの配送中を対象としており、最大1億円〜無制限で対人・対物事故の補償が行われます。

フードデリバリーの中には事故補償が薄いサービスも珍しくない中、Uber Eatsとwoltは業界トップクラスの補償制度を採用。

そんな事故補償制度を採用している安心感も、Uber Eatsとwoltの配達パートナーになるメリットの一つですね。

服装は自由・他社サービス複数登録OK

Uber Eatsとwoltは、原則として服装は自由で帽子を被るなどの制限は設けられていません

woltでは登録時にTシャツやジャケットといったウェアが配布されますが、義務ではないので着用は自由です。

他社サービスでは、帽子の着用義務といった制限が設けられているサービスも存在します。

バッグも他社サービスのモノを利用することが可能ですが、woltは原則として他社ロゴを隠すことを求められている点に注意しましょう。

同時登録におすすめのデリバリーサービス

Uber Eatsとwoltの違いや共通点を紹介したところで、同時登録に他社サービス登録がおすすめな理由や一例を紹介。

深堀りポイント
  • 他社サービスと複数登録を推奨する理由
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

それぞれ順を追って概要を紹介していきましょう!

他社サービスと複数登録を推奨する理由

Uber Eatsで配達パートナーとして働くのにおすすめなのが、複数のフードデリバリーサービスの登録です。

理由としては新型コロナウィルスの影響により、大量に出現した配達パートナーにより仕事が回りにくくなっているため。

Uber Eatsで最も時給を下げてしまう原因が、仕事依頼がこない待機時間が長引いてしまうことです。

そこで検討したいのが複数のフードデリバリーサービスに登録し、同時にオンラインにして仕事受注確率を高める方法。

複数のサービスに登録することで、待機となる時間を極力減らすことができるなど柔軟な使い分けを行うことができます

加えて各サービスごとの良い点を把握して使い分けることによって、戦略的に活動できるのも複数デリバリーサービス登録の優れているポイントでしょう。

そんな複数デリバリーサービスで登録を推奨されるサービスの一例についても、順を追って紹介していきましょう。

出前館

Uber Eatsに続いて日本でも高い認知度を誇る、国内発端のデリバリーサービスが「出前館」。

出前館では従来ではアルバイトや正社員のみの募集しか行っていませんでしたが、一部地域で業務委託の募集が始まりました

業務委託ではUber Eatsと同様に、好きな時間に働くことが可能でインセンティブなどの制度がない代わりに高額な基本配達料金が魅力。

加えて稼働エリアが限られているので、Uber Eatsのように遠方に飛ばされる心配なく働くことができます

Uber Eatsに慣れてきて、更にガッツリ稼ぎたいと目論む方にピッタリのサービスなので今後の利用も検討してみては如何でしょう。

\公式HPはこちら/

 

さらに詳しい詳細は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方はご参考ください!

出前館 業務委託 稼げる
出前館の業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

2020年より日本に上陸し急速にエリアを拡大している、注目のフードデリバリーサービスが中国発端の「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)ではソフトバンク等から多額の資金調達に成功し、中国企業ならではの巨大な資本力による巨大な後ろ盾の安心感が魅力です。

他社サービスと異なりレストランまでの受け取り距離も報酬として加算されるなど、配達クルーに優しい仕様を採用。

2022年には関東圏進出が噂されるなど、今後の動向に注目したいフードデリバリーサービスです。

既に加盟エリアで活動予定の方は、まずは登録しておいてそんのないサービスの一つではないでしょうか。

\登録はこちらから/

DiDi Food (募集終了)

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

Uber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイントまとめ

最後にUber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイントについて、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • 配達パートナーに嬉しいwolt最大の特徴が、トリプルピックの配達効率が最高値
  • アメリカで最大手のフードデリバリーサービスDOORDASHに買収が行われている
  • woltとUber Eatsでは給料・報酬支払い周期が異なり、woltでは週2回のサイクルで支払いが行われる

Uber Eatsがwolt(ウォルト)と異なるポイントが気になっている方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

好きな時間に、好きなタイミングで働くことが可能な画期的なサービスを生み出したUber Eats。

高い認知度による安定した仕事の受注数が魅力で、フードデリバリーで稼ぐには登録は必須とも言えるサービスです。

登録自体は完全に無料なので、まずはUber Eatsの登録を済ませ利用感を確かめた後に他社サービスの利用を検討してみては如何でしょうか。

\Uber Eats公式HPはこちらから/

 

また北欧生まれの大人気フードデリバリーサービス「wolt」ですが、登録を検討している方が是非利用したいのが「マッハバイト」



woltに登録する場合、「マッハバイト」を経由することで対象地域では最低5,000円〜のキャッシュバックを獲得することが可能です。

キャッシュバックを獲得するための手順は、以下の通り。

  1. マッハバイトのアプリをDL
  2. 検索項目から「wolt」で検索
  3. 活動予定の都道府県募集の項目から応募

またマッハバイトでは時折、以下の条件で時間限定キャンペーンを開催しています。

  • 13〜15時
  • 17〜19時
  • 21〜23時

キャンペーン内であれば、最高1万円のキャッシュバックを獲得することが可能なので公式HPよりチェックを行ってみましょう。

登録するだけで現金がゲットできるチャンスなので、お財布がピンチの場合は積極的に狙っていきたいキャンペーンです。

またキャンペーンは不定期開催で何時終了してもおかしくないため、お得に登録するのであれば早めの利用がおすすめですよ。

woltで稼ごうか検討している方は、この機会にマッハバイト内で自身の活動エリアが対象かチェックしキャッシュバックを獲得してみては如何でしょうか。

\詳細はコチラから/

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

Uber Eats レストランパートナー募集
出前館 配達パートナー募集