Uber Eats

Uber Eatsサラリーマンの副業事情ってどうなの?簡単に稼げる上に難易度が低い3つの理由

「Uber Eatsの副業って、正直どうなの?」

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

大きなカバンを背負う自転車やバイクを街中で見かけることも珍しくなくなり、すっかり国内に定着してきたフードデリバリーサービス。

ですが気になるのが、Uber Eatsなどのフードデリバリーを副業として始めても稼げるかどうかではないでしょうか。

そこで実際にUber Eatsなどで活動している私が、Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスの副業事情について詳細を解説。
解説ポイント
  • Uber Eatsが数ある副業で稼ぐ難易度が低い3つの理由
  • フードデリバリーは今後稼げなくなる可能性も
  • 効率よく稼ぐため登録しておきたいサービス

以上の項目について解説しているので、Uber Eats副業が気になっている方にピッタリな内容です。

5分程度で読める内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Wolt 初回注文(アプリ用)


初めての注文で合計¥3,000(600x5)クーポン付与!
【コード:WJPAFI】



\日数は残りわずか!いますぐ登録/
出前館 配達パートナー募集


Uber Eatsが数ある副業で稼ぐ難易度が低い3つの理由

Uber Eatsが数ある副業の中でも稼ぐハードルが低い理由としては、以下の3項目が挙げられます。

深堀りポイント
  • 対応エリアが次々と広がっている
  • 年々注文数が増加している
  • 複数のデリバリーサービスが登場

以上の内容について、順を追って解説していきましょう。

対応エリアが次々と広がっている

Uber Eatsの対応エリアの広さと認知度の高さによる注文数の安定度は、副業として稼ぐハードルが低い主な理由です。

フードデリバリーはそもそも注文依頼がなければ、残念ながら安定して稼ぐことができません。

Uber Eatsは日本国内で初めて業務委託による自由な働き方を実現し、数あるフードデリバリーサービスの中でも真っ先に日本全国のエリアに対応。

更に全国各地の対応エリアも拡大しており、日本最大手のシェア率を獲得している唯一のデリバリーサービスとなっています。

そのため安定した需要から都市部では、季節を選べば比較的誰でも簡単に稼ぐことができるのもUber Eatsで副業を行うメリットです。

特にフードデリバリーは需要が高まる土日祝日や夜間と、副業との相性も良好なので是非一度チャレンジしてみてほしいサービスとなっています。

年々注文数が増加している

Uber Eatsはデリバリーの需要と人手不足をITの力で解消したことにより、新しい働き方とデリバリー需要のシェア率を確立させたサービスです。

特に2020年以降は新型コロナウィルスの影響により、フードデリバリー需要が高まっているのも追い風となっている要因の一つ。

冬場の深夜や夏場の昼間といった活動しにくい季節は特に売上が伸びやすく、高時給を狙う場合には積極的に狙いたいポイントですね。

ただしUber Eatsの本社Uberでは、世界各国の配車サービス需要が激減したことにより全体的な売上は伸び悩んでいるのが現状。

ですが年々サービス運営歴が長引くにつれてサポート体制も整っている印象のため、よりフードデリバリー副業の初心者に優しいサービスになっています。

特に2022年以降はトラブル発生時のサポート連絡も繋がりやすくなっており、安心して働ける環境もUber Eatsのメリットです。

複数のデリバリーサービスが登場

Uber Eatsの日本上陸と新型コロナウィルスの影響に伴い、2020年以降には続々と新たなフードデリバリーサービスが登場しました。

日本国内で利用できる、数あるフードデリバリーサービスの一例としては以下の通り。

  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)
  • menu
  • wolt
  • DOORDASH
  • chompy

更に「food panda」や「X TABLE(クロステーブル)」といったサービスが撤退するなど、既に勝敗が分かれつつあるのも現状です。

その中でもトップシェアを誇り、使いやすいアプリ使用と安心のサポート制度を誇るのはUber Eatsのみのため副業には特に最適なサービスとなっています。

フードデリバリーは長くは稼げない可能性も

Uber Eatsが副業に最適な3つの理由を紹介していきましたが、フードデリバリー自体は長く稼げない可能性も指摘されています。

そんなフードデリバリーが長く稼げない可能性が高い、以下の3項目に関しても概要を解説していきます。

深堀りポイント
  • 5Gによるテクノロジーの発展
  • シェア争いに決着が付く可能性
  • 完全に時間集約である

以上についても、それぞれ詳細を解説していきましょう。

5Gによるテクノロジーの発展

結論としてフードデリバリーサービスは5Gによるテクノロジーの発展により、自動運転などのイノベーションにより仕事が失われる可能性があります

特に米国の各企業を始め楽天や日本郵便ではドローンを利用した配達実験を行なっており、今後AIに置き換わる可能性が高いというのが現状です。

つまりフードデリバリーで稼げる時代は今だけという事になるため、副業でより稼ぎたいのであれば少しでも早く参入することが求められるでしょう。

シェア争いに決着が付く可能性

日本国内のフードデリバリー界隈は、2022年現在ではUber Eatsと出前館の2社がトップシェアを獲得しており争いが続いているのが現状です。

ただしシェア争いに決着がついた場合に予想されるのが、配達パートナー達の報酬額が激減することではないでしょうか。

現状では出前館はソフトバンクやLINEによる融資により資金調達に成功し、巨大な資本で圧倒的なシェアの伸びを獲得しました。

ですが今後も現状の報酬体制が続くとは考えにくいため、シェア争いの決着次第で今後フードデリバリー全体の報酬低下が起こることが予想される点に注意が必要です。

つまり自由に出勤できる画期的な働き方で、尚且つ高時給なのは今だけなので副業するのであれば早めの登録と活動を検討するのがおすすめですよ!

完全に時間集約である

フードデリバリーは時給ではなく完全歩合制となる業務委託を採用しているため、自信が動かなければ決して報酬を獲得できません

そのため通常のアルバイトのように暇な時間帯でも報酬が発生するわけではなく、仕事を受注できなければ報酬はゼロのままです。

加えてWEBスキルと異なり、今後自身に蓄積されて更に稼げる可能性を秘めるスキルは残念ながら何も残らない時間集約型の働き方というのも事実

新型コロナウィルスにより需要が高まっている時期には稼ぎやすいものの、今後コロナ騒動が明けた場合大きく報酬額が下がることも予想されている仕事の点に注意が必要です。

そのためフードデリバリーと並行しながら獲得したい、今後活用できるWEBスキルの数々については以下の記事で具体的な内容を紹介していますので興味がある方は是非参考にしてみてください。

Uber Eats オワコン
フードデリバリー卒業を目論む方へ2022年最新・副業に最適なおすすめスキルや学習法 こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では2021年5月に報酬改正が行われるなど、今後の雲行きが怪しいフードデリ...

効率よく稼ぐため登録しておきたいサービス

フードデリバリーが今後稼げなくなる可能性を紹介したところで、稼げるうちに稼ぎきりたい方々に向けて登録におすすめのサービスを紹介。

深堀りポイント
  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

以上のサービスに関する項目も紹介していきますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

Uber Eats

日本国内のフードデリバリーサービス先駆者であり、認知度トップの米国企業Uber Eats

Uber Eatsでは新料金改定により自転車勢が300円報酬に引き下げられる中、バイク配達クルーの報酬に大きな影響が及んでいない印象です。

また他社サービスと異なり国内で長期間運営するノウハウを兼ね備えており、ピンズレなどのトラブルが年々改善傾向に。

2021年には徒歩配送サービスも開始し、リモートワークで運動不足気味の方とも相性が良好です。

Uber Eats対応エリア
歩いて配達Uber Eats(ウーバーイーツ)で2021年6月21日よりスタートした「徒歩配達機能」とは?健康的に稼げて一石二鳥!? こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年東京の23区で試験的に導入されたUber Eatsの新システム「徒歩...

加えて料理破損といった補償も手厚く、初めて配送を行う方には特に最適なフードデリバリーサービスとなっています。

これから副収入源を確保したい方に選択肢の一つとして優秀なサービスなので、一度も配送を行った事がない方はこの機会に登録してみては如何でしょうか

\いますぐUber Eatsに登録する/

 

出前館

Uber Eatsに続いて日本でも高い認知度を誇る、国内発端のデリバリーサービスが「出前館」。

出前館では従来ではアルバイトや正社員のみの募集しか行っていませんでしたが、一部地域で業務委託の募集が始まりました

業務委託ではUber Eatsと同様に、好きな時間に働くことが可能でインセンティブなどの制度がない代わりに高額な基本配達料金が魅力。

加えて稼働エリアが限られているので、Uber Eatsのように遠方に飛ばされる心配なく働くことができます

Uber Eatsに慣れてきて、更にガッツリ稼ぎたいと目論む方にピッタリのサービスなので今後の利用も検討してみては如何でしょう。

\今すぐ登録する/

 

さらに詳しい詳細は以下の記事で概要を解説していますので、興味がある方はご参考ください!

出前館 業務委託 稼げる
出前館ブログ/業務委託ってどうなの?稼げるの?高い人気を誇る理由 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 LINEと業務提携を結ぶなど、活発な動きが著しい出前館。 です...

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)

2020年より日本に上陸し急速にエリアを拡大している、注目のフードデリバリーサービスが中国発端の「DiDi Food (2022/5/25サービス終了)」。

DiDi Food (2022/5/25サービス終了)ではソフトバンク等から多額の資金調達に成功し、中国企業ならではの巨大な資本力による巨大な後ろ盾の安心感が魅力です。

他社サービスと異なりレストランまでの受け取り距離も報酬として加算されるなど、配達クルーに優しい仕様を採用。

2022年には関東圏進出が噂されるなど、今後の動向に注目したいフードデリバリーサービスです。

既に加盟エリアで活動予定の方は、まずは登録しておいてそんのないサービスの一つではないでしょうか。

\いますぐ登録する/

DiDi Food (募集終了)

 

その他詳しい概要に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

didiとは 東京 稼げる
DiDi Food (2022/5/25サービス終了)って何?東京で稼働できるの?他者フードデリバリーとの違いはコレだった こんな悩みをお持ちではないでしょうか。 近年人気が急上昇中のフードデリバリーサービスは、続々と新サービスが登場していて...

Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスの副業事情まとめ

最後にUber Eatsなどのフードデリバリーサービスの副業事情について、まとめていきましょう。

深堀りポイント
  • Uber Eatsの対応エリアの広さと認知度の高さによる注文数の安定度は、副業として稼ぐハードルを下げてくれている
  • 全国各地の対応エリアも拡大しており、日本最大手のシェア率を獲得している唯一のデリバリーサービス
  • 2020年以降は新型コロナウィルスの影響により、フードデリバリー需要が高まっているのも追い風となっている要因の一つ
  • 本社Uberでは、世界各国の配車サービス需要が激減したことにより全体的な売上は伸び悩んでいるのが現状
  • 今後5Gによるテクノロジーの発展により、自動運転などのイノベーションにより仕事が失われる可能性がある
  • シェア争いに決着がついた場合に予想されるのが、配達パートナー達の報酬額が激減

Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスの副業事情が気になる方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。

好きな時間に、好きなタイミングで働くことが可能な画期的なサービスを生み出したUber Eats。

高い認知度による安定した仕事の受注数が魅力で、フードデリバリーで稼ぐには登録は必須とも言えるサービスです。

登録自体は完全に無料なので、まずはUber Eatsの登録を済ませ利用感を確かめた後に他社サービスの利用を検討してみては如何でしょうか。

\いますぐUber Eatsに登録する/

 

その他Uber Eatsの詳しい詳細に関しては、以下の記事で概要を紹介していますので興味がある方は参考にしてみてください。

Uber Eats対応エリア
今さら聞けないUber Eatsの配達パートナーって何?初心者が抑えておきたい仕組みや始め方・やり方・稼ぐ上での注意点 こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。 近年では当たり前に町中で見かけるUber Eatsの配達パートナーですが...
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
出前館 配達パートナー募集

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA